東北のニュース

岩手県 盛岡市動物公園「ZOOMO」が企画展&新ロゴ発表

20日、盛岡市のショッピングセンターでは、来年春のリニューアルオープンに向けて休園中の「盛岡市動物公園ZOOMO」の企画展が始まり、新しいロゴが発表された。初めて公開された新しいロゴは、園内で見られる植物や動物と人が1つの輪に描かれ、心地よく過ごせる憩いの場になるよう願いが込められた。20日は、休園の間も動物に興味を持ってもらおうとイベントが開かれ、職員手作りのオリジナルグッズなどが販売された。会場には、1989年・平成元年の開園前から30年あまりの歴史を振り返る写真30点が展示されたほか、リニューアル後の園内の模型も展示された。新しい園内は広場や通路を工夫しより動物に近づける展示に生まれ変わる。(ZOOMO・荒井雄大さん)「ずっとこの土地で愛され続ける場所になるように私たちも努力したいと思っているので、ぜひリニューアルしてからもするまでの間も気にかけていただいて、これからもたくさん長いこと愛していただければと思っている。」企画展は、来年春の開園まで定期的に内容を変え、改修工事の進捗や休園中の動物の様子を展示する予定。

岩手 2021.01.20 21:36

岩手県北上市 コロナ離職者の就職相談会

北上市で20日、新型コロナの影響で離職した人や就職氷河期世代の人たちを対象にした就職相談会が開かれた。北上公共職業安定所などが主催したもので、コロナ禍で仕事を失った人など計29人が参加。転職や再就職の経験者が自らの経験を語る場が設けられた。北上公共職業安定所によると、北上市内でも新型コロナの影響による業績悪化で合理化を進める事業所があり、求職者数は前年を2割ほど上回っているという。 (コロナ離職者)「(コロナ離職が)最初流行り始めた頃は他人事な感じだったけれど、いざ自分もそういう立場になって、これから生計を立てていくための再就職はどうすればいいのかなという…」 (コロナ離職者)「伝達されたときにはもう『自分はここで終わりかな』という気持ちになったけれど、まだ再就職に適した年代なので、仕事を探してなんとか乗り切ろうと思っている。」 北上公共職業安定所では、前の職業経験や希望する職種にこだわらない、幅広い視野での仕事探しを呼びかけながら再就職を支援していくという。

岩手 2021.01.20 21:35

岩手県 8人新たに新型コロナ感染 接触者特定のため店名公表

岩手県と盛岡市保健所は20日、新たに8人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。このうち、盛岡市の女性2人が勤める理容店は、接触者を特定するため店名が公表された。新たに感染が確認されたのは、盛岡市、北上市、花巻市の10代から60代までの男女計8人。このうち、盛岡市の50代と60代の女性2人は盛岡市西青山にある理容店『理容いこい』の従業員で、60代の女性は今月7日に店を利用した後に感染が確認された男性客の散髪を担当していた。盛岡市保健所では、感染者と接触した人を特定する必要があるとして、店名を公表し、今月6日から17日までの間に店を利用した人は保健所に相談するよう呼び掛けている。 (盛岡市保健所・矢野所長)「少ない日ですと2人ぐらいと、多い日だと5~6人と伺っております」「(対象者は)最大で40~50人ぐらいいらっしゃるのではないかと考えております」 このほか、クラスターが発生した富士大学の関連では、既に感染が確認された学生と同じ寮で暮らしていた花巻市の男子学生1人の感染が確認された。県内での感染確認は累計483人となった。

岩手 2021.01.20 21:33

ウミガメ違法販売で山形県警初摘発

ワシントン条約で商取引が規制されているウミガメのはく製をインターネットのオークションサイトで売買したとして、山形県警は20日、庄内地方の男性ら2人を書類送検した。山形県警がウミガメの違法売買で摘発したのは初めてだ。 種の保存法違反の疑いで書類送検されたのは、山形県庄内地方の自営業の50代男性と、神奈川県の60代男性の2人だ。山形県警によると庄内地方の男性はおととし3月、環境省の許可が無いにも関わらず、ウミガメの一種「タイマイ」のはく製をインターネットのオークションサイトに出品し、神奈川県の男性に3300円で譲り渡した疑いだ。動物の違法取引を調査する長野県の環境保護団体がオークションサイトへの出品を確認し、山形県警に刑事告発していた。「タイマイ」はワシントン条約で商取引が規制されており、警察の調べに対し、庄内地方の男性は「取引が規制されているとは知らなかった」などと話しているという。山形県警がウミガメの違法売買を摘発したのは初めてだ。

山形 2021.01.20 21:00

再逮捕・持続化給付金詐欺

国の「持続化給付金」をだまし取ったとして山形県天童市の25歳の女が20日、再逮捕された。容疑者は同様の手口で、給付金をだまし取ったとしてこれまでに2度、逮捕、起訴されている。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、山形県天童市中里3丁目のネットワークビジネス業の天井寿紀容疑者(25)だ。警察の調べによると、天井容疑者は、去年7月、仲間と共謀し、インターネット上の持続化給付金申請サイトに山形県内の20代女性を個人事業主と装ううその情報を入力し、女性の預金口座に給付金100万円を入金させた疑いだ。天井容疑者は同様の手口で、給付金をだまし取ったとしてこれまでに2度、逮捕、起訴されている。警察は、ほかにも天井容疑者が関与したケースが複数あるとみて捜査を進めている。

山形 2021.01.20 20:14

山形県で初めて「学校クラスター」発生

山形県で初めて「学校クラスター」が発生した。県は20日、新型コロナウイルスに新たに6人が感染したと発表した。このうち5人は、山形市立商業高校の女子生徒で、これまでに生徒7人の感染が確認され、市はクラスターが発生したとの見方を示した。 新たに感染が発表されたのは、山形市の女子高校生5人と、県外在住の30代男性。このうち、女子高校生5人は、山形市立商業高校の生徒で、19日に感染が発表された女子生徒2人と同じ運動部に所属している。市は感染者が7人確認されたことから、「クラスターに該当する」との認識を示した。生徒らは部活動の一環として、今月9日から3日間、隣県に日帰りで遠征し、地元の高校生らとマスクを外して練習試合を行ったという。市は5人の感染を受けて、20日までに家族や学校関係者などおよそ200人を対象に、PCR検査を実施した。高校は19日から臨時休校となっているが、再開の目途はたっていない。山形市保健所の加藤丈夫所長は「トータル200人ぐらいにPCR検査をしたが、これはここの高校だけで断ち切りたい。このクラスターを拡大させないことが保健所の一番の仕事」と話した。また、県外在住の30代男性会社員は、長井市が発注している市役所新庁舎の建設を行う工事関係者で、現場関係者の感染者は4人に上る。20日に感染が発表された6人はいずれも重症ではないという。県内の感染者の累計は453人、入院している人は38人となっている。

山形 2021.01.20 19:58

花岡かるた大会 郷土の歴史に理解深める

 大館市の花岡地区でこの時期の恒例行事となっている地元の小学生と保育園児が参加するかるた大会が開かれました。  かるた大会は、大館市の花岡小学校と花岡保育所が毎年この時期に開いています。今年は児童4人と園児6人が参加しました。  使われているのは、30年前に保育所の先生たちが作った「花岡ふるさとカルタ」です。かつて鉱山で栄えた町、花岡を題材にした歴史や建物に関するストーリーが描かれています。  子どもたちは読み上げられた札を夢中で追いながら郷土の歴史について理解を深めていました。

秋田 2021.01.20 19:26

新型コロナ感染者急増で 犬っこまつり中止

 湯沢市の小正月行事、犬っこまつりについて、まつりの実行委員会は県内でも新型コロナウイルスの感染者が急増していることから中止することを決めました。  およそ400年の歴史がある犬っこまつりは、悪党が襲ってこないようにと米の粉でつくった犬を家々の入口に供えたのが始まりとされています。  今年は2月13日と14日に会場を分散し、雪像の数を大幅に減らして開く予定でしたが、まつりの実行委員会は新型コロナウイルスの感染者が県内でも急増していることに加え、湯沢市が不特定多数の人が集まらない形を求めたことなどから中止を決めました。  例年まつりの期間中に行われるどんど焼きは、市役所隣の中央公園で行うことにしています。犬っこまつり実行委員会の山脇幹委員長は「非常に残念だが湯沢雄勝地域でも感染者が増えているので仕方ない」と話しています。  湯沢市観光物産協会によりますと、雪像を一同に集める今の形になった1969年以降中止は初めてです。

秋田 2021.01.20 19:26

横手 パイプハウス倒壊&葉物野菜が品薄

 20日は寒さが最も厳しい時期とされる「大寒」です。冬本番ともいえる時期ですが、すでに大雪となっていて影響は多方面に及んでいます。横手市平鹿町のハウス団地では雪の重みで140棟を超えるパイプハウスが全て倒壊しています。  被害が確認されたのは横手市平鹿町にある十五野ハウス団地です。十五野ハウス団地はコメ依存からの脱却を図ることを目的に1998年に整備されました。  およそ4ヘクタールの団地でホウレンソウや小松菜を育てていたパイプハウスは144棟。そのすべてが雪の重みで崩れ壊滅的な被害となっています。  ビニールは張っていませんでしたが、パイプハウスをすっぽり覆うほどの積雪となり、骨組みが折れてしまいました。  このハウス団地では折れ曲がったパイプの撤去や復旧作業がままならず、春先からの栽培を断念することになりました。  県全体での農林水産関係の被害額は、判明しているだけで7億5000万円余り。JA秋田ふるさと管内では18日現在、876棟のパイプハウスが全半壊していますが、いまだ被害の全容が明らかになっていない場所もあります。  雪は、いま出荷の時期を迎えている野菜にも影響を与えています。  横手市平鹿町にある「にこにこ直売所」では、日照不足や低温で生育が進まずホウレンソウや小松菜など葉物野菜を中心に品薄の状態が続いています。  大雪によるハウスの倒壊に加え、農家が除雪に追われているため収穫まで手が回らず品薄に拍車をかけています。  出品量は少しずつ増えてはきているものの、大雪で客足も減っていて農家にとっても直売所にとっても苦しい状況が続いています。

秋田 2021.01.20 19:26

新型コロナ新たに8人感染 延べ227人

 県内で新たに8人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。このうち市立秋田総合病院のクラスター関連は3人です。  市立秋田総合病院関連で新たに感染が判明したのは70代の元入院患者の男性とその妻、それに入院中の70代の女性患者のあわせて3人です。  市立秋田総合病院関連の感染確認はこれで29人となりました。 病院スタッフなどの検査は概ね終わっていますが、感染者が集中している病棟に出入りしている業者などの検査が進められています。  秋田市では、40代のアルバイトの女性1人の感染もわかりました。女性は秋田市にある食事を提供する店で働いていて病院関係者との接触は確認されていないということです。  県内ではほかにも大仙保健所管内に住む男性3人と湯沢保健所管内の70代女性1人の感染もわかりました。男性3人はすでに感染が判明している男性と同じ職場に勤めています。  県内での感染確認はこれで延べ227人となりました。

秋田 2021.01.20 19:25

ドコモショップに車突っ込む 秋田

20日午後、秋田県由利本荘市で携帯電話会社の店舗に普通乗用車が突っ込みました。事故当時、店内には、客と店員あわせて11人がいました。 店の窓ガラスを突き破り、停車している1台の車。車の後ろ側の窓は割れ、車体も大きくへこんでいます。事故があったのは秋田県由利本荘市のドコモショップ本荘店です。 警察によりますと20日午後3時前、店の従業員から警察に「車が店の中に突っ込んだ」と通報がありました。事故当時、店内には客4人と店員7人がいましたが、けがをした人はいませんでした。 運転していた60代の女性は警察の調べに対し「バックしているときにアクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということです。警察が事故の状況を詳しく調べています。

秋田 2021.01.20 18:57

五所川原管内 保育施設クラスター

 県内で新たに4人が新型コロナウイルスに感染し、入院していた患者1人が亡くなりました。  五所川原保健所管内の保育施設では新しいクラスターの発生が確認されました。  県によりますときょう午後4時半までに新たに感染が確認されたのは保健所別に五所川原管内で3人、青森市で1人の合わせて4人です。  このうち五所川原管内の10歳未満の1人は同じ管内にある保育施設を利用していました。  この保育施設では今月16日以降、子どもや職員など4人の感染が判明していたため施設の感染者は合わせて5人、関連を含めると7人となりました。  このため県はこの保育施設でクラスターが発生したと判断しました。  保育施設でのクラスター発生は県内では初めてです。  県の感染症対策を担う大西医師によりますと感染した子どもや職員と同居する人たちの感染が今後、確認される可能性があるということです。  一方で五所川原管内の10歳代の1人は青森市内の高校で発生したクラスターに関連しています。  また青森市の50歳代の女性1人は青森市の高校クラスターから派生した地域のスポーツ活動のクラスターに関連しています。  青森市の高校クラスターの感染者は関連を含めて51人まで広がっています。  また70歳代の女性の重症患者1人が亡くなりました。  亡くなった女性患者は人工心肺装置「ECMO」を装着して治療を受けていたということです。  死因は敗血症と多臓器不全ですが新型コロナウイルスも影響したとみられるということです。  県内で新型コロナウイルスに感染して亡くなった人は9人となりました。  これで県内の現在の感染者はきのうから13人減って81人となっています。  このうち入院中の患者は37人で重症が1人、中等症は11人です。  回復した人などを含めた感染者の累計は660人となりました。

青森 2021.01.20 18:43

2年連続 八甲田ウォーク中止 感染拡大の影響

 新型コロナウイルス感染拡大の影響です。  ことし3月に開催が予定されていた雪の回廊を歩く「八甲田ウォーク」が参加する人の安全を確保できないとして2年連続の中止となりました。  八甲田ウォークは青森市と十和田湖を結ぶ「八甲田・十和田ゴールドライン」のうち冬の間、閉鎖されていた酸ヶ湯(すかゆ)温泉と谷地温泉の間の8キロを歩く恒例の催しです。  この催しは、まいとし1日あたりおよそ600人が参加しておりことし3月30日から2日間の開催を予定していました。  しかし主催者は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で参加する人の健康と安全を確保できないと判断しきのう中止を決めました。 ★青森観光コンベンション協会 林慶一 事務局長 「やはりお客様の安全を考えたときにコロナ禍においてどうしてもバス移動長時間になりますしウォーク終了後は温泉施設で休憩 入浴こちらもひじょうにこれまで混雑しているような状況でございましたのでコロナの感染防止ということを考えますとやはり今回は中止と」  新型コロナウイルスの影響で八甲田ウォークが中止されたのは2年連続です。

青森 2021.01.20 18:42

火事相次ぎ 5人死亡

 県内ではきのうから火事が相次いでいます。  きのう夜遅く平内町と弘前市で住宅を全焼する火事であわせて4人が亡くなり、きょうはむつ市で飲食店などが入る建物の火事で1人が亡くなりました。  きょう午後2時すぎ、むつ市大湊新町で複数の飲食店などが入る建物から火が出ました。  消防によりますとこの火事で焼け跡から1人が遺体で見つかったということです。  近所の人によりますと火事のあとこの建物の持ち主の男性と連絡が取れなくなっています。  現場はJR大湊駅から西に300メートルほどの国道338号に面した建物です。  また、きのう午後10時40分ごろ平内町東田沢の漁業・畑井秋則さん88歳方から火が出ました。  火は敷地内の2階建て倉庫のほか隣の住宅や物置小屋などに燃え移りおよそ9時間後に消し止められました。 ★近所の人は… 「家は1軒まるまる燃えてこっちの小屋と向こうの小屋と燃えてしまって崩れ始めている感じでした」 「見つかっていない3人見つかっていない お年寄りだから」  この火事で一部2階建ての畑井さんの住宅が全焼し、焼け跡から性別の分からない3人が遺体で見つかりました。  火事のあと畑井さんと81歳の妻、それに同居する58歳の次男の3人と連絡が取れなくなっています。  警察は亡くなった3人は畑井さん一家とみて今後、遺体の司法解剖を行うなどして身元を確認します。  さらに弘前市でも住宅1棟を全焼する火事がありました。  きのう午後11時半ごろ弘前市桔梗野2丁目の檜山章さん66歳の2階建て住宅1棟が全焼し焼け跡の玄関付近で男性の遺体が見つかりました。  警察は亡くなった男性は連絡が取れなくなっている檜山さんとみて身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べています。

青森 2021.01.20 18:40

村議会議長が出馬表明 西目屋村長選挙

 西目屋村長が官製談合の疑いで3度逮捕され辞職したことに伴う動きです。  来月21日に行われる村長選挙に村議会議長が出馬を表明しました。  これは西目屋村議会の桑田豊昭議長が会見を開き表明しました。 ★西目屋村議会 桑田豊昭 議長 「本日ここに西目屋村長選挙に立候補する決意を皆さまに報告します 村の信頼を復活させるために努力していきたいという決意を持って今回の立候補につながりました」  桑田議長はきょう付けで議員の辞職願いを副議長に提出し受理されました。  桑田議長は1957年生まれの64歳で2011年から村議会議員を務め現在3期目です。  おととし4月から議長に就いています。  西目屋村の官製談合事件を巡っては関和典容疑者が村が発注した厨房機器の契約で特定の業者に便宜を図ったなどとして3度逮捕され村長を辞職しました。  村長選挙に出馬を表明したのは桑田議長が初めてです。  西目屋村長選挙は来月16日に告示、21日に投票が行われます。

青森 2021.01.20 18:39

クラスター発生の南会津町で最多の感染者

福島県内では19日に新たに35人が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。 県内の累計感染者数は1500人を超えた。 19日に新たに感染が確認されたのは、南会津町で13人、郡山市で6人、いわき市で4人など、県内10の市や町のあわせて35人。 累計感染者数は1518人となった。 特に南会津町の高齢者福祉施設で確認された2つのクラスター関連では、新たに10人の感染が確認されている。 これで2か所の施設を合わせた感染者数は、31人と高齢者を中心に感染が広がっている。 また、病床の使用率は59.9%とステージ4の指標を上回るなど医療機関の負荷が高い状態が続いている。 また、今のところ感染経路がわかっていないのは福島市、郡山市でそれぞれ2人、須賀川市と矢吹町で1人となっている。 ■19日の感染状況(20日発表) 南会津町13人、郡山市6人、いわき市4人、福島市と会津若松市で3人、会津美里町2人、下郷町、南相馬市、須賀川市、矢吹町でそれぞれ1人

福島 2021.01.20 18:13

ホワイトアウトに遭遇したら…どうする?

東北道で発生した多重事故。 140台の車が絡んだ事故の原因とみられているのが、吹雪で視界が悪くなる「ホワイトアウト」。 万が一、遭遇したら、どうすればよいのでしょうか。 地吹雪と降雪が合わさって、視界が悪くなる“ホワイトアウト”。 巻き込まれると、数メートル先も見えない状態になる。 県内でもホワイトアウトが原因とみられる事故も。 2001年には、東北道・郡山南IC付近で23台が絡む事故が起きている。 国道を管理する国交省では、特に注意が必要な箇所をまとめたマップを作成。 その一つが桑折町の国道4号のポイント。 ■福島河川国道事務所 早坂肯心保全対策官 「田んぼがあって、平らになっていて、雪が積もりやすくなっている。またその背後に山があるので、吹き降ろしの風で、雪が舞い上がって、ドライバーからすると目の前が真っ白になる状況が発生」 周りに建物などがない場所では、ホワイトアウトが起きやすいという。 国交省ではこうした状況も起きやすい大雪予報時には運転を控えるよう呼びかけている。 ただ万が一、ホワイトアウトに遭遇した場合、どうすればよいのでしょうか。 ■福島河川国道事務所 早坂肯心保全対策官 「周囲の車に自分の存在がわかるようにハザードランプを付けて目立つようにしてもらう」 急ブレーキをかけるとスリップする可能性もあるため、あわてずハザードランプを付け、スピードを落とすことが重要。 まだまだ寒い日が続くこの時期、車を運転する際には最新の気象情報を確認するなど一層の注意が必要。

福島 2021.01.20 18:04

福島・楢葉町の中学生がハンドソープ制作

楢葉町では感染症対策の手洗いを改めて徹底してもらおうと地元の中学生が制作したハンドソープが町の全ての家庭に発送された。 楢葉中学校の生徒が制作したハンドソープ「ゆーtiful」には、町の特産品であるゆずの香料などが使われていて手を洗ったあとに爽やかなゆずの香りを楽しむことができる。 新型コロナ対策の手洗いを改めて徹底してもらおうと町内外にいる全ての家庭に届けるため、およそ3000個が発送された。 ■ハンドソープ制作した楢葉中学校 馬上日菜さん 「料理をする前とか手がいいにおいがするので気持ちもリフレッシュできると思う。県外の方でも時々楢葉町に来てみたいなと思って頂けたら嬉しい」 生徒たちが制作したハンドソープは、今月下旬には配送が完了するという。

福島 2021.01.20 18:02

郡山シティーマラソン大会 2年連続の中止

毎年4月に開催している「郡山シティーマラソン大会」について新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから去年に続き、今年も中止が決まった。 「郡山シティーマラソン大会」は、毎年4月に開催され、全国各地からおよそ8千人のランナーが参加する。 今年も4月に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから大会実行委員会は、去年に続き2年連続で中止することを決めた。 大会が2年連続で中止になることは初めてで、大会実行委員会は、「今回は、やむをえず中止した。来年4月に開催した暁には、ぜひ多くのランナーに参加してほしい」としている。

福島 2021.01.20 17:18

住宅など全焼3人遺体見つかる 青森平内町

19日夜遅く、青森県平内町で、住宅や倉庫などあわせて5棟を全焼する火事があり、火元の住宅から3人が遺体で見つかりました。 19日午後10時40分ごろ、平内町東田沢の漁業・畑井秋則さん(88)方から火が出ていると消防に通報がありました。 火は敷地内の2階建て倉庫のほか、隣の住宅や物置小屋などに燃え移り、およそ9時間後に消し止められました。 近所の人「家は1軒まるまる燃えて、こっちの小屋と向こうの小屋と燃えてしまって、崩れ始めている感じでした」「見つかっていない。3人見つかっていない。お年寄りだから」 この火事で住宅や倉庫など5棟が全焼し、火元の住宅から性別の分からない3人が遺体で見つかりました。火事のあと、畑井さんのほか、同居する妻と二男の3人と連絡が取れなくなっています。警察は亡くなった3人が畑井さん一家とみて身元の確認を急いでいます。

青森 2021.01.20 14:03

羽後町の火事〝落雪でガス管損傷し爆発か″

 1月14日、羽後町で住宅4棟を焼き1人が死亡した火事について経済産業省は落雪によるガス管の損傷でガスが漏れ、引火して爆発を起こしたと推定されると発表しました。  この火事は羽後町西馬音内の住宅で4棟が焼け火元の焼け跡からこの家に住む77歳の女性の遺体が見つかったものです。  ガス販売業者から報告を受けた経産省は、火元の住宅で落雪によりガスボンベとメーターをつなぐガス管が損傷し、漏れたガスに何らかの原因で火が着いて爆発したとみられると発表しました。  家屋が屋根から下ろした雪に囲まれていたため家屋の周辺や床下に漏れたガスが溜まっていた可能性があるということです。  経産省は事故防止のため▽雪下ろしや除雪の際はガス設備に衝撃を与えないこと▽緊急時にガスボンベのバルブを閉められるよう 設備周りの通路を除雪しておくこと▽ガス臭いと感じたら火気をすべて消すことなどを呼びかけています。

秋田 2021.01.20 13:11

能代市で住宅など4棟全焼 1人の遺体

 20日未明、能代市で住宅など4棟を焼く火事があり焼け跡から1人の遺体が見つかりました。火事のあと火元の73歳の男性と連絡が取れなくなっています。  火事があったのは能代市二ツ井町飛根の工藤徳夫さん73歳の住宅です。警察と消防によりますと20日午前2時前「隣の家が燃えている」と消防に通報がありました。  火はおよそ4時間半後に消し止められましたが火元を含む住宅3棟と小屋1棟が全焼し火元の焼け跡から1人の遺体が見つかりました。  火事のあとこの家に1人で暮らす工藤さんと連絡がとれなくなっています。  現場はJR富根駅から北東におよそ300メートルの住宅地です。警察が遺体の身元の確認を進めるとともに、消防と火事の原因を調べています。

秋田 2021.01.20 13:11

東北道多重事故で一関市の男性が死亡

宮城県の東北自動車道で19日起きた車約140台が絡む多重事故で、岩手県一関市の男性が亡くなった。事故があったのは、宮城県大崎市の東北自動車道下り線。19日正午ごろ、古川インターチェンジから長者原サービスエリアの間で乗用車やトラックなど約140台が関係する多重事故が発生し、事故を起こした車などが約1キロにわたって立往生した。この事故で、乗用車を運転していた一関市久保の無職、須藤美洋さん65歳が、胸などを強く打って搬送先の病院で亡くなった。警察によると、現場付近では吹雪で視界が悪くなる「ホワイトアウト」が発生していたとみられ、須藤さんのほか18人が救急搬送されている。

岩手 2021.01.20 12:26

岩手県 二十四節気「大寒」厳しい冷え込みに

20日は二十四節気の1つ「大寒」。1年で最も寒いころとされていて、県内は各地で厳しい冷え込みとなった。20日の県内は、東北地方の上空約1500メートル付近にマイナス15℃以下の寒気が流れ込んだ影響で、各地で冷え込んだ。最低気温は、盛岡市の薮川で氷点下15.8℃、二戸で氷点下12.1℃、宮古市の区界で氷点下12℃を観測するなど36の観測地点のうち、24地点で平年を下回った。20日は高気圧に覆われ、晴れや曇りとなる見込みだが、日中の予想最高気温は、盛岡で氷点下1℃、二戸で氷点下3℃と真冬日になる見込みで、厳しい寒さが続きそう。

岩手 2021.01.20 12:16

平内町・弘前市 住宅火災相次ぎあわせて4人死亡

きのう夜遅く平内町と弘前市で住宅を全焼する火事が相次ぎ、あわせて4人が亡くなりました。 きのう午後10時40分ごろ平内町東田沢の漁業畑井秋則さん88歳方から火が出ていると消防に通報がありました。 火は敷地内の2階建て倉庫のほか隣の住宅や物置小屋などに燃え移り、およそ9時間後に消し止められました。 ★近所の人は… 「家は1軒まるまる燃えて、こっちの小屋と向こうの小屋と燃えてしまって崩れ始めている感じでした」 「見つかっていない 3人見つかっていない、お年寄りだから」 この火事で一部2階建ての畑井さんの住宅が全焼し、焼け跡から性別の分からない3人が遺体で見つかりました。 畑井さんは81歳の妻と58歳の次男と暮らしていますが火事のあと3人と連絡が取れなくなっています。 警察は亡くなった3人は畑井さん一家とみて身元の確認を急いでいます。 また、弘前市でも住宅1棟を全焼する火事がありました。 きのう午後11時半ごろ弘前市桔梗野2丁目の檜山章さん66歳の2階建て住宅が全焼し、焼け跡の玄関付近で男性の遺体が見つかりました。 檜山さんは1人暮らしで、火事のあと連絡が取れなくなっていることから警察は亡くなった男性は檜山さんとみて身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べています。

青森 2021.01.20 12:14

うすい百貨店 コロナ禍で営業時間短縮

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、郡山市の百貨店では、当面の間、営業時間を短縮する。 郡山市のうすい百貨店では、県から不要不急の外出自粛要請が出された事などから19日から営業時間を1時間短縮し、午後6時までとしている。 また、営業中は感染症対策として、来店者への検温やマスクの着用、アルコール消毒の徹底などを呼びかけている。 ■うすい百貨店 菅野俊広さん「新型コロナウイルスの対策を万全にしてお客様をお迎えできるようにしているので、安心してお買い物を楽しんでいただけたらと思っている」 20日から予定していた物産展も延期し、営業時間の短縮は、当面の間続けられる。

福島 2021.01.20 11:48

持続化給付金騙し取る 指南役の男女を逮捕

新型コロナウイルスで収入が減った事業主に支給される「持続化給付金」の制度を悪用し、100万円をだまし取ったとしていわき市の男女2人が逮捕された。 詐欺の疑いで逮捕されたのは、いわき市の無職の22歳の男と21歳の女。 2人は、去年6月ごろ当時20歳の介護助手の女性に不正受給の話を持ちかけ、ウソの申請書を提出させて国から100万円をだまし取った疑いがもたれている。 警察は「捜査に支障がある」として2人の認否を明らかにしていない。 警察によると、2人は詐欺グループを組織して指南役として同世代の若者に「簡単にお金が手に入る」などと勧誘していた可能性もあるとみて捜査を進めている。

福島 2021.01.20 11:47

福島県新たに35人に新型コロナ感染確認

福島県では19日の検査結果で、35人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 県が20日午後に、感染経路などの詳細を発表する予定。 感染が確認されたのは、県内の10歳未満から90歳以上の男女35人。 内訳は南会津町13人、郡山市6人、いわき市4人、福島市3人、会津若松市3人、会津美里町2人、下郷町1人、南相馬市1人、須賀川市1人、矢吹町1人となっている。 県内の入院患者数は281人で、病床使用率は59.9%とひっ迫している。 このうち重症患者は8人となっている。

福島 2021.01.20 10:58

東北道で140台が絡む多重事故 1人死亡

宮城県大崎市の東北自動車道で19日、車140台が関係する多重事故があり、1人が死亡、17人がケガをしました。 事故があったのは、大崎市古川の東北自動車道下り線です。警察によりますと、19日正午ごろ、古川インターチェンジと長者原サービスエリア間で、乗用車やトラックなど140台が関係する多重事故が発生。現場では、事故を起こした車などが約1キロにわたって立ち往生しました。この事故で、岩手県一関市の男性(65)が死亡。17人がケガをしました。 警察などによりますと、現場付近では、吹雪で視界が悪くなる“ホワイトアウト”が発生していたとみられています。

宮城 2021.01.20 01:15

元警察官・器物損壊で再逮捕

酒気帯び運転の疑いで逮捕された元警察官で県職員の61歳の男が、貸家のドアガラスをたたき割ったとして器物損壊の疑いで19日、再逮捕された。 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、天童市南小畑6丁目の元警察官で県立朝日学園に勤務する伊藤繁容疑者(61)だ。 警察の調べによると、伊藤容疑者は、17日午後11時半ごろ、尾花沢市上町で木造2階建て貸家のドアガラス1枚などを手でたたき割った疑いだ。 伊藤容疑者は18日午前1時すぎ、尾花沢市中町を酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑いで逮捕されている。 貸家の所有者から被害届を受けた警察が捜査したところ、伊藤容疑者が関与した疑いが出てきたという。 警察の調べに対し、伊藤容疑者は容疑を否認していて、詳しい経緯などを慎重に調べている。

山形 2021.01.19 20:34

県ワクチン接種総合本部設置

県は新型コロナウイルスのワクチン接種を迅速に進めるため、「ワクチン担当課」を新たに設置することが分かった。県内では、医療従事者などを優先に、ことし3月上旬から接種が始まる予定だ。 県内での新型コロナのワクチンは、ことし3月上旬から、医療従事者およそ3万人、3月下旬から、65歳以上の高齢者およそ35万人に優先的な接種を予定している。その後、基礎疾患がある人や、高齢者施設などの従事者、そして、それ以外と続くが、具体的な時期は未定としている。 対象となるのは16歳以上で県内では高齢者を含め、およそ94万人が該当するということだ。 19日、県は総合本部内に、「ワクチン担当課」を設置し、医療機関の確保や、医療従事者の優先接種への対応などを行う。接種に関わる医療機関は、60から70の施設で、その役割は3月上旬までにファイザー製のワクチンをマイナス75℃で保管するための冷凍庫を設置する「基本型医療施設」と、主にワクチン接種を担う「連携型医療施設」になる。 一般の県民には、公民館などを活用した臨時の医療施設を用意するなどの対応を検討しているということだ。 なお、県によると、接種の対象年齢は、あくまで現在、検討段階で、厚労省の薬事承認の内容次第で詳細を決定する。

山形 2021.01.19 20:33

新型コロナ4人感染 重症者は0人に

県は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4人確認されたと発表した。一方、重症者3人は回復し、県内の重症者はゼロとなった。 新たに感染が確認されたのは山形市の女子高校生2人と県外在住の30代の男性と50代の男性、合わせて4人だ。 山形市の女子高校生2人は市内の高校で同じ部活に所属していて今月9日から3日間、日帰りで隣県に遠征していたという。 同居家族や同じ部活の生徒など濃厚接触者20人を含め、同級生や学校関係者合わせて60人あまりに検査を行う予定だ。2人が通う高校は19日から当面の間、臨時休校となった。 また、県外在住の男性2人は今月15日に感染が発表された白鷹町の40代の男性と仕事で接触があったという。 これで、県内の感染者の累計は447人となった。 また、重症で入院していた3人は症状が改善して、一般病棟に移り、19日現在の重症者はゼロとなっている。 一方、長井市は19日午後、記者会見を開き、市が発注している市役所新庁舎の建設を行っている工事業者の3人が新型コロナに感染したと発表した。 3人は、19日県が発表した県外在住の30代と50代の男性と今月15日に発表された白鷹町の40代男性だ。 3人は同じ会議に出席していて、この会議の参加者24人は全員陰性だった。また、市は建設工事を中断し、工事関係者およそ200人の検査も予定していて、この結果を受けて工事の再開時期を決めるとしている。 新庁舎はすでに9割が完成していて5月6日の開庁予定日には間に合う見通しだという。

山形 2021.01.19 20:33

病院クラスター関連 新たに3人の感染確認

秋田市で新たに3人の新型コロナウイルス感染が分かりました。いずれも市立秋田総合病院のクラスター関連で、12月から1月中旬にかけて入院していた元患者も含まれています。 新たに感染が確認されたのは、1月5日から13日まで市立秋田総合病院に入院していた80代の男性と、12月26日から1月7日まで入院していた80代の女性、それに20代の薬剤師の3人です。いずれも症状は重くないということです。 市立秋田総合病院関連の感染確認は、これで26人となりました。 秋田市は「感染者は特定の病棟に集中している。年明けから感染が広まった可能性もある」と話しています。 病院のスタッフおよそ850人と入院患者およそ300人の検査はほぼ終わっています 県内での感染確認はこれで延べ219人となりました。

秋田 2021.01.19 20:10

公立高校の前期選抜 過去最低の0.85倍

公立高校の前期選抜の願書の受け付けが締め切られ、志願倍率が発表されました。全日制の平均の志願倍率は、0.85倍と過去最低で4年連続で1倍を割り込みました。 全日制の前期選抜は、分校と地域校を含めあわせて46校で全体の募集定員のおよそ2割にあたる1589人を募集しました。 願書の受け付けは、19日正午に締め切られ、全日制の志願者は、全体で1356人。平均の志願倍率は、前期選抜が始まった2005年度以降最も低い0.85倍でした。 学校別で志願倍率が最も高かったのは、秋田高校で1.93倍、次いで秋田北が1.27倍となっています。 学科ごとにみますと、金足農業の生活科学が1.64倍、秋田工業の建築が1.45倍と高くなっています。 前期選抜の試験は1月28日、合格発表は2月5日に行われます。 一般選抜は2月12日に願書の受け付けが始まります。

秋田 2021.01.19 20:09

圧雪状態の路面は… 高齢者が注意点を学ぶ

19日、高齢者を対象にした雪道の運転講習会が北秋田市で開かれ、参加者が注意点などを改めて確認しました。 講習会は雪道運転の危険性を改めて学んでもらおうと北秋田警察署が開きました。 雪にハンドルをとられたりブレーキがをかけてもなかなか止まらなかったり、参加した15人は、雪道ならではの運転を体験しました。 雪が踏み固められた圧雪状態の道路は、時速30キロでブレーキをかけ完全に停止するまでおよそ20メートル必要だといいます。 雪道は視界の悪さからとっさの判断が難しいケースも多く、東日本高速道路によりますと事故件数は夏場の1.8倍に上ります。 初心に戻って運転技術を学ぼうと参加したスクールバスの運転手の男性(66)は「凍っているところの状況を見ながら自分でコントロールしていかないと、踏み固まったのは滑るっていうのを常に頭の中においてやらないといけないなっていう感じはしました」と話しました。 県内では12月から1月18日までに車のスリップ事故が1605件起きています。 警察は「雪道はいつも以上に周囲に気を配り、速度を落として運転してほしい」と呼びかけています。

秋田 2021.01.19 20:09

岩手県 新たに4人新型コロナ感染 累計475人に

岩手県内では19日、新たに4人の新型コロナウイルス感染が公表された。県内の感染者の累計は、475人となった。新たに感染が公表されたのは、盛岡市、北上市、花巻市、県央保健所管内の10代から60代の男性4人で、重症者はいない。このうち花巻市の20代男性は、クラスターが発生した富士大学の学生で、先に感染が確認された学生と同じ寮で過ごしていた。盛岡市の10代男性は、今月9日から15日にかけて、感染拡大地域を含む県外の複数の地域を訪れていたという。県央保健所管内の30代男性は、接触した県外の知人の感染が判明したことから18日検査を受け、ウイルスが検出された。北上市の60代男性は、感染経路は不明だが、同居家族1人にも症状があるという。県内の感染者は累計で475人となり、死者25人、重症者は1人となっている。

岩手 2021.01.19 20:00

岩手県 劣悪な環境で多数の犬を飼育虐待 女を逮捕

「多頭飼育崩壊」。無秩序に飼われた多数の動物が異常繁殖の末、飼育不可能な状態に陥る現象。岩手県警は18日、多くの犬を劣悪な環境で飼育したとして、宮古市の女を逮捕した。県内では初めての逮捕者。動物愛護管理法違反の疑いで逮捕されたのは、宮古市松山の介護職員、畑中はるゑ容疑者61歳。畑中容疑者は先月9日頃、排泄物が溜まった狭く不衛生な室内で、約20頭の犬を飼育し、虐待した疑いがもたれている。室内からは生後まもなく死んだとみられる子犬3頭も見つかった。畑中容疑者は先月、調査に訪れた宮古保健所の職員に暴行を加えたとして、公務執行妨害の疑いで逮捕され、いずれの容疑も否認している。宮古保健所には15年ほど前から鳴き声やにおいに関する苦情が寄せられ、定期的に立ち入り調査を行い、指導していたという。動物愛護管理法違反での逮捕は岩手県内では初めて。

岩手 2021.01.19 20:00

菅首相に面会 大雪被害への支援を要望

自民党県連の金田勝年会長が菅総理と面会し、県内の大雪被害への支援を要望しました。菅総理は「“防災担当大臣”、国土交通大臣、総務大臣が協力・連携して万全の対策をとっていきたい」と応じたということです。 自民党県連の金田会長は19日午後、ほかの県関係の国会議員とともに総理官邸で菅総理と面会し、大雪被害の現状を報告して支援を求めました。 金田会長によりますと、菅総理は「地域の実情を把握することができて非常によかった」と応じ「できる対策全てについてしっかり対応していきたい」と述べたということです。 また、「“防災担当大臣”、国土交通大臣、総務大臣が協力・連携して万全の対策をとっていきたい」と話したといいます。 この冬の大雪による県内の農林水産関係の被害は、判明している分だけで7億円近くに上っていて、被害は北陸など広い範囲で出ています。

秋田 2021.01.19 19:19

新たに12人感染 スポーツ活動クラスター拡大

 県内で新たに12人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。  このうち5人は青森市で発生した地域のスポーツ活動のクラスターに関連した感染者です。  県によりますときょう午後4時半までに新たに感染が確認されたのは保健所別に青森市で5人、五所川原管内で4人、弘前管内で2人、三戸地方管内で1人の合わせて12人です。  このうち青森市に住む10歳代から40歳代までの男女5人はいずれも市内の高校で発生したクラスターの関連から派生した地域のスポーツ活動のクラスターに関連した感染者です。  これで青森市内の高校で発生したクラスターの感染者は地域のスポーツ活動のクラスターなど関連を含めて49人まで広がっています。  きょう発表された12人のうち青森市の5人を含めた10人はこれまでに判明した感染者との接触が確認されています。  しかし三戸地方管内の70歳代の女性1人と弘前管内の50歳代の男性1人の合わせて2人については感染経路がわかっていません。  ただ弘前管内の男性は今月上旬、東北地方のほかの県に複数回滞在していたということです。  これで県内の現在の感染者はきのうと同じ94人となっています。  このうち入院中の患者は41人で重症が3人、中等症は10人です。  回復した人と亡くなった人を含めた感染者の累計は656人となりました。  県内で感染者が確認されたのは30日連続です。

青森 2021.01.19 18:43

五所川原市 感染警戒 公共施設の一部 利用停止

 五所川原保健所管内の新型コロナウイルス感染拡大を受けた対応です。  五所川原市は一部の公共施設の利用を停止するほかスポーツ活動などに自粛を要請し警戒を強めています。  五所川原消防本部はきのう40歳代の職員1人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。  この職員は青森市の高校クラスターに関連し陽性が判明した人と同居しておりPCR検査の結果16日に陽性が確認されました。  五所川原保健所管内では今月14日以降、感染者が14人確認されています。  このため五所川原市は感染拡大を防ぐためきのうから市民体育館や嘉瀬スキー場など市内7か所の公共施設を休館や利用停止としました。  期間は当面の間としています。  また市内のスポーツ少年団やクラブチームに対し、今月末までの活動自粛を要請しました。  このうち元オリンピック選手の古川純一さんが指導するスキージャンプ教室「金木ジャンプクラブ」は嘉瀬スキー場を拠点に活動しており今月13日に今シーズンの練習を始めたばかりでした。  昨シーズンは雪不足の影響で一度も練習が出来なかっただけに活動自粛の知らせに肩を落としました。 ★金木ジャンプクラブ 古川純一さん 「みんなで整備してようやく2季ぶりに飛べるようになったのですがコロナ禍の中なのでしょうがない 施設もまた営業再開になりましたら また一からジャンプ台を整備してみんなでまた飛べるようにしたい」  五所川原保健所管内での新型コロナウイルスの感染拡大に市民は不安を抱いていました。 ★五所川原市民は… 「たいへんだ コロナと聞くだけで不安だ」 「広がらないようにですよね でも広がるんじゃないかなと思いますね」 「年だからほとんど出ては歩かないけどやっぱり不安ですよね」  新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるにはひとりひとりの対策が重要です。

青森 2021.01.19 18:43

20日から県高校スキー 対外試合の禁止解除

 県立高校のクラスター発生に伴う高校の対外試合の禁止が解除されました。  これを受け県高校スキー大会があすから開かれることが決まりました。  弘前保健所管内の県立高校で発生したクラスターを受け今月4日から17日までの間、県立学校の対外試合や合宿が原則禁止されていました。  県教育委員会は現在の感染状況を踏まえて対外試合や合宿の禁止措置を延長せず解除しました。  これを受けて県高体連は今月11日から13日まで開かれる予定だった県高校スキー大会をあすとあさっての2日間で行うことを決めました。  きょう開かれたアルペンの監督会議ではスケジュールを確認したほかジャイアントスラローム、スラロームともに同じ位置からスタートすることなどを申し合わせました。 ★県スキー連盟 前田洋海 アルペン委員長 「(選手たちは)全国大会へむけた準備をこつこつと行ってきました そういった成果を思う存分発揮してもらい我々もその分コースを整えますので思う存分滑り抜いてほしいなと思います」  県高校スキー大会はあすアルペンのジャイアントスラロームとスラロームがあさってクロスカントリーのクラシカルが行われます。

青森 2021.01.19 18:43

南会津町の老人ホームクラスターが拡大

県内では、18日、新たに14人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 内訳は、郡山市や南相馬市、南会津町、古殿町でそれぞれ2人、須賀川市や相馬市、会津若松市、下郷町、会津美里町、三春町でそれぞれ1人。 このうち3人は、感染者の集団=クラスターが明らかになった南会津町の特別養護老人ホーム=「田島ホーム」の職員や利用者で、感染者はこれで10人となる。 また、県内の累計の感染者数は、これで1,483人となった。 現在の病床使用率は、最も深刻な「ステージ4」の水準を超える59.1パーセントとなっている。 一方、新たに、70歳代の男性1人がなくなり、新型コロナウイルスによる県内の死者は、34人となった。

福島 2021.01.19 16:22

新型コロナの死亡者の半数以上に基礎疾患

県内の新型コロナウイルスによる死亡者の半数以上が基礎疾患を持っていたことが明らかになった。 県は18日、これまでに新型コロナウイルスに感染し死亡した症例の分析結果を明らかにした。 分析結果によると、今月16日までの感染者1,448人のうち33人が亡くなり、死亡率は2.3%で亡くなった方の平均年齢は、82.8歳だった。 また、死亡者の半数以上は基礎疾患を持っていてその多くが病院内や施設内での感染だったという。 県は基礎疾患を持つ人の感染リスクを下げるためにも県民に対して不要不急の外出自粛など感染対策を徹底するよう呼び掛けている。

福島 2021.01.19 16:21

大荒れ 吹雪 引き続き大雪に注意・警戒

強い冬型の気圧配置のため19日、県内は大荒れの天気となっています。風は徐々に弱まる見込みですが、引き続き大雪に注意・警戒が必要です。 風は未明から朝にかけて強まり、通勤通学にも影響が出ました。 秋田市で、午前9時前に最大瞬間風速31.8メートルを記録したほか、八峰町八森で29.8メートル、にかほ市で27.1メートルを観測しました。 また、各地で積雪が増えています。午前11時の積雪は、横手市が161センチ、湯沢市が121センチ、秋田市が36センチです。 20日午前9時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で平野部で25センチ、山沿いで35センチとなっています。 JRは多くの路線で始発から運転を見合わせています。 秋田新幹線は昼過ぎまで運転を見合わせる予定です。在来線は区間によっては夕方まで、もしくは終日運転を見合わせます。 秋田空港を発着する空の便も、午前中はすべての便が欠航しています。 秋田市内では、吹雪による見通しの悪さもあって、各地で渋滞が発生しました。 このあと風は徐々に弱まる見込みですが、引き続き大雪になるところがある見込みです。 気象台は大雪による交通障害や建物・農業施設への被害に注意・警戒するよう呼びかけています。

秋田 2021.01.19 13:17

岩手県 大雪・強風で交通機関に影響

18日夜から19日朝にかけて、岩手県内各地で風を伴って雪が降り、交通機関に影響が出ている。県内は冬型の気圧配置が強まった影響で19日午前9時までの24時間に降った雪の量は、雫石で43センチ、西和賀町湯田で34センチ、盛岡で18センチ。この大雪と強風の影響で、秋田新幹線は始発から午後3時頃まで、東北新幹線は仙台・盛岡間で午前11時頃から運転を見合わせている。在来線も、花輪線や北上線などで始発から昼頃まで運転を見合わせている。花巻空港の空の便も、全便欠航となった。また、交通事故の110番通報は、午前10時までに73件と、18日の倍以上に増えた。20日午前6時までの24時間に降る雪の量は、内陸の山沿いで30センチ、沿岸の山沿いで15センチと予想されている。沿岸北部には暴風雪警報が出されていて、夕方まで警戒が必要。

岩手 2021.01.19 12:11

岩手県 北東北3県ドクターヘリ 柔軟な運用を要望

北東北3県のドクターヘリの柔軟な運用を求めて18日、北奥羽開発促進協議会が県に要望した。18日は、青森県八戸市の小林眞市長ら、県境にある市町村の代表者が菊池哲副知事に要望書を提出した。現在のドクターへりの運航マニュアルでは、他県のヘリが患者の近くにいる場合でも、まず自分の県のヘリに出動要請をしなければならない原則があるため、消防本部の判断で県境にとらわれず出動要請ができるよう柔軟な運用を求めた。

岩手 2021.01.19 12:11

県内大荒れ 北五津軽と西津軽に波浪警報

強い冬型となった県内は広い範囲で雪が降り、荒れた天気となっていて気象台は北五、西津軽に波浪警報を出し高波に警戒を呼びかけています。 県内は強い冬型の気圧配置となった影響で津軽や下北を中心に雪が降っています。 午前11時現在の各地の積雪は青森市が90センチ、むつ市脇野沢が77センチ、今別町が72センチなどとなっています。 県内はこのあとも西よりの風が強く、予想される最大風速は津軽と三八上北の陸上で16メートルと各地で吹雪く見込みで、吹きだまりによる交通障害に注意が必要です。 また、海上では日本海で大しけの見込みで、気象台は北五、西津軽に波浪警報を出し、高波に警戒を呼びかけています。

青森 2021.01.19 12:09

福島県 新たに14人に新型コロナ感染確認

県内では、18日新たに14人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 内訳は、郡山市や南相馬市、南会津町、古殿町でそれぞれ2人、須賀川市や相馬市、会津若松市、下郷町、会津美里町、三春町でそれぞれ1人。 累計感染者数は1483人となり、病床使用率は入院予定を含め59.1パーセントで、重症者は7人となっている。

福島 2021.01.19 11:51

福島空港 ANA運航の全便が運休

緊急事態宣言の拡大などに伴い、福島空港では全日空が運行する全ての便が運休となった。 運休になったのは、全日空の福島-大阪2往復と福島-札幌1往復。 2月7日までの間、全日空が運航する全便が運休となる。 この間、福島空港ではIBEXエアラインズの福島-大阪の1往復のみの運航となる。 現時点で全日空は、2月8日から大阪1往復と札幌1往復の運航再開を予定しているという。

福島 2021.01.19 11:51

会津や中通りで雪 交通機関に影響も

19日の県内は、会津や中通りで雪が降り、風が強く吹雪いているところもある。 ■渡辺早紀記者リポート 「午前9時過ぎの会津若松市では、降り積もる雪とともにいつもより風が強く吹いていて道路の先が見えにくくなっている」 強い冬型の気圧配置により、19日の朝は会津の山沿いを中心に雪となり、会津の平地や中通りでも積雪を記録した。 この雪や強風により交通機関に影響が出ている。 東北新幹線の仙台・盛岡駅間などで運転を見合わせているほか、一部の路線で遅れや運休が出ているところがある。 午後は雪が次第に弱まり晴れ間が出るところもあるが、屋根からの落雪やなだれに注意が必要。

福島 2021.01.19 11:51

福島市のスーパーで男女3人はねた男を逮捕

福島市のスーパーで男女3人が車にはねられた事故で、警察は、車を運転していた60歳の男を逮捕した。 過失運転致傷の疑いで逮捕されたのは、伊達市保原町の無職の60歳の男。 18日夕方、福島市のスーパーの駐車場内で歩いていた男女3人をはね、ケガをさせた疑いがもたれている。 被害にあった3人は、足の骨を折るなどの重軽傷を負ったが、命に別条はないという。 警察は、男がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて、事故の原因を調べている。

福島 2021.01.19 11:50

ショベルカー転落 男性死亡 山形・酒田

18日午前、酒田市で除雪作業をしていたショベルカーが道路から田んぼに転落し、運転していた男性が死亡した。 警察などによると、午前9時すぎ酒田市砂越の最上川沿いの河川管理道路で除雪作業中のショベルカーが横転したと消防に通報があった。 ショベルカーは道路から2メートル下の田んぼに転落。運転していた男性がショベルカーと地面との間に挟まれた。 警察や工事業者によると、乗っていたのは鶴岡市の57歳の男性作業員で、意識不明の状態で病院に搬送され、その後、死亡が確認されたという。 現場では、今月5日から工事業者が最上川に架かるJR羽越線の鉄橋の耐震補強工事を行っていた。

山形 2021.01.18 20:19

山形県知事選・期日前投票 前回上回る 

今月24日に投票が行われる県知事選挙で告示後から17日までの10日間に期日前投票を行った人は8万7000人を超え、前回の知事選やおととしの参議院選挙の同じ時期を上回っている。 県選挙管理委員会によると、告示日の翌日から17日までの10日間に期日前投票をした人は8万7480人で、前回12年前の知事選の最初の10日間より6万人以上増え、約3.3倍になっている。 また、おととしの参院選と比べても2万6000人以上多くなっている。 市町村別では、すべての市町村で前回を上回り、最も有権者が多い山形市では7765人多い1万4401人と倍以上増加している。 それらについて、県選挙管理委員会は「制度自体が定着してきている。また、新型コロナの影響で、混み合う可能性がある投票日当日を避けようと、事前に投票する人が多いのではないか」としている。 期日前投票は、投票日前日の今月23日まで行なわれる。

山形 2021.01.18 20:17

酒気帯び運転容疑で山形県警元警察官逮捕

尾花沢市で18日山形県警の元警察官で県職員の61歳の男が、酒気帯び運転の疑いで逮捕された。 酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、天童市南小畑6丁目の元警察官で県職員の伊藤繁容疑者(61)。 警察の調べによると、伊藤容疑者は18日午前1時すぎ、尾花沢市中町を酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。 「酒気帯び運転のようだ」との通報を受けた警察が、コンビニエンスストアの駐車場で車の中にいた伊藤容疑者を発見し、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。 調べに対し伊藤容疑者は容疑を認めているという。 伊藤容疑者は去年3月まで県警の警察官として働き、4月から県職員として勤務していた。 警察は酒を飲んだ経緯などについて詳しく調べている。

山形 2021.01.18 20:14

岩手県一関市 酒蔵が醸造技術生かした「クラフトコーラ」販売

一関市の酒蔵では、醸造技術を生かしてクラフトコーラを商品化し、18日から販売を始めた。鮮やかな琥珀色と泡と一緒にはじけて広がる爽やかなスパイスの香り、一関市の酒蔵「世嬉の一酒造」の新商品「こはるコーラ」。クラフトビールの醸造技術を生かして作られた、大麦由来の自然な甘みのノンアルコール炭酸飲料。「世嬉の一酒造」では、緊急事態宣言発出後の去年4月、主な取引先だった東京・大阪の飲食店からの発注が前年の半分にまで減少。感染が拡大した先月も同様に落ち込んだ。そこで、余った人手と時間を使ってノンアルコール飲料を開発。商品の多様化と販路の拡大でコロナ禍の生き残りを目指している。(世嬉の一酒造・佐藤航代表取締役社長)「何がどうなるかわからないという中でとにかく今できることを一生懸命やっていくと、瓢箪から駒じゃないけれど、いい方向にいったりもすると思う。単純に売り上げが下がったと悩むよりは挑戦することでスタッフも自分も前向きになれる」。「こはるコーラ」は「世嬉の一酒造」の売店とレストラン、インターネットで販売している。

岩手 2021.01.18 19:58

岩手県 新型コロナ 新たに4人の感染確認 累計471人に

18日、県内では新たに4人の新型コロナウイルス感染が公表された。感染が確認された人の累計は471人となった。新たに感染が確認されたのは、盛岡市の50代男性と70代女性、花巻市の10歳未満の男の子、一関市の60代女性のあわせて4人で重症者はいない。盛岡市の50代男性は職場の同僚やその家族、あわせて7人の感染が確認されていて、2度目の検査でウイルスが検出された。花巻市の10歳未満の男の子は、17日に感染が公表された40代男性の同居家族で、今月3日まで家族4人で感染拡大地域に帰省していた。盛岡市の70代女性と一関市の60代女性はいずれも、既に感染が確認された同居家族の濃厚接触者として検査を受け、ウイルスが検出された。県内での感染確認は累計471人。うち重症者1人、死者25人となっている。

岩手 2021.01.18 19:43

病院のクラスター関連など新たに8人

県内でも新型コロナウイルスの感染が急拡大していて、感染者が200人を超えました。市立秋田総合病院では、県内の医療機関では初めてとなるクラスターが発生しています。県内では18日新たに8人、このうち病院のクラスター関連では6人の感染が確認されました。 秋田市で18日、新たに感染が発表されたのは6人で、いずれも市立秋田総合病院のクラスター関連です。女性看護師など20代から50代の職員が5人。30代の男性入院患者が1人です。市立秋田総合病院関連の感染確認は23人となりました。 これ以外では湯沢保健所管内に住む40代の女性と由利本荘保健所管内に住む30代の男性の感染もわかりました。2人とも感染が分かっている人の濃厚接触者として検査を受けたものです。県内での感染確認はこの数日で大きく増え、延べ216人となっています。 感染が急拡大していることを受けて県は、対策本部会議を開きました。病床使用率が今月7日以降、25%を超えている状況や院内クラスターの発生などを踏まえ、病床確保計画のフェーズを3に引き上げました。現在の69床から115床に増やして対応します。それに伴い、警戒レベルも3に引き上げられました。 佐竹知事は県民に対し緊急事態宣言が出されている11都府県だけではなく、仙台市など感染者数が多い地域との往来自粛を要請しました。ただ、飲食店でクラスターが発生してる状況ではないとして、休業や時短営業の要請はしない方針です。 佐竹知事は、会食でも相手と距離を取り、会話をする際はマスクを着用するよう呼びかけています。また、改めて感染した人への誹謗中傷は絶対にやめるよう求めました。

秋田 2021.01.18 19:28

農家への支援 JAが県に要請

記録的な大雪と暴風雪で県内での農林水産被害はわかっているだけでもおよそ7億円に上っています。調査が進んでない場所もあり、今後さらに被害額が膨らむとみられ、JAが県に支援を要請しました。 18日、JA秋田中央会の斉藤一志会長などが佐竹知事のもとを訪れ、緊急の要請書を手渡しました。県のまとめによりますと今月14日現在、大雪や暴風雪で農業施設への被害が1564棟で確認されるなど農林水産の被害額はおよそ7億円に上っています。果樹園などは雪解け後の調査となるため、被害額はさらに膨らむ見通しです。 要請書ではパイプハウスなど農業用施設の撤去・復旧にかかる費用のほか、枝折れした果樹の補修費用、除雪の経費などを支援するよう求めています。県は、雪害対策の費用を盛り込んだ補正予算案を来月開会する県議会に提出する方針です。

秋田 2021.01.18 19:28

職人たちが汗 かまくら作り始まる

例年の2倍以上の積雪となっている横手市では来月のかまくらへ向け、かまくら作りが始まりました。今年は新型コロナウイルスの影響で大幅に規模が縮小されますが、市民向けに例年通り、きれいで立派なかまくらを作ります。 横手市役所裏にある広場には18日、かまくら職人12人が集まって今年のかまくら作りをスタートさせました。去年、かまくら作りを始めたときの積雪はゼロだった横手市。今年は一転、十分すぎる雪の量になっています。18日午前9時の積雪は144センチと平年のおよそ2・5倍。雪質は良いということで職人たちが手際よく作業を進めていました。 今年は誘客はせず規模を大幅に縮小して行われるかまくら。かまくらの設置は秋田ふるさと村や町内からの要望がある分などに限定されます。設置数は例年の半分ほどの30基あまりになる予定です。新型コロナに記録的大雪。異例ずくめの中で始まったかまくら作りは本番直前の来月14日まで行われます。

秋田 2021.01.18 19:28

静かに奉納 三吉梵天祭

秋田市の太平山三吉神社で江戸時代から続くとされる伝統行事、三吉梵天祭が17日、行われました。毎年、激しい先陣争いが繰り広げられますが、今年は新型コロナウイルス対策で例年にない静かな梵天奉納となりました。 秋田市の太平山三吉神社で毎年1月17日に行われる三吉梵天祭。力強く激しいほど願いが叶うとされ、その激しい先陣争いから「けんか梵天」とも呼ばれています。今年は新型コロナウイルス対策でもみあいなどは中止。勇ましい掛け声や梵天歌も控えられ、境内への見物客の立ち入りも禁止されました。梵天は例年にない静けさの中、先を争うことなく到着順に奉納されました。 五穀豊穣や商売繁盛、新型コロナウイルス収束などそれぞれの願いを込めた梵天。今年は去年より23本少ない48本が奉納されました。

秋田 2021.01.18 19:28

知事選 山本久博氏が出馬表明

任期満了に伴い、この春に行われる県知事選挙に秋田県美容生活衛生同業組合の前理事長・山本久博氏が出馬することを正式に表明しました。県知事選挙に立候補を表明したのは山本氏が3人目となります。 知事選への出馬を表明した山本久博氏は69歳。秋田市内で美容室を経営し、秋田県美容生活衛生同業組合の理事長を先月まで9期18年務めたほか、風力発電施設の誘致・推進に長年取り組んできました。これまで選挙への立候補や政治経験はありません。 知事選に立候補を表明したのは山本氏が3人目です。知事選にはこれまで、現職で4期目を目指す佐竹敬久氏と元衆議院議員で新人の村岡敏英氏が立候補を表明しています。 知事選を巡っては共産党県委員会が独自候補を擁立する方針を示していて来月上旬までには候補者を決めたいと話しています。

秋田 2021.01.18 19:28

新たに葬祭クラスター発生

 県内で新たに1人の新型コロナウイルス感染が確認されました。  県は県内外の6人と合わせて新たに7人のクラスターが葬祭で発生したと発表しました。 ★県健康福祉部 奈須下淳 次長 「本日陽性が確認された644例目 県外の方合わせて合計7名になりますが同一の葬祭に関連する会食などの接触で感染した考えられることからクラスターの発生ということで報告させていただきます」  県はきょう午後4時半すぎから会見を開いて五所川原保健所管内で新たに1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。  県によりますと感染したのは中部地方に住む60歳代の男性です。  これまでに確認されている五所川原管内の4人に加え関東地方で陽性が判明した2人と同じ葬祭に出席していました。  この会食を伴った葬祭は1月上旬、五所川原管内で行われ現在、出席した十数人が検査をして健康観察中だということでです。  これで県内の現在の感染者はきのうから8人減って94人となりました。  このうち入院中は41人で重症が2人、中等症が11人です。  回復した人などを含めた感染者の累計は644人となりました。  一方、青森市は市内の高校で発生したクラスターに関連して新たに県外在住の10歳代の1人が感染していることが確認されたと発表しました。

青森 2021.01.18 18:51

全中冬季大会 八戸えんぶり 中止

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受けて八戸市などで行われる予定だった冬の「全中」全国中学校体育大会が中止されました。  さらに八戸えんぶりも中止を決めました。  日本中学校体育連盟は今年度のスキーとスケートそれにアイスホッケーの全国大会の中止をきょう発表しました。  冬の全国大会が中止されるのは大会史上初めてです。  このうちアイスホッケー競技は来月4日から八戸市で11年ぶりに開かれる予定でした。  中止の理由は11都府県で緊急事態宣言が発令されるなど全国的に感染者が爆発的に増えているためです。  さらに受験シーズンと重なり感染防止の徹底が何より大事だと判断しました。 ★全国中学校アイスホッケー大会実行委員会 対馬康弘 事務局長 「ひじょうに残念ではありますがやはり生徒の命にはかえられないということでひじょうに苦渋の決断かと思っています」  同じく八戸市では伝統行事の八戸えんぶりも主催団体がきょう臨時総会を開いて中止を決めました。 ★八戸地方えんぶり保存振興会 塚原隆市 会長 「八戸えんぶりの主催の行事は中止させて頂くということの決定にしたいと思います」  八戸えんぶりは毎年2月に行われる八戸地方に春を呼ぶ伝統行事です。  しかし今年度は子どもの参加について学校や保護者の理解が得られませんでした。  さらに高齢者の参加は感染した場合のリスクが高く、若い人でも勤務先から自粛を求められるなどえんぶり組で構成する協議会が参加を取り止めたことを受けた決定です。 ★八戸地方えんぶり連合協議会 大館恒夫 会長 「状況がさらに悪化しているということでこの状態のなかで開催をしていかがなものかという意見が多数出ました やはり今回は自粛取り止めすることが妥当だろうという結論に至ったわけです」 ★八戸地方えんぶり保存振興会 塚原隆市 会長 「大変残念な結果となっていますがまずは参加されるえんぶり組の方々の体のことそして仕事のことを総合的に考えて中止とさせて頂いておりますので市民の皆さんにもこのことをご理解頂きたいと思っています」  また青森市教育委員会は学校施設の開放を当面の間休止するよう市内62の小中学校に通知しました。  市内の高校で発生した部活動クラスターに関連した措置で一般のスポーツ利用も制限し感染防止を図ります。

青森 2021.01.18 18:51

ワクチン接種体制整備へ 青森市 5億円予算措置

 来月下旬にも始まる新型コロナウイルスのワクチンの接種です。  青森市は接種体制を整備するための経費としておよそ5億円を計上した補正予算案を市議会に提出する方針です。 ★青森市 小野寺晃彦 市長 「新型コロナウイルスワクチンの接種について速やかに接種体制を整える必要がある」  青森市の小野寺市長は新型コロナウイルスの対策会議でこのように述べワクチンの接種体制を速やかに整備するための経費としておよそ5億円の予算措置を取ることを発表しました。  政府はワクチンの接種を来月下旬までに始める方針を示しています。  接種の主体は市町村が担い、最初に医療従事者が、次に65歳以上の高齢者が、その後一般の市民などが受けることになっています。  市によりますと市内の医療従事者はおよそ8300人、65歳以上の高齢者は10万人余りいるということです。  市は専門の組織を立ち上げて接種券の発行・発送や市民の問い合わせなどを受け付ける体制の整備などを進める方針です。  青森市はこの補正予算案を今週中にも開かれる臨時市議会に提出する見通しです。

青森 2021.01.18 18:47

青森市 過去最大の除排雪費を措置

 今月11日に8年ぶりとなる豪雪災害対策本部を設置した青森市の取り組みです。  青森市は過去最大となる43億円の除排雪経費を措置する方針です。 ★青森市 小野寺晃彦 市長 「災害級の降雪による雪害に対応し過去最大の除排雪経費を措置し今後の降雪に対する除排雪を行うため必要な予算を計上する」  青森市の小野寺市長はきょうの豪雪災害対策本部でこのように述べ、今後の降雪に備えるため除排雪経費として15億円の追加予算を計上するよう指示しました。  これにより今年度の除排雪経費は43億円となり過去最も多かった2012年度の41億円を上回る見通しです。  青森市では生活道路を中心に除排雪が追いついていない場所がいまだにあり、市民からはこれまでに1万1223件の雪に関する要望や苦情が寄せられました。  市によりますと生活道路の除排雪が終わったのはきのうまでに86パーセントです。  小野寺市長は除排雪に対して今後も総力戦で臨むとしています。  県内は今夜からあすにかけ急速に発達する低気圧が通過することで再び冬型が強まる見込みで、市民生活に大きな支障が出ないよう丁寧な除排雪が求められています。

青森 2021.01.18 18:47

福島・南会津町で2件のクラスターが発生

17日に感染が確認されたのは、南会津町で12人、郡山市で3人、福島市、会津若松市でそれぞれ2人、白河市と南相馬市でそれぞれ1人の合わせて21人。 また県は、南会津町のデイサービスセンターと特別養護老人ホームで2件のクラスターが発生したと発表した。 月別でみると、今月の感染者数は513人となっていてこれまで過去最多だった先月の455人をすでに超えている。 県は、感染状況が極めて危機的な状態として県民に対し、不要不急の外出自粛のほか、酒類を提供する飲食店には、時短営業を要請するなど感染対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2021.01.18 16:29

会津若松市で火事 アパートなど8棟に延焼

会津若松市の住宅で火事があり、隣接する住宅やアパートなどに延焼した。 この火事で、あわせて8棟が焼けたもののけが人はいないという。 火事があったのは、会津若松市住吉町の住宅で、17日午後0時半ごろ、通行人から「煙が見える」と通報があった。 ■渡辺早紀記者リポート 「30分以上が経った今も煙が立ち込めています。また燃えた建物は屋根が完全に焼け落ちてしまっています。」 火はおよそ2時間後に消し止められたが、近くの住宅やアパートなど3棟を全焼し、ほか5棟の建物の一部も焼いた。 ■近くに住む人 「ここ通ったときに、爆発したらすぐ炎が出たって言ってたよ。」 ■近くで働いている人 「木材とか作業場とかあって全部燃えてたので真っ赤になっていた。」 この火事によるけが人はいないという。 消防と警察が火事の原因を詳しく調べている。

福島 2021.01.18 16:29

豚熱感染防止へ ワクチン接種を開始

家畜伝染病のひとつの豚熱、CSFの感染を防ぐため、県は18日から県内に82ある農場のすべてのブタを対象にワクチンの接種を始めました。 豚熱は感染力が非常に強く、感染したブタの致死率が高いのが特徴です。ヒトには感染しませんが先月末に隣の山形県の農場で確認されていて、県内の関係者の危機感が高まっています。 県内で18日から始まった豚熱のワクチン接種は82ある農場のすべてのブタ、およそ27万8000頭を対象に行われます。県によりますと野生イノシシの目撃件数が多いことなどから接種は地理的に感染リスクが高い南部から始め、中央部、北部の順に進める計画で、初日の18日は由利本荘市内の2つの農場で行われます。 初回の接種費用は県が負担し、2回目以降は農家が1頭当たり360円を負担することになります。県内の豚熱ワクチンの1回目の接種は3月下旬までにすべて終える予定です。

秋田 2021.01.18 13:08

大間町長選挙 野﨑尚文さんが初当選

きのう投票が行われた大間町長選挙は新人の野﨑尚文さんが初当選を果たしました。 大間町長選挙は新人で元町職員の野﨑尚文さんが1766票を獲得し、現職に159票の差をつけて初当選しました。 野﨑さんは財政の健全化や大間原発の早期稼動、それに漁業などの一次産業の振興に取り組みます。 ★初当選した 野﨑尚文さん 「財政再建が第一、そのために財政の健全化をめざして細かい事業でも節約、いろいろ簡素化を考えて自分の給料も15%カットとかして財源を確保し、いろいろな面で細かいサービスに努めていきたい」 投票率は4年前の前回を1.83ポイント下回る77.06%でした。 野﨑さんの任期はあすから4年間です。

青森 2021.01.18 12:09

アメリカ軍三沢基地の関係者1人感染

アメリカ軍三沢基地は基地の関係者1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。 これはアメリカ軍三沢基地がきのうホームページで発表しました。 それによりますと新たに感染が確認されたのは三沢基地の関係者1人で、民間航空機で来日し、空港で受けた検査では陰性でした。 その後アメリカ政府が手配したバスで三沢基地に移動したあと基地内で2週間の行動制限を受け制限解除のための検査で陽性が判明しました。 現在は基地内の施設に隔離されています。 アメリカ軍三沢基地内の感染者はきのう現在7人となりました。

青森 2021.01.18 12:08

岩手県滝沢市 自宅屋根の雪下ろし中に転落 77歳男性死亡

17日午後、滝沢市の民家で屋根の雪下ろしをしていた住人の男性がはしごから転落し、死亡した。亡くなったのは、滝沢市外山の無職、森松男さん(77)。森さんは17日午後1時すぎ、自宅玄関付近にはしごをかけて上り、1階の屋根に片足をかけた状態で、物干し竿のような棒を使い、2階の屋根の雪を下ろしていたところ、約3メートル下の地面に転落した。家族が消防に通報し、森さんは意識不明の状態で病院に搬送されたが、午後2時半頃、死亡が確認された。森さんは命綱やヘルメットを着けていなかったという。警察は森さんが足を滑らせたと見て、死因や当時の状況を調べている。

岩手 2021.01.18 11:48

岩手県 『星の王子さま』記念コイン予約販売開始 1枚264万円の金貨も

世界的なベストセラー小説『星の王子さま』のフランス版発刊75周年を記念したコインの予約販売が18日、全国一斉に始まった。記念コインは世界最古のフランス国立造幣局が発行した金貨5種類と銀貨3種類で、すべてが今回のために書き下ろされたオリジナルのデザイン。このうち、三日月に腰をかけて遠くを眺める王子さまを刻んだ、直径5センチ、純度99.9パーセントの500ユーロ金貨は1枚264万円、限定70枚の販売で、その希少さから早期の完売が予想されているという。予約は来月5日まで、岩手県内では東北銀行と岩手銀行で受け付けていて、3月9日以降の引き渡しが予定されている。

岩手 2021.01.18 11:48

郡山市に無症状者・軽症者の収容施設確保へ

県は、無症状者・軽症者を収容する宿泊療養施設を、新たに、郡山市に確保する。 これは18日、内堀知事が、会見で明らかにしたもので、今回は郡山市の宿泊施設の60室を確保し、今月中に受け入れを開始する。 県は現在、福島市といわき市に、宿泊施設を確保していて、無症状者・軽症者用の県内の宿泊療養施設は、これで220室となる。 県は、無症状者・軽症者を、宿泊療養施設で優先的に受け入れることで、新型コロナ以外の通常診療など医療体制の維持を図る考え。

福島 2021.01.18 11:47

去年の福島県内の出火件数10年間で最少に

去年の県内の出火件数と火災による死者の数は、ともに過去10年間で最も少なかったことがわかった。 県消防保安課によると去年の県内の出火件数は、494件と前の年と比べて163件減少したことがわかった。 また、失火が原因とみられる火災で死亡した人の数は18人と前年の44人と比べて大きく減少し、出火件数とともに過去10年間で最も少なくなっている。 県消防保安課では、「住宅用火災警報機の設置や、火の消し忘れ防止など、火の取り扱いに注意してほしい」と呼び掛けている。

福島 2021.01.18 11:46

大間町長選 推定投票率(午後7時現在)

大間町長選挙 推定投票率 ■午前10時 14.65%(前回比2.16↓) ■午前11時 23.08%(前回比1.60↓) ■午後 1時 32.73%(前回比2.47↓) ■午後 4時 40.61%(前回比4.03↓) ■午後 6時 44.92%(前回比4.81↓) ■午後 7時 46.02%(前回比5.39↓) ■期日前投票 1280人(前回比84人↑) 大間町の有権者 4415人

青森 2021.01.17 19:37

青森市 高校クラスター関連拡大

県内で新たに8人の新型コロナウイルス感染が確認され、このうち2人は青森市の高校のクラスター関連です。 きょう午後4時半までに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは五所川原保健所管内で7人と青森市で1人です。 このうち五所川原保健所管内の男性2人は青森市の高校のクラスター関連です。 高校のクラスターはきのう発生した地域のスポーツ活動のクラスターや関連を含めて43人まで拡大しました。 県内の現在の感染者は102人で回復した人などを含めた累計は643人となりました。

青森 2021.01.17 19:23

十和田市長選 現職と新人の一騎打ち

12年ぶりの選挙戦となった十和田市長選挙は現職と新人による一騎打ちが確定しました。 十和田市長選挙に立候補したのは届け出順に 現職で4期目をめざす小山田久さん74歳と 共産党の新人中野渡旬さん72歳の 2人です。 立候補の届け出はきょう午後5時で締め切られ現職と新人による一騎打ちが確定しました。 12年ぶりの選挙戦となった十和田市長選挙はあすから期日前投票が行われ投票は今月24日です。

青森 2021.01.17 19:20

新型コロナ 岩手県内の新規感染10人 大学でクラスターも

県内では17日、新たに10人の新型コロナウイルス感染が公表され、集団感染「クラスター」も発生した。感染が公表されたのは、盛岡市の80代男性1人と、花巻市の20代と40代の男女9人の計10人で、重症者はいない。このうち、花巻市の20代男性7人はいずれも富士大学の学生。先に感染が確認された男子学生3人と同じスポーツをしていて、共用施設の利用、寮での共同生活などで接触があり、県は新たなクラスターと見ている。一方、盛岡市の80代男性と花巻市の40代男性はこれまでの感染例との関連は不明。花巻市の20代女性は県内の感染者と接触しているが、詳細は公表されていない。県内の感染者の累計は467人となった。

岩手 2021.01.17 17:57

岩手県矢巾町 凍てつく寒さの中…空手道場の生徒たちが寒稽古

空手道場の生徒たちによる毎年恒例の「寒稽古」が17日、矢巾町で行われた。「寒稽古」は極真会館・総本部岩手道場が1年で最も寒さの厳しい「大寒」の時期に合わせ、毎年行っている修行で、ことしで14回目。矢巾町の「幣懸の滝」に集まったのは、4~61歳の生徒29人。気温1.5度の凍てつく寒さの中、『正拳突き』を雪の上と水の中で計1000本行った。刺すような水の冷たさに涙を浮かべる子どもの姿もあったが、生徒たちは最後まで気合の入った大きな声を出し、身体と心の鍛錬を重ねていた。

岩手 2021.01.17 17:52

岩手県陸前高田市「3.11希望の灯り」阪神・淡路大震災から26年 犠牲者追悼の祈り

阪神・淡路大震災の発生から17日で26年。東日本大震災の被災地・陸前高田市でも追悼の祈りが捧げられた。6434人が犠牲になった阪神・淡路大震災。陸前高田市では地震が起きた午前5時46分、兵庫県神戸市の「1・17希望の灯り」から分けられた「3・11希望の灯り」で約20人が黙祷を捧げた。 (陸前高田在住・金野廣悦さん71歳)「希望の灯りが陸前高田市の復興を見守ってくれているということで、感謝と復興がここまで進んでるよというような報告」 会場は追悼と復興の願いに包まれていた。

岩手 2021.01.17 17:52

「寒鱈まつり」今年はテークアウトで 山形県鶴岡市

冬の庄内の味覚、寒ダラ汁を味わう祭りが17日、鶴岡市で開かれ た。今年は新型コロナ対策として「テークアウト」のみでの提供となった。 鶴岡市の鶴岡銀座商店街で開かれた「日本海寒鱈まつり」は地元の鮮魚店や寿司店など計10店が自慢の寒ダラ汁を販売した。 寒ダラ汁は日本海で水揚げされた旬のタラの身や内臓などを余す所なく煮込み、味噌仕立てにした庄内を代表する冬の味覚。今年は新型コロナ対策で来場者への検温のほか、会場内での飲食を禁止し、テークアウトのみでの提供となった。 県鮨商組合鶴岡支部・川上祐士さん「並んでいるお客さんを見ると、やはりみなさんが祭りを楽しみにしていたことがわかる」。 祭りの実行委員会によると、各店舗で約3000食分が用意され、午後3時までに完売したという。

山形 2021.01.17 17:42

太平山三吉神社“けんか梵天”今年は静かに

 新型コロナウイルスの収束を願い、秋田市の神社で三吉梵天祭が行われました。  江戸時代から続くといわれる秋田市広面にある太平山三吉神社の三吉梵天祭。毎年、男衆が激しい先陣争いを繰り広げることから“けんか梵天”とも呼ばれますが、今年は感染対策のため、もみ合いなどは中止しました。  境内への見物客の立ち入りも禁止し、梵天は例年にない静けさの中、到着順に奉納されました。  太平山三吉神社では新型コロナウイルスの収束が見通せない中だからこそ地域住民をつなぐ祭りが例年以上に必要とされていると実施した意義を説明しています。  今年は去年より23本少ない48本の梵天が奉納されました。

秋田 2021.01.17 17:13

福島・新型コロナ38人感染 1人死亡

福島県内では新たに38人が新型コロナウイルスに感染していることが分かった(16日判明・17日発表分)。 新たに感染が確認されたのは、いわき市と福島市で7人、白河市と南会津町で5人、須賀川市・郡山市・会津若松市で3人、田村市・小野町・古殿町・下郷町・茨城県1人の合わせて38人。 このうちクラスターが発生した郡山女子大学附属高校のバレーボール部の部員から、新たに2人の感染も確認され、この関連の感染者はあわせて27人となった。 また病床の使用率は66点1%と未だに高い水準で、医療機関の負荷が高まっている。 このほか県内の医療機関に入院していた女性(70代)が死亡した。 県は不要不急の外出自粛などを県民に要請していて、感染対策を徹底するよう呼び掛けている。

福島 2021.01.17 16:50

福島・三春だるま市 コロナで飲食露店なく

福島県三春町では、新春恒例のだるま市が例年とは違う形で開かれた。 「三春だるま市」は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、飲食物を販売する露店などは無く、規模を縮小して町内の広場で開かれた。 三春だるまははじめから両目が書き込まれているほか、青い縁どりに赤みを帯びた彫りの深い顔つきが特徴だ。 「今年は出店がないから寂しいね。」「みんな(だるまを)買ったらすぐ帰っちゃう。」と話すご夫婦や、「コロナだからどこにも行けなくて、だるま市楽しみにしてきた。(買えて)良かったね、おうちに行って飾ろうね。」と孫に話しかけるおばあちゃんの姿も見られた。 訪れた人は新型コロナウイルスの収束などを願って、だるまを手に取っていた。

福島 2021.01.17 16:47

社民党岩手県連合「立民合流」「社民残留」いずれも容認

社民党岩手県連合の臨時大会が16日開かれ、立憲民主党との『合流』、社民党への『残留』のいずれも認める方針を確認した。臨時大会には県連合幹部や各総支部代表者など約60人が出席した。社民党本部は去年11月の臨時党大会で、希望者の立憲民主党への合流を認めることを決定。これを受け、県連合が県内14総支部を通じて意思確認を行った結果、党員約500人の約7割が合流する意思を示しているという。県連合は財産整理などを行う委員会を今月設置することを決め、合流する人たちは今月中に新組織「社民フォーラム」を立ち上げ、立憲民主党との合流手続きを進める予定。

岩手 2021.01.17 14:12

山形県知事選 「全県一斉白ばらデー」

知事選と山形市区の県議会議員補欠選挙の投開票日まで一週間。県内各地で17日、投票参加を県民に呼び掛ける啓発活動が行われた。 県選挙管理委員会は投票日まで1週間に迫った17日、「全県一斉白ばらデー」として、広報車で県内各地を巡回するほか、スーパーへの啓発物の設置などを行った。 このうち山形市の県村山総合支庁では、管内の有権者に投票所でのマスク着用やエンピツを持参しての投票参加などを呼び掛けた。 県村山地方事務局・菅野和也主事「今後の県政を担う代表を決める大事な選挙なので、投票所に足を運んでほしい」。 知事選と山形市区の県議会議員補欠選挙は今月24日に投開票が行われる。

山形 2021.01.17 12:08

市立秋田総合病院 外来受け入れ停止

 秋田市は市立秋田総合病院で新型コロナウイルスの集団感染が発生したことを受けて、当面、一般外来や救急外来の受け入れを停止することを決めました。  感染が確認されたのは市立秋田総合病院の女性医療技師と同居家族、男性医療技師、入院患者の合わせて7人です。  秋田市は院内でクラスターが発生したことを受けて、当面、一般外来と救急外来、小児救急外来、健診・人間ドックの受け入れを停止します。手術は原則中止または延期。再診で薬が必要な患者には電話で処方対応します。診療予約をしている患者には個別に連絡するほか17日から問い合わせに対応する専用電話を2つ設けています。  電話番号は090-2977-4172または090-1399-4172です。受付時間は午前8時半から午後4時までとなっています。

秋田 2021.01.17 11:13

速報 福島・新型コロナ新たに38人感染

福島県では、新たに38人が新型コロナウイルスに感染した事が分かった(16日判明・17日発表分)。 内訳は、10歳未満から90代の男女。 また16日までに、県内の医療機関で新たに70代の女性1人が亡くなった事が分かった。 これで、16日までの感染者の累計は1448人、病院などへの入院・入所者数は367人(予定を含む)、重傷者の数は6人となった。

福島 2021.01.17 11:08

秋田市で“病院クラスター” 県内で初めて

秋田市で新たに7人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。市立秋田総合病院の医療技師とその家族、それに入院患者で、秋田市はクラスターに該当すると判断しています。 7人のうち最初に感染が確認されたのは市立秋田総合病院に勤務する40代の女性医療技師です。女性は今月9日から14日にかけて 発熱や鼻水などの症状が出て、15日に味覚障害があったため検査を受け、陽性となりました。 女性と接触した同居家族の30代男性と10歳未満の女の子、70代から90代の入院患者3人、それに同僚の40代の男性医療技師1人の陽性が16日に判明しています。 秋田市の穂積志市長は16日の記者会見で 「クラスターに該当するものととらえており、市民の不安解消及び感染拡大防止の観点から施設名を公表した」と説明しました。 市立秋田総合病院は当面外来診療、救急診療、小児救急、入院患者の新規受け入れを停止し、手術は原則中止または延期します。 秋田市は入院患者およそ300人、病院スタッフ800人ほどのあわせて1100人を対象に順次検査を行う方針です。また外来患者についても濃厚接触者を特定して検査することにしています。 市立秋田総合病院は新型コロナウイルスの感染確認を受けて専用のダイヤルを設置しました。番号は090-2977-4172か、090-1399-4172です。受け付け時間は平日の午前8時半から午後4時までですが、17日の日曜日は同じ時間で問い合わせができます。 県内の医療機関で初めてとなるクラスター、県内での感染確認はこれで延べ196人となりました。

秋田 2021.01.16 20:38

郡山市で2人が車にはねられ1人意識不明

16日午後0時40分ごろ、郡山市で通行中の2人が軽乗用車にはねられる事故があり、1人が意識不明の重体となっている。 事故があったのは郡山市田村町の田村スポーツ広場西側の県道で、事見通しの良い直線道路からカーブに差し掛かる手前。 郡山市方面から須賀川方面に向かっていた軽乗用車が歩いていた男女2人を跳ねたという。 2人とも病院に搬送され、須賀川市の72歳男性は頭などを強く打ち意識不明の重体、郡山市の58歳女性は意識があるものの右足を骨折するなどの重傷。 警察は軽乗用車を運転していた女性から当時の状況など聞き、詳しい事故の原因を調べている。

福島 2021.01.16 18:49

県内新たに13人感染 青森市で新たなクラスター

県内で新たに13人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、青森市ではクラスターが発生した高校で行われた地域活動で新たなクラスターが発生しました。 県によりますと16日午後4時半現在、新たに感染が確認されたのは保健所別に青森市で6人、弘前管内で4人、八戸市と上十三管内それに五所川原管内でそれぞれ1人ずつの合わせて13人です。 このうち青森市の5人はクラスターが発生した市内の高校で行われた地域活動に参加していました。 市は高校のクラスターに関連して、この地域活動でもクラスターが発生したと判断しました。 これで青森市内の高校で発生したクラスターの感染者は関連を含めると41人となりました。 県内の現在の感染者は98人で、入院中は39人このうち1人が重症、8人が中等症です。 回復した人などを含めた感染者の累計は635人となりました。

青森 2021.01.16 18:27

福島県独自の外出自粛要請で初の週末

福島県は今月13日から来月7日までを新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための緊急対策期間として、県民に対して不要不急の外出自粛を要請し、特に午後8時以降の徹底を呼び掛けている。 要請が出されてから初めての週末、JR福島駅前は週末としては人出はやや少なく、通行する人からは「用事がなければ家にいた」「用を済ませたので早めに帰る」といった声が聞かれた。 一方、週末は観光客が増える会津若松市の七日町通り。 観光案内所によると冬場は観光客は少なくなるとのことだが、今年は例年になく閑散としているとい。 通りにある会津地方の自治体のアンテナショップの店長は「お客様に来ていただきたいけど、今は我慢」と自身に言い聞かせるように話した。

福島 2021.01.16 18:22

西目屋村長選挙 2月21日投票

官製談合事件を巡る村長の辞職に伴って行われる西目屋村長選挙は2月16日に告示され21日に投票が行われることが決まりました。 西目屋村議会は15日に臨時会を開き、官製談合事件を巡って逮捕された関和典容疑者の村長辞職に全会一致で同意しました。 これを受けて村の選挙管理委員会は16日、次の村長を決める選挙の日程を決めました。 選挙は2月16日に告示され21日に投票が行われます。 関容疑者は村の小学校にパソコンを導入するための入札で不正を行ったとして3度逮捕されたため西目屋村では去年12月3日から村長不在の事態が続いています。

青森 2021.01.16 18:08

鶴岡の豚熱 野生のイノシシが感染源か

農林水産省の有識者会議が15日開かれ、鶴岡市の養豚場で先月確認された豚熱は野生のイノシシが感染源だとみられるという調査結果を公表した。 鶴岡市の養豚場で先月25日に発生した豚熱はブタやイノシシに発熱や下痢などを引き起こす伝染病でヒトへは感染しない。 15日の農水省の有識者会議では鶴岡市で確認された豚熱のウイルスについて、野生のイノシシに由来するものだという調査結果が公表された。また感染ルートについては野生のイノシシから車や人にウイルスが付着したり、他の動物を介したりして、養豚場のブタに 感染したとみられ、衛生管理が不十分だったと指摘した。 一方、県は他の養豚場に異常はなく、豚熱の封じ込めに成功したとの見方を示している。

山形 2021.01.16 18:03

感染拡大続く福島県 90代の2人が死亡

福島県内では15日、37人に新型コロナウイルスの感染が確認され、15日までに2人が亡くなった。 15日に感染が確認されたのは県内12市町の10歳未満から90代の男女37人。このうち16人はいまのところ感染経路が分かっていない。 感染者の集団・クラスター関係は、15日にいわき市がクラスターの発生を発表した「よつくら訪問看護ステーション」で、新たに利用者の家族1人の感染が確認された。 この事業所関連の感染は、職員3人、利用者5人、利用者の家族3人のあわせて11人となった。 福島大学の学生間でのクラスターで、新たに学生2人の陽性確認され感染者は38人となった。 また、年始に確認されたスポーツサークルのクラスターでも、新たに参加者1人の陽性が確認され、感染者は9人となった。 県内の医療機関の入院者数は312人で、病床使用率は66・5%と依然として高い水準となっている。 また、県は15日までに医療機関に入院していた90代の男性と女性が亡くなったと発表した。 県内での新型コロナウイルスでの死者は32人となった。 ■15日の感染状況 いわき市で7人、福島市と郡山市、会若松市でそれぞれ6人、白河市で3人、喜多方市と南相馬市でそれぞれ2人、須賀川市、相馬市、猪苗代町、会津美里町、南会津町でそれぞれ1人。

福島 2021.01.16 18:02

新型コロナ 新たに2人感染

県は16日、新型コロナウイルスについて新たに2人の感染が確認されたと発表した。 新たに感染が確認されたのは山形市の20代の男性会社員と金山町に住む無職の70代男性の2人だ。 山形市の男性は年末年始に関東地方に帰省。そこで接触があった親族の感染がその後判明し、市では親族から男性に感染した可能性が 高いとみている。 金山町の男性は感染経路を調査中だ。 それぞれ症状は重くはないという。 県内の感染者の累計は442人だ。

山形 2021.01.16 17:59

岩手県 新型コロナウイルス新たに3人感染 累計457人に

岩手県内では16日、新型コロナウイルスで新たに3人の感染が発表された。感染者は累計で457人となった。新たに感染が確認されたのは、いずれも一関市に住む飲食店経営の50代女性と60代男性会社員、90歳以上の女性の3人で重症ではない。このうち、50代女性と男性会社員については、すでに感染が確認されている男性が、今月9日にこの男性会社員と一緒にこの女性が経営する飲食店を訪れ、会食をしたことで感染したとみられている。また、90歳以上の女性は、すでに感染が確認されている一関市の60代男性と50代女性の同居家族で、家族から感染したとみられている。県内の新型コロナウイルスの感染者は、累計で457人となった。

岩手 2021.01.16 17:39

由利本荘市 母親殺害容疑で40歳の女逮捕

15日夜遅く由利本荘市の住宅で67歳の女性が血を流して倒れているのが見つかりその後死亡が確認されました。警察は16日未明、同居する40歳の長女を殺人の疑いで緊急逮捕しました。 現場は由利本荘市鳥海町下笹子の住宅です。由利本荘警察署の調べによりますと15日午後10時半ごろ、仕事から帰ってきたこの家に住む長男が、母親の大友房子さん67歳が一階の居間で血を流して倒れているのを発見しました。 大友さんには刃物による複数の傷があり、その場で死亡が確認されています。警察は自宅で母親を刃物で殺害したとして、家にいた長女の大友早苗容疑者40歳を16日未明、緊急逮捕しました。早苗容疑者は警察の調べに対し「私がやりました」と話しているということです。警察が詳しい経緯などについて調べています。

秋田 2021.01.16 17:37

大学入学共通テスト始まる

大学入試センター試験に代わってことしから導入された大学入学共通テストが16日から全国一斉に始まった。県内ではおよそ3800人の受験生が志願し、試験に臨んでいる。 県内6つの会場のうち、最も多い1800人余りがテストを受ける山形市の山形大学小白川キャンパスでは受験生たちが緊張した面持ちで会場に向かっていました。 ことしは新型コロナの対策として受験生は常にマスクを着用した状態で試験を受ける。 県内の共通テストの志願者数は去年のセンター試験より202人少ない3820人で、志願者数が4000人を割るのは1993年以来。 きょうは「地理歴史・公民」と「国語」それに「外国語」の試験が行われ、午前11時現在、県内の各会場で大きなトラブルの報告は ないという。

山形 2021.01.16 14:29

福島では6400人超が共通テストに臨む

去年までの大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストが始まり、福島県内では6400人あまりが試験に臨む。 大学入学共通テストで、県内には7つの会場が設けられた。 このうち会津大学でも、マスク着用やアルコール消毒など感染症対策が取られながらの試験となっている。 また今回は、新型コロナウイルスで、患者の濃厚接触者になった受験者への対応などとしては16日、17日の2日間以外に、30日と31日にも試験日程が組まれている。 県内の受験者は、去年のセンター試験と比べ291人少ない6469人。 16日地理歴史公民・国語・外国語リスニングの試験、17日は理科・数学の試験などが行われる。

福島 2021.01.16 12:23

福島県要請の飲食店「時短営業」始まる

福島県内では15日夜から、県の要請にもとづく酒類を提供する飲食店の営業時間の短縮が始まった。 時短要請は15日から来月7日までで、県内全域の酒類を提供する飲食店8千店あまりを対象に午後8時以降の営業自粛を求めている。 要請初日となった15日夜、福島市の飲食店でも要請に応じた事業者が午後8時に店を閉めた。 ■弐乃膳店主 内藤結城さん 「コロナの患者さんが減らない限りはお客様戻ってこないと思うので、時短営業自体はしょうがなく、今は耐え時だと思う」 「ランチタイムからの営業時間の拡充など、なんとか売り上げを上げたい」 要請に応じた事業者には1日あたり4万円が支払われる。 県は申請方法などについて「県時短要請コールセンター」に電話相談をしてほしいと呼び掛けている。 ■024-521-8622(平日・午前9時~午後5時)

福島 2021.01.16 12:20

甲状腺検査のあり方で対象者の意見を聞く

原発事故のあと、福島県が続けている子どもの甲状腺検査について、県の検討委員会は今後のあり方を議論するため対象の生徒などから直接、意見を聞くことにした。 甲状腺検査は原発事故当時、県内に住んでいた18歳未満だった子どもなど、およそ38万人を対象に続けられていて、現在は5巡目の検査が始まっている。 検査は主に学校で行われていて、受けやすい反面、受けるかどうかの意思が尊重されにくいといった声もあがっている。 こうした声を受け、「県民健康調査」検討委員会検討委員会は15日の会合で、検査のあり方を議論するため、検査対象の生徒などに直接、意見を聞くことを決めた。 意見の聞き取りについて検討委員会は、人数などを決めて、早ければ今年度内に始める考え。

福島 2021.01.16 12:18

岩手県 大学入学共通テスト 県内では7会場で始まる

初めて実施される「大学入学共通テスト」が16日から始まり、岩手県内でも7つの会場で試験が行われている。県内で最も多い約2300人が受験する岩手大学には、冷たい雨の中、続々と受験生が訪れた。岩手県内の志願者は、センター試験だった昨年度より296人少ない4721人で、7つの会場でマスク着用や消毒など感染症対策をとりながら試験に臨んでいる。午前10時現在、トラブルはない。第1日程の試験は、16日まで行われる。

岩手 2021.01.16 12:13

岩手県大船渡市 小正月の伝統行事「吉浜のスネカ」

岩手県大船渡市三陸町の小正月行事、「吉浜のスネカ」が15日行われた。スネカ「言うこと聞かないやついねえか」。子どもの健やかな成長を願うスネカは、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている。去年は約400軒を回ったが、ことしは感染防止対策で20軒に縮小して行った。恐ろしい形相のスネカが現れると、子どもたちは泣きながら「いい子にします」と約束し、地域の人たちはコロナの収束と無病息災を願っていた。

岩手 2021.01.16 12:05

初の大学入学共通テスト始まる

大学入試センター試験に代わって初めて導入された大学入学共通テストが全国一斉に始まり県内でも約4500人の受験生が挑んでいます。 県内では8か所の会場で大学入学共通テストが行われており、今年は去年より63人多い4480人が志願しました。 会場ではマスクの着用が義務付けられたり座席の間隔が1メートル程度確保されるなどの感染防止策が取られています。 大学入学共通テストは31年続いた大学入試センター試験に代わって今年導入されたもので思考力や判断力がより重視されています。 テストは16日と17日の2日間行われます。

青森 2021.01.16 12:02

アメリカ軍三沢基地 関係者2人感染

アメリカ軍三沢基地は新たに基地の関係者2人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。 アメリカ軍三沢基地によりますと新たに感染が確認された基地の関係者2人はクラスターが発生した三沢市内の飲食店に関連した感染者の濃厚接触者で1月3日から行動制限の措置を受けていました。 2人は定期検査で感染が判明したもので現在は基地内の施設に隔離されています。 三沢基地はほかに濃厚接触者はいないとしています。

青森 2021.01.16 11:51

福島県内で新たに37人が感染判明

福島県内で15日の検査結果で、新たに37人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 16日午後に県が行動歴などの詳細を公表する。 感染が確認されたのは、県内の10歳未満から90代の男女37人。 県内の累計感染者は1410人となった。 いわき市で7人、福島市、郡山市、会津若松市でそれぞれ6人、白河市で3人、喜多方市と南相馬市でそれぞれ2人、須賀川市、相馬市、猪苗代町、会津美里町、南会津町でそれぞれ1人。 県内の医療機関えの入院者数は312人と前日より増加、このうち重症患者は6人となっている。

福島 2021.01.16 10:38

いわき市介護事業所クラスター

今月15日までに、いわき市の介護事業所で職員や利用者など10人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認され、いわき市は、新たなクラスターが発生したと発表した。 クラスターが発生したのは、いわき市四倉町にある「よつくら訪問看護ステーション」。 今月14日、職員や利用者、利用者の家族など4人の感染が確認され、今月15日までに、この事業所関連で感染したのは、あわせて10人となっている。 また、いわき市では、今月に入り感染者が64人と急増していて、このうち50人は、20代から50代が占めている。 市では、帰省などに伴う会食が感染の原因になった可能性が高いとみていて、不要不急の外出や会食を控えるよう呼びかけている。

福島 2021.01.15 21:00

初の大学入学共通テスト 出陣式

これまでのセンター試験に代わる大学入学共通テストが今月16日から2日間、初めて実施される。試験を前に、各高校では感染防止対策をとったうえで受験生たちの士気を鼓舞する出陣式が行われた。 山形南高校の出陣式は例年、柔道場で行われているが、ことしは生徒同士の間隔をとるため、より広い講堂で行われた。 式には必勝と書かれた鉢巻をしめ、マスクをつけた共通テストに臨む3年生およそ270人が出席。 応援団によるエールは録音された音楽を流し、規模を縮小して行った。 初めて実施される大学入試共通テスト、県内では去年のセンター試験より202人少ない3820人が志願している。

山形 2021.01.15 20:47

死者9人に 尾花沢で雪に埋もれ死亡

尾花沢市で今月14日夕方、72歳の男性が雪に埋まっているのが見つかり、死亡が確認された。今シーズン、雪害で亡くなった9人のうち、6人が落雪に巻き込まれたとみられ、県の防災担当者は落雪事故に警戒を呼び掛けている。 今月14日午後4時ごろ、尾花沢市中島の無職、片倉護さん(72)の家の小屋の近くにエンジンがかかったままの除雪機があるのを近所の男性が気付き、地区長を通じて消防に通報した。 消防隊員が捜索したところ、小屋近くに1メートル50センチの雪山があり、埋まっていた片倉さんを発見した。 片倉さんは心肺停止の状態で北村山公立病院に搬送されたが、午後7時に死亡が確認された。死因は窒息死だった。 警察によると、片倉さんの自宅脇にある小屋の屋根には1メートルほどの積雪があり、落雪に巻き込まれたとみられている。 片倉さんは3人暮らしで発見当時、2人は留守で、1人で除雪作業をしていたということだ。 県によると、今シーズン、除雪中の事故による死者は9人で過去10年間で最も多くなっている。また、9人のうち6人は落雪に巻き込まれたとみられている。 担当者はヘルメットをかぶることや携帯電話を持っておくことなど しっかりと準備をした上で除雪作業をするよう呼び掛けている。

山形 2021.01.15 20:43

コロナ感染者新たに2人

県は今月15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2人確認されたと発表した。小国町での感染者の確認は初めて。 新たに感染が確認されたのは、白鷹町の40代男性と小国町の50代男性だ。 小国町の50代男性は、発症前の2週間以内に私用で首都圏に滞在している。いずれも重い症状はなく、過去の事例との関連は確認されていないということだ。 県内の感染者の累計は440人、入院している人は、重症者2人を含む52人。

山形 2021.01.15 20:38

岩手県 新型コロナ新たに5人感染 県にワクチン接種対策チーム

岩手県と盛岡市は15日、新たに5人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。岩手県内の感染確認は累計で454人。また、県はワクチンの接種体制を整備するため15日、対策チームを設置した。新たに感染が確認されたのは、盛岡市・滝沢市・花巻市・北上市の20代から60代の男女5人。このうち、滝沢市の60代女性と北上市の40代男性の関連では、それぞれ職場や年末年始の会食を中心とした、2件のクラスターが確認された。また、花巻市の20代の男性2人は、14日感染が発表された20代男性と接触があった。学生の感染を公表した富士大学によると、いずれも同じ部活動に所属し1人は寮の部屋も同じだった。県内の感染確認は累計で454人。重症者は1人、亡くなった人は25人。県は15日、国が進めるワクチン接種に備え、医療政策室に対策チームを設置した。「ワクチン接種担当課長」を含む5人態勢で、医療機関や各市町村と連携し、整備を進める。今月中に卸業者と流通調整を進め、新型コロナ患者の対応にあたる医療従事者は来月下旬、65歳以上の高齢者は3月を目処に接種体制を整え、体制が整い次第ワクチン接種を始める予定。これまで学生3人の感染を公表した富士大学は、16日と17日に行われる「大学入学共通テスト」の会場の1つだが、すでに学内の消毒は終了し、予定通り試験を実施するという。

岩手 2021.01.15 19:39

岩手県平泉町 毛越寺で作柄占う「作様」

岩手県平泉町の毛越寺で、ことしの農作物の作柄と天候を占う「作様(さくだめし)」が行われた。貫主「今ここに当年の豊稔如意を成就せしめんがために作様の御みくじを拝し奉る」。毛越寺の常行堂には、農作物の神として信仰を集める摩多羅神がまつられている。寺の僧侶8人が五穀豊穣と新型コロナの早期収束を祈願して1年分のお経を唱えたあと、藤里明久貫主がおみくじを振って稲や豆など農作物の作柄と天候13の項目を占った。おみくじには1から10までの数字が書かれていて、数字が大きいほど農作物は豊作、天候は悪くなるとされている。占いによると、作柄のうち稲は不作、そのほか麦や豆類も良くて平年作という結果だった。また、天候について、風は例年並みだが雨が多いとされた。毛越寺・藤里明久貫主「ことしは新型コロナなどもあるので、良いおみくじが出ることを期待していたが、それに反してそれほど良い結果ではなかったということで、やっぱり気を引き締めてこの一年を過ごしていかなければならないのかなと思う」。この結果を受けて、毛越寺は今月20日まで、五穀豊穣を願う祈祷を行うという。

岩手 2021.01.15 19:38

新たに8人の感染確認 延べ189人に

15日、県内で新たに8人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。いずれも、これまでに感染が判明している人の濃厚接触者です。 感染がわかった8人のうち4人は、13日に感染が判明した湯沢保健所管内に住む30代の男性会社員の同居家族で、濃厚接触者として検査を受けて陽性となりました。 20代の女性、40代の女性、70代の男女のあわせて4人で70代の女性を除く3人には、それぞれ咳や鼻水、倦怠感などの症状があるということです。 これとは別に湯沢保健所管内の30代の男性会社員2人と40代の男性会社員1人の感染も判明しています。 この3人は、12日に感染がわかった40代の男性会社員の知人で飲食をともにしていたため、濃厚接触者となっていました。症状が重い人はいません。 このほか、横手保健所管内に住む60代の男性会社員の感染がわかりました。 男性は、13日に感染が確認された男性の同僚で症状はありません。 県内での感染確認はこれで延べ189人となりました。

秋田 2021.01.15 19:17

センター試験にかわる大学入学共通テスト 初実施へ

大学入試センター試験にかわる大学入学共通テストが16日から2日間の日程で行われ、県内では5つの会場で行われます。県内では3250人が志願していて、各会場は感染防止策を講じて受験生を迎えます。 大学入学共通テストは、1990年から去年まで31回続いた大学入試センター試験にかわり、思考力や判断力、表現力などをより重視した試験として初めて行われます。 県内5会場の一つで最も多いおよそ1700人が受験する秋田市の秋田大学手形キャンパスでも準備が進められています。 県内でも新型コロナウイルスの新たな感染者が連日確認される中、迎える受験シーズン。各会場には、少なくとも1科目終了ごとに10分以上の換気を行うこと、座席の配置はなるべく1メートル以上の間隔を確保することといったガイドラインが示されています。 また、受験者には、会場でのマスク着用を義務づけるほか、当日の検温で37度5分以上の熱がある場合は、追試験の受験などを検討するよう求めています。 初めての大学入学共通テストは、初日の16日、地理歴史、公民のテストから始まります。

秋田 2021.01.15 19:17

今年のコメの作柄を占う 雪中田植え

今年のコメの作柄を占う小正月行事、雪中田植えが北秋田市で行われました。地元の若手農家がイネに見立てた稲わらを植え、五穀豊穣を祈願しました。 雪中田植えは、農家の仕事始めとして毎年1月15日に行われている小正月の伝統行事です。 この地域では、行事が一時、途絶えましたが、JA秋田たかのすの青年部が受け継ぎ続けていて、15日は今年の恵方、南南東に向かってイネに見立てた稲わらを植えました。 今年の作柄を占う雪中田植え。半月後、稲わらが稲穂が実ったように傾いていたら豊作に、直立していたり倒れていたりすると不作になるといわれています。 稲を植えた亀山春樹さんは「まず今年1年天候に恵まれて穏やかな1年であってほしいと思って植えました。今年1年の作を占う大役を任されたということで緊張しました」と振り返りました。 作柄占いの結果が出る雪中稲刈りは、2月1日に行われます。

秋田 2021.01.15 19:17

福島独自の時短要請 飲食店の納入業者は

福島県は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、独自の緊急対策として、酒類を提供する飲食店に対し15日から営業時間を午後8時までとする「時短」を要請した。 そうした状況で酒類の卸など、飲食店の納入業者も経営は厳しさを増している。 県内の飲食店に酒類を卸す福島市の老舗も苦しい状況にある。 ■追分 追分拓哉社長 「通常、毎日8台のトラックがフル回転しているのが、いま2台で十分。去年12月、1月、この状況で4割以下の売り上げになってしまう」 福島県の時短要請で、飲食店には、1日4万円の協力金が出る一方、納入業者には、協力金などはなく支援を求める声もある。 こうした中、政府は先日、緊急事態宣言を発出した地域で、売上が減少した納入業者に一時金を支給する方針を明らかにした。 これを受け、福島県は緊急事態宣言を発出していない地域でも一時金支給などの措置をとるよう他県と連名で近く、政府に要望する考え。

福島 2021.01.15 19:00

雪の中で熟成 猪苗代町の雪下キャベツ

福島県猪苗代町では、雪の中で成長させる「雪下キャベツ」の収穫が行われている。 猪苗代町夷田地区の深谷知広さんの畑では一面、雪に覆われた畑からキャベツを取り出し、出荷している。 「雪下キャベツ」と呼ばれ、雪の中で熟成されることで実がしまり、独特のえぐみが減って甘さが際立つという。 深谷さんによると去年は雪が積もらず例年の6割ほどしか収穫できなかったが、雪が多い今年は出来が良く、「おいしさに磨きがかかっている」という。 「雪下キャベツ」の収穫は3月上旬ごろまで続く予定で、猪苗代町のスーパーなどで販売される。

福島 2021.01.15 18:48

部活動クラスター関連34人

 県内で新たに15人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。  きのう青森市で発生が確認された高校の部活動クラスターは関連を含めると34人まで広がりました。  県によりますときょう午後4時半現在で新たに感染が確認されたのは保健所別に青森市で8人、弘前管内で4人、八戸市と五所川原管内、それに三戸地方管内でそれぞれ1人の合わせて15人です。  このうち青森市の3人はきのう高校で発生が確認された部活動の生徒や教職員のクラスターです。  ただ、この3人はそれぞれ別の部活動の関係者です。  また高校の部活動クラスターは知人や同居人など青森市以外の弘前保健所管内と五所川原保健所管内でも確認されており関連を含めると34人まで広がりました。  また八戸市の20歳代の男性は関西地方に滞在歴があります。  サッカーJ3のヴァンラーレ八戸はこの男性が所属選手であると発表しました。  この選手はシーズンオフの先月25日から関西地方に滞在していたもので、チームの練習が始まる前の自主検査ときのうのPCR検査で感染が確認されました。  チーム内に濃厚接触者はいないということです。  これで県内の現在の感染者はきのうから7人増えて89人となりました。  回復した人などを含めた感染者の累計は622人となりました。

青森 2021.01.15 18:47

田植え餅つき踊り 中止 東通村

 新型コロナウイルスの影響は伝統行事にも及んでいます。  小正月に東通村で行われる「田植え餅つき踊り」がことしは感染防止のため中止されました。  田植え餅つき踊りは下北地方に200年以上伝わる小正月の行事で東通村目名地区ではまいとし1月15日に行われます。  色鮮やかな衣装を身にまとった女性たちが小さな臼を囲んでお囃子と掛け声に合わせて杵をふるう仕草の踊りを地区の神社に奉納します。  また女性たちは地区の家々を門付けし、ことし1年の豊作と家内安全を祈って踊ります。  目名婦人会では地区のお年寄りへの感染防止のため田植え餅つき踊りの中止を決めました。 ★目名婦人会 向井正子 会長 「やっぱりカメラマンの方とかが(県外から)来てくださるので何かあってからでは地域の方々に迷惑をかければ大変だなとやめる事にしました」 ★目名地区総代 奥島勝義さん 「ここの地域は農家ですので五穀豊穣を願っておりましたのでそれがなければことし1年どうなるのかと思って心配しています」  地区の人たちは田植え餅つき踊りが来年こそ行われることを願っていました。

青森 2021.01.15 18:46

小中学校の始業式 感染防止対策を徹底

 県内の多くの小中学校できょうから3学期が始まり子どもたちが元気に登校しました。  新型コロナウイルスの感染防止のため校内放送を使った始業式となりました。 ★「おはようございます」  県内の小中学校420校のうち6割近い248校できょうから3学期が始まりました。  このうち青森市の堤小学校では登校してきた子どもたちが玄関前などで見守っている先生たちに元気にあいさつしていました。  始業式は新型コロナウイルスの感染防止対策として子どもたちを体育館に集めずに校内放送を通じて行われました。  藤田茂実校長が放送室から「3学期は手洗いやマスクを忘れずにして元気でいられるように気をつけましょう」と呼びかけました。  教室では冬休みの思い出や3学期の目標の発表が行われましたが旅行や外出の機会が少なかったという子どもが目立ちました。 ★堤小学校の4年生は… 「ずっと家にいたけれどおばあちゃんの家ではおいしいものを食べました お寿司とか蟹です」 「コロナなのでそんな出歩いてないのでひいおばあちゃんとおばあちゃんからお年玉をもらってとてもうれしかったです」  新学期が始まった教室には久しぶりに子どもたちの元気な声が響いていました。

青森 2021.01.15 18:46

村長の辞職に同意 西目屋村議会

 官製談合事件を巡り3度逮捕された西目屋村長の辞職届について村議会はきょう臨時議会を開き辞職に同意しました。  次の村長を決める選挙は来月になる見通しです。  小学校のパソコンの入札を巡って官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された西目屋村長の関和典容疑者と青森市佃3丁目の会社役員・土岐恒純容疑者の身柄はきょう弘前警察署から青森地方検察庁に送られました。  関容疑者は村が発注した厨房機器の契約や除雪車両の入札を巡って特定の業者に便宜を図ったなどとしてこれまでに3度逮捕されました。  西目屋村議会はきょう6人の村議会議員全員が出席して臨時議会を開き村長の辞職届けについて審議しました。  辞職届けは議会から2回出された意見書を受けておととい弁護士を通じて関容疑者から出されたものです。  辞職について異議はなく関容疑者の辞職が同意されました。 ★西目屋村議会 桑田豊昭 議長 「議会としてはこれで村民の皆さまに責任を果たしたものだとひと安心しております 今回を機会として新たな議会と言いますかチェックの厳しい議会を作り上げていかなければいけないと思っています」  村民からは関容疑者の辞職について当然という厳しい声が聞かれました。 ★村民は… 「辞めざるを得ないでしょうね あのような状態になれば」 「1300人の村民裏切ったのだからやめるべきだよね」  次の村長を決める選挙の日程は、あす村の選挙管理委員会が協議しますが来月になる見通しです。

青森 2021.01.15 18:45

福島県内の新規感染者の減少見られず

福島県内では14日の検査結果で36人に新型コロナウイルスの感染が確認され、医療機関の入院者数は300人を超えた。 14日に感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女36人。 このうち9人は、13日に感染者の集団、クラスターが確認された郡山市にある高校バレーボール部の部員で、これで部員や教職員らの感染者数はあわせて26人となった。 一方、現時点で感染経路不明は10人となっている。 県内の医療機関への入院者数は、過去最多の311人で、300人を初めて超え、病床使用率も66・3%と上昇している。 また県内では、53人が宿泊療養していて、県では引き続き、軽症者や無症状者については宿泊療養への移行を進めていくとしている。 ■14日の感染状況 いわき市で8人、二本松市と田村市でそれぞれ4人、下郷町で3人、相馬市、喜多方市、三春町、只見町、南会津町でそれぞれ2人、福島市、郡山市、須賀川市、白河市、南相馬市、小野町、西会津町でそれぞれ1人

福島 2021.01.15 18:39

公立高校 前期選抜の願書受け付け始まる

県内の公立高校の前期選抜の願書の受け付けが15日から始まりました。 願書の受け付けは、県内の公立高校45校で午前9時から一斉に始まりました。 秋田市の秋田高校では、受け付け開始直後から中学校の教員が手続きに訪れていました。 全日制と定時制を合わせた募集定員は、能代西と能代工業が統合して開校する能代科学技術高校を含め去年より87人少ない7295人で、そのうち前期選抜で1682人を募集します。 秋田高校の前期選抜の募集定員は28人です。 試験当日は新型コロナウイルス対策として入り口を複数設けたり、座席の間隔をあけたりといった措置が取られるほか、受験生は体温を記入した申告書を提出することになっています。 前期選抜の願書の受け付けは1月19日までで、試験は28日に行われます。

秋田 2021.01.15 13:21

“雪の重み”住宅の小屋部分が倒壊

14日夕方、横手市平鹿町の住宅で小屋の部分が雪の重みで倒壊しました。 現場は、横手市平鹿町浅舞の住宅です。 警察と消防によりますと、14日午後5時半ごろ、「住宅が雪の重みで倒壊した」と横手市から消防に連絡がありました。 消防が駆け付けたところ、木造一部2階建ての住宅の小屋部分が倒壊していました。 この住宅には3人が暮らしていますが、「建物が倒壊しそうだ」と事前に横手市に連絡し、避難していたため、けがをした人はいませんでした。 現場は、平鹿図書館から200メートルほどの住宅地です。 当時、屋根には70センチほどの積雪があったということで、警察が詳しい状況を調べています。

秋田 2021.01.15 13:20

岩手県盛岡八幡宮「どんと祭」

15日は小正月。岩手県盛岡市の盛岡八幡宮では恒例の「どんと祭」が行われている。盛岡八幡宮では神事が行われ、4メートルほどの高さに積み上げた正月飾り等に神職が火を放った。「どんと祭」は正月飾りや古いお守り等を焼き、1年の無病息災を願う小正月の伝統行事だ。雪に覆われた境内の空気は赤々と燃え盛る炎で、たちまち温まり、この「御神火」にあたることで心身が払い清められると言われている。新型コロナの影響で例年、「どんと祭」の夕刻に八幡通りで行われる「裸参り」は密を避けて中止となった。人出は例年の3分の1ほどだが、訪れた人たちは静かに炎を見つめ、いつも以上に無病息災を願っていた

岩手 2021.01.15 13:08

岩手県・達増知事「ワクチン接種すみやかに」

岩手県の達増知事は15日、新型コロナウイルスのワクチン接種について「すみやかに実行できるよう対応したい」と述べた。達増知事:「ワクチン接種がスピーディに、かつ確実に進んでいくように市町村を支援し、また国との調整にも当たりたい」新型コロナのワクチンについて、政府は2月下旬にも接種を始められるよう取り組む方針を示している。15日の会見で、達増知事は「ワクチンの保存は極めて低い温度が必要で、市町村が接種の役割を担うが扱いはそう簡単ではない。すみやかに段取りを決めて実行したい」と述べ た。県は15日付けで県庁の医療政策室の職員を増員し、ワクチン接種担当課長を配置して本格的な対応に乗り出している。

岩手 2021.01.15 13:05

アメリカ軍三沢基地 1人感染 新型コロナウイルス

 アメリカ軍三沢基地は基地の関係者1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。  これはアメリカ軍三沢基地がきのうホームページで発表しました。  それによりますと新たに感染が確認されたのは三沢基地の関係者で、民間航空機で来日し空港で受けた検査では陰性でした。  その後、アメリカ政府が手配したバスで三沢基地に移動したあと基地内で2週間の行動制限を受け制限解除のための検査で陽性が判明しました。  現在は基地内の施設に隔離されています。  アメリカ軍三沢基地内の感染者はきのう現在7人となりました。

青森 2021.01.15 12:06

福島県内の36人に新型コロナ感染確認

福島県内では新たに36人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 14日に感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女36人。 いわき市で8人、二本松市と田村市でそれぞれ4人、下郷町で3人、相馬市、喜多方市、三春町、只見町、南会津町でそれぞれ2人、福島市、郡山市、須賀川市、白河市、南相馬市、小野町、西会津町でそれぞれ1人。県内の累計感染者は1373人となった。 県内の入院者数は311人と初めて300人を超えた。 県は15日午後に詳細を発表する。 一方、県は15日から2月7日まで、県内全域で酒類を提供する飲食店などに対し、営業時間を午後8時までとする時短要請を始める。 対象となるのは、県内8000あまりの店で、要請に応じた事業者には1日4万円の協力金が支払われる予定。 県は13日から緊急対策期間と位置づけ、県民に対し不要不急の外出自粛を呼び掛けていて、特に午後8時以降の徹底を求めている。

福島 2021.01.15 12:03

福島市が市内事業者に給付金を支給へ

福島市は新型コロナウイルスの影響で、売上が減少した市内の事業者に給付金を支給することにした。 福島市は昨年末から今月11日まで独自の「緊急警報」を発令し、時短要請に応じた飲食店には県からの協力金が支給されている。 一方で、この期間中は外出自粛も呼びかけられ、酒類を提供しない飲食店をはじめ、小売り業なども売り上げが落ち込んでいる。 こうした状況から福島市は市内の事業者に広く、給付金を支給することにした。 給付額は、減少幅に応じて最大30万円で、市は、総額6億5000万円の補正予算を2月開会の市議会に提案する。

福島 2021.01.15 12:00

逮捕された元保育園長「感情的になった」

二本松市の保育園で園児の頭を殴るなどされる園長は、逮捕前に「感情的になった」などと話していたことが分かった。 暴行の疑いで逮捕・送検された二本松市の認可保育園の元園長、濱尾敏子容疑者(53)は去年11月、園児の頭を素手で殴るなどした疑いがもたれている。 園の関係者によると、濱尾容疑者は逮捕前、保護者らに対し虐待行為をした事実を認めていて「感情的になった」「指導が行き過ぎた」などと説明していたという。 警察は15日午前に身柄を検察庁に送り、今後詳しい動機や余罪などについて捜査する。

福島 2021.01.15 12:00

岩手県・達増知事「緊急事態宣言対象地域との往来自粛を」

政府は13日、緊急事態宣言の対象地域に大阪・京都等、7府県を追加した。岩手県の達増知事は14日開かれた対策本部員会議で追加された地域への不要不急の往来も自粛するよう県民に求めた。達増知事:「改めて不要不急の帰省や旅行など、緊急事態宣言が発令されている地域との往来は、感染拡大防止の観点から自粛をお願いする」新型コロナの感染拡大で政府は緊急事態宣言の対象地域に大阪・京都・兵庫、栃木・愛知・岐阜・福岡の7府県を追加し、すでに発出されている首都圏4都県とあわせて11都府県に拡大した。これを受けて開かれた岩手県の対策本部員会議で達増知事は対象に追加された地域についても不要不急の往来を自粛するよう県民に求めた。通院や介護、リモートワークが難しい場合の出張、入学試験や就職活動等は除く。また、直近1週間10万人あたりの新規患者数がステージ3相当となった隣県の宮城県をはじめ緊急事態宣言の対象外で感染が拡大している地域や自治体独自に外出自粛を求めている地域との往来は改めて慎重に判断するよう求めている。

岩手 2021.01.14 20:33

山形大学 今年の卒業式は規模縮小し実施へ

新型コロナウイルスの影響で去年、卒業式を中止した山形大学は今年の卒業式を規模を縮小して実施することを決めた。一方で新年度の入学式は去年に引き続き、中止する。 14日の定例記者会見で山形大学の玉手英利学長が明らかにした。会見で玉手学長は「卒業式は、それぞれ4つのキャンパスで実施する予定」と説明した。卒業式の日程はキャンパスごとに異なり、人文社会科学部などは3月25日に行われる。式典に保護者や在校生は参加せず、卒業生や教職員のみにして実施する予定。式典の様子は後日、大学のホームページで配信する予定。 山形大学では去年10月に対面授業を再開したが、受験シーズンに入り、キャンパス内に県内外から多くの人が訪れることが予想されるため、1月から原則として再び、オンラインで授業を行っている。卒業式を実施することについて理学部に通う4年生は「こういうコロナの状況なのでリスクはあるのかなと思うが、うれしい気持ちもある。袴を着る卒業生もいるからいいのではないか」と話す。一方で新年度の入学式は県外からの学生が集まることから、去年に引き続き、中止を決めた。 このほか、大学内の男性教授が部下にパワハラをしていたとして、職員組合が改善を申し立てている問題について玉手学長は「第三者委員会による調査を近日中に実施する」と説明した。

山形 2021.01.14 20:31

岩手県盛岡市 「もりおか短角牛フェア」

岩手県盛岡市のブランド牛を味わってもらおうと盛岡市で「もりおか短角牛フェア」が14日から始まった。これは「盛岡生まれ・盛岡育ち」の日本短角種「もりおか短角牛」を味わってもらおうと、もりおか短角牛振興協議会が主催し、ことしで10回目だ。フェアでは盛岡市内24の飲食店がかむほどに肉の旨味が味わえる赤身が特徴のもりおか短角牛を使ったグリルやハンバーグ、あぶりにぎり等それぞれこだわりのメニューを提供する。さらに、ことしは対象メニューを食べて応募すると抽選でホテル宿泊券や短角牛の革製品等豪華賞品も当たる。振興協議会では「新型コロナの影響で外食需要が落ち込んでいるため、地域経済を活性化させ、生産者や飲食店も応援したい」と期待を寄せていた。「もりおか短角牛フェア」は2月13日まで開かれている。

岩手 2021.01.14 20:24

新型コロナ新たに3人 県立学校職員も感染

山形県は14日、山形市や村山市などで新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち、山形市の50代女性は県立学校の職員だが校内に濃厚接触者はいないという。 新たに感染が確認されたのは山形市の50代女性と村山市の50代男性、それに県外在住の20代男性の3人。このうち、山形市の50代女性は県立学校の職員で、1月5日から8日まで勤務していたが児童生徒との直接的な接触はなく、休校などは行わないという。また、村山市の50代男性は公務員で発症前の2週間以内に出張で隣県に滞在している。 一方、サッカーJ2のモンテディオ山形は14日、トップチーム関係者1人の感染が確認されたと発表した。県外在住の20代男性とみられる。現在、無症状で濃厚接触者は調査中だが、他のチーム関係者についてはPCR検査の結果、全員の陰性が確認され、今後のトレーニングなどは予定通り実施するという。 県内の感染者は累計で438人、入院者は重症者2人を含む57人となっている。 また、政府の緊急事態宣言の対象が11都府県に拡大したことから県はこの地域への不要不急の往来を控えるよう呼び掛けている。このほか、13日までの1週間で人口10万人当たりの感染者が15人を超えている宮城県など16の地域への往来は慎重にするよう注意を促している。

山形 2021.01.14 20:18

空き工場が倒壊 屋根に積雪1.5メートル

山形県米沢市で13日夕方、空き工場が倒壊した。屋根には約1.5メートルの積雪があり、建物には150トン前後の雪の重さが掛っていたとみられることが分かった。雪は降り積もりと重量が3倍から4倍にもなり注意が必要。 13日午後6時過ぎ、米沢市春日1丁目の工場として使われていた建物の一部が倒壊しているのを近くの住民が発見し、警察に届け出た。警察の調べによると倒壊したのは木造平屋建ての工場の6分の1ほどにあたる南側の建物部分、約400平方メートル。建物は紡績会社オーハザマの自己破産で約2年前から使用されておらず、けが人はいなかった。近所の住民は「13日夕方に、聞いたことのない音が聞こえた。築40年ぐらい経っていると思う。かなり古いから危ないのではと思っていた」と話す。 倒壊した建物には当時1.5メートルの積雪があった。この建物ではこの冬、雪下ろしが行われていなかったということで、雪の重みで倒壊したとみられている。 新庄市にある国の「雪氷防災研究センター」によると屋根の雪の重さは150トン前後とみられるという。雪は降ったばかりの状態から、降り積もりしまっていくと、重量が3倍から4倍にもなる。センターは「積雪の多い今年は、雪下ろししない空き家などは、雪の重みに耐えきれず、つぶれてしまうことも十分考えられる」と注意を呼び掛けている。

山形 2021.01.14 20:12

新たに3人の感染確認

県内で新たに3人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 県によりますと横手保健所管内に住む50代の会社員の男性は、今月8日に熱やのどの痛みが出て、13日の検査で陽性となりました。先月28日から今月5日まで県外に滞在していたということです。 県外に住む20代の会社員の女性は、今月8日に北秋田保健所管内の実家に帰省し、翌日以降、のどの痛みや熱が出ました。医療機関の検査で一度は陰性となりましたが、その後も症状が続いたため、13日に再び検査を受けたところ陽性と確認されました。 湯沢保健所管内の30代の会社員の男性は今月9日以降、熱が続き、13日の検査で感染が判明しました。県内での感染確認はこれで延べ181人となりました。

秋田 2021.01.14 19:24

スタジアム サッカー協会が要望

ブラウブリッツ秋田の本拠地にもなる新スタジアムについて、秋田市の穂積市長は外旭川地区に整備する方針を示しています。サッカー協会は外旭川地区を「最適な立地」とした上で早期に整備するよう秋田市に要望しました。 秋田県と秋田市のサッカー協会は秋田市の穂積市長のもとを訪れ、新スタジアムについての要望書を提出しました。 穂積市長は今月5日、新スタジアムを外旭川地区に整備する方針を明らかにしました。要望書では外旭川地区は、近くに新しい駅とインターチェンジがあり、駐車場の確保も容易なことから最適な立地と評価した上で早期に整備するよう求めています。 要望書を受け取った穂積市長は「多機能複合型のスタジアム建設を目指したいが、財源の面から市単独で行うことは難しいため県や民間と歩調を合わせながら実現していきたい」と述べています。

秋田 2021.01.14 19:24

小中学校 横手市などでも再開

秋田市以外の市町村の小中学校は14日から冬休みが明けの授業が始まりました。記録的な大雪に見舞われている横手市でも子どもたちが元気に登校しました。 全校児童94人、横手市中心部にほど近い栄小学校でも子どもたちが雪が多くある中、登校しました。 今月6日、木造校舎の栄小学校では雪で倒壊の危険があるとして県からの災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が雪下ろしや除雪を2日かけて行いました。屋根の上には雪下ろし後に降った雪が積もっているものの安全に子どもたちを迎え入れることができ校舎に元気な声が戻りました。 5年生の教室では担任が自衛隊の活動に触れたあと、最初の授業として冬休みの思い出を発表しあいました。 新型コロナに記録的大雪。例年とは大きく違った冬休みとなりましたがそれぞれが楽しい思い出を作り新たな目標に向かって学校生活を再開させました。 全校集会でも髙瀬典穂校長が自衛隊の活動に触れ、雪下ろしの様子を写真を交えて紹介しました。栄小学校では自衛隊への感謝の手紙を全校児童が書いて送ることにしています。

秋田 2021.01.14 19:24

当初予算案の知事査定始まる

県の来年度の当初予算案について知事が事業の必要性を精査する知事査定が始まりました。春に知事選挙を控えているため骨格での予算編成となる見通しです。 知事査定は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で全国的に増加傾向にあるDV、ドメスティック・バイオレンスや、児童虐待、自殺などの相談にワンストップで対応するための事業から始まりました。 現在、秋田市内にある中央児童相談所と女性相談所、福祉相談センター、精神保健福祉センターの4つの施設の機能を一元化し、秋田市手形住吉町の県有地に新たな相談施設を整備します。新たな施設は今年10月に本体工事が始まり再来年2023年4月の運用開始を予定しています。 春に知事選挙を控えているため来年度当初予算案は新型コロナウイルス対策など最低限必要な経費を盛り込んだ骨格編成となる見通しです。知事査定は18日まで行われます。

秋田 2021.01.14 19:23

時短要請期間を前に郡山駅前の飲食店街は

福島県は感染拡大を食い止めるため、13日から不要不急の外出自粛を要請している。 特に夜8時以降の外出自粛の徹底が呼び掛けられるなか、郡山市の繁華街からは苦悩の声が聞かれた。 県は15日からは、酒類を提供する飲食店などの営業時間短縮が要請している。 13日午後8時のJR郡山駅前の飲食店街は通りに明かりはついているものの、通りを歩く人の姿はすでにまばらとなっていた。 要請期間を前に、すでに休業や時短営業とする店も目立った。 飲食後の客を待つタクシー運転手からは「普通は深夜1時と、2時まではやるが、何時にあがろうか考えている」といったあきらめの声も聞かれた。 13日から営業時間を短縮して営業している福島県各地の郷土料理を提供する飲食店のスタッフからは、「午後4時、5時で2組くらいの客だった」「15日以降は、これ以上の厳しい状況になるだろうと思う」と話した。 1日4万円の協力金については「まあ少ないけど、ないよりはありがたい」と割り切った様子だった。 この飲食店では系列店を休業させ、時短営業中はテイクアウトでしのぎたいと考えている。 県の緊急対策期間は2月7日まで約1か月続く。

福島 2021.01.14 18:55

統合する福島県立の高校5校の名称案

福島県教育庁は来年4月に統合する5つの県立高校の名称案を示した。 県教育庁では少子化などを背景に2023年までに25の県立高校を13校に統合する方針で、このうち来年4月に統合する5校について14日に開かれた県議会政調会の中で、それぞれの名称案を示した。 名称案は、 須賀川高校と長沼高校は「須賀川創英館高校」 大沼高校と坂下高校は「会津西陵高校」 湯本高校と遠野高校は「いわき湯本高校」 相馬東高校と新地高校は「相馬総合高校」 保原高校(定時制)と福島中央高校は「ふくしま新世高校」 県教育庁では2月定例会に統合校の名称を定める議案を提出し、正式に決定する方針。

福島 2021.01.14 18:50

19日から福島空港の全日空全便が運休へ

緊急事態宣言の対象地域拡大などに伴って、福島空港では全日空が運航する全便が今月19日から運休することが決まった。 運休が決まったのは全日空の大阪便2往復と札幌便1往復で、これで今月19日から来月7日までの間、全日空が福島空港で運行する全便が運休する。運休期間はそれぞれ異なる。 緊急事態宣言の対象府県が拡大したことやGoToトラベル事業の一時停止の影響を受けたもので、全日空の全便が運休するのは昨年春以来となる。 この間、福島空港ではIBEXエアラインズの大阪便の1往復のみの運航となる。 現時点で全日空は、来月8日から大阪1往復と札幌1往復の運航再開を予定している。

福島 2021.01.14 18:46

青森市 高校の部活動クラスター

 県内では過去2番目に多い25人の新型コロナウイルスの感染が発表されました。  このうち24人は青森市の高校の同じ部活動に所属する生徒とその関係者でクラスターが発生しました。  青森市の小野寺市長はきょう午後4時半すぎから会見を開き新たに24人の新型コロナウイルスの感染を発表しました。  24人は青森市の高校の同じ部活動に所属する生徒と関係者でいずれも軽症あるいは無症状です。  すでに感染が確認されている弘前保健所管内の1人を含めクラスターの関連は25人となりました。  青森市保健所は濃厚接触者など59人を検査しており今後、校舎内の消毒作業を行います。  青森市で新たに発生した高校の部活動クラスターについて県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は「接触者はほとんど特定できている」と述べました。 ★県感染症対策コーディネーター 大西基喜 医師 「休み中ということもあり接触した方はかなり厳密にわかっています おそらくそんなに多くは感染者が出ない」  一方、上十三保健所管内で50歳代の男性1人の感染が確認されています。  県内できょう午後4時半までに感染が確認されたのは25人で、1日で発表された感染者数としては去年10月の26人に次ぐ過去2番目に多い人数です。  県内の感染患者は現在82人で重症が1人、中等症が8人です。  回復した人などを含めた感染者の累計は600人を超え607人となりました。

青森 2021.01.14 18:43

一部道路は依然渋滞も 青森市の除排雪

 豪雪に見舞われた青森市内の除排雪は幹線道路を中心に進んでいます。  一方で一部の生活道路では依然として車が通りづらい状況となっており渋滞が発生しています。  こちらはきょう午前10時すぎの青森市内を走る車から撮影した道路の様子です。  朝の通勤のピークを過ぎた時間帯ですが渋滞が発生していました。  前を走る車はなかなか進みません。 ★青森放送 南谷光毅 記者 「渋滞の原因は交差点付近の道幅が狭くなっているためと考えられます この通りは市民病院に通じていて救急車両も通ります」 ★青森市民は… 「そこの信号 直進車があると(右に)曲がれないでしょ だからここはすごく渋滞している 普段でも混んでいるのだけど冬は特にですよね」  青森市によりますと幹線道路などの除排雪はほぼ済んでいますが生活道路については依然として行き届いていない道路もあるということです。  除雪が行われた道路でも右折車線がなかったり路面の状態が悪いため時間帯によっては渋滞が発生しているところもあります。  市に寄せられた雪に関する要望や苦情はきのうだけで800件以上、累計では9000件に迫っています。  青森市はあすの朝までに通学路などの除排雪を済ませほかの生活道路については来週の前半までに終わらせたい考えです。

青森 2021.01.14 18:43

屋根の雪下ろし 2人以上で

 県内では除雪作業中の事故で亡くなる人が増えています。  除雪を代行している業者は気温が上がり屋根の雪が滑り落ちやすくなっているため2人以上で作業するよう呼びかけています。  この冬、青森市では除雪の代行業者に依頼が殺到しています。  けさも業者の人たちが1人暮らしの高齢の女性の家で屋根の雪下ろしをしていました。  この業者の本業は住宅の内装やリフォームですが除雪を代行しており1月いっぱい予約で埋まっています。 ★ハウスコート 齊藤建 社長 「ことし仕事始めから電話が一般のお客さんから殺到してまして1月いっぱいは予約のほう入っています」  屋根にはおよそ80センチの積雪があり雪の重みでつぶれる危険があります。  作業員4人はスノーダンプを使って慎重に雪を片付けていました。  この家に住む82歳の女性は雪の重みで屋根がつぶれないか不安だったと言います。 ★除雪を依頼した女性は… 「いやーやめて雪降らないでほしいって天気予報見るたびに雪かと思って こんなに降ってしまってやっぱり専門の方でないと危ないですよね」  きのう平内町や藤崎町の男性が1人で除雪作業中に雪に埋もれ亡くなりました。  この冬、雪害で亡くなった人は県内で6人となっています。  除雪の代行業者によりますと屋根の雪下ろしの際の注意点は1人で作業をしないことだということです。 ★ハウスコート 齊藤建 社長 「1人作業はちょっと危険だと思います やはり滑り落ちたり何かあっても連絡する人がいなかったりあと下に誰かいたりだとかお互い声をかけあって複数での作業が好ましいと思います」  気温が上がり屋根の雪が滑り落ちやすくなっており除雪作業は2人以上で行うよう心がけることが大切です。

青森 2021.01.14 18:42

福島・双葉町長選 現職が無投票で3選

任期満了に伴う双葉町の町長選挙が14日に告示され、現職の伊澤史朗氏以外の立候補者の届け出がなく、無投票での3選が決まった。 双葉町は現在も全町避難が続いてる唯一の自治体で来年春の住民の帰還を目指し、双葉駅周辺では住環境の整備工事などが進められている。 3期目を迎える伊澤氏は今も見通しがたっていない帰還困難区域の避難解除に向けて全力で取り組みたいと話している。

福島 2021.01.14 18:33

福島県内の感染経路不明が増加傾向に

福島県内では、13日に38人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 県が14日午後に詳細を発表した。 13日に感染が確認されたのは郡山市で12人、いわき市で8人、福島市と会津若松市で4人など38人。 年齢別では、10代が10人、ついで50代と60代は5人、30代、40代、90代が4人と年齢層の幅広がっている。 このうち11人は、郡山市がすでに公表している全国大会後に感染が判明した郡山女子大附属高校のバレーボール部の関連。 部員や教職員の感染判明は17人となった。 一方、38人のうちの現時点で感染経路が分かっていないのは、15人(39.4%)となっている。 県内の入院者数は過去最多の296人に上り、病床使用率も63.1%とひっ迫した状況が続いている。 また、重症患者も9人と減少していない。 県は県民に対して不要不急の外出自粛などを感染対策の徹底を呼びかけている。 ■13日の感染確認 郡山市で12人、いわき市で8人、福島市・会津若松市で4人、白河市・須賀川市・南相馬市で2人、二本松市・田村市・下郷町・棚倉町で1人。

福島 2021.01.14 18:13