レディー・ガガ、米で物議巻き起こしたPV、日本上陸公開

2010年6月16日 5:00

記事全文

米人気歌手LADY GAGA(24)の最新シングル「アレハンドロ」のプロモーションビデオ(PV)が、16日に解禁になる。「これは私とゲイの友達とのピュアな友情についての歌なの。私のゲイへの愛情の歌よ」と、ガガの思いが込められた楽曲で、尼僧の衣装やロザリオを食べるシーンがアメリカで物議を巻き起こしている。「Youtube」で公開され2日間で1100万回以上再生されるほど話題に。スティーヴン・クライン監督は、問題のシーンについて「あれは宗教への冒涜(ぼうとく)ではなく、自らの内に“聖なるもの”を取り込む象徴」と説明。現在ガガは12月まで続くツアー真っ只中。ハードスケジュールを縫って、次のアルバム制作にも全力で取り組んでいるという。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら