東北のニュース

歩行者優先の徹底 街頭で呼びかけ

春の全国交通安全運動にあわせて県内の運送業者でつくる秋田県トラック協会が街頭キャンペーンを行い、歩行者優先の徹底などを呼びかけました。 街頭キャンペーンは交通量の多い通勤・通学の時間帯にあわせて15日は秋田市の山王十字路で行われました。秋田県トラック協会は加盟業者のドライバーの安全運転はもちろん広く交通安全運動にも取り組んでいます。15日は協会のマスコットキャラクターも参加して、道行く人たちに歩行者優先の徹底を呼びかけました。 県内では今年すでに400件以上の人身交通事故が発生しています。歩行者優先が徹底されず危険にさらされるケースが後を絶たないことから警察も重点を置いて取り締まりを行っています。

秋田 2021.04.15 13:12

飲食店従業員の定期的PCR検査や変異ウイルス解析機器導入へ 仙台市コロナ対策補正予算案を提出・宮城

仙台市は飲食店従業員への定期的なPCR検査や変異ウイルスの解析機器導入の費用を盛り込んだ補正予算案を市議会に提出しました。 仙台市は15日開会した臨時議会に総額178億円の補正予算案を提出しました。 主な内容として飲食店従業員や高齢者施設職員への定期的な検査費用などとして10億6000万円あまり。また、変異ウイルスの解析機器と検査試薬の購入費として7200万円を計上しています。検査は1回13万円で週に10数件の検査を見込んでいます。財源には主に県の補助金が充てられ補正予算案は16日採決されます。

宮城 2021.04.15 12:49

対外試合・合宿 禁止 県立学校の部活動

 県教育委員会は県内での感染拡大を受けて県立学校などに対し来月5日までの間、部活動の対外試合や合宿を原則として禁止する通知を出しました。  県内では青森市内を中心にクラスターの発生が相次いでいるほか感染経路がわからない感染者が増えています。  さらに従来よりも感染力が強いとされる「N501Y」という変異を持ったウイルスも確認されています。  こうした状況を踏まえ県教育委員会は県立学校に対して来月5日までの間、部活動の対外試合や合宿、それに外部の指導者が学校を訪れることを原則として禁止する通知を出しました。  ただ県高体連や県高野連の公式戦については慎重に判断した上で参加できるとしています。  参加する場合は競技の合間などのマスクの着用や大声の禁止、それに試合後2週間は健康観察を行うことを求めています。

青森 2021.04.15 12:06

海洋放出に対し、内堀知事が国に申入れへ

福島第一原発の処理水を、政府が海洋放出する方針を決めたことを受け、内堀知事は15日午後、県としての意見を政府に申し入れる。 福島第一原発に溜まり続ける「処理水」について、政府は13日、海へ放出する方針を決めた。 これに対し内堀知事はこれまで「内容を精査する」とし県としての意見を明らかにしていなかったが、15日午前11時ころ、県の幹部を集め意見を取りまとめた。 内堀知事は15日夕方、梶山経済産業大臣のもとを訪ね、県としての意見を申し入れる予定。

福島 2021.04.15 11:41

福島・新型コロナ きのうは20人

福島県内では13日の検査で、新たに20人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で10人、伊達市・南相馬市でそれぞれ3人など、あわせて20人。 年代別では、10歳未満の男児を含む、70歳代までの幅広い世代に感染が確認されている。 県によると、これまでに確認されているクラスターに関連した新たな感染者は確認されていないという。 県内の入院患者は予定を含め195人で、重症者は12人。 県内病床使用率は、41.6%となっている。 県は感染拡大地域との不要不急の往来の自粛などを呼びかけている。

福島 2021.04.15 11:40

被害の8割高齢者 警察が詐欺被害防止呼びかけ

年金支給日となった15日、高齢者の詐欺被害を防ごうと警察が注意を呼びかけている。 福島市にある銀行では、警察官や地域のボランティアが銀行を利用するお年寄りなどに、なりすまし詐欺への注意を呼びかけるチラシを配った。 今年、県内では3月末までに22件のなりすまし詐欺が発生し、被害者のおよそ8割が高齢者となっている。 警察はなりすまし詐欺の予兆電話などが発生したときにメールで注意を呼び掛ける「POLICEメールふくしま」を今月から始めていて、周知していきたいとしている。

福島 2021.04.15 11:39

岩手県二戸市 漆の林づくりで岩手ダイハツとパートナー協定締結

漆の生産量国内一を誇る二戸市と自動車ディーラーが「漆の林」を育てるためのパートナー協定を締結した。締結式は14日、二戸市役所で行われ、藤原 淳市長と、岩手ダイハツ販売の中田 利光社長が締結書に署名した。二戸市の浄法寺漆は、世界遺産の建造物の保存修理にも用いられるが、生産量が不足していることから、二戸市は企業や団体の協力を得て、苗木の植栽などを進めている。パートナー協定締結は10組目で、岩手ダイハツ販売の中田社長は「地域貢献活動の一環として、日本古来の漆文化に貢献できることを嬉しく思う」と話していました。まずは50本の漆の木を植樹し、社員スタッフと大切に育てていくということです。

岩手 2021.04.15 11:29

岩手県 2020年度の企業倒産件数 平成以降2番目の低水準

岩手県内の2020年度の企業倒産件数は平成以降では2番目の低水準となった。東京商工リサーチ盛岡支店によると、2020年度に岩手県内で1千万円以上の負債を抱えて倒産した企業の件数は、前年度より9件少ない34件で、平成以降では1990年度の27件に次いで2番目の低水準となった。一方、負債総額は70億2700万円で、負債10億円以上の大型倒産が相次いだことから、前年度を29億5200万円上回ったが、平成以降では4番目の低水準。また、新型コロナウイルスの影響による倒産は9件で、東京商工リサーチは、「政府の資金支援で抑制されているが、業績回復が遅れれば、増える可能性は否定できない」としている。

岩手 2021.04.15 11:25

五輪まで100日事前合宿 現時点で4市

東京オリンピックの開幕まであと100日。県内のホストタウンは受け入れの準備を進めているが、新型コロナの感染が収束しない中、県内14市町のうち、現時点で、事前合宿を予定しているのは4市に留まっている。 14日午前、村山市はブルガリア共和国を紹介する展示会の開催に向け、あわただしく準備が行われていた。展示スペースには、新体操チームが村山市で事前合宿を行った時の写真や選手たちのサインが飾られている。村山市がブルガリアのホストタウンに登録されたのは2016年12月。翌年から新体操チームの事前合宿を毎年行うなど、積極的に交流を深め、村山市全体でオリンピックの機運を高めていた。 去年は世界中で新型コロナの感染が拡大し、オリンピックは延期に。ことしもコロナの猛威が収まることはなく、7月中旬から予定していた直前合宿を2週間から1週間に短縮して実施する方向で調整している。 村山市東京オリンピック・パラリンピック交流課の冨樫京太主事は「直前の調整、時差ボケもあるので村山市で調整・交流したいと前向きな意見を聞いている。実施するにあたってコロナ対策をどのようにして安全に実施できるかが難しいところで今検討しながら進めている」と話す。展示会は15日から始まり、村山市はオリンピックが盛り上がるきっかけになってほしいと話している。 一方、ニュージーランドのホストタウンとして登録されている酒田市は2016年からトライアスロンの選手たちの受け入れを行っている。ことしは大会直前に1か月の事前合宿を予定していたが、新型コロナの影響で2週間に短縮を余儀なくされた。酒田市交流観光課の阿部利香課長は「コロナの影響で(選手が出場予定の)ワールドシリーズもできない。今回はニュージーランドからオーストラリアでショートキャンプをして酒田にくる予定になっている。移動や宿泊、練習会場、万全の準備をして迎えたい」と説明する。 県内では県と14市町の合わせて15自治体がホストタウンに登録されていて、事前合宿の実施を巡っては対応が分かれている。 事前合宿を実施する予定と回答したのは、上山市と鶴岡市。また、村山市と酒田市は新型コロナの影響を考慮して、合宿期間を短縮しての実施で調整している。 一方、事前合宿の中止を決定したのは天童市と米沢市で、コロナの感染予防対策のハードルが高く、相手国との協議の上、判断したという。また、山形市と新庄市は、もともと台湾との事前合宿を予定しておらず、白鷹町はチームが予選を通過することが出来なかったという。そのほかの自治体は実施の有無や合宿期間など含め相手国と調整中という。

山形 2021.04.14 20:35

学校での感染対策 水栓ロングレバーとは…

新年度がスタートし、学校の現場でもコロナ対策が進められている。東根市は14日までに、市内すべての小・中学校に肘や腕などを使って、水道の水を出すことができるレバーを設置した。 感染対策として設置された「水栓ロングレバー」。手のひらを使うことなく、肘や腕でレバーを動かし、水道の水を出すことが出来る。 東根市は感染症対策の一環として4月から市内すべての小・中学校14校にこのレバーの設置作業を進めていた。この道具はもともと、障がい者向けにと製造されたものだが、手のひらを使わずに扱えるので、感染のリスクを減らすことが期待される。 東根小学校では教室を中心に125か所の蛇口にレバーが取り付けられた。休み時間になると子どもたちは、互いに距離をとって並び、肘や腕を使って水を出し、順番に手を洗っていた。 使用した児童たちは「休み時間や外に行った時にみんなで並んで手を洗っている」、「(使い心地は)案外前のものと変わらなくていい」などと話していた。 東根市は14日までにロング水栓レバーの設置作業を終えていて、14校で合わせて672個が取り付けられた。

山形 2021.04.14 20:27

家庭内感染が拡大 新型コロナ新たに16人

県は14日、山形市など4つの市で新たに16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。家庭内感染が目立っている。感染者数が2桁となるのは28日連続。 感染が確認されたのは山形市の小学生から70代までの男女12人、寒河江市の男の子と30代の男性、上山市の60代女性、鶴岡市の80代男性、4つの市のあわせて16人。感染者数が2桁となるのは28日連続。 寒河江市の2人は感染者の集団「クラスター」が発生している市内の介護老人保健施設「寒河江やすらぎの里」の職員の同居家族。これで関連も含めた感染者は14人となった。 16人のうち、10人は家庭内での感染だった。5人は現時点で感染経路を調査中。山形県は「家庭内での感染が増えている」とし体調が悪い場合には無理せず、療養することを呼びかけている。 新型コロナワクチン接種総合企画課の阿部英明課長は「いま身近な医療機関でもすぐに検査ができる体制をとっているので受診して治療に専念することが必要」と話す。全員の症状は無いか、重くないという。感染者の累計は1258人、入院している人は92人でこのうち3人が重症。宿泊施設と在宅で療養中の人は145人、調整中は16人となっている。一方、専用病床の占有率は、最も高い、県立中央病院が78.7%、県全体で35.7%と依然、高い水準。

山形 2021.04.14 20:23

大曲の花火 春の章延期 夏は…

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大曲の花火の実行委員会は5月予定していた春の章の延期を決めました。一方、夏の全国花火競技大会については予定通り実施する考えですが今後の状況を踏まえ慎重に判断することにしています。 大仙市と大曲商工会議所でつくる大曲の花火大会委員会は14日、記者会見を開き5月1日に予定されていた春の章を6月12日に延期すると発表しました。 4月に入り、大仙保健所管内で新型コロナウイルスの感染者が増えていることに加え東京など全国から花火業者が来場する予定であることなどから判断しました。 一方、気になるのが去年は1年延期、つまり今年の8月に延期となった全国花火競技大会。市内でクラスターが発生している現在のような状況であれば開催は厳しいとしつつも現時点では予定通り8月28日に実施したい考えを示しました。 感染状況の先行きが見通せない中難しい判断が迫られそうです。

秋田 2021.04.14 19:42

秋田犬保護活動団体に自動車販売会社が寄付

秋田市の自動車販売会社が秋田犬の保護活動を進める団体に売り上げの一部を寄付しました。おととしから続ける取り組みで保護した犬の飼育にかかる費用や、広報活動などに活用されています。 「秋田ダイハツ販売」は車検の売り上げの一部を保護活動に活用してもらおうと、113万円あまりを秋田犬の保護活動を行う団体「ONE FOR AKITA」に寄付しました。 秋田犬は飼育の難しさがネックとなり、頭数の減少、ブリーダーの後継者不足、そしてその末の殺処分など、とりまく課題は少なくありません。 「ONE FOR AKITA」は寄付金をトレーナーの育成や保護する秋田犬のエサ代、広報活動などに活用することにしています。

秋田 2021.04.14 19:36

小坂町の康楽館 常打芝居を前に避難訓練

小坂町の康楽館は4月末から芝居の定期公演を再開します。これを前に火災を想定した避難訓練が行われ、職員が来館者の安全を確保するための手順などを確認しました。 訓練は館内の厨房から出火した想定で行われました。国の重要文化財に指定されている康楽館。毎年、訓練を行って来館者の避難誘導や初期消火の方法を確認しています。明治時代に建てられた康楽館は通路が狭く暗いため、職員は声を出し合って避難誘導します。 康楽館の高橋竹見館長は「普段から火事を出さないようにするのが一番だが、万が一火災が発生してしまった場合にお客様の命を最優先に考えて避難誘導体制をとっていきたいと考えています。」と話していました。 去年、康楽館は新型コロナウイルスの影響で定期公演にあたる常打芝居が中止となりました。今年の常打芝居は対策を取った上で4月29日から8月末まで行われ県内の中学校の修学旅行なども予定されています。

秋田 2021.04.14 19:35

自転車と車接触 ひき逃げ事件として捜査

13日夜、秋田市の交差点で自転車と車が接触する事故がありました。自転車の男性が転倒して軽いけがをしましたが車はそのまま走り去っていて、警察がひき逃げ事件として行方を追っています。 秋田中央警察署の調べによりますと13日午後8時ごろ、秋田市八橋イサノの市道交差点を50代の男性が乗った自転車が横断しようとした際、自転車と同じ方向から来て左折した車に巻き込まれる形で接触しました。 自転車は転倒して男性は腰に軽いけがをしましたが車はそのまま寺内方向に走り去ったということです。 走り去ったのは普通乗用車とみられ、警察は目撃者からの聞き取りや防犯カメラの解析などを進め広く情報提供を呼びかけています。 現場は、八橋小学校から北に500メートルほどの信号機のある十字路交差点です。

秋田 2021.04.14 19:35

新型コロナ感染確認 2週間で60人超え

県内では14日、新たに3人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。4月に入って2週間ですが新たな感染の確認は今月だけで60人を超えています。 新たに感染が確認された3人のうち1人は、2週間以上前に関東地方から来県し、湯沢保健所管内に滞在している人です。12日に感染が発表された大仙保健所管内の団体職員の濃厚接触者として 13日に検査を受け陽性と判明しました。現在、嗅覚障害やせきなどの症状があるということです。県は患者の年代や性別を公表していません。 このほか、秋田市に住む30代の団体職員の男性と大仙保健所管内の60代の会社員の女性の感染も確認されています。4月も14日で2週間ですが4月は県内でもほぼ毎日新たな感染者が発表されていて2週間で61人。これまでのトータルは延べ344人となりました。

秋田 2021.04.14 19:35

秋田市高齢者集団接種はクーポンで段階的に

新型コロナウイルスワクチンの対象者が県内で最も多い秋田市は5月8日から高齢者への集団接種をスタートさせます。混乱を避けるため接種に必要なクーポン券は供給量に応じて段階的に送付する計画です。 秋田市の集団接種は5月8日に市の保健センターで始まり翌週からは市民サービスセンターなど12の会場で行われます。 他県では予約枠がすぐに埋まり、予約できなかった人からの問い合わせが殺到する自治体も出ていることから、秋田市は接種に必要なクーポン券を段階的に発送することで混乱を避ける計画です。 クーポン券は①80歳以上②70歳から79歳③65歳から69歳と年齢順に3段階で発送されます。まずは4月17日に80歳以上の人への発送を開始。19日月曜日からコールセンターとインターネットでクーポン券が届いた人の予約を受け付けます。 16日金曜日には集団接種の流れや会場、実施日などを掲載した青いチラシを市内の全戸に配布します。 秋田市は『クーポン券がないと予約の手続きはできないので焦らずにクーポン券が届くのを待ってほしい』と呼びかけています。 秋田市の高齢者およそ10万3000人のうち集団接種の形で受けるのはおよそ2万人の想定で6月中旬からは診療所での個別接種が始まる予定です。

秋田 2021.04.14 19:35

秋田市で高齢者へのワクチンの接種始まる

高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種が14日県内でも始まりました。秋田市内の4つの高齢者施設で先行して行われているもので接種を受けた人からは安堵の声も聞かれました。 県内で最も早く高齢者へのワクチン接種が始まった秋田市。4つの介護老人保健施設で420人に接種します。 このうち太平山谷にある山盛苑では、入所者のうち69歳から100歳までの希望者92人と職員43人の合わせて135人が14日と15日の2日間で1回目の接種を受けます。 山盛苑を含む4つの施設で接種後、夕方までに体調を崩した人はいないということです。 15日は横手市で高齢者施設での接種が始まり、5月中にはすべての市町村で高齢者への接種がスタートします。

秋田 2021.04.14 19:35

にかほ市の小学生 サケの稚魚を放流

にかほ市の小学生がサケの稚魚を放流し“ふるさとの自然”を学びました。 にかほ市は生き物の命について理解を深め、自然環境への関心を高めてもらおうと毎年、市内の小学3年生がサケの稚魚を放流する体験学習を行っています。象潟小学校の75人は川袋川へとつながる水路に稚魚を放流しました。 14日は、3つの小学校の児童があわせて3万匹の稚魚を放流しました。 放流された稚魚は体長が6センチほど。シベリアやアラスカの海で大きく成長し、3年から5年後、ふるさとの川に帰ってくるということです。

秋田 2021.04.14 19:34

海洋放出決定から1日、県内から様々な反応

放射性物質を国の基準値以下薄めて海に流す「海洋放出」を選択した政府、その決定に各方面から様々な反応がでている。 福島第一原発で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含んだ処理水の処分方法について、政府は13日、放射性物質を国の基準以下に薄めて海に流すことを、決めた。 この決定をうけ、翌日の県庁では関係部局を集めた会議が開かれたが、会議は冒頭のみ報道陣に公開された。 会議後、去り際に内堀知事は「今、検討を重ねているところなので、また県としての意見をしっかりと取りまとめたうえで、またご説明させていただく」と報道陣に語った。 改めて海洋放出に、強い反対の意思を示した県漁連は、臨時の理事会を開き、対応を協議した。 県漁連・野崎哲会長は「海洋放出には反対であるというのと漁業は絶対やめないで続けていく」と語った。 韓国や中国からも強い反発が出た今回の政府決定。 その決定に理解を示す自治体もある。 それが、原発が立地する双葉町など。 双葉町の伊澤史朗町長は「政府が決定した海洋放出の方針を受けとめたいと思う」と語り、処理水の処分は、廃炉を進める上で必要な事だとして、決定に理解を示した。 国内外へ波紋を広げる処理水の海洋放出。 水産業など県内の産業への影響は避けられず、今後も正しい情報発信が求められている。

福島 2021.04.14 19:10

医療機関クラスター発生

 県内で新型コロナウイルスの感染が新たに19人確認され青森市では医療機関のクラスターが発生しました。  連日のクラスター発生です。  県によりますときょう午後4時半までに県内で新たに19人の感染が確認されました。  居住地別では青森市で11人、上十三保健所管内で4人、八戸市で3人、東地方保健所管内で1人です。  青森市の6人は市内にある青森慈恵会病院の入院患者と職員です。  この病院で確認された感染者は合わせて7人となり市はクラスターが発生したと判断しました。  職員はいずれも病院の同じフロアで働いているということで今後50人程度の職員や入院患者の検査を進めるとしています。  この病院クラスターは市内にある障がい者施設と2件の飲食店クラスターに関連しています。  3件のクラスターでもさらに感染者が確認されこれら4件のクラスターは関連を含めて133人となっています。  また八戸市内の小学校で発生したクラスターでも関連を含めると新たに3人の感染が確認されました。  このクラスターは関連を含めると16人にまで増えました。  一方きょう発表の19人のうち3人の感染経路はわかっていません。  県は酒を提供する飲食店に関連した感染者が増えているとして、飲食店で飲酒する場合は1か所の店を短い時間で利用するよう改めて呼びかけました。 ★県感染症対策コーディネーター 大西基喜 医師 「特に青森市の場合はひじょうにクラスターの発生する頻度が高くなっていまして市中で感染がつながっている可能性は高くなっている」  県内の現在の感染者は132人となっています。  このうち入院中の患者は42人ですでに回復した人などを含めた感染者の累計は1215人となりました。

青森 2021.04.14 18:48

高齢者向けワクチン 医療従事者に 青森市

 病院でのクラスター発生を受けた対応です。  青森市の小野寺市長は高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの一部を医師や看護師に接種すると発表しました。  小野寺市長は会見でクラスターが発生した青森慈恵会病院の職員が新型コロナウイルスのワクチンを接種していなかったこと明らかにしました。  これを受けて青森市は県と調整し高齢者向けのワクチンの一部を医師や看護師に接種することを決めました。  ワクチンを打つ側の医療従事者から感染が広がるのを防ぐためです。  ワクチンは今月19日から1週間の間に届く高齢者向けの1箱975回分の一部をあてます。  小野寺市長は高齢者のワクチン接種に影響を与えない範囲で医師や看護師に接種するとしています。

青森 2021.04.14 18:48

園内と西堀 ソメイヨシノ開花 弘前公園

 桜の名所・弘前公園では園内と西堀のソメイヨシノが開花しました。  これで公園全体で開花となりました。  きょうは弘前市公園緑地課の桜守3人が園内の開花状況を見て回りました。  北の郭にある標準木では全体的に開花が確認できたため午前11時に園内の開花を発表しました。 ★弘前市公園緑地課 橋場真紀子さん 「弘前公園ソメイヨシノ開花標準木 本日4月14日開花しました けさ来たところ5つ以上の開花が確認できましたので本日開花としました」  園内の開花は去年より5日早くいつもの年より9日早くなっています。  また1947年に記録を取り始めて以来、過去2番目に並ぶ早咲きとなりました。  さらに西堀も去年より6日早くきょう開花が発表され弘前公園全体が開花となりました。 ★弘前市民は… 「すごく楽しみにしていたのでうれしいです 写真とか撮って 楽しみたいと思っています」 「きょう寒いけど春が来たかなという感じはするね にぎやかになってくれれば良いと思うけど」 「去年見なかったので待ち遠しかったです 桜を眺めるだけで終わると思いますけどそれでも楽しみにはしています」  園内の四の丸では出店の業者の人たちが準備作業を進めていました。  弘前公園では今月17日から準まつり体制に入ります。

青森 2021.04.14 18:48

まつり開催の可否 再判断を 緊急意見交換会

 県は春祭りに関わる県内の市町村の担当者などを集めた緊急の意見交換会を開きました。  感染状況を踏まえたうえで改めて開催できるかどうかを判断するよう求めました。  意見交換会はオンラインで行われ春祭りに関わる県内の市町村や商工会議所の担当者などが参加しました。  県は先月、祭りなどの感染対策のガイドラインを発表し、その中の開催の判断基準の目安では県内の複数の地域でクラスターが発生している場合は「中止」としています。 ★県観光国際戦略局 堀義明 局長 「現在県内では複数の圏域でクラスターが発生しており現時点でガイドラインの目安上は中止に相当するものと考えられます」  県はガイドラインの基準などを踏まえて、主催者に対して地域の感染状況などを考慮し、改めて開催できるかどうかを判断することを求めています。  その上できょうの意見交換会では、開催する場合はガイドラインに示された内容を上回る対策を講じることを求めたということです。 ★県観光国際戦略局 堀義明 局長 「開催を検討中としながらきょうの意見交換会をもとにそれぞれの団体に持ち帰って検討すると『場合によっては中止も視野に』という話しもありました ガイドラインで定められている基準以上の対策が取れないのであれば中止も視野に検討をお願いしたい」  県内ではすでに青森市と八戸市それにむつ市と野辺地町が春まつりの開催を取りやめています。

青森 2021.04.14 18:48

12日、県内は30人の感染確認

12日、県内では新たに30人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染経路不明者が6割を超えていて、県が注意を呼び掛けている。 また、いわき市の高校では教職員1人の感染が確認され、きょうから臨時休校となっている。 感染が確認されたのは、いわき市と郡山市で9人、福島市で8人、二本松市、伊達市、白河市、川俣町でそれぞれ1人のあわせて30人。 県によると郡山市といわき市で発生した感染者の集団クラスターが拡大している。 郡山市の私立高校で男子生徒2人、いわき市の事業所では従業員3人の感染が新たに分かった。 いわき市では県立いわき光洋高校の教職員1人が新型コロナウイルスに感染し、高校はきょうから臨時休校となっている。 濃厚接触者はいないというが、接触がある生徒や職員などおよそ60人にPCR検査が実施される。 県によると感染経路不明の割合が6割を超えているとし、「福島市や郡山市、それにいわき市で感染経路不明の感染者が増加傾向にあり、感染リスクが高まっている」対策の徹底を呼びかけた。

福島 2021.04.14 18:32

岩手県 コロナ持続化給付金詐欺 勧誘役の男が起訴内容一部否認

去年7月、新型コロナの持続化給付金をだまし取ったとして逮捕・起訴された男3人のうち、勧誘役の被告の初公判が14日開かれ、起訴内容を一部否認した。奥州市水沢の無職・菊地伊吹被告22歳は去年7月、平泉町の谷口大希被告ら2人とともに、県内の男性にウソの申告をさせるなどして、持続化給付金100万円をだまし取った詐欺の罪に問われている。14日の初公判で菊地被告は「男性を勧誘はしたが、申請の詳細は知らなかった」として、起訴内容を一部否認した。菊地被告は同様の罪で今月9日に起訴されたほか、12日にも再逮捕されていて、来月以降この2件も合わせて審理される予定。

岩手 2021.04.14 17:58

岩手県高野連 春の高校野球県大会 2年ぶりに開催へ

去年、新型コロナウイルスの影響で中止となった春の高校野球県大会が2年ぶりに開催される見通しとなった。14日、盛岡市で開かれた県高校野球連盟理事会で承認された。県高野連によると、春の高校野球の県大会は、来月14日から県内3球場を会場に各地区から29代表校が出場。試合運営と新型コロナ感染防止対策が両立できる1000人以下を目安に観客を入れて実施するという。春の高校野球県大会は新型コロナの影響で去年は中止となっていて、開催が決まれば2年ぶり。また、理事会では夏の高校野球岩手大会について、7月7日から15日間開催する案も承認された。承認された開催案は16日に開かれる県高野連評議員会で正式に決まる見込み。

岩手 2021.04.14 17:54

100日前で大会フラッグの取り付け再び

東京オリンピック開幕まで100日前となった13日、福島市では大会フラッグの取り付け作業が始まった。 JR福島駅周辺では朝から、大会用のデザインを施したフラッグなどが街灯に取り付けられた。 このフラッグは、大会の延期をうけ、半年前に、一度取り外されたものだが、市では野球・ソフトボール競技が開催される地元の雰囲気を再び盛り上げ、訪れた人たちに街の元気な姿を伝えたいとしている。 フラッグは今後、JR郡山駅や、いわき駅など、県内6つの駅周辺にも取り付けられる予定。

福島 2021.04.14 17:51

ラベルレスボトルなど広がるプラごみ削減

海洋生物にも深刻な影響を与えていると懸念さされているプラスチックゴミを減らす動きが広がっている。 ペットボトル飲料の「伊右衛門」にはラベルがない商品がある。 ちょっと変わった見た目で、鮮やかな緑が印象的、商品ラベルのないいわゆる=「ラベルレスボトル」。 大手飲料メーカーの「サントリー食品インターナショナル」が3月30日から全国のコンビニエンスストアで売り出した。 見た目もさることながら、プラチックの削減につながる。 開発した企業の担当者は「液体の色がきれいな緑色の緑茶というのが実現できた。その緑色の液体の色というのをお客様に体感していただこうと思って。お客様からは分別が楽でエコだよねという声もいただいている。」と話す。 ラベルを無くしたことでプラスチックごみの削減にもつながったという。 高まる環境への意識は、子どもから大人まで幅広い世代に親しまれる、ガンダムシリーズのプラモデル=「ガンプラ」にも広がっている。 組み立てる過程でゴミとして出るのが「部品を囲う枠」。 この不用になった枠を集めて、再び、プラモデルの原材料などにしようという、リサイクル活動が今月から始まった。 玩具メーカーの担当者によると「ファンの皆さん一緒に循環型の社会を作っていいょうよと。約100キロ程度が集まっている状況」とのこと。 「namco」などの対象の店舗に設置されている専用のボックスで回収する。 回収されたプラスチックは再び加工され新しいガンプラなどの部品になる。 担当者は「それなりに重量があるので捨てるのに少し罪悪感があるという方が結構多くいらっしゃったようでそこが救われるといったコメントが見られる」と話す。 地球環境を守るため、様々な分野でご削減の意識が高まっている。

福島 2021.04.14 17:50

のどかな町に出現する無数の黄色い旗

矢祭町では6日から住宅や店の軒先に無数の黄色い旗が掲げられているが、その旗にはある願いが込められていた。 町を流れる清流、久慈川でのアユ釣りや福島に春を告げる早咲きの一本桜=戸津辺の桜などが有名な矢祭町。 取材で訪れた記者が町内を車で走っていると…目に飛び込んできたのがずらりと並んだ黄色い旗。 住宅や店の軒先などいたるところに黄色い旗が掲げられている。 町民に話を伺うと、交通安全運動週間のときに1戸1本配布されるという。 町では、春と秋の年2回、交通安全運動期間中に交通安全の黄色い旗を掲げているという。 町民からは「旗があると、自然と安全運転になる」などとの声が寄せられているという。 なぜ、こうした取り組みを始めたのか。 町の町民福祉課の担当者によると「30数年前に小学生が交通事故で亡くなるということが起きて、その後、地域の方とドライバーへの交通安全への啓発ということで始めた」とのこと。 悲しい事故を教訓に長年に渡って町全体で交通安全への意識を高めてきたという。 現在、町では2年以上死亡事故ゼロが続いていて、その記録が1000日に到達する見込み。

福島 2021.04.14 17:47

岩手県一関市 施設入所者以外の高齢者対象 ワクチン接種会場の配置・動線をチェック

来月から新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まるのを前に、一関市は14日、職員が会場の配置や動線を確認した。高齢者約4万1800人を対象に接種を行う一関市では、12日から高齢者施設入所者のワクチン接種が始まっている。医師会や市の職員約40人が、入所者以外の高齢者を対象に行う集団接種の会場で問診や健康観察などの接種の流れや会場の配置を確認した。参加者からは、会場の動線を分かりやすくするよう色分けすることや、接種しやすいイスの配置に変えることなど改善点が挙げられた。一関市は来月15日、医師や看護師を交えた接種リハーサルを行い、入所者以外の高齢者の集団接種は来月22日から始まる予定。

岩手 2021.04.14 17:46

岩手県 新型コロナウイルス54日ぶりの死者公表 新規感染は2人

岩手県は14日、新型コロナウイルスで新たに1人が死亡したと発表した。県内での死者は54日ぶりで累計31人となった。また、新たに2人の感染が公表された。亡くなったのは、基礎疾患のある65歳以上の高齢者1人で、13日夜、死亡したという。県内で新型コロナによる死者が公表されたのは2月19日以来54日ぶり。また、感染が公表されたのは中部保健所管内に住む50代の男性会社員と奥州市に住む60代のパートタイマーの女性で、いずれもこれまでの感染例との関連は確認されていない。このうち50代男性は今月7~9日、仕事で県外に行き、現地の人と食事をする機会があった。60代女性は不特定多数との接触はなく、今後、職場の関係者など10人ほどの検査を予定している。県内の感染者は累計765人、うち入院中52人、死者31人となっている。

岩手 2021.04.14 16:37

山形県・県内全市町村HPでシステム障害

14日午前、山形県と県内35市町村すべてのホームページで、一時、閲覧できなくなるなどシステム障害が発生した。トラブルは約1時間後に復旧したが、原因は分かっていない。 山形県デジタル推進課によると、14日午前9時ごろ、県庁の職員がホームページの更新作業をしようとして、アクセスできないことに気付き、県内の市町村からも同様の問合せが県に寄せれたという。県と県内35市町村すべてのホームページで、更新作業ができくなったほか、一部の自治体のぺージで一般市民が閲覧できない状態になったという。県によると、県と市町村のインターネット上の情報セキュリティシステムが一体になっているため、すべての市町村で障害が発生したととみられている。午前10時過ぎに不具合はすべて解消されたが、原因はまだ分かっていない。

山形 2021.04.14 12:58

山形県 新型コロナ新たに16人感染

山形県は、山形市など4市で新たに16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者数が二桁となるのは28日連続。 感染が確認されたのは山形市の小学生から70代までの男女12人、寒河江市の幼児と30代男性、上山市の60代女性、鶴岡市の80代男性の計16人。感染者数が二桁となるのは28日連続。 このうち、寒河江市の2人は感染者の集団「クラスター」が発生している市内の介護老人保健施設「寒河江やすらぎの里」の関連。 16人のうち12人は過去の感染事例との関連となっている。山形市の3人と鶴岡市の男性の感染経路は現時点で調査中。 感染者の累計は1258人、入院している人は92人でこのうち3人が重症。

山形 2021.04.14 12:46

岩手県 大槌町山林火災「ほぼ鎮圧状態」に

岩手県大槌町で13日発生した山林火災は、14日も消火活動が続いていて、ほぼ鎮圧状態だという。13日午前10時半すぎ、大槌町の三陸道大槌インターチェンジから北に1キロほど離れた山林で火災が発生し、24時間以上経過した今は煙だけが上がっている状態だという。14日は午前6時半すぎから県の防災ヘリが上空から放水し、地上では消防団員など80人体制で消火活動にあたっている。大槌町の警戒本部によると、13日午後3時の時点で約3ヘクタールが焼けたが、民家からは約1キロ離れているため建物被害はないという。煙の範囲は徐々に縮小していて、消防は「ほぼ鎮圧状態」と話している。

岩手 2021.04.14 12:26

岩手県 盛岡市民の憩いの場「高松の池」のサクラ見頃

14日は各地で気温が平年を上回る暖かい朝となった。この中、盛岡市の「高松の池」のサクラが見頃を迎えている。14日の最低気温は盛岡で10.4℃、宮古は9.3℃など平年を5度以上、上回ったところが多くなった。この中、盛岡市民の憩いの場「高松の池」のサクラが見頃を迎えている。ことしは先週の金曜日に開花した「高松の池」のサクラ。園内にはソメイヨシノのほかシダレザクラなどおよそ1200本のサクラが植えられていて、例年は多くの花見客で賑わうが、ことしは新型コロナの感染拡大防止のため、園内での宴会や飲食の自粛が呼びかけられている。「高松の池」のサクラは場所によってはまだ5分咲きほどのところもあり、もうしばらく楽しむことができそうだ。

岩手 2021.04.14 12:18

弘前公園 園内開花 過去2番目の早咲き

 弘前市は桜の名所・弘前公園で園内のソメイヨシノが開花したと発表しました。  弘前市公園緑地課は桜守3人が園内の開花状況を見て回りました。  北の郭にある標準木では全体的に開花が確認できたため午前11時に園内の開花を発表しました。 ★弘前市公園緑地課 橋場真紀子さん 「弘前公園ソメイヨシノ開花標準木 本日4月14日開花しました けさ来たところ5つ以上の開花が確認できましたので本日開花としました」  園内の開花は去年より5日早くいつもの年より9日早くなっています。  また1947年に記録を取り始めて以来2番目に並ぶ早咲きとなりました。  また西堀のソメイヨシノもきょう開花が発表されました。

青森 2021.04.14 12:04

「処理水」処分方針受け福島県が対応検討

福島第一原発の処理水について、政府が海洋放出する方針を決めたことを受け、県や漁業者は今後の対応を検討している。 福島第一原発に保管される「処理水」について、政府は13日に海へ放出する方針を決めた。 県は14日午前に、県の幹部を集めた会議を開くなど、今後の対応について検討している。 13日に梶山経産大臣と面会した際、内堀知事は「政府の基本方針を精査し、あらためて県としての意見を述べる」としている。 一方、県内の漁業者の団体は反対の意志を明確にしていて、14日午後には、組合理事による会議を開く予定。

福島 2021.04.14 11:58

県が新型コロナの病床確保数増加へ

新型コロナウイルスの感染が急拡大した場合に備えて県は確保する病床の数を増やすことを決めました。 県は13日夜、オンライン形式で開いた医師などによる対策協議会で県内の発生状況と今後の医療体制について協議しました。 県がいま確保している入院病床は最大で18病院の229床で、宿泊療養施設は3先月下旬に2施設に増えて163室211人分です。感染している人がこれまでで最も多かった今年1月24日は行き先調整中の人も含めて入院者数と宿泊療養者数が合わせて66人でした。県は今後も自宅での療養は避けたい考えで感染の急拡大に備えて病床の確保を進めます。 県健康福祉部の伊藤淳一次長は 「ここ1、2か月の各県の経験でいうと計画しつつもそれを上回って新規患者数が増えていくという局面もあり、“想定外”ということもあるかもしれない。とにかくあらゆる準備はしていきたい」と話していました。 県は人口規模が似ているほかの県の状況を参考に確保する病床をどこまで拡充するべきかを協議して5月末までに計画を改定する方針です。

秋田 2021.04.14 11:55

福島・宮城県境 新地町大沢峠で土砂崩れ

14日の未明にかけ、新地町の国道113号で土砂崩れが発生し、通行止めとなっている。 福島県によると、復旧には少なくとも、数か月かかる見通し。 通行止めになっているのは国道113号の宮城県境、新地町の大沢峠。 午前0時半すぎに「土砂崩れが起きていて車がぶつかった」と警察に通報があった。 運転していた人にけがはなかったという。 県によると、新地町の大沢峠では、道路脇の斜面が高さ約30メートル、幅50メートルほどにわたり崩れ、道路を塞いでいるという。 国道113号は周辺2.2キロが通行止めとなっていて、県によると復旧には少なくとも数か月かかる見通し。

福島 2021.04.14 11:42

福島県内・13日の新規感染者は30人

福島県内では、13日の検査結果で新たに30人に、新型コロナウイルスの感染が確認された。 いわき市と郡山市で9人、福島市で7人、二本松市、伊達市、白河市、川俣町、仙台市在住がそれぞれ1人。 県によると、いわき市と郡山市では、これまでに発生しているクラスターで新たな感染者も確認されているという。 県は午後に行動歴などの詳細を公表する予定。 県内の入院者数は予定を含めて196人となっていて、病床使用率は41.8パーセント、重症者は10人となっている。 県では引き続き、感染拡大地域との不要不急の往来の自粛などを呼びかけている。

福島 2021.04.14 11:40

サクランボ霜被害確認相次ぐ

先週末の冷え込みで、県内で、サクランボの霜被害が相次いで確認された。県内全域でサクランボの霜被害が確認されるのは6年ぶり。県は13日、現地を調査し霜対策や人工受粉などの徹底を呼び掛けた。 現地調査は、山形市や天童市など6つの市のサクランボ畑で13日実施され、県や市、地元JAの職員らが参加した。県によると、今月10日から翌日にかけて、県内の多くの観測地点で最低気温が0度を下回り、県内全域でサクランボのめしべが枯れる被害が確認された。県のこれまでの調査によると、佐藤錦で2割から6割、紅秀峰で4割から8割程度のめしべが枯れていることが分かったという。 調査では、サクランボのつぼみを切って中のめしべが枯れていないか確認し被害が大きかった木は、今後、重点的に人工授粉を行うことを確認した。県農林水産部の高橋雅史部長は「かなりやられているものがあるが、まだ元気なものも多いので、受粉対策をきちっとして結実に結びつけてもらいたい」と話した。 県によると、ことしは3月以降気温が高く、雪解けが早かった影響で、例年よりも1週間ほどサクランボの生育が早く進んでいる。満開の時期は、村山地域の平地で、今月16日から21日と見込まれているが、サクランボは、開花直前が最も霜に弱く、万全の対策が必要だという。 こうした事態を受けて、吉村知事は13日の記者会見で、霜対策や人工受粉などを徹底してほしいと改めて呼び掛けた。 県によると、県内全域で霜の被害が確認されたのは、2015年以来6年ぶりで、当時、サクランボを含めた農作物の被害額は4億円を超えている。

山形 2021.04.13 22:49

3月判定の新型コロナは変異株E484K

県は13日、先月、県が判定した91人の新型コロナウイルスがすべて変異株E484Kであることが分かったと発表した。一方、ことし1月以降、県などが判定したウイルスから感染力が強いとされる変異株N501Yは見つかっていない。 県の担当者は「衛生研究所で変異株検査を実施したところ、N501Y変異株は検出されなかった」。 県は、ことし1月以降、県衛生研究所などで266人の新型コロナウイルスをスクリーニング検査した結果、N501Y変異株は検出されなかったと発表した。N501Y変異株は、イギリス型やブラジル型などがあり、感染力が強く重症化しやすいとされ、関西などで多く確認されている。 一方、県は、県衛生研究所で先月に判定された91人の新型コロナウイルスがすべてE484Kの変異株だったと明らかにした。91人の内訳は、32人が山形市、58人が山形市以外の村山地域、さらに1人が置賜地域の感染者だった。E484K変異株は、今月5日に県内で初めて12人の感染者から見つかったと発表されていた。13日発表の91人に12人も含まれる。 E484K変異株について、山形大学医学部の森兼啓太教授は、不明な部分が多いが、従来の新型コロナよりも多少感染力は強い可能性があるとしている。また、重症化するリスクは詳しく分かっていない。県の担当者は「(E484K変異株について)特別な対策が必要になるわけではない。なお一層、1人1人がしっかりと感染防止に努めてもらう」と話した。 県は、E484K変異株の県内での広がりは、宮城県や首都圏から来た分が由来の一つとみている。 また、感染力の強いN501Y変異株については、検出検査を継続していくとしている。

山形 2021.04.13 22:31

山形県17人感染1人死亡 

県は13日、5市で新たに17人が新型コロナウイルスに感染し、1人が死亡したと発表した。山形市の事業所では、新たに感染者の集団「クラスター」が発生した。 新たに感染が分かったのは、寒河江市の70代から90代までの男女8人、山形市の20代から60代までの男女5人、上山市の30代と50代の男女、天童市の50代女性と酒田市の70代男性の計17人。 このうち、山形市の自営業の60代女性は市内の「第一生命保険・山形支社・新山形営業オフィス」で仕事をしている。この事業所では12日までに4人の感染が確認されていて、13日にさらに1人の感染が確認されたことから、市は「クラスター」が発生したとの認識を示した。5人は、第一生命保険から委託を受け、外回りの営業をしているという。市は、同僚や取引先など約40人にPCR検査を実施した結果、全員が陰性と確認されたことから「これ以上の感染拡大の可能性は低い」としている。 寒河江市の男女7人は、クラスターが発生している市内の介護老人保健施設「寒河江やすらぎの里」の利用者。上山市の30代男性は、長井警察署に勤務する警察官。また、県警は13日、県警本部生活安全部に勤務する山形市在住の50代の男性警察官の感染を発表した。 一方、県は1人の死亡を発表した。県内で亡くなった人は、これで22人となった。 感染者の累計は1242人で、入院している人は92人、このうち3人が重症。宿泊や在宅で療養中が167人、調整中が15人となっている。

山形 2021.04.13 21:47

岩手県 福島第一原発処理水海洋放出決定に漁業者から反対の声

政府が13日、東京電力・福島第一原発の処理水を海洋放出する方針を決めたことを受け、岩手県内の漁業関係者からは反対する声が上がっている。菅総理「海洋放出が現実的と判断し、基本方針を取りまとめた」。政府が13日正式に決定した福島第一原発の処理水の海洋放出。処理水の放射性物質を国の基準の40分の1に薄めたうえで放出するものだが、県内の漁業関係者からは反対する声が上がっている。80代男性「反対!反対!なんて言ったって風評被害が出るから」70代女性「水を流したら大変なことになる。福島が一番かわいそうだよ。福島だけじゃないけど、漁業している人たちはみんな反対だと思うから」50代女性「震災にあって、福島と一緒の(被災した)状態だと思うんだけれど、漁業者に対してちゃんと説明があってからの行動だと思うんだけれど」。岩手県漁連の大井誠治会長も反対の姿勢を強調し、国に対し納得できる説明を求めた。大井会長「断固として投棄(海洋放出)は反対。突っ込んで説明があれば、一歩二歩進んでくる。風評被害があったら、そこに保証をいくらくらい基準にしてやるとか、細かいところまで説明があるのが当たり前でしょ」。今後、県漁連は全漁連の方針に従い、国に詳しい説明を求めることにしている。

岩手 2021.04.13 20:03

ハピネッツ 生体認証システム実証実験へ

新型コロナウイルスの感染リスクを減らし、多くの人にスポーツ観戦を楽しんでもらおうという試みです。バスケットボールB1、秋田ノーザンハピネッツは、観客が試合会場に入る際、生体認証のシステムを活用する実証実験を始めると発表しました。 ハピネッツが新たに導入する認証システム「スマートゲート」。事前に登録された観客の指紋を専用の機械で読み取ることでゲートが開く仕組みです。 一部のファンクラブ会員を対象に14日から指紋の事前登録を受け付け、来月1日に秋田市のCNAアリーナで行われるホームゲームで実証実験が行われます。チケットを受け渡す際の接触を避けられるだけでなくチケットの確認作業にともなう混雑解消につながることも期待されています。 ハピネッツは実証実験を通じて効果や課題を検証したうえで、来シーズン以降の本格導入につなげたい考えです。

秋田 2021.04.13 19:28

3人の死亡発表 6人の感染も

県内で新型コロナウイルスに感染した3人が死亡していたことがわかりました。これで県内での死亡確認は9人となりました。また新たに6人の感染が確認されています。 県によりますと死亡したのは県内の医療機関に入院していた3人で、このうち2人が65歳未満です。今月9日までに県に死亡が報告されました。県は3人の性別や死亡した日などについて公表していません。県内で感染が確認された後に死亡した人はこれで9人となりました。 13日、県内では新たに6人の感染が発表されました。このうち3人が大仙保健所管内で、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者として検査を受け陽性と判明しました。秋田市でも3人の感染が確認されました。40代の男性消防士と同居家族の女子中学生、それに60代の男性会社員です。女子中学生が通っていた秋田市の中学校は3日間休校となり、同じクラスの生徒や担任教諭が検査を受けることになっています。県内での感染確認はこれで延べ341人となりました。

秋田 2021.04.13 19:28

河川公園 危険な場所がないか点検

大型連休も控える中、県内各地の河川公園で13日、危険な場所がないか国土交通省による点検が行われました。 河川公園の安全点検は利用者が増えるゴールデンウィークを前に国土交通省が毎年行っています。このうち横手市の雄物川河川公園では湯沢河川国道事務所の職員と市の担当者が設備が壊れていないかなどを入念にチェックしました。 この冬、記録的大雪に見舞われた横手市。その影響から特に今年多いのが木の枝折れです。折れてぶらさがったままの状態の木が多く見られました。 公園を管理する横手市は木を伐採するなど今回確認された危険箇所について早急に対応することにしています。

秋田 2021.04.13 19:28

サキホコレの種まき

来年秋に市場デビューする秋田米の新たな主力品種サキホコレの種まきが行われました。市場デビュー前の最後の試験栽培です。 秋田市雄和にある県農業試験場で今年も始まったサキホコレの試験栽培。甘みや粘りなど優れた特性を最大限に引き出す栽培方法の確立に向け、5年前から行われています。13日は試験場の職員が機械を使って育苗箱66箱に種をまきました。 来年秋に市場デビューを控えたサキホコレ。肥料を与えるタイミングや量を変えながら苗を育て、田植えは来月18日に行われる予定です。 県による試験栽培のほか今年は県内9つの生産者団体が80ヘクタールの田んぼでサキホコレの先行作付けを行う予定です。

秋田 2021.04.13 19:28

1.3キロのメンチカツに記者ギブアップ

いわき市好間町は、見た目にもインパクト抜群な『ジャンボ料理』で町おこしをしていると聞いて、記者が体当たり取材をした! 好間町では、およそ10年前からジャンボメニューで町おこしをしていて、街のあちこちで特大グルメが味わえる。 中心部にある精肉店で人気を集めているのが、新鮮なお肉を使った揚げ物の数々だが、ひと際目立つメンチカツがある。 今回取材を担当した渡邉記者は身長180センチ、体重76キロ、これまで、ごはん茶碗6杯分を食べたことが最高記録だという。 目の前に出てきたメンチカツを見て、「すごく大きい・・・うわー・・・」と唸ってしまった渡邉記者。 名前は「特大ジャンボメンチカツ」!渡邉記者の顔よりも大きく、重さはなんと1.3キロあまり。 余裕の表情で黙々と食べ始めた渡邉記者、額に汗をにじませながら15分で経ったところで半分ほどを食べきる事ができた。 しかし、食べ始めから40分後、渡邉記者に限界が。 「もうちょっとなんだけどここでギブアップさせてください」。 およそ1キロを食べた所で無念の…ギブアップ…。 残りはお持ち帰りさせていただいた。 好間町には、このほかにも通常のシュークリーム10個以上の大きさで、重さはなんと1.2キロの巨大シュークリームを販売する店など、6店舗でジャンボメニューが提供されている。 全国各地から多くの大食い自慢が足を運んでいるとのことで、自信のある方は挑戦してみてはどうだろう?

福島 2021.04.13 18:56

県内にも桜前線到来

 桜前線の到来です。  弘前さくらまつりの準まつり体制まであと4日となった弘前公園で外堀のソメイヨシノが咲いたほか青森市と十和田市でも開花しました。  外堀の開花は弘前市の桜守が午前中に確認し発表しました。 ★弘前市公園緑地課 海老名雄次さん 「外堀本日開花しました 本日まだ咲き始めということで一分咲きにもなっていないんですけどこれから徐々に進んでいくと思います」  外堀のソメイヨシノはここ数日、気温の高い日が続いたためきょう開花しました  外堀の開花は去年より5日早いということです。  まだ咲き始めですが散歩に訪れた園児やジョギングの途中、立ち寄った市民が薄いピンク色の花を楽しんでいました。 ★園児は… 「楽しいです」 「きれいです」 ★弘前市民は… 「思ったより咲いていてすごくきれいですね」  園内のソメイヨシノもほころび始めており近く開花が発表される見通しです。  弘前さくらまつりは開幕6日前の今月17日から準まつり体制に入ります。  また青森地方気象台はきょう午後、気象台の構内にあるソメイヨシノの標本木の開花を観測しました。  去年より4日早くいつもの年と比べると11日早い開花です。 ★青森放送 堀葵衣 アナウンサー 「雨がぱらつくなか青森市では桜の開花が発表されました 過去最も早い開花だということです」  これまで最も早い開花は1956年に記録を取り始めてから2002年と2015年の4月14日でしたがさらに早咲きとなりました。 ★気象台の担当者は… 「制限がいろいろとあると思いますが花は咲いていますので皆さんゆっくり見ていただけたらと思います」  一方、1.1キロの通り沿いに156本のソメイヨシノが植えられている十和田市の官庁街通りでも開花しました。  市役所前にある標準木が5輪以上咲き市などがきょう午前、開花を発表しました。  開花は去年より5日早く、調査を始めた2000年以降2番目の早咲きです。 ★十和田市民は… 「咲いていたからきれいだと思って いいね 桜は1年に1回しか見られないから咲けばちょっと楽しいよね ウキウキするね」  さらに十和田市現代美術館前のソメイヨシノも咲き始め、近くの幼稚園児たちがひと足早い春の景色の中、楽しそうに遊んでいました。

青森 2021.04.13 18:48

青森市 別の飲食店クラスター発生

 県内で新型コロナウイルスの感染が19人確認されました。  青森市ではきのう発生した飲食店クラスターに関連して別の飲食店で合わせて6人のクラスターが新たに発生しています。  県によりますときょう午後4時半までに県内で新たに19人の感染が確認され居住地別では青森市で14人、八戸市で3人、五所川原と上十三の保健所管内でそれぞれ1人となっています。  このうち14人の感染者が確認された青森市では小野寺市長が会見を開き新たなクラスターの発生を発表しました。  それによりますときのう発生した飲食店クラスターに関連して別の飲食店で4人の感染が確認され合わせて6人のクラスターが新たに発生しました。  またきのう発生した青森市の飲食店クラスターも8人に拡大しました。  この2件の飲食店クラスターに関連している障がい者施設の大規模クラスターも新たに5人が感染し合わせて100人となりました。  このクラスターは関連を含めて122人に拡大しています。  一方、青森市の運動施設で発生したクラスターは1人増えて関連含め7人となりました。  八戸市の3人はいずれも市内の小学校クラスターの関連です。  この小学校クラスターは関連を含めて13人まで増えました。  小学校は23日まで臨時休校しており十分な健康観察を続けています。  県内の現在の感染者はきのうから10人増えて132人となっています。  このうち入院中の患者は46人で中等症が10人です。  すでに回復した人などを含めた感染者の累計は1196人となりました。

青森 2021.04.13 18:48

「処理水」の海洋放出決定 風評被害を心配

 福島第一原発で溜まり続けている「処理水」について政府は薄めた上で海に流して処分する方針を決定しました。  県内の漁業関係者からも風評被害に心配する声が上がっています。 ★菅首相 「基準をはるかに上回る安全性を確保し政府を挙げて風評対策を徹底することを前提に海洋放出が現実的と判断し基本方針を取りまとめました」  政府は、けさの関係閣僚会議で処理水を海洋放出する基本方針を決めました。  福島第一原発では、これまで放射性物質を含む水を敷地内に設置したタンクに保管してきましたが来年秋以降には満杯になるとされています。  基本方針では処理水に残る放射性物質「トリチウム」の濃度が基準値を下回るよう海水で薄めた上で2年程度あとに海に放出する計画を正式にまとめました。  県内の漁業者は10年前の原発事故のあと風評被害に苦しめられたことから心配しています。 ★八戸機船漁協 川村嘉朗 組合長 「大変遺憾なことであって震災の時にですね こちらもタラに放射能が入っているということで1年近くタラが獲れないということもありましてひじょうにそういう状況に敏感になっています」  政府は放出前後の海に含まれるトリチウムの検査や風評被害への対策を徹底するとしていますが漁業者にとって不安は拭えません。 ★福島漁業 福島全良 社長 「先送りはできないというのはひじょうにわかるのですが国として安全性を確保して風評被害対策をしっかりやっていただける補償をちゃんとつけないと青森県の漁業者としても難しい問題になるのではないのかなと 時期になると福島沖でサバとかイワシとか漁獲をしていますのでやはりいくら福島県といっても他人事ではない青森県だからといっても」  安心して操業できる仕組みづくりを求める漁業者に対し実施までの2年間で十分な理解を得ることができるのか政府の姿勢が注目されます。

青森 2021.04.13 18:48

わさおの銅像イメージ公開 鰺ヶ沢町の秋田犬

 去年天国に旅立った鯵ヶ沢町の秋田犬「わさお」の銅像のイメージ画像が公開され町民や関係者が仕上がりに期待していました。  こちらはこの秋に完成するわさおの銅像のイメージ画像です。  三重県の彫刻作家が手がけたもので銅像を制作する「わさおありがとう実行委員会」が公開しました。  銅像は去年6月、天国に旅立った鯵ヶ沢町の秋田犬「わさお」に感謝の気持ちを込めて実行委員会が制作します。  捨て犬だったわさおと飼い主の菊谷節子さんが出会った鰺ヶ沢町の「海の駅わんど」に設置されます。 ★町民は… 「とても良い感じですね 表情とかも」 「記念写真撮るとかわさおを偲んでくれると良いと思います」  実行委員会では去年9月から先月末まで銅像の制作費を募っておりこれまでにおよそ530万円の寄付金が全国から寄せられました。  実行委員会の工藤副委員長は寄せられた善意に感謝するとともに銅像の仕上がりに期待していました。 ★わさおありがとう実行委員会 工藤健 副委員長 「作家の毛先の個性みたいなのが加わってくれるのかなと期待しています またみんながわさおに会えたと思えるようなものになってくれたら良いなと」  わさおの銅像はことしの秋ごろ完成する予定です。

青森 2021.04.13 18:48

福島・二本松市のゲートボール場で不審火

12日、二本松市で丸太などを焼く火事があり、警察が不審火とみて捜査している。 12日午後8時すぎ、二本松市太子堂にある屋内ゲートボール場で火事があり、火はおよそ30分ほどで消し止められた。 施設の外においてあった丸太などが燃えたが、けが人はいなかった。 この施設では同様の火事が2件起きていて、周囲に火の気がないことなどがから警察が不審火として捜査している。

福島 2021.04.13 17:41

福島・いわき市遠野町の県道で土砂崩れ

いわき市遠野町の県道14号で、法面の土砂が崩れ、一時、一部の区間で通行止めとなった。 きょう午前9時すぎ、いわき市遠野町の県道14号で、幅およそ20メートルにわたり、のり面の土砂が道路に崩れ落ちた。 当時、通行していた車両などはなく、幸いけが人はいなかった。 午前10時すぎから、およそ3キロの区間で全面通行止めとなり、土砂の撤去作業が行われていたが、13日午後5時ごろ片側車線で交互通行できるようになった。 県などが原因を調べている。

福島 2021.04.13 17:33

岩手県 観測開始以来最も早く 盛岡のソメイヨシノ満開

1953年の統計開始以来最も早く満開となった。岩手県の盛岡地方気象台は13日、盛岡のソメイヨシノが満開になったと発表した。平年より12日、去年よりも7日早く、9日の開花から4日で満開となった。盛岡市の岩手公園でも、サクラが枝いっぱいに薄ピンク色の花を咲かせていた。13日は発達した低気圧の影響で、時折強い風も吹いたが、公園を訪れた人は、風の中力強く咲くサクラを思い思いに写真に収めていた。

岩手 2021.04.13 17:00

岩手県 盛岡市議会 6月タブレット端末本格導入へ

資料の電子化を目指す岩手県盛岡市議会は、13日専門部会を開き、タブレット端末の運用方法について話し合った。盛岡市議会は、3月定例会からタブレット端末を議員全員に配布し、試験的に導入している。13日の専門部会では、実際に使用した議員から「導入を急ぐべき」という声や、「頻繁にページ移動が必要な資料や一覧表などは紙の資料を残すべき」といった意見が出された。これまで、定例会での議員1人あたりの資料はおよそ1500枚にのぼるため、端末の導入により業務の効率化が期待されている。盛岡市議会は6月定例会から本格的に端末の運用を始める予定。

岩手 2021.04.13 16:56

岩手県 新型コロナ新規感染者2人

岩手県内では13日、新たに2人の新型コロナウイルス感染が公表された。県内の感染確認は累計で763人となった。感染が公表されたのは県外在住で盛岡市に滞在している30代の男性会社員と奥州市の70代の自営業の男性の2人で、重症者はいない。30代の男性会社員は9日に県外の職場から盛岡市の別居家族のもとを訪れていた。濃厚接触者の別居家族6人の検査は調整中だが、すでに数人は、喉の違和感など症状があるということだ。また奥州市の70代の自営業の男性の濃厚接触者は同居家族1名で13日に検査を行う予定だ。県内の感染確認は累計で763人、入院中が61人、うち重症者は1人となっている。

岩手 2021.04.13 16:55

海洋放出に漁業関係者「何の解決にもならない」

処理水の海洋放出の決定に県内の漁業関係者からは懸念の声が上がっている。 相馬市で、およそ40年にわたり底引き網漁を続けてきた高橋通さんは政府の決定を13日、正午前に、ニュースで知った。 そして厳しい表情で「理不尽な決め方だった。何の解決にもなっていない」と語り、怒りを滲ませた。 13日午後、経産省の梶山大臣が内堀知事を訪ね、政府方針への理解を求めた。 梶山大臣は「これまでの皆様の復興に向けた努力が決して台無しにならないよう政府の先頭にたって、基本方針の実現、決定した風評対策に取り組んでいく覚悟である」と語り、賠償についても取り組み考えを示した。 これに対し、内堀知事は「県としてこの基本方針について、今後精査を行い、改めて県としての意見を述べさせていただく」と述べるにとどまった。

福島 2021.04.13 16:21

「海洋放出」決定に福島県漁業関係者が懸念

政府が、福島第一原発に溜まる「処理水」の海洋放出を決定したことを受けて、県内の漁業関係者からは懸念の声が上がっている。 福島県沖では、今月から数年かけて漁獲量を段階的に増やし始めた。 そうしたなかでの方針決定に、漁業関係者からは懸念の声が上がっている。 ■いわき市の仲買人 猪腰洋治さん 「消費者が不安がる、今後処理水を放出するときがどういう影響を与えるかはこれから」 また、地元の漁協も一貫して反対の姿勢。 ■相馬双葉漁業協同組合 立谷寛治代表理事組合長 「海洋放出ならば、安心できる担保を考えてもらわないと、話にならない」 政府は、13日午後に梶山経産大臣が福島を訪問して、知事や漁連の幹部らに直接説明する。

福島 2021.04.13 13:33

山形・17人感染 1人死亡 介護老健施設関連拡大

山形県は13日、5市で新たに17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者の集団「クラスター」が発生した寒河江市の介護老人保健施設の関連が拡大している。また1人の死亡が確認された。 新たに感染が分かったのは寒河江市の70代から90代までの男女8人山形市の20代から60代までの男女5人上山市の30代と50代の男女2人天童市の50代の女性と酒田市の70代の男性のあわせて17人。 このうち、寒河江市の男女7人はクラスターが発生している市内の介護老人保健施設「寒河江やすらぎの里」の関連。 また、上山市の30代の男性は長井警察署に勤務する警察官。 男性警察官は庁舎外で仕事をする機会はあったが、不特定多数の市民との接触は今のところ確認されていないという。 また1人の死亡が確認された。死者の累計は22人。 感染者の累計は1242人で入院している人は92人で、このうち3人が重症。

山形 2021.04.13 13:21

福島県 新型コロナ新たに13人の感染確認

県内では、12日に新たに13人の新型コロナウイルスの感染が確認された。 いわき市では新たなクラスターの発生も確認されている。 県によると12日に感染が確認されたのは、いわき市で6人、福島市で3人、郡山市で2人、喜多方市と新地町でそれぞれ1人のあわせて13人。 いわき市では、市内の事業所で新たに感染者の集団=クラスターが発生していて、その感染者1人も含まれている。 またクラスター関連では、福島市といわき市の高齢者施設で新たな感染者それぞれ1人が確認されている。 県内の重症者数は10人で病床使用率は41.6%となっている。

福島 2021.04.13 12:28

外堀のソメイヨシノ 開花 弘前公園

 弘前さくらまつりの準まつり体制まであと4日となった弘前公園では外堀のソメイヨシノが開花しました。  外堀の開花は弘前市の桜守が午前中に確認し発表しました。 ★弘前市公園緑地課 海老名雄次さん 「外堀本日開花しました 本日まだ咲き始めということで1分咲きにもなっていないんですけどこれから徐々に進んでいくと思います」  外堀のソメイヨシノはここ数日気温の高い日が続いたためきょう開花しました。  外堀の開花は去年より5日早いということです。  まだ咲き始めですが薄いピンク色の花が彩りを添えています。  園内のソメイヨシノもほころび始めており近く開花が発表される見通しです。  弘前さくらまつりは開幕6日前の今月17日から準まつり体制に入ります。

青森 2021.04.13 12:23

岩手県盛岡市役所 キャッシュレス決済が可能に

岩手県の盛岡市役所の窓口では、住民票の写しや戸籍謄本など証明書を交付する際の手数料などの支払いがクレジットカードや電子マネーで出来るようになった。県内の自治体で初めてで、感染症対策強化のため、現金の受け渡しを減らすことで接触の機会を減らそうと、国の臨時交付金を活用して、キャッシュレス端末機2台を導入した。盛岡市市民登録課の加藤彩子課長は「直接現金に触らないので非常に衛生的だし、安心して証明書を受け取ってもらえれば」と話した。盛岡市では、今後運用状況を見ながら支所などに導入することを検討している。

岩手 2021.04.13 12:12

男鹿市で事故 原付バイクの男性死亡

12日夕方、男鹿市で原付バイクと軽乗用車が衝突し、原付バイクを運転していた89歳の男性が死亡しました。また秋田市では12日、小学生が軽自動車にはねられ大けがをしています。 男鹿警察署の調べによりますと12日午後4時20分ごろ、男鹿市北浦西水口の市道、通称「なまはげライン」で原付バイクと軽乗用車が衝突しました。 この事故で原付バイクを運転していた近くに住む小林武雄さん89歳が頭などを強く打ち、心肺停止の状態で病院に運ばれ、およそ3時間後に死亡しました。軽乗用車を運転していた67歳の女性にけがはありませんでした。 現場は、なまはげオートキャンプ場から北に700メートルほどの農道と市道が交わる信号機のない交差点です。警察は農道から市道に出た小林さんの原付バイクが軽乗用車と出合い頭に衝突したとみて詳しく調べています。 また12日午後4時半ごろ、秋田市中通の市道を歩いて横断していた小学6年生の男子児童が軽自動車にはねられました。男子児童は鎖骨を折るなどの大けがをしました。警察が当時の状況を調べています。

秋田 2021.04.13 11:57

政府「処理水」の海洋放出の方針を決定

東京電力・福島第一原発で溜まり続けている「処理水」について、 政府は薄めて海に放出する方針を決定した。 福島第一原発では、これまで放射性物質を含む水を敷地内に設置したタンクに保管していたが、来年秋以降には満杯になるとされている。 これを受けて政府は関係閣僚会議で、放射性物質トリチウムの濃度を基準値を下回るよう海水で薄めた上で、海に放出することを決定した。 海洋放出をめぐっては、漁業関係者からの反発が続いており、政府の基本方針では、放出前後の海に含まれるトリチウムの検査や風評被害への対策を強化することが盛り込まれている。 今後準備を進めて実際の放出は2年程度あとになる見通し。 決定を受けて午後には、梶山経産大臣が福島を訪問し、県知事や漁連の幹部らに直接説明する。

福島 2021.04.13 11:46

岩手県 新型コロナワクチン 一関市で高齢者接種開始 盛岡市は13日から

65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が12日、全国の一部の自治体で始まった。岩手県内ではトップをきって、一関市内2つの高齢者施設で入所者のワクチンの接種が行われた。このうち、一関市藤沢町の介護老人保健施設「老健ふじさわ」では53人の入所者のうち、希望した35人に医師がワクチンを接種した。一関市では約4万1800人の高齢者にワクチンを接種予定で、クラスター発生を抑えようと、高齢者施設の入所者から接種を始めている。施設によると、ワクチン接種を受けた人で副反応が出ている人はいないという。 (老健ふじさわ・鈴木和広事務長)「ますます生きなければと感想を言った人はいた。」 一関市では7月下旬までに全高齢者のワクチン接種を終えたいとしている。 一方、盛岡市では今月8日に市内の医療機関に到着したワクチン1箱・975回分のうち80回分が、13日に接種が行われる病院に分配された。盛岡市の65歳以上の高齢者は約8万4000人。これに対し、今月供給されるワクチンは1462人分。7つの病院で分配し、高齢者施設の入所者と長期入院患者に限定して、13日から今月26日までに7つの病院すべてで接種が始まる。 (盛岡市新型コロナワクチン接種実施本部・法領田剛事務局長)「現時点では5月中に入るワクチンが明確なものが出ていないので、一般の高齢者は早くて5月開始ということで、それまで接種券は無くさないように大切に保管してもらえれば。」 また、それ以外の高齢者の接種は早くても来月になる見通しで、予約の受付開始時期が決まり次第はがきで案内する予定。

岩手 2021.04.12 20:30

松山選手の制覇に福島県内からも称賛の声

アメリカで行われた男子ゴルフの海外メジャー大会「マスターズ」で松山英樹選手が優勝した。 福島県内からも祝福の声が寄せられている。 8年連続10度目の挑戦でその栄冠を手にしたプロゴルファー松山英樹選手。 世界のトップ選手だけが招かれるアメリカの「マスターズ」で、アジア勢初の優勝を成し遂げた。 この快挙からさかのぼること、5年半前に西郷村で開かれた男子プロゴルフツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」に出場した松山選手は「震災があって、何か貢献出来ることがあればいいなと思って、やって来た中で自分がここでいいプレーをして盛り上がっていただければすごく嬉しい」と語っていた。 その舞台となったゴルフ場の施設には早速、松山選手を祝福するメッセージボードが掲げられていた。 ■グランドエクシブ那須白河ゴルフ支配人 高久幸夫さん 「本当に日本中に勇気と感動を与えてくれたなと思っています。歴史が変わったというか日本人でも勝てるんだと感動で泣きました。」 去年5月には、石川遼選手ともにゴルフクラブを訪れ、プレーを楽しんだと言う。 ■グランドエクシブ那須白河ゴルフ支配人 高久幸夫さん 「またプレーに来ていただいて福島県を盛り上げていただきたいなと思っています。」

福島 2021.04.12 20:03

郡山市で住宅全焼の火事 けが人なし

12日夕方、郡山市で住宅1棟が全焼する火事があった。 けが人はいなかった。 火事があったのは郡山市富田町の木造平屋建ての住宅で、きょう午後6時20分ごろ「建物が燃えている」消防に通報があった。 火はおよそ1時間後には消し止められたが、この火事で住宅1棟が全焼した。けが人はいなかった。 ■近所の人 「出火当時は真っ赤な火と黒煙があがっていた」 「いろんな方向から風が吹いてて火花がすごくてとても怖かった」 現場は奥羽大学に近い住宅街で、付近は一時騒然とした。 警察と消防は火事の原因を詳しく調べている。

福島 2021.04.12 20:01

山形市 独自の緊急事態宣言延長 飲食店 多くが休業

山形県と山形市が出している独自の緊急事態宣言は、12日から2週間延長された。市内の多くの飲食店は引き続き、休業を続けているが、活路を見出そうと動き出した店も出てきている。 県と山形市は、新型コロナの新規感染者数と病床占有率が高止まりしている現状を受け、4月9日、山形市の緊急事態宣言の延長を決めた。 そして、延長の初日の朝、宣言の延長について駅の利用者たちからは、様々な声が上がった。 利用者「延長はしょうがないかなと思っている。状況が状況だけに」 利用者「(延長だけでは)逆にぬるいかなともっと海外みたいにきちっと必要な部分に罰則設けるなどしてやらないと収まらない」 高校生「電車内では抵抗あるけど市内の学校にくること自体はあまり抵抗ない。距離を保つとなっても保てないので、マスク外さないことしか対策がないのかなと思う」 高校生(時差通学は去年やったと思うけど今年もやってほしいか?)「そのぶん授業の遅れがでてしまったりするので授業はこのまま続けてほしいなと思う」 また、県と山形市は、市内の飲食店に対し時短営業を続けるよう再び要請。JR山形駅前の繁華街では、休業を続ける飲食店が多くみられたが、山形牛を専門に販売する店舗では、お昼の時間限定で弁当のテークアウトを始めた。 4月から休んでいた2階のレストランを再開する予定だったが、引き続き、休業に。 この店舗では、レストランの売り上げが全体の8割を占めていて、弁当販売に活路を見出そうと模索している。 和風肉料理「佐五郎」佐藤浩之社長「だいぶ売上にも響いている。おいしい料理が食べたいという要望もあったのでご提供できたらという思いでいる」一日でも早く感染者数が減ってこの状況を脱していければと考えている」 県と市は、時短営業に協力した店舗には引き続きあわせて1日5万円を支給する。

山形 2021.04.12 20:00

大仙保健所管内で職場クラスター 県内延べ335人

 県は12日、県内で新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。大仙保健所管内では職場クラスターが発生しています。  新たに感染が確認された4人のうちの3人は大仙保健所管内に住む団体職員です。  3人は同じ職場で、これまでに感染が確認された人たちの濃厚接触者として検査を受け陽性となりました。  同じ職場の感染者が6人となり、県はクラスターが発生したと判断しています。ただ「感染経路は十分に追えている」と説明していて、この職場での感染拡大は「収束しつつある」と話しています。  秋田市でも新たに20代の団体職員の女性1人の感染が確認されました。  女性は、4月3日に感染が発表された40代の男性の同居家族です。これで男性を含め同居家族5人の感染が確認されています。  県内での感染確認は延べ335人となりました。

秋田 2021.04.12 19:58

高齢者向けのワクチン接種 山形3施設で始まる

新型コロナの高齢者向けのワクチン接種が12日から全国で始まった。山形県内では、山形市の3つの福祉施設で始まり、これまでのところ、副反応などの報告はないという。 県内で最も早く、65歳以上の高齢者向けのワクチン接種が行われたのは、山形市内の福祉施設3か所。 山形市には4月8日、高齢者向けの第一弾となる約500人分のワクチンが届いていて、市は、集団感染の危険性などを考慮し、医師が常駐している介護老人保健施設などの利用者と職員への接種で使用することにしていた。 このうち、利用者と職員あわせて200人に接種を予定しているさくらパレスでは、初日夕方までに、35人の接種が終えたという。 市によると3つの施設で合わせて65人の接種が行われ、これまでのところ、副反応などの報告はないという。 山形市では、4月15日には、市内の別の福祉施設2か所で接種が始まることになっている。 山形市で接種の対象になる65歳以上の高齢者は、7万6000人だが、これまで届いているワクチンは500人分で、全体の0.6%に止まっている。 市は、順調にワクチンが供給されることを前提に、すべての高齢者への接種は、7月ごろに終えられるとしている。 県などによると4月12日の週からワクチン接種が始まるのは山形市のほか、鶴岡市で15日から、南陽市と大蔵村で18日から。長井市は、19日の週からで、このほかの自治体でも遅くとも5月中旬までに接種が始まる見込み。

山形 2021.04.12 19:56

山形28人感染1人死亡 介護施設でクラスター

山形県と山形市は12日4市で新たに28人が新型コロナウイルスに感染し、1人が死亡したと発表した。緊急事態宣言が解除された寒河江市では介護老人保健施設で新たに、感染者の集団「クラスター」が発生した。 新たに感染が分かったのは、県独自の緊急事態宣言が出されている山形市で15人、天童市で6人、寒河江市で5人、上山市で2人の4つの市合わせて28人。 緊急事態宣言がきのうまでで解除された寒河江市の30代と90代の女性合わせて4人は市内の介護老人保健施設「寒河江やすらぎの里」の利用者と職員。 この施設では10日、利用者の90代女性の感染も分かっていて、県は施設内でクラスターが発生したとの認識を示した。 職員67人についてはすでにPCR検査を受け、結果が分かっているが、入所者90人のうち85人については今後、検査を行うという。 県は今回のクラスターを受け、すぐに宣言を出すことはないとしている。 一方、山形市は医療機関に入院していた患者1人が11日、死亡したと発表した。新型コロナ関連の死者の累計は21人となっている。 また、天童市の女性4人と山形市の男女3人はクラスターが発生している天童市の「富士電子天童工場」の関連。 感染者28人のうち、山形市の3人は現時点で感染経路が調査中となっている。 感染者の累計は1225人で入院中が88人、そのうち4人が重症だ。宿泊施設と在宅で療養中の人は148人、調整中が34人となっている。

山形 2021.04.12 19:52

福島県内 いわき市、郡山市で感染続く

福島県内では11日の検査結果で、いわき市7人、郡山市3人、矢吹町1人のあわせて11人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 このうち郡山市で確認された3人は、11日に市が感染者の集団=クラスターが発生したと発表した私立高校に通う男子生徒3人。 一方、7人の感染が確認された、いわき市では、感染者のうち5人はすでに感染が確認されている患者と接触があり、検査を受けた結果、陽性がわかったという。 ほかの2人は感染経路がわかっていない。 入院患者は予定も含めて197人で、病床の使用率は42パーセントとなっている。 県は、感染拡大地域との往来を控えるなど、対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2021.04.12 19:37

県が警戒レベルを2から3に引き上げ

 新型コロナウイルスの感染が全国的にも県内でも拡大傾向にあることなどから県は独自の警戒レベルを2から3に引き上げました。 県は、県外すべてを対象に移動の自粛を呼び掛けています。  県内では11日までの1週間に新規の感染確認が30人、確保していた病床の使用率は21・4パーセントと増加・拡大傾向にあります。  こうした中、県は12日の会議ですぐに対応できる病床の数を98床から123床に増やすことを決めました。  全国的に感染拡大が続き、まん延防止等重点措置の適用地域が増えていることも受けて県独自の警戒レベルを2から3に引き上げました。  3月6日に一度引き下げ、およそ1か月たっての引き上げ。県は往来自粛を求める対象エリアをこれまで感染拡大地域としていましたが警戒レベル引き上げに伴い県外すべてを対象とします。  佐竹知事は「連休は県民割キャンペーンもあるので県内で旅行を楽しんでほしい」と呼びかけています。  県内でも14日から高齢者へのワクチン接種が始まります。すでに進められている医療従事者への接種は4月8日時点で2回の接種を終えたのは対象3万7000人のうち4200人余りにとどまっています。  また、最近は県内の新規感染者が性別や年齢の公表を拒むケースが増えています。県は感染した人が誹謗中傷を恐れていることを理由に挙げた上で改めて県民に誹謗中傷は絶対にやめるよう呼びかけています。

秋田 2021.04.12 19:19

男鹿海洋高校が拠点 産学官連携し新プロジェクト

 男鹿海洋高校と男鹿市、それに全国に飲食店を展開する企業ドリームリンクが新たなプロジェクトをスタートさせます。産学官の連携で目指すのは『日本一の水産高校』です。  12日は男鹿海洋高校と男鹿市、ドリームリンクが記者会見を開き連携プロジェクトを発表しました。  連携プロジェクトは男鹿海洋高校が実習で作る「サバの缶詰」など水産加工品の流通販路の支援・監修をドリームリンクが行い、男鹿市がそれを支援することで男鹿海洋高校のキャリア教育をさらに充実させようというものです。  将来的にはドリームリンクの加工工場を男鹿市に建設し、地域活性化や雇用の創出にもつなげる構想を描いています。  記者会見でドリームリンクの村上雅彦社長は「全国の水産加工工場の子息が3年間勉強するような日本一の水産高校を目指します」と決意を語りました。  プロジェクトのもと、6月下旬以降、ドリームリンクの社員が講師として高校で授業を行い生徒とともに新たな商品開発などを進めます。

秋田 2021.04.12 19:18

秋田内陸線の踏切 列車とワゴン車が衝突し1人けが

 12日午前、仙北市の秋田内陸線が通る踏切でワゴン車と内陸線の列車が衝突しました。ワゴン車は大破し線路脇に横転。運転していた30代の男性が頭に軽いけがをしました。  事故があったのは仙北市西木町小山田の中村踏切で、秋田内陸線の八津駅と西明寺駅のほぼ中間です。  仙北警察署の調べによりますと、12日午前10時15分ごろ、角館行きの列車が国道105号方向から踏切を通過しようとしたワゴン車と衝突しました。  ワゴン車を運転していたのは30代の男性で、頭に軽いけがをして手当てを受けています。列車の運転士にけがはなく、当時、乗客はいませんでした。  現場は警報器や遮断機のない踏切で、近所の人によりますと過去に死亡事故が発生しているということです。  警察が現場の状況や事故の原因を詳しく調べています。

秋田 2021.04.12 19:18

各地で気温上昇 秋田市新屋のサクラも見ごろ

 県内もすっかり春本番です。たっぷりの日差しを浴びて12日は各地で気温が上がりました。秋田市ではサクラの見ごろが続いています。  秋田市新屋の大川端帯状近隣公園は、水路脇におよそ300本のソメイヨシノが並び1キロにわたって続いています。  12日の最高気温は秋田市が18・9度、大館市や横手市など8つの観測地点で20度を超えました。サクラを見に訪れた人の装いも軽く、県内はどんどん春らしさが増してきています。  秋田市新屋のソメイヨシノは満開まであと一歩ということで、まだしばらくは鮮やかに咲くサクラの下での散策を楽しめそうです。

秋田 2021.04.12 19:18

競歩日本選手権 小林快選手が東京五輪出場逃す

 東京オリンピック出場へ最後の1枠をかけた陸上・競歩の日本選手権が11日、石川県で行われました。  優勝すれば代表内定というレース。大館市出身の小林快選手は3位となりオリンピックを逃しました。  毎年、石川県輪島市で行われる競歩の日本選手権。現在、新潟アルビレックスランニングクラブに所属する大館市出身で28歳の小林快選手は、秋田工業高校時代、インターハイで全国準優勝、世界選手権で銅メダルを獲得したこともある競歩の国内トップ選手の 一人です。  1往復2キロの街なかのコースを25往復する日本選手権50キロ競歩。1キロを4分半程度で通過するスピードレースです。  小林は選手はレース前半、好調を維持し、ほかの選手を引っ張る  好位置につけていました。しかし30キロを超えたあたりからペースが落ち始め、少し遅れをとって4位に後退。終盤にかけて抜きつ抜かれつを繰り返しながら、ラスト5キロはペースを上げて3位でフィニッシュしました。  優勝すれば東京オリンピック出場が内定する大一番でしたが、トップに5分近く離され東京オリンピック出場を逃しました。

秋田 2021.04.12 18:52

青森市 新たに飲食店クラスター

 県内で新たに14人の新型コロナウイルス感染が確認されました。  青森市では障がい者施設のクラスターに関連して飲食店で新たにクラスターが発生しました。  県によりますときょう午後4時半までに県内で新たに14人の感染が確認され居住地別では青森市で7人、弘前保健所管内と八戸市でそれぞれ3人、上十三保健所管内で1人となっています。  このうち5人は青森市の同じ飲食店の利用者または従業員です。  県はこの飲食店でこれまでに感染が確認されている1人と合わせて6人のクラスターが新たに発生したと認定しました。  またこの飲食店クラスターは障がい者施設の大規模クラスターと関連しています。  このクラスターは関連を含めると107人に拡大しました。  一方、八戸市の小学校で発生したクラスターは新たに2人増えて8人に拡大し関連を含めると10人となりました。  また同じ八戸市の教育保育施設のクラスターも新たに1人増えて16人となり関連を含めて28人まで増えました。  また上十三保健所管内の1人は趣味を共有する場所で発生したクラスターの関連です。  このクラスターは関連を含めて17人となりました。  県内の現在の感染者はきのうから51人減って122人となっています。  このうち入院中の患者は46人で中等症が11人です。  すでに回復した人などを含めた感染者の累計は1177人となりました。

青森 2021.04.12 18:49

施設のワクチン接種始まる むつ市・青森市

 高齢者が対象の新型コロナウイルスのワクチン接種がきょうから全国一斉に始まりました。  県内ではむつ市と青森市から始まり高齢者施設の入所者と職員が接種を受けました。 ★むつ市 宮下宗一郎 市長 「これまでの準備に自信をもって全国の模範となるように接種事業をスタートしていただきたい」  むつ市は新型コロナウイルスのワクチン接種を市内35の高齢者施設のうち入所する人と施設の従事者が多い7つの施設のおよそ950人から行います。  きょうは3つの施設の70人に接種を行うため市の職員がワクチンを専用のカバンで施設まで届けました。  このうちケアハウスみちのくグリーンリブでは5人の接種が行われ担当の医師がここ数日の体調を確認したあと一人ひとりにワクチンを打ちました。 ★ワクチンを接種した人は… 「思ったより痛くなかった (新型コロナウイルスが)収まってくれたらいいですね」 ★ケアハウスみちのくグリーンリブ 木村貴弘 施設長 「クラスターの危険を考えつつ利用者も職員も頑張っているところで早く打てるということで安心した気持ちでいっぱいです」  一方、青森市でも高齢者を対象としたワクチン接種が始まりました。  初日のきょうは高齢者施設の「すずかけの里」で入所者94人と医療従事者1人の合わせて95人が接種を受けました。  青森市では最初に届いた975回分のワクチンが市内11か所の介護老人保健施設の入所者に接種されます。 ★ワクチンを接種した人は… 「全然痛くなかった ちょっとぶすっとしたけどね 安心だね どっちかと言えばね」 ★青森市 小野寺晃彦 市長 「青森市内での発生から1年 ようやく武器が手に入りました クラスターをしっかり抑え込むという守りの対策をしながら今回のコロナワクチンという攻めの武器を投入していくというそういうかたちで市民の皆様にお届けするまでなんとしても守り抜くと」  むつ市と青森市によりますときょう午後4時までに接種によって体調が悪くなった人はいないということです。

青森 2021.04.12 18:48

むつ市 桜まつり中止へ

 この春むつ市内の4会場で予定されていた桜まつりは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため中止される方針が固まりました。  これはむつ市の宮下市長が報道陣の取材に答えたものです。 ★むつ市 宮下宗一郎 市長 「市民の皆様の健康と命これが最優先の課題だとむつ市は捉えています できる限り公園は閉鎖しないような形で安全に花見を楽しめる環境をつくりたいと思っていますのでその部分については楽しみにしていただきたいと思います」  むつ市によりますとことしは市内の桜の名所の早掛沼公園と水源地公園、それに大畑中央公園と脇野沢の愛宕山公園の4つの会場で桜まつりの開催を予定していました。  しかし新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、むつ市がまつりの主催団体のむつ市観光協会に中止を要請しました。  むつ市の桜まつりの中止は2年連続で、出店の開設やステージでの催しが行われないということです。  むつ市は中止に伴う損失について国の交付金を活用して補償する方向で検討しています。

青森 2021.04.12 18:39

高齢者向けワクチン接種開始

新型コロナウイルスワクチンの高齢者向けの優先接種が全国で始まり、県内では郡山市が接種を始めた。 高齢者向けの優先接種は今年度中に65歳以上になる人が対象で、県内ではおよそ58万人。 郡山市には今回、県内で最も早く975人が2回接種できるワクチンが届き、12日から市内2か所の病院を会場に接種を行う。 初日は、午後2時から午後5時までにあらかじめ予約している200人が接種した。 郡山市は2月の模擬訓練で接種前の診察に時間がかかったことから担当する医師を1人から2人に増やすことにした。 国は今月26日の週にはすべての市町村にワクチンが届くとしている。

福島 2021.04.12 17:46

喜多方の桜の名所「日中線のしだれ桜」見頃

喜多方市の桜の名所、通称=日中線のしだれ桜が今年も見頃を迎えた。 その魅力は何と言っても… ■渡辺早紀記者リポート 「こちらのしだれ桜、満開を迎えると桜のトンネルのような姿を楽しむことができます」 およそ3キロに渡って広がるしだれ桜のトンネル。 優しく枝を垂らしたその様子を一目見ようと多くの観光客が訪れていた。 ■訪れた人は 「春だなと思うし、空も高いし、幸せな気分」 「こんな世の中だけどちょっと気持ちもよくなる。静かに見ていきたいと」 訪れた人たちは感染症対策をしながら、写真を撮るなど、咲き誇る桜を楽しんでいた。 日中線のしだれ桜は、今週いっぱい楽しめるという。

福島 2021.04.12 17:43

岩手県 新型コロナウイルス 12日公表の新規感染者は9人

岩手県内では12日、新たに9人の新型コロナウイルス感染が公表された。県内の感染確認は累計761人となった。感染が公表されたのは、盛岡市、奥州市、一関市、県央保健所管内の10歳未満~50代の男女9人。このうち、教育・保育施設のクラスター関連では、施設に通う盛岡市の10歳未満の男の子の感染が新たに確認され、59人に。スポーツ活動のクラスターの関連では、9人目となる奥州市の20代女性の感染が新たに判明。奥州市の40代女性と一関市の30代女性は、今月8日に感染が公表された一関市の女性会社員の同僚と同業者。県内の感染確認は累計761人、入院中が69人、うち重症者は2人となっている。

岩手 2021.04.12 16:27

岩手県一関市 新型コロナウイルスワクチン 県内トップ切り高齢者への接種スタート

65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が12日、全国の一部の自治体で始まった。岩手県内ではトップをきって、一関市内2つの高齢者施設で入所者のワクチンの接種が行われた。このうち、一関市藤沢町の介護老人保健施設「老健ふじさわ」では53人の入所者のうち、希望した35人に医師がワクチンを接種した。一関市では約4万1800人の高齢者にワクチンを接種予定で、クラスター発生を抑えようと、高齢者施設の入所者から接種を始めている。施設によると、ワクチン接種を受けた人で副反応が出ている人はいないという。 (老健ふじさわ・鈴木和広事務長)「ますます生きなければと感想を言った人はいた。」 一関市では7月下旬までに全高齢者のワクチン接種を終えたいとしている。

岩手 2021.04.12 16:24

岩手県釜石市「いわて水産アカデミー」入学式

水産業の新たな担い手を育成する「いわて水産アカデミー」3期生の入学式が12日、釜石市で行われた。「いわて水産アカデミー」は、県内の水産業を担う人材を育てようと、県などがおととし設立したもので、これまでに修了生13人が水産業の現場で活躍している。今年度は20~44歳の県内外の男女7人が入学。代表者へ研修許可書が手渡された。 (佐藤啓太さん)「養殖を自分で独立してやっていけるようになってから、インターネットでの発信、新しい技術の取り込みを広めていけたら。」 7人は今後1年かけて、漁業に関わる知識や技術を身に付けるほか、船舶免許などの資格取得も目指す。

岩手 2021.04.12 16:02

岩手県滝沢市 500日連続で交通死亡事故ゼロ達成

交通死亡事故の発生が500日間無かったとして、滝沢市に12日、表彰状が贈られ、県交通安全対策協議会の栗澤孝信事務局長から主濱了滝沢市長に表彰状が手渡された。滝沢市では停車中の車に安全運転を呼び掛けるチラシを配布するなど、地域と警察が協力して交通安全に取り組んでいて、おととし11月の死亡事故を最後に500日連続の交通死亡事故ゼロを達成した。滝沢市内にはおととし、スマートインターチェンジが開通し、交通量が増えたことなどを踏まえ、主濱市長は「1日でも死亡事故ゼロの日が継続するよう、今後も抑止活動を推進する」と述べた。

岩手 2021.04.12 15:55

岩手県 春の全国交通安全運動に合わせ通学路で県内一斉の取締り

今月6日から始まった春の全国交通安全運動に合わせて12日朝、県内一斉に通学路での取締り活動が行われた。取締りは県内30か所の通学路で行われ、このうち、盛岡市の見前小学校近くの通学路では、警察官5人が活動にあたった。この市道は、矢巾町への岩手医大の移転などで通勤する車の交通量が以前より増えていて、12日朝は、警察官のほか、地域のボランティアが横断歩道の近くに立って児童の登校を見守った。(盛岡東警察署・小松幹也交通官)「横断歩道を渡ろうとする人がいた場合には必ず一時停止をして横断させてください」。今年、県内では交通事故で5人が亡くなっていて、警察官は行き交う車に目を光らせていた。

岩手 2021.04.12 13:50

岩手県一戸町 木の伐採作業中の男性 落下した枝が当たり死亡

11日、一戸町の山林で木の伐採作業をしていた67歳の男性が落ちてきた枝に当たり亡くなった。亡くなったのは、一戸町月舘の農業・米田光司さん67歳。米田さんは、11日午前9時半頃、自宅近くの山林で1人で木の伐採作業をしていたが、付き添いで来ていた親戚が意識不明の状態で倒れている米田さんを発見した。その後、米田さんは、病院に搬送されたが、約3時間半後に死亡が確認された。死因は脳挫傷だった。現場には大きいもので太さ15センチ、長さ約3メートルの大きな枝が落ちていて、警察は、落下した枝が米田さんの頭に当たった可能性があるとみて事故の原因を詳しく調べている。

岩手 2021.04.12 13:22

「鬼滅の刃」同型SLの塗装作業を開始

人気アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に登場した列車と同じタイプのSLがあるとして話題の山形市の第二公園で、12日から、ボランティアによる列車の塗装作業が始まった。 山形市の第二公園には「鬼滅の刃・無限列車編」に登場するSLと同型の蒸気機関車「8620」型、通称ハチロクが保存されていて、公園はファンの間で「聖地」のようになりつつあるという。 子どもたちに、より安全で、また、きれいなSLで遊んでもらおうと山形市の塗装業者「鈴木美装」が12日から、ボランティアで塗装作業を始めた。職人たちは「皮すき」という道具を使って、サビを落とした後、はけやローラーで丁寧にサビ止めを縫っていた。鈴木美装の武田裕樹さんは「公園を子どもたちに気持ちよく使ってもらいたいと(ボランティアを)申し出た。ちょうどサクラも咲いているので、きれいになったところを写真に撮ってもらいたい」と話す。 塗装作業は今月15日には終了する予定で、それまで、SLの周辺は立ち入り禁止となっている。

山形 2021.04.12 13:05

高齢者のワクチン接種 山形市の福祉施設で開始

高齢者を対象にした新型コロナのワクチン接種が12日から、山形市の福祉施設で始まった。市内では今月15日までの間に、5つの施設で475人の高齢者が接種を受ける。 県内で最も早く、65歳以上の高齢者向けのワクチン接種が12日に行われるのは、山形市内の3つの福祉施設。このうち、桜田西のさくらパレスでは、施設職員を含むあわせて200人分のワクチンが運び込まれ、12日午前9時ごろから接種が始まった。15日には新たに、市内2か所の施設で105人分のワクチン接種が始まり、12日を含めてあわせて475人の高齢者が接種を受ける予定。山形市は順調にワクチンが供給されれば、高齢者の接種は7月ごろに終えられると見込んでいる。

山形 2021.04.12 12:57

災害時の水素エネルギーの活用研究始まる

災害時の水素エネルギーの活用について研究が郡山市で始まった。 「ZEVプロジェクト」は行政と企業が協力して水素社会の実現を目指す「郡山市水素利活用推進研究会」の活動の一環。 今回は、二酸化炭素の削減のため、電気自動車や水素自動車の普及を進め、災害時における車両からの電気の有効な活用方法を研究する。 ■ZEVプロジェクトリーダー 白石昇央さん 「緊急災害時には、多様性のあるバックアップが必要だと思っている」 今月9日のキックオフ会議では、官民が連携して実現に向けて取り組むことなどが確認され、参加する企業や研究機関が意見を出し合った。

福島 2021.04.12 11:59

100日前記念 展示会 東京オリンピック

 東京オリンピックの開幕まであさってで100日前になるのを記念して青森市では大会をPRする展示会が始まりました。  展示会はタジキスタン選手団のホストタウンとして事前合宿を受け入れる予定の青森市が東京オリンピックに向けて機運を盛り上げようときょうから開いています。  会場の市役所駅前庁舎ではタジキスタンの有力選手や青森市との交流などを紹介するパネルが展示されています。  またこちらはねぶたの技法が使われた灯籠です。  ことし1月、青森市とタジキスタンの大学生がねぶた師の北村春一さんの指導のもとオンラインで交流を深めながら制作されました。  このほか開催までの日数を伝える表示板や東京オリンピックの 公式アートポスターなども展示されています。  展示会は今月24日まで開かれています。

青森 2021.04.12 11:57

福島・田村市長選で白石氏が現職破り初当選

11日に投開票が行われた田村市長選挙で、新人の白石高司氏が当選を果たした。 田村市長選挙で、当選したのは前市議会議員の白石高司氏(61)。 白石氏は現職の候補に約1,400票の差をつけて初当選を果たした。 白石氏は選挙戦で公正、公平な市政を掲げ、地元企業の支援による地域活性化や市の財政健全化などを訴えていた。 当選が決まり白石氏は「ひとりでも多くの市民の笑顔を作ることが私の今回の課せられた使命だと思っている」と支援者に挨拶した。 今回の田村市長選の投票率は71.37パーセントと前回をわずかに下回った。 白石さんの任期は今月17日から4年間。 ■田村市長選結果 白石高司氏 11,442票 本田仁一氏 10,052票 投票率 71.37%(前回72.32%)

福島 2021.04.12 11:51

高校入試 5教科の平均294・8点

 県教育庁は3月行われた公立高校一般選抜試験の抽出調査の結果をまとめました。5教科の平均点は294・8点と前の年より12・5点高くなっています。  公立高校の一般選抜試験は国語・社会・数学・理科・英語の5つの教科で学力検査が行われます。  3月行われた一般選抜試験の抽出結果によりますと、5教科の平均点の合計は500点満点中294・8点で、前の年より12・5点上がりました。  教科別で平均点が最も高かったのは理科で66・8点、続いて社会が63・4点、国語が61・7点でした。いずれも前年を上回っています。  一方、52・2点だった英語と50・7点だった数学は前年より下がっています。  県教育庁は点数や、回答結果の分析を各学校と共有し学力の向上に生かしてもらうことにしています。

秋田 2021.04.12 11:50

福島県内・11日の新規感染者は11人

福島県内では、11日の検査結果で11人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 11日に感染が確認されたのは、10代から60代までの男女で11人。 いわき市で7人、郡山市で3人、矢吹町で1人。 県内の累計感染者は2,817人となった。 県によると、感染が確認された人のなかには、郡山市が11日にクラスターを確認したと発表した、市内の私立高校の男子生徒3人が含まれている。 県は12日午後に行動歴などの詳細を公表する予定。 県内の医療機関の入院患者は、予定を含め197人で、病床使用率は42パーセントと、ステージ4の水準を2日連続で下回っている。 また、重症者は11人となっている。 県は、感染拡大地域との往来を控えるなど、対策の徹底を呼び掛けている。

福島 2021.04.12 11:38

八戸市 小学校クラスター発生

新学期が始まったばかりの八戸市の小学校で新型コロナウイルスのクラスターが新たに発生しました。 八戸市の小林市長はきょう会見を開き、市内の小学校で新型コロナウイルスのクラスターが新たに発生したと発表しました。 この小学校ではおとといまでに40歳代と50歳代の教職員など3人の感染が確認されています。 そして職員会議などで接触した関係者を検査したところ、さらに50歳代の男女3人の陽性が判明したものです。 今月7日に入学式と始業式が行われたばかりのこの小学校ではクラスターの発生に伴いあすから今月23日まで臨時休校となりました。 ★八戸市 小林眞 市長 「学校教職員児童を含む個人や地域等の詮索、ひぼう中傷につながることは厳に慎むようお願いします」 教職員などと同居する人も含めたこのクラスターに関連する感染者はあわせて8人です。 校舎内で教職員と接触した児童も含めおよそ60人の検体が採取され検査が進められていますが今後さらに検査対象が増える可能性があります。 県内の現在の感染者は173人で、回復した人などを含めた累計は1163人となりました。

青森 2021.04.11 19:41

山形・新型コロナ11人感染確認 2人死亡

山形県は11日、6市町で新たに11人が新型コロナに感染したと発表した。また、2人が亡くなった。 新たに感染が確認されたのは、山形市の50代から80代の男女3人、天童市の女の子と40代の男性の2人、東根市の20代の男性2人、上山市の20代の女性、米沢市の50代の男性、河北町の80代の男性、県外在住の40代の男性の合わせて11人。 一方、県と山形市は新型コロナに感染し、入院していた2人が10日亡くなったと発表した。 新型コロナによる死者の累計は20人。 1日当たりの新規感染者数が2桁となるのは25日連続。 感染が確認された11人のうち4人の感染経路は現時点で調査中。県内の感染者は累計1197人、入院している人が87人で4人が重症。 また、宿泊と在宅で療養している人は合わせて151人で、9人が調整中となっている。

山形 2021.04.11 19:04

11日宮城で72人感染 1人死亡 多賀城市の高齢者施設などでクラスター発生

宮城県では11日新たに72人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。また仙台市は患者1人の死亡を発表しました。 11日は仙台市で43人、多賀城市で8人など計72人の感染が確認され、仙台市では入院中の90代女性の死亡も発表されました。 多賀城の高齢者施設ではこれまでに7人が感染しクラスター発生となっています。 さらに県はホテル療養中の患者1人を本来、発症から10日かつ症状軽快から3日の経過が必要なところを誤って2日早く退所させていたと発表しました。 職員が台帳に別の患者の発症日を入力したのが原因で患者は退所後、自宅療養していて感染拡大の恐れは低いとしています。

宮城 2021.04.11 18:46

福島・郡山市長選は3人による選挙戦に

任期満了に伴う郡山市長選挙が11日に告示され、午後5時に立候補の受け付けが締め切られ、3人の選挙戦となった。 立候補したのは届け出順に、新人で前県議の勅使河原正之氏(69)、新人で前市議の川前光徳氏(54)、現職の品川萬里氏(76)の3人。 各候補者は、有権者に次のように支持を訴えた。 勅使河原正之氏は「10年先の20年先のまちづくりのありよう、都市ビジョンというものを皆様にお示しをしながら、必要な事業を粛々とやっていく。」 川前光徳氏は「皆さんのご意見をお聞きし、しっかりと発展する郡山をつくっていきたいと考えております。」 品川萬里氏は「選挙は、最後の1分と申します。最後までご支援、共に戦っていただくことを心から祈念いたしまして、ご挨拶と致します。」 郡山市では新型コロナの影響に伴う経済対策や、東日本台風で被害を受けた阿武隈川流域の防災対策などが課題。 郡山市長選挙は、4月18日投開票。

福島 2021.04.11 18:31

福島・コンビニ強盗事件で男を逮捕

10日夜に福島市で強盗事件があり、23歳の男が逮捕された。 強盗の疑いで逮捕されたのは福島市の自称作業員、五月女航容疑者(23)。 警察によると五月女容疑者は10日午後8時20分ごろに、福島市渡利のコンビニエンスストアで、男性店員に包丁のようなものを突きつけ、現金約7万円を奪った疑い。 店員や客に、けがはなかった。 その後防犯カメラの映像などから、五月女容疑者を警察が見つけた。 五月女容疑者は容疑を認めているという。

福島 2021.04.11 18:28

東日本大震災10年1か月「がんばろう!石巻」新看板が設置・宮城

東日本大震災から10年1か月の11日、被災者を励ましてきた「がんばろう!石巻」の新たな看板が設置されました。 看板の設置場所は現在、復興祈念公園となっていて11日は地元の人たちが参加して掛け替えを行いました。 震災から1か月後にがれきの中から板を拾い集め作ったこの看板は5年に一度作り直していて、これが3代目となります。 震災1か月後に看板制作 黒澤健一さん「震災を伝えていくことができる1つのきっかけになれば良いと思う」

宮城 2021.04.11 18:18

福島・新型コロナ 郡山で新たなクラスター

福島県が10日に判明し11日に発表した15人の新型コロナウイルス感染確認のうち、1人は既に5人のクラスターが発生している、福島市にある介護付き有料老人ホームの利用者と分かった。 また郡山市は、新たに11日に市内の私立高校でクラスターが確認されたと発表した。 8日に3人の感染が確認された部活動から、新たに3人の男子生徒の感染が確認された。 新たに確認された3人は、12日に県が発表する人数に含まれる。

福島 2021.04.11 16:35

岩手県盛岡市 歩くサッカー「ウォーキングフットボール」体験会

歩いて楽しむサッカー「ウォーキングフットボール」の体験会が11日、盛岡市で開かれた。渋民運動公園総合体育館で開かれた体験会には中学生から50代まで約30人が参加した。高齢者の健康増進を目的にイングランドで始まったとされる「ウォーキングフットボール」。ヘディングやスライディングなどは禁じられ、未経験の人でも楽しくボールを蹴ることができる。参加者は歩く速さでどうパスをつなげるか戸惑いつつ早歩きでプレーを楽しんでいた。関係者は「今後、高齢者向けの体験会も開催したい」と話していた。

岩手 2021.04.11 12:56

東日本大震災10年1か月「忘れることはない」気仙沼・復興祈念公園でも祈り・宮城

東日本大震災から11日で10年1か月です。気仙沼市の復興祈念公園でも犠牲者を追悼する人の姿が見られました。 気仙沼湾を一望できる高台に先月11日に開園した復興祈念公園です。船の帆をモチーフにした高さ10メートルのオブジェなどが建てられています。 そして銘板には犠牲者1085人の名前が刻まれていて11日も午前中から訪れた人が祈りを捧げていました。 訪れた人「(震災を)いつまでも忘れることはないと思うけど、明るい気持ちが少しずつでも出てくれば良いと思う」 震災による県内の死者は1万568人に上り依然1216人が行方不明です。

宮城 2021.04.11 12:28

山形・コロナ感染11人 25日連続2桁

県は11日、6市町で新たに11人が新型コロナに感染したと発表した。 新たに感染が確認されたのは、山形市の50代から80代の男女3人、天童市の女の子と40代の男性の2人、東根市の20代の男性2人、上山市の20代の女性、米沢市の50代の男性、河北町の80代の男性、県外在住の40代の男性の合わせて11人。 1日あたりの新規感染者数が2桁となるのは25日連続。 これで、県内の感染者は累計1197人、入院している人が87人で4人が重症。また、宿泊と在宅で療養している人は計151人で、9人が調整中。

山形 2021.04.11 12:23

外ヶ浜町 工場など5棟全焼

きのう夕方外ヶ浜町で工場など5棟を全焼する火事がありましたがけが人はありませんでした。 きのう午後5時半前、外ヶ浜町蟹田姥ヶ沢の「北星レジン工業」の工場から火が出ました。 火は3時間余りたって消し止められましたが鉄骨タキロン張りの工場や製品置き場など5棟あわせて610平方メートルを全焼しました。 この火事によるけが人はありませんでした。 北星レジン工業はFRP=繊維強化樹脂製の貯水槽などを製造する会社で、工場はきのう夕方まで稼働していました。 外ヶ浜警察署が火事の原因を調べています。 現場は外ヶ浜町役場から直線でおよそ600メートル離れた町道沿いで、消防車両10台が出動しました。

青森 2021.04.11 11:55

岩手県陸前高田市「けんか七夕」2年連続中止決定

新型コロナウイルスの影響で、陸前高田市気仙町の伝統行事「けんか七夕」が2年連続中止となった。けんか七夕は陸前高田市気仙町で9百年以上続く夏の伝統行事。大きな山車のぶつかり合いが見どころだが、去年は新型コロナの影響で中止となった。気仙町けんか七夕祭り保存連合会によると、今年は8月7日開催予定だったが、人の密集による感染を防ぐため、2年連続中止を決めたという。保存会の佐々木冨壽夫会長は「とても残念、苦渋の決断だった。感染の終息を待つしかない」と話している。一方、例年「けんか七夕』と同日に行われる市内高田町の『うごく七夕まつり』は開催未定となっている。

岩手 2021.04.11 11:50

福島・郡山市長選告示 3人が立候補

任期満了に伴う郡山市長選挙が11日告示され、午前10時の段階で現職と新人のあわせて3人が立候補している。 立候補したのは届け出順に、新人で前県議の勅使河原正之氏(69)、新人で前市議の川前光徳氏(54)、現職の品川萬里氏(76)の3人。 郡山市では新型コロナウイルスの感染拡大に伴う飲食店などへの経済対策や、2019年の東日本台風で大きな被害を受けた阿武隈川流域の防災対策などが課題となっている。 立候補の受け付けは午後5時までだがほかに立候補の動きはなく、現職と新人2人の選挙戦になるとみられている。 郡山市長選挙は4月18日投票で、即日開票される。

福島 2021.04.11 11:47

創立70周年 劇団わらび座今シーズンの公演始まる

 創立70周年を迎えた劇団わらび座の今シーズンの公演が10日始まりました。  仙北市を拠点に活動する劇団わらび座は、前身の団体が1951年に創立されました。今年は創立70周年の記念イヤーです。  わらび座では昨シーズン人気を博したミュージカル「空!空!!空!!!」が今シーズンも通年で公演されます。三種町出身の及位ヤエさんが大空を飛ぶことを夢見て女性パイロットへと成長していく物語です。  ミュージカルは、今年11月まで仙北市の「あきた芸術村わらび劇場」で上演されます。

秋田 2021.04.11 11:45

福島・新型コロナ 新たに15人

福島県内では、新たに15人に新型コロナウイルスへの感染が確認された(10日判明・11日発表分)。 内訳はいわき市で6人、福島市で4人、伊達市と郡山市で各2人、南相馬市で1人の、20代から80代の男女合わせて15人。 10日までに35人が退院したことから、入院者数(予定を含む)は213人となり、病床使用率は45.4%とステージ3水準となった。 なお、重症者数は11人。

福島 2021.04.11 11:16

スノーボード・スキー全日本選手権最終日「ビッグエア」熱戦

鰺ヶ沢町で行われているスノーボードとフリースタイルスキーの全日本選手権は最終日のきょう、スノーボードのビッグエアが行われ熱戦が繰り広げられました。 スノーボードとフリースタイルスキーの全日本選手権は大会最終日を迎えました。鰺ヶ沢町の青森スプリング・スキーリゾートの会場では急斜面を滑降して空中で技を見せる「ビッグエア」が行われました。 国際スキー連盟の公認大会でもある全日本選手権には国内トップ選手が顔を揃えています。 きのうは天候が悪化し競技の中止を余儀なくされましたが、最終日は一転して好天に恵まれ選手たちはシーズン終盤の決戦で華麗な技を見せ熱戦を繰り広げていました。 優勝は男子が萩原大翔選手、女子は村瀬由徠選手でした。

青森 2021.04.10 18:09

新型コロナウイルス 新たに15人感染

県内で新たに15人の新型コロナウイルス感染が確認されました。9人はこれまでに発生した3件のクラスターに関連しています。 県によりますときょう午後4時半までに県内で新たに15人の感染が確認されました。居住地別では青森市6人、八戸市4人、上十三保健所管内3人、五所川原保健所管内と東地方保健所管内でそれぞれ1人です。 このうち青森市内の障がい者施設で発生したクラスターでは関連を含めて新たに4人の感染が確認されました。このクラスターは関連を含めると101人となりました。 また上十三保健所管内の3人と八戸保健所管内の1人はいずれも趣味を共有する場所で発生したクラスターの関連です。このクラスターは関連を含めて16人となりました。 東地方保健所管内の高齢者施設で発生したクラスターに関連して新たに1人の感染が確認されました。 県内の現在の感染者はきのうから2人増えて176人となっています。このうち入院中は48人で重症の人はいませんが中等症が7人です。 回復した人などを含めた感染者の累計は1159人となりました。

青森 2021.04.10 18:09

岩手県 新たに8人新型コロナ感染 2つのクラスター発生

岩手県内では10日、新たに8人の新型コロナ感染と2つのクラスター発生が公表された。新たに感染が確認されたのは、盛岡市、奥州市、一関市の10歳未満から60代の男女8人で、重症者はいない。盛岡市の20代の男子学生2人は、先に感染が公表された学生4人と今月2日にいずれかの自宅で会食していて、盛岡市保健所は同じ学校の学生同士によるクラスターとした。奥州市の40代と50代の男性2人は、8日感染が公表された3人のいずれかとスポーツ活動または会食を共にしていて、県は新たなスポーツ活動に関連するクラスターとした。このほか教育保育施設のクラスター関連で2人の感染が公表されるなど、県内の感染確認は累計で745人となった。

岩手 2021.04.10 18:08

山形県 新型コロナ感染33人 新たにクラスター発生

山形県は10日、山形市や寒河江市など7つの市と町で、新たに33人が新型コロナに感染したと発表した。また、天童市内の工場で、新たにクラスターが発生した。 新たに感染がわかったのは、山形市で13人、天童市、河北町で5人寒河江市4人、上山市3人、東根市2人、中山町1人の合わせて33人。 このうち、山形市や天童市など4つの市で確認された11人は、天童市にある「富士電子天童工場」の従業員で、県は10日、感染者の集団・クラスターが発生したと発表した。この工場では4月に入り、ほかにも2人の従業員の感染が確認されていて、感染者は合わせて13人に上る。 また、山形市の20代男性は天童市役所の職員で、不特定多数の市民と接する業務ではないという。 一方、山形市の10代から40代の男女3人は、9日に感染が確認された80代女性の同居家族で、家庭や職場内での感染が広がっている。 1日当たりの新規感染者数が2桁となるのは24日連続。感染者33人のうち、6人は現時点で感染経路が調査中。感染者の累計は1186人で、入院している人は88人、このうち4人が重症。

山形 2021.04.10 18:07

ブラウブリッツ秋田ホームで大宮と引き分け

サッカー明治安田生命J2、ブラウブリッツ秋田はホームで大宮アルディージャと対戦し引き分けました。 ブラウブリッツはキーパー田中が好セーブを繰り返し前半を無失点で終えました。後半も得点を許しませんでしたが試合を通じて相手のゴールをこじあけることができず今シーズン初めての無得点でした。0対0で引き分けたブラウブリッツ、次は来週土曜日にホームでモンテディオ山形と対戦します。

秋田 2021.04.10 17:56

大仙保健所管内新たに5人感染確認

大仙保健所管内で新たに5人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 5人はいずれも9日に感染が判明しました。 60代と30代の男性会社員は8日に感染がわかった大仙保健所管内の30代女性の濃厚接触者で、年齢・性別が非公表の2人もこれまでに感染した人の濃厚接触者です。 20代の男性は今月2日からせきや鼻水などの症状が続き9日に検査で陽性となりました。 県内での感染確認はこれで延べ325人となりました。

秋田 2021.04.10 17:53

岩手県奥州市 未来基準の省エネ住宅展示場オープン

岩手県奥州市に拠点を置くハウスメーカー7社による住宅展示場が10日朝オープンし、記念のセレモニーが行われた。セレモニーには関係者約200人が参加し、展示場のオープンを祝った。「奥州いえ博パレット村」は、奥州市に拠点を置くハウスメーカー7社が共同で運営する住宅展示場で、2019年に開催した奥州市水沢に続く第2弾。すべてのモデルハウスが、高気密・高断熱の省エネ住宅となっていて、太陽光発電を用いることで、ゼロエネルギーライフも可能にしている「奥州いえ博パレット村」は、奥州市江刺で12月19日までの開催を予定している。

岩手 2021.04.10 17:47

春の福島競馬が新潟で開幕

今年2月の地震で福島競馬場が被災したため、毎年恒例の春の福島競馬は新潟県に会場を移しての開幕となった。 春の福島競馬で予定されていたレースが開催されたのが新潟市にある新潟競馬場だ。 福島市の福島競馬場はことし2月の福島県沖地震で壁や天井の一部が崩れ落ちるなどの被害にあい、今も復旧のめどが立たないことから会場を移しての開催となった。 初日となる10日はメインレース「福島中央テレビ杯」が行われ、5番人気のヴィアメントが最後の直線で先頭集団を一気に差し切り制した。 優勝した騎手などには、福島中央テレビから記念品が贈られる。

福島 2021.04.10 17:46

クラスター発生の大学野球部 部長らの処分検討

硬式野球部で新型コロナのクラスターが発生した東日本国際大学が10日、会見し、感染対策に不備があったとして部長らの処分を検討していることを明らかにした。 クラスターの発生により東日本国際大学の硬式野球部ではこれまでに部員42人の感染が確認されている。 これを受けて大学は10日、会見を開き、野球部の感染対策に不備があったとして監督する部長らの処分を検討すると発表した。 野球部が先月末に宮城県へ遠征に行った際、部員3人が発熱などの体調不良を訴えていたが、2日後に、回復したため、チームに合流させ遠征を続けたという。 大学側は3人をしばらく休養させるべきだったと話していて、3人の内2人はその後、感染が判明している。 大学側は、今後、部の感染対策を徹底させるとしている。

福島 2021.04.10 17:45

新型コロナ きのうは17人の感染確認

県内では10日の検査で、新たに17人に新型コロナウイルスの感染が確認された。 感染が確認されたのは、いわき市で7人、南相馬市と二本松市で3人、郡山市、相馬市、白河市、喜多方市でそれぞれ1人のあわせて17人。 県によると、感染者の中にこれまで発生したクラスターに関連する人は確認されていないという。 入院患者は予定も含めて245人で、重症者は11人。 県内の病床の使用率は52点2パーセントとステージ4の水準が続いている。 また、県は医療機関に入院していた60代の男性が亡くなっていたことを公表した。 県内の死者はこれで118人となる。

福島 2021.04.10 17:40

寒河江市 緊急事態宣言解除後も飲食店への時短要請継続

寒河江市に出されている山形県独自の緊急事態宣言は11日で解除されることが決まった。一方、市は、感染の再拡大を防ぐため、宣言の解除後も1週間程度、市内の飲食店への時短要請を続けると発表した。 県独自の緊急事態宣言に伴い、3月30日から寒河江市内の接待や酒類の提供を伴う飲食店には午後9時までの時短営業が要請されている。県と寒河江市は9日、感染者が減少していることから当初の予定通り、宣言を11日で解除することを決めた。 佐藤洋樹・寒河江市長「市独自の対策として緊急事態宣言の解除後も市民向けのPCR検査の継続、そして飲食店への営業時間の短縮要請などをお願いしたい」 寒河江市は感染の再拡大を防ぐため、独自に飲食店への時短要請を4月18日をめどに1週間程度延長すると発表。協力店への補償はこれまで県と市合わせて1日5万円だったが、11日以降は市独自の取り組みとなるため1日2万円ほどになる見込み。 また、4月5日から市民の希望者に実施してきた無料のPCR検査も4月18日を目途に延長される。これまで300人を超える人が検査を受け、一定の需要があることから継続されることになった。

山形 2021.04.10 12:22

山形県 新たに33人が新型コロナ感染

山形県は10日、7つの市と町で、新たに33人が新型コロナに感染したと発表した。 新たに感染が分かったのは、山形市の10代から70代の男女13人、天童市の20代と40代の女性5人、河北町の20代から50代の男女5人寒河江市の40代から90代の男女4人、上山市の30代から80代の男女3人東根市の40代と60代の女性2人、中山町の女子高校生、7つの市と町で合わせて33人。 1日当たりの新規感染者数が2桁となるのは24日連続。感染者33人のうち、6人は現時点で感染経路が調査中となっている感染者の累計は1186人。入院している人は88人で、このうち4人が重症。

山形 2021.04.10 12:16

米軍三沢基地で1人感染

アメリカ軍三沢基地は基地関係者1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。 これはアメリカ軍三沢基地がきのう三沢市に情報提供し明らかにしました。それによりますと新たに感染が確認されたのは三沢基地の関係者1人です。 この1人は大阪に滞在したあと基地に戻り検査を受けてきのう陽性が判明し現在基地内の施設に隔離されています。 アメリカ軍によりますと接触者の行動歴の確認はすでに終了し濃厚接触者は行動を制限され健康観察と検査を受けているということです。 アメリカ軍三沢基地での感染者は今月に入って3人目です。 三沢基地では全ての関係者に大阪・兵庫・奈良および京都への往来を禁止する措置を出しています。

青森 2021.04.10 12:12

岩手県 盛岡市動物公園ZOOMO期間限定ショップ出店

今月23日から開園を予定している岩手県の盛岡市動物公園ZOOMOの期間限定ショップが、盛岡市のデパートに出店している。ショップには動物たちの足跡をデザインしたバッグなど、オリジナルグッズ150点余りが並んでいる。盛岡市動物公園ZOOMOは、リニューアル工事の事業者の選定が予定通り進まず、来年4月の再オープンが1年遅れることになった。それに伴い、今月23日から9月28日まで、現在の施設で開園することが決まっている。ショップは18日まで、カワトクで開かれている。

岩手 2021.04.10 12:07

郡山市の爆発事故 ガス点検に法令違反

去年7月に郡山市で起きた飲食店の爆発事故で、設備の点検をする保安機関の業務に法令違反が見つかり、県が行政指導を行った。 1人が死亡し、19人が重軽傷をおった去年7月に起きた郡山市島の飲食店での爆発事故をうけ、県は原因などを調査していた。 その結果、ガス管とコンクリートが国の基準よりも近く設置され、劣化しやすい状態だったことや、店のガス設備を管理していた保安機関が法律で定められた点検の周期を守っていなかったことも分かった。 県は保安機関を「厳重注意」し、再発防止のための報告を求める行政指導を行った。

福島 2021.04.10 11:58

福島県の9日の新規感染者は17人

福島県内では9日の検査結果で新たに17人に、新型コロナウイルスの感染が確認された。 9日に感染が確認されたのは、いわき市で7人、南相馬市と二本松市で3人、郡山市、相馬市、白河市、喜多方市でそれぞれ1人で、あわせて17人。 入院患者は予定を含めて245人で、重症者は11人だ。県内の病床使用率は、52.2パーセントと、ステージ4の水準が続いている。 県は10日午後に感染者の行動歴などの詳細を公表する予定。 また、多くの市町村で感染者が確認されているほか、感染経路不明者の割合も増えているとして、感染拡大地域への不要不急の外出を控えるなど、注意を呼び掛けている。

福島 2021.04.10 11:42

変異ウイルス新たに2人 イギリス型

県内でこれまでに新型コロナウイルスへの感染が確認された人のうち2人がイギリス型の変異ウイルスだったことが新たにわかりました。県内で変異ウイルスへの感染が判明した人はこれで4人となっています。 県は国立感染症研究所の検査で変異ウイルスだと判明した人数をイギリス型、南アフリカ型、それにブラジル型の種類別に公表しています。 9日現在で新たに2人がイギリス型の変異ウイルスだったことが わかりました。県内で変異ウイルスへの感染が判明した人はこれで4人となっています。 政府は9日夜「まん延防止等重点措置」を適用する都府県を12日から拡げることを正式に決定しました。県は首都圏、関西圏、宮城・山形との不要不急の往来を避けるよう呼びかけています。

秋田 2021.04.10 11:34

ディーラー中古車フェア始まる

県内最大規模の中古車の販売イベントが秋田市で始まりました。軽乗用車から輸入車までおよそ500台が並んでいます。 毎年春と秋に開かれてきたディーラー中古車フェアは30年余りの歴史があります。去年は新型コロナウイルスの影響で中止となっていて1年半ぶりの開催です。 県内の新車ディーラー17社が参加し国産車と輸入車あわせておよそ500台が展示・販売されています。県内最大規模の中古車販売イベントで販売台数は毎回300台近くにのぼります。 ここ数年は新生活を始める人にはもちろん家族向けのセカンドカーとしても人気な軽乗用車が販売台数の4割ほどを占めているということです。 ディーラー中古車フェアは10日は午後6時まで、11日は午前10時から午後5時まで秋田市の県立スケート場で開かれています。

秋田 2021.04.10 11:29

岩手県 危険業務従事者叙勲 県内から31人

著しく危険性が高い業務で社会に貢献した人に贈られる「危険業務従事者叙勲」に、岩手県内から31人が選ばれた。このうち、瑞宝双光章は、一関市の元警視・千葉正太郎さん72歳や、盛岡市の元2等空佐・藤本秀樹さん61歳など23人が受章する。また、瑞宝単光章は、久慈市の元海上保安官・森本隆夫さん65歳、盛岡市の元法務事務官・吉田義家さん66歳など8人に決まった。今月29日に発令される予定。

岩手 2021.04.10 11:24

山形県内朝は各地で雪 冬の寒さが戻った一日

山形県内は9日、寒気が強まった影響で朝は各地で雪が降るなど冬の寒さが戻った一日となった。 朝8時すぎの南陽市漆山の様子。雪が降りしきり、車のフロントガラスには、雪が積もっていた。 一方、こちらは朝7時ごろの山形市泉町。季節外れの雪でサクラの花びらが濡れていた。 9日の県内は、気圧の谷の影響で寒気が強まり各地で冷え込んだ。午前10時までの12時間降雪量は、大蔵村肘折で9センチ、西川町大井沢で4センチなどとなった。 新庄市では最低気温が氷点下0.4度と0度を割り込み、道行く人は厚手の上着を着て寒さをしのいでいた。 新庄市民「冷えた。畑に若干雪が降っていた。サクラも1週間後には咲くと思うので楽しみにしている」 山形地方気象台によると県内は、9日夜から10日明け方にかけて山沿いを中心に再び雪が降りるが、次第に高気圧に覆われるため、10日午後は晴れる見込み。

山形 2021.04.09 20:11

山形県新たに24人新型コロナ感染 1人死亡

山形県は9日、山形市や上山市など7つの市と町で、新たに24人が新型コロナに感染したと発表した。家庭内感染の拡大がみられた。また、1人の死亡が確認されている。 新たに感染がわかったのは、山形市の小学生から80代の男女14人、上山市の60代と80代の男女4人、米沢市の小学生と60代女性の2人、天童市の30代女性、東根市の10代男性、酒田市の60代女性、大江町の40代女性、7つの市と町で合わせて24人。 1日当たりの新規感染者数が2桁となるのは23日連続。また、県内の医療機関に入院していた山形市の患者1人の死亡が9日、確認された。新型コロナによる死者は県内で18人となっている。 山形市では8日に感染が確認された50代男性の同居家族で、小学生から50代までの男女4人の感染が確認された。 家庭内で感染が広がっていて、市の担当者は「手や指の消毒や十分な換気、密を避けるなど改めて感染対策を徹底してほしい」と話している。新規感染者24人のうち、1人は症状がなく、23人は咳や発熱などはあるが重くはないという。 また、13人は過去事例との関連で、11人は感染経路が分かっていない。感染者の累計は1153人で87人が入院中、重症者は8日より2人増えて4人となっている。宿泊施設や在宅で療養中の人が118人、調整中が38人となっている。

山形 2021.04.09 20:04

山形県独自の緊急事態宣言 山形市は4月25日まで延長

山形市に出されている山形県独自の緊急事態宣言について、吉村知事と佐藤市長は9日、宣言の期間を4月25日まで2週間延長すると発表した。一方、寒河江市の宣言は予定通り11日で解除されることが決まった。 独自の緊急事態宣言が出されている山形市と寒河江市では、住民に不要不急の外出自粛と飲食店に対しては午後9時までの時短営業が要請されている。宣言の期限が11日に迫る中、9日、吉村知事と山形市の佐藤市長らが会見し、山形市への宣言を4月25日まで2週間延長すると発表した。 吉村知事「今が第3波を乗り切るための正念場だと思っている」 山形市では3月22日に宣言が出されてからも1日の新規感染者数が2桁となる日が多く、3月25日と27日には20人を超えている。 また、9日も新たに14人の感染が分かるなど感染拡大に歯止めがかかっていない。また、宣言の解除基準となっている病床使用率は、県立中央病院で82.2%。さらに、重症者は9日に2人増えて、4人になるなど状況が悪化している。 山形市の佐藤市長は3月以降、感染力の強い変異株による感染が拡大している可能性があると述べた。 佐藤孝弘山形市長「3月以降の感染の多くがすでに山形市で発生が確認されている変異株E484Kでありその感染力も従来のウイルスよりも強い可能性がある」 こうした中、山形県と山形市は新たな対策として、山形市の中心市街地で飲食店の従業員に対し、集中的に検査を行うことや高齢者施設でも職員を幅広く検査することを決めた。新たな対策で感染者を早期に発見し、感染拡大を防ぎたいとしている。また、山形市内の飲食店に対して4月25日まで時短営業を続けるよう再び要請するとしている。協力した店舗には引き続き県と市からあわせて1日5万円が支給される。 佐藤孝弘山形市長「飲食店由来の新規感染者が減っている。これはすでに協力頂いている時短要請の効果が確実に出ていると思われる。日々の感染者の数字は横ばいだが、緊急事態宣言以降の行動抑制がなければさらに感染が広がっていたかもしれない」 一方で、寒河江市は宣言後、感染者数が減少していることから当初の予定通り、宣言は11日で解除される。

山形 2021.04.09 19:53

岩手県 新たに5人新型コロナウイルス感染 累計737人に

岩手県と盛岡市は9日、新たに5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。岩手県内の感染確認は、累計で737人となった。新たに感染が確認されたのは、盛岡市、奥州市、それに奥州保健所管内の10歳未満から40代までの男女あわせて5人で、重症者はいない。このうち盛岡市の30代女性と10歳未満の女の子は、クラスターが発生した教育・保育施設の関連。30代女性は、今月2日に感染が公表された施設に通う子どもの別居親族で、先月31日、一緒に外出した際に接触があった。そして10歳未満の女の子は、施設に通う子ども。既に感染が確認された盛岡市職員の30代女性の同居家族で、2度目の検査でウイルスが検出された。教育・保育施設のクラスター関連の感染者は、これで53人となった。盛岡市の20代男性は、7日感染が発表された盛岡市の20代女性の知人で、今月5日に女性が医療機関で受診・検査する際に付き添っていた。今後、知人約30人を対象に検査が行われる予定。奥州市の公務員の40代男性は、過去の感染者との接触は確認されていない。窓口で対応する仕事をしているが、その場所には仕切りがあり常にマスクを着けていたという。同居家族2人と職場関係の10人ほどが検査を受ける予定。そして、奥州保健所管内の40代の女性会社員は、8日感染が発表された同じ奥州保健所管内の40代男性の同居家族で、接触者は調査中。県内の状況は、入院は2人減って84人、宿泊療養は2人減って33人、重症者は1人、死者は変わらず30人となっている。

岩手 2021.04.09 19:32

ワクチン集団接種会場の設営始まる

郡山市では今月12日から始まる高齢者を対象にしたワクチンの接種に向けて会場の設営が進んでいる。 郡山市では県内では最も早く今月12日から高齢者を対象としたワクチンの集団接種が始まる。 会場の1つ、星総合病院ではアクリル板などが設置され会場の設営が進められた。 ワクチンの集団接種では、接種前の予診に時間を要することが課題として指摘されていて、予診を担当する医師を1人から2人に増やして対応する予定。

福島 2021.04.09 19:26

80代男性の感染確認 延べ320人に

大仙保健所管内で新たに1人が新型コロナウイルスに感染していることが発表されました。県内での感染確認はこれで延べ320人となりました。 新たに感染が判明したのは大仙保健所管内に住む80代の男性です。県によりますと男性は今月3日から37度台の熱や咳、喉の痛みなどが続いていました。7日に医療機関を受診して検査を受け、8日に陽性が確認されました。症状は重くないものの念のため医療機関に入院しています。 男性は最近県外に移動したこともなく、感染した人との接触も確認できていないということで、県は感染経路や濃厚接触者の調査を進めています。県内の感染確認は延べ320人となりました。

秋田 2021.04.09 19:25

高度救急救命センターが開所

症状が重く処置が難しい救急患者を受け入れる高度救急救命センターが県内で初めて秋田大学医学部附属病院に開設されました。9日は開所式が行われ、県内初のドクターカーも披露されています。 秋田大学医学部附属病院に県内で初めて開設された高度救急救命センター。1日に運営をスタートし、9日開所式が行われました。 センターは医師24人、看護師74人の体制で症状が重く処置が難しい救急患者を20のベッドで受け入れます。365日・24時間体制で、切断された手足の接合や広い範囲に及ぶやけど、それに急性中毒など多岐にわたる診療を行います。 県内の救急搬送は年々増加していて2018年には3万8500人を超え過去最多となっています。 様々な状況に対応するためセンターには医師などが現場に直接出向くことができるドクターカーも県内で初めて導入されました。天気が悪い日や夜間などドクターヘリが出動できない時でも対応できるようになっています。 センターでは県内全域の重症救急患者を受け入れるほか、育成した医療従事者をほかの病院へ派遣する取り組みも進めていくことにしています。

秋田 2021.04.09 19:25

港湾施設 洋上風力発電事業者に貸し出し

全国に先駆けて県内で建設が進む洋上風力発電施設。風車建設の基地を整備するため、国と県が秋田港のふ頭などを事業者に貸し出すことになりました。港湾施設が洋上風力発電事業者に貸し出されるのは全国で初めての事例となります。 賃貸借契約を結んだのは秋田港を管理する国土交通省東北地方整備局と県、それに港湾施設を借り受ける秋田洋上風力発電の3者です。 秋田洋上風力発電は商社や電力会社、銀行、建設会社など、県内7社を含む13社が出資して設立された会社で秋田港と能代港で洋上風力発電施設の建設計画を進めています。 今回貸し出されるのは秋田港飯島地区のふ頭などおよそ6点2ヘクタールの港湾施設で、風車建設・メンテナンス・撤去に至るまでの最前線基地を整備する計画です。港湾施設が洋上風力発電事業者に貸し出されるのは全国で初めてだということです。 秋田洋上風力発電は秋田港に13基、能代港に20基の風車を建設する計画です。出力は140メガワット。一般家庭の年間消費電力13万世帯分に相当します。 洋上での本格的な建設は今月下旬から始まり、2022年末の運転開始を目指しています。

秋田 2021.04.09 19:25

消防学校入校式 46人が決意

消防学校の入校式が行われ、県内各地の消防本部で採用された46人が新たな一歩を踏み出しました。これから半年間かけて消火活動や救急救命活動に必要な技術を学びます。 消防学校に入校したのは18歳から25歳までの男女46人で、1年間の実務経験を積んだ消防士も含まれています。これから消防・救急救命活動に関する知識を学びます。 入校式では新入生を代表し、秋田市消防本部に採用された加藤翔磨さんが決意を述べました。 去年は中止となったため2年ぶりの開催となる入校式。入校生の家族の出席を制限するなどの対策がとられる中、新人消防士たちが地域の防災を守る使命を胸に新たな一歩を踏み出しました。 入校した46人はこれからおよそ半年間、寮生活をしながら学び、10月以降、現場での業務に就きます。

秋田 2021.04.09 19:24

新入社員など 安全運転講習会

春の全国交通安全運動にあわせて秋田市で運転講習会が開かれました。この春、県内企業に就職したばかりの新入社員などが安全に運転するための技術を学びました。 秋田市内の企業の新入社員などおよそ20人が参加した運転講習会。危険を回避するためのハンドル操作を体験するスラローム走行や車幅の感覚をつかんでもらうため狭い道の走行など、コースが設定されました。参加者の中には運転免許を取得したばかりの人も。警察は「春は路面状況が良くなり速度が出やすい傾向にあるほか、人出も多くなる」として運転には十分注意してほしいと呼びかけています。

秋田 2021.04.09 19:24

岩手県北上市 住宅火災で1人死亡

9日午後、岩手県北上市の住宅で火事があり、焼け跡から性別不明の遺体が発見された。火事があったのは、北上市村崎野の会社員、成田鉄康さん57歳のモルタル2階建ての住宅1棟で、午後1時前「家が燃えて煙が出ている」と近所の住民から通報があった。火は約40分後に消し止められたが、焼け跡の1階部分から性別不明の遺体が発見された。また、この家に住む54歳の女性1人が、やけどなどの症状で、病院に搬送されている。現在、同居する成田キヨさん79歳と連絡が取れていないということで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、詳しい状況について調べている。

岩手 2021.04.09 19:18

県内きのうは53人 過去最多

県内では8日の検査で、新たに53人に、新型コロナウイルスの感染が確認された。 1日あたりの県内の新規感染者数としては過去最多。 県によるときのうの感染が確認されたのは、いわき市で39人、郡山市で5人、福島市で4人などあわせて53人。 1日あたりの県内の新規感染者数としては過去最多。 このなかには、昨夜いわき市が発表した東日本国際大学の硬式野球部の部員30人が含まれている。 市は地域医療にも影響が出かねないとして危機感を強めている。 いわき市の清水敏男市長は会見し、「このまま感染増加が続くと大阪府の様な医療非常事態宣言をしなければならない」と話している。 入院患者は予定を含めて273人で、重傷者は11人。 県内の病床使用率は、58.2パーセントと、ステージ4の水準が続いている。

福島 2021.04.09 19:08

飲食店の感染対策を第三者が現地調査

県は9日から飲食店における新たな感染防止対策=「ふくしま感染防止対策認証店」制度を始める。 県内の飲食店の感染対策に関して県は第三者による現地調査の結果などを踏まえ、適切に対策がとられている店にそのことを証明する、「認定ステッカー」を配布する。 県は感染対策が行き届いた店選びの参考にしてもらうとともに、利用客についても感染防止対策を徹底するよう呼びかけている。

福島 2021.04.09 19:07