東北のニュース

新型コロナ4人陽性 県内感染者は計13人

県は4人の男女が新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたと4日夜に発表した。
県内での感染確認は合わせて13人になる。
県は午後7時半から会見を開き、ウイルス検査の結果あらたに陽性となった4人について説明した。
県によると、4人のうち3人は今月3日感染が確認された南相馬市の30代の女性の同居家族で、父の50代男性・母の50代女性・弟の20代の男性で、特に症状は出ていないという。
また、ほかの同居家族については検査結果は陰性だった。
もう1人は矢吹町の20代男性で、先月30日に37.3分の発熱、今月1日には嗅覚の異常を感じ、3日にはのどの痛みや倦怠感があったという。
現在は軽症で、症状が出る前の2週間に海外には行っておらず、いまのところ感染経路は分かっていない。
4日に感染が確認された4人について、それぞれの保健所が濃厚接触者を調査している。
県のアドバザーの県立医大、金光敬二教授は「予想以上に県内にひろがっておりるので、更に周囲の方、あるいは県民全てだと思うが、三次感染・四次感染などが起こらないように最善を尽くすという事に尽きる」と述べた。
また、2日に感染確認された県内8人目の患者について、県は、須賀川市の店舗で症状が出た先月30日に働いていたと明らかにした。
8人目の感染者が働いていたのは大手居酒屋チェーン=養老乃瀧グループの「養老乃瀧須賀川西川店」。
県によると、8人目の感染者の須賀川市の10代女性は、のどに違和感を覚えた先月30日に店でホール担当として夜6時から9時まで働いていた事が明らかになった。
この時女性はマスクをしていなかったという。
この女性は、発症する数日前に(25日~27日)東京に滞在していた事が分かっている。
保健所は従業員7人を濃厚接触者として健康観察を行っているほか、働いていた女性がマスクをしていなかった事から先月30日に店を訪れていた人は帰国者・接触者相談センターに問い合わせてほしいと話している。
なお店は感染が確認されたおとといから営業を中止し消毒作業をした。

福島2020.04.04 21:02

新型コロナ県内5日連続感染確認 11人目

由利本荘保健所管内で新たに1人新型コロナウイルスへの感染が確認されました。2日に感染が確認されていた東京から帰省した10代の女子学生の父親です。
感染が確認されたのは由利本荘保健所管内に住む50代の男性です。この男性はおととい感染が判明した、東京から帰省した10代の女子学生の父親で濃厚接触者として検査を受け4日午後、結果が出ました。女子学生は、先月28日に由利本荘保健所管内の実家に帰省して、父親など家族4人と一緒に生活していました。3日は母親への感染が確認され、4日、新たに父親への感染が判明しています。同居していたほかの2人はこれまでに陰性が確認されています。男性は先月30日と31日それに今月1日に職場で勤務し、3日にのどの違和感と軽いせきの症状が出ました。発熱はありません。県は男性の行動歴や濃厚接触者について調べを進めています。由利本荘市とにかほ市は感染拡大を受けて市内の小中学校の始業式と入学式を当初の予定から10日ほど延期することを決めました。また秋田市によりますと感染が確認された陸上自衛隊秋田駐屯地の隊員2人の濃厚接触者について、検査結果が出ていなかった15人のうち14人が陰性だったことが4日新たにわかりました。まだ検査を終えていないのは20代の男性隊員の濃厚接触者で県外にいる1人のみとなっています。先月31日に感染が判明した、北海道から帰省し美郷町の職員となった20代の男性の、濃厚接触者だった妻は、検査で陰性が確認されています。

秋田2020.04.04 18:33

トップ切り中学校で始業式 岩手・盛岡市

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休校が続いていた岩手県内の中学校は、4日、一部の学校でトップを切って始業式が行われ、新学期をスタートさせた。4日は県内151ある公立中学校のうち、36校で始業式が行われた。うち、盛岡市の見前中学校では、生徒全員のマスク着用や会場の換気等、新型コロナウイルスの感染対策を講じた上で式が行われ、生徒を代表して3年生の三上カレンさんが新学期に向けた決意を述べた。三上カレンさん(3年):「体育祭や文化祭等、中学校生活最後の大行事もこの混乱の中、不安ではあるが、今できる精一杯の力で取り組んでいかなければいけない。「全員で協力することが何より大切だ」県内の中学校の始業式は、6日にピークを迎える。

岩手2020.04.04 18:24

101人の絵手紙展 岩手・盛岡

未来へのメッセージ等をしたためた絵手紙の作品展が岩手・盛岡市で開かれている。この作品展は、盛岡市在住の画家、ばばあきらさんが講師を務める絵手紙教室の生徒101人の作品を集めたもの。ことしのメインテーマは、「未来につなげる手紙」。こちらは、苦労があってもいつか希望がみえてくるというメッセージを山にかかる虹の絵とともに描いている。また、こちらは還暦を迎える自分に向けたメッセージだ。夫と仲良く過ごしたいという思いが込められている。他にも、新型コロナウイルス感染症の終息を願った絵手紙もある。この絵手紙展は5日まで、盛岡市のテレビ岩手ロビーで開かれている。

岩手2020.04.04 18:19

県内火事相次ぐ

県内では4日に火事が相次ぎ青森市では倉庫が燃える火事で1人が軽いけがをした。

消防によると4日午前11時過ぎ、青森市新城にある倉庫の持ち主から「ストーブの火が倉庫に燃え移りそうだ」という通報があった。ポンプ車など11台が出動して消火活動が行われた結果、火は通報から4時間後に消し止められた。この火事で男性1人が軽いけがをして病院に運ばれた。4日は乾燥注意報が一時県内全域に出され、青森市では合わせて4件の火事が起きたほか黒石市や八戸市などでも相次いだ。

青森2020.04.04 17:09

あおもりの肴フェア 漁師カード配布

漁師たちが店頭に立って県産の魚介類を売り込む「あおもりの肴フェア」が青森市のスーパーで開かれた。

あおもりの肴フェアは県漁連が県産の魚介類の消費の拡大を図るため青森市の県民生協あじさい館で開いた。漁師たちが店頭に立ちホタテやトゲクリガニそれにヤリイカなど県産の魚介類や加工品およそ25種類を買い物客に売り込んだ。またSNSなどで話題の「漁師カード」が数量限定で配られた。漁師カードは県が県産の水産物に興味を持ってもらおうと作成したもので作業服姿でポーズを決めた漁師が写っている。買い物に訪れた親子は「ホタテとミズカレイ焼いて食べようかなと思います。(漁師カードを)全部集めている」「もっと欲しい」と話した。あおもりの肴フェアは4月25日にも青森市のカブセンター青森西店で開かれる予定。

青森2020.04.04 17:08

新型コロナで免許証の更新期間延長 岩手県警

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、岩手県警は運転免許証の更新手続き期間を延長する特例措置を取っている。対象となるのは免許証の有効期限が3月13日から4月30日までの人のうち、「ウイルスに感染する心配から不特定多数の中で更新の講習を受けられない」という人。運転免許証等を持参して運転免許センターで申し出ると、更新手続きの期限を特例として3か月間延長する。県警は「講習会場は座席の間隔を空け、消毒対策も徹底しているが、不安がある人は相談してほしい」と話している。

岩手2020.04.04 13:43

由利本荘市の病院勤務50代女性が感染確認

由利本荘市の病院に勤務する50代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認され病院は全ての一般外来を4日から15日まで休診としました。
感染が確認された、由利本荘市の由利組合総合病院に勤務する50代の女性は2日に感染が判明した東京から帰省した10代の女子学生の母親です。女子学生は3月28日に母親が運転する車で、秋田空港から由利本荘保健所管内の実家に帰省し、母親など家族4人と一緒に生活していました。ほかの家族3人のうち1人は陰性で残る2人は4日に検査します。母親は、女子学生が帰省したあとも4月1日まで由利組合総合病院で看護助手として勤務していました。病院では救急外来は受け付けるものの4日から15日まで、全ての一般外来を休診します。また青森県などによりますと『おととい感染が確認された大館市立総合病院の20代の男性研修医と3月23日に弘前市で会食した青森県の病院に勤める20代の男性研修医』も感染していることがわかりました。2人はいずれもこの春弘前大学を卒業しています。大学は卒業生が研修医として勤める21都道府県の61の病院に注意喚起しました。また秋田市によりますと感染が確認された陸上自衛隊秋田駐屯地の隊員2人の濃厚接触者について検査結果が出ていなかった26人のうち、11人が陰性だったことがわかりました。まだ検査を終えていないのは20代の男性隊員の濃厚接触者1人と30代の男性隊員の濃厚接触者14人で秋田市が引き続き調べています。

秋田2020.04.04 12:19

清明・夕方から天気崩れそう 岩手

4日は二十四節気の一つ「清明」。岩手県内は、午前中、多くのところで晴れているが、夕方から天気が崩れる見込み。「清明」は万物が若返り、清々しい季節の頃とされている。各地の最低気温は釜石で4.7℃、宮古で3.5℃、盛岡で0.3℃となるなど3月下旬から4月中旬並みとなった。日中の最高気温は北上で19℃、盛岡で18℃と予想されているが、夕方から曇りで、夜は雨の降るところが多い見込み。

岩手2020.04.04 12:14

1本250円 広野産バナナ 郡山で販売

広野町で栽培されたバナナが、郡山市内の直売所で販売された。
JAの農産物直売所「旬の庭」には、午前10時の開店と同時に多くの客が訪れた。
お目当ては、広野町産のバナナ「綺麗」。
広野町では2019年にバナナの出荷を始め、皮まで食べられるさっぱりとした甘さが特徴。
直売所では1本250円のバナナが次々に売れていた。
■男性客は
「なかなか手に入らなくて、今回が初めてです。ドキドキ。期待しています。」
バナナは300本限定で、なくなり次第販売を終了するという。

福島2020.04.04 11:55

新型コロナで会津若松の観光に影響

会津若松市では新型コロナウイルスの影響で、一部の温泉旅館の予約が大幅に減っている事が分かった。
市によると、3月1日から22日までに鶴ヶ城に来た人の数は前の年の同じ時期に比べて86%、また東山や芦ノ牧の一部の温泉旅館では4月の予約の数が半減しているという。
会津鉄道によると、4月の団体観光のキャンセルは112件、196万円あまりに上っている。
市では雇用の相談窓口や、融資の限度額を上げていく「緊急経済対策本部」を設置したほか、今後は誘客対策も準備していくと説明している。

福島2020.04.04 11:53

感染の研修医 弘前市で約30人と会食

秋田県で新型コロナウイルスへの感染が判明した弘前大学出身の男性研修医が弘前市内で友人などおよそ30人と会食していたことが分かった。

弘前大学によると新型コロナウイルスに感染した20歳代の男性研修医は卒業式が行われた3月23日の夜に居酒屋など弘前市内の飲食店3か所で友人や後輩など約30人と会食していた。この研修医は3月17日までスペインとフランスを旅行し、帰国後は症状がなかったが転居先の秋田県で検査の結果2日に感染が確認された。この研修医と会食した約30人は濃厚接触者と見られこのうち1人は3日八戸市で感染が判明している。弘前大学大学院の廣田和美医学研究科長は「これから医師になろうという人間ですから危機管理や危機意識を持って臨んでほしかった。医の倫理や危機管理をさらに徹底してもう少し理解ある学生を育てていきたい」と話した。保健所が濃厚接触とみられる研修医たちの検査を進めている。

青森2020.04.04 11:14

連続コロナ感染続く どんな行動が大切か

山形県内では先月31日に初めて米沢市で感染者が確認されて以降、今月1日は上山市で、2日は新庄市で、それぞれ1人の感染が発覚している。
感染症に詳しい山形大学医学部付属病院の森兼啓太教授は3日連続で感染者が出ている現状をこう語る。
「いままで0人だったのでかなり驚いたかもしれないが、東京や周辺の地域で何百人という患者が出ているので、ウイルスが入ってきて感染者がでるのはいつかは起こること。それが今回だったというとらえ方がいいと思う」。
県では引き続き、手洗い、咳エチケットの徹底や県外との不要不急の往来自粛、大人数が集まる行事の規模縮小などを求めている。
さらに森兼教授は山形の実情を踏まえ、留意すべき点があると語る。「山形は大家族が多いのでそれは東京と違って不利な面。家族にうつしてしまう可能性を考え、若い人は自分がかかっても軽くて済むとは思わないほうがいい」。
森兼教授によると世界的に見ても大規模な感染はほとんどが大都市圏で発生していて、県内で感染爆発が起きることは現時点では考えにくいという。また新型コロナウイルスについては、ある程度長期化する覚悟を持ち、持続可能な形で感染症対策を行うことが大切と呼びかけた。

山形2020.04.03 20:34

ブラウゴンとビッキー今年も県警広報大使に

県内のプロスポーツチームのマスコットキャラクターが今年も県警察本部の広報大使を務めます。新型コロナウイルスの影響で、リーグ戦が中止や延期となり、なかなか活躍の場がないマスコットたちは、マスク姿で交付式に臨みました。
県警の広報大使に任命されたのは、ブラウブリッツ秋田のブラウゴンと、秋田ノーザンハピネッツのビッキーです。2015年に初めて任命されてから、毎年、広報大使を務めています。新型コロナウイルスの影響で、Bリーグは残っていた全試合が中止に。J3リーグは開幕が見通せていません。秋田ノーザンハピネッツの桑原淳取締役は「明るい話題を提供できない、元気な姿をお見せできない、という環境の中なので、こういった広報活動を通じて、少しでも県民の皆様に貢献できるようなことができればと思います」と話しています。ブラウゴンとビッキーは、来週から始まる春の交通安全運動や学校でのあいさつ運動など、警察が主催するイベントに参加する予定です。

秋田2020.04.03 20:08

感染の医師 のべ200人診察

 県内9人目の新型コロナウイルスの感染です。
 感染が確認されたのは八戸市内の診療所に勤務する男性医師で3日間にのべ200人を診療していたということで市民の間に動揺が広がっています。


★八戸市 小林眞市長
「新型コロナウイルス感染が判明しましたので報告します
患者の概要は年代は50代性別は男性職業は医師」

 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは八戸市出身で東京都在住の50歳代の男性医師です。
 男性医師は平日と土曜日の午前中は実家の北村耳鼻咽喉科に勤務し診察しています。
 3月28日以降、3日間でのべ200人ほどを診察していたということで市民の間には動揺が広がっています。

★八戸市民は
「だんだん身近に出てくるのでやっぱり自分もという不安はどうしても出ますけれど」
「医師でもこうなっているのだから普通の私たちならどうなるのかと」
「怖い特に持病を持っているから」

 診療所がある八戸市小中野地区でも住民が心配しています。

★小中野地区の住民は…
「大変だよね お医者さんなのにわからなかったのかな」
「そこ(病院前)を毎日通っていくからびっくりしましたけれどやっぱり不安はあります」
「(Q診察を受けたことは)あります 息子さんがね」
「大概この辺の人は行きます」
「早く1人だけで収まってくれれば良いのだけれど」

 これまでのところ男性医師と県内で濃厚接触したと見られるのは実家に同居する両親で確認を進めています。
 感染が新たに確認されたことを受けて八戸市教育委員会は3日、
小中学校の新学期について4月8日から17日まで臨時休校することを決めました。
 ただ7日の始業式と入学式は時間を短縮して行います。
 八戸市では感染の拡大防止に務める考えを強調していて小林市長は首都圏や海外から来た人に対して2週間程度、不要不急の外出を控えて自宅待機や在宅勤務をするよう要請しています。

青森2020.04.03 19:33

濃厚接触の判断 八戸市長 見解改める

 ところで、この男性医師が診療した患者について八戸市の小林市長は2日の時点で「濃厚接触者にはあたらない」という見解を示していましたが3日その見解を改めました。

 八戸市によりますと男性医師は3月28日以降
のべおよそ200人の患者を診療していました。
 診療中はマスクやゴーグルそれに白衣を着用し必要に応じて手袋もつけていたということです。
 さらに処置はなるべく行わずに患者との距離も密接しないように努めていたということです。
 受診した患者が濃厚接触者にあたるかどうかの判断について八戸市の小林市長は2日の時点では「あたらない」という見解を示しました。
 ただ県の感染症対策のコーディネーターを務める大西基喜医師は濃厚接触者でないと「言い切るのは難しい」という見解を示しました。

★県感染症対策 コーディネーター
 大西基喜 医師
「(患者が)濃厚接触者にあたらないと言い切ることは難しいと思います(男性医師は)患者に必ず触っています その時の状況などが確認できないので」

 これを受けて小林市長は一夜明けた3日見解を改めました。

★八戸市 小林眞市長
「(県の)コーディネーターがそういう判断をされるのでればそれはその判断が正しいのだろうと思います そういう意味で現在診察された皆さんのその後の状況を把握しているということでご理解頂ければと思います」

 八戸市保健所は男性医師が診療した患者の健康状態の確認を進めており必要に応じて検査を行います。
 その中で3月28日に受診したあと体調を崩して救急搬送された患者の女性がいることがわかっておりこの女性については検査を行っています。

青森2020.04.03 19:33

秋田の感染者は弘大卒

 2日秋田県で新型コロナウイルスへの感染が確認された20歳代の男性研修医は3月、弘前大学を卒業した医師だったことが分かりました。

 これは弘前大学や大館市立総合病院などへの取材でわかったものです。
 新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは3月、弘前大学医学部を卒業して4月から秋田県の大館市立総合病院で勤務する予定の20歳代の男性研修医です。
 秋田県によりますと男性研修医は3月9日から17日にかけてスペインとフランスに旅行していました。
 帰国後は自家用車で弘前市内の自宅アパートに戻り、大館市立総合病院で勤務するため25日に引っ越しました。
 男性研修医に症状はありませんでしたが病院側の判断で検査したところ2日感染が判明しました。

★弘前市民は
「この時期に、そういう風に旅行するのはどうかなとお医者さんとしてもう少し考えた方が良かったのではないでしょうか」
「もう少し自覚を持ってほしいですね いまの時期は避けるとか」
「少し怖いと思いますね」

 男性研修医の行動歴などについては秋田県や県が詳しく調べています。
 弘前大学では午後6時半から記者会見を開き詳しい内容について
説明する予定です。

青森2020.04.03 19:33

三沢病院 休診 濃厚接触

 三沢市立三沢病院の職員が秋田県で新型コロナウイルスの感染が確認された研修医と濃厚接触したことが分かり3日から外来を休診にしました。

★三沢市立三沢病院 市川淳悦事務局長
「渡航歴のある研修医と濃厚接触があったと判明しました本日4月3日金曜日から4月7日火曜日 朝8時まで外来休診 薬だけの患者は受け付けます」

 三沢市立三沢病院によりますと病院の職員が秋田県で新型コロナウイルスの感染が確認された研修医と濃厚接触していたことが2日夕方分かりました。
 このため病院は職員を自宅待機させ、3日午後からPCR検査が行われています。
 職員は4月1日から採用され新人研修を行っていたということです。
 病院は万が一に備え3日の午前中から7日午前まで休診にし、救急車や夜間の受け入れ、それに入院患者の見舞いも禁止しました。
 また職員と接触した13人も自宅待機にしていますが、今のところ発熱などの症状はないということです。
 突然の休診に利用している患者も困惑していました。

★患者は
「驚きもありますが、やっぱりというところもあります ちょっと心配です 特に担当の先生がそういう状況になったら診る代わりの先生がいるのかどうか心配です」

 職員の検査の結果は、早ければ今夜、判明するということです。

青森2020.04.03 19:33

岩手・知事が不要不急の外出自粛を改めて求める

岩手県の達増知事は、首都圏などから岩手に来る人に対し、2週間の不要不急の外出自粛など、慎重な行動を改めて訴えた。知事「今までいた都県の自粛要請の趣旨を踏まえて、感染拡大防止に向けて来県後2週間平日夜間や週末の不要不急の外出自粛など、慎重に行動してほしいと思う」。達増知事は、3日開かれた県の対策本部員会議でこのように述べた上で、「仕事や通院などは不要不急の外出にはあたらない」とした。また、会議では今週に入り「東京から帰ってきたが、だるさがあり心配だ」、「東京から戻ってきた孫を検査してほしい」といった相談が増加していることが報告された。3日朝までに岩手県内では79件のPCR検査が行われたが、全て陰性だったという。

岩手2020.04.03 19:27

岩手・新型コロナウイルス感染防止で授業開始延期の大学も

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、岩手県内の大学も授業の開始を遅らせるなど対応に追われている。岩手大学によると、学生の健康を最優先して授業開始日を予定より10日間遅らせ、今月20日に延期した。新入生、在学生ともに6日までに岩手での生活を開始し、その後14日間検温などの健康観察と不要不急の外出自粛を求める。また、万が一感染した場合の経路を特定するため、外出した場所と時間をすべて記録することも求める。部活動などの課外活動については、来月10日まで禁止する。富士大学は、全学年の授業開始を1週間遅らせて今月13日からとした。県内の小中学校と県立学校は、来週以降、授業を再開する予定。

岩手2020.04.03 19:26

岩手・軽トラックと大型トラック正面衝突 1人死亡1人重傷

3日午前、岩手県八幡平市の県道で軽トラックと大型トラックが衝突し、1人が死亡1人が重傷を負った。記者「八幡平市帷子の事故現場。複数の警察車両、そして警察官がおりて物々しい雰囲気となっている。軽トラックが雪除けの柵に突っ込んでいる。事故の衝撃を物語っている」。3日午前10時15分ごろ、八幡平市帷子の県道で、軽トラックと大型トラックが正面衝突した。この事故で、軽トラックを運転していた八幡平市西根の無職、佐々木信夫さん76歳が胸を強く打ち、病院に運ばれたが、約1時間半後に心臓破裂で亡くなった。また、大型トラックを運転していた八幡平市大更のトラック運転手、高橋恵樹さん58歳が首の骨を折る重傷。現場は、センターラインのない直線道路で、警察が事故の詳しい原因を調べている。

岩手2020.04.03 19:25

福島大学が授業開始をGW明けに延期

福島大学は新型コロナウイルスの影響で、授業開始を1カ月延期するほか、当面はインターネットを使った授業とすることを決めた。
大学では当初、前期の授業を4月9日に始まる予定だったが、ゴールデンウイーク明けの5月7日からに延期。
また9月までの続く前期の期間、授業は原則、インターネットを利用して行う。
4月6日に予定されていた入学式を中止としている。
県内では県立医大もインターネットで授業を行うことを決めている。

福島2020.04.03 18:49

公立学校の再開 県内は予定通り来週から

3日も南相馬市で福島県内9例目の新型コロナウイルスの感染者が確認されたが、県は、予定通り来週から学校を再開させる方針を決めた。
県教育委員会は、新たな感染者が確認されるごとに各地域の感染状況を確認している。
現時点で県内は、新規感染者の増加が一定程度の幅に収まっている「感染確認地域」、または感染者がいない「未確認地域」にあたる判断している。
県内の学校では、4月1日から部活動が再開し、児童・生徒や教職員に「3つの密」を避けることや咳エチケットなど感染拡大防止策を徹底し、予定通り来週から始業することを改めて決めた。
ただし、今後、教職員や児童生徒に感染者が確認された場合や、地域の感染者が大幅に増加する状況となれば、一斉休校を実施する可能性もあるとしている。

福島2020.04.03 18:34

新型コロナ、軽症者は自宅や宿泊施設で

厚生労働省が、新型コロナウイルスの感染者のうち、軽症の人については、自宅や宿泊施設での療養を検討するよう都道府県に求めたことを受け、福島県も検討に入った。
♪加藤厚労相
「自宅療養患者のフォローアップの仕組みなどについて、昨日、都道府県などに対して周知をした。」
現在、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性の場合は、全員入院することになっている。
しかし、医療崩壊を防ぐため、厚生労働省は、軽症者や症状がない人は、自宅や宿泊施設での療養への切り替えを検討するよう、都道府県に求めた。
これを受け、福島県は、「今後、ホテルなどの関係機関と調整したい」とコメントしている。
現在、県内では、陽性の患者が入院できる病床数は52あるが、7人が入院中のため、受け入れ可能は45床となっている。

福島2020.04.03 17:24

岩手・盛岡の花壇も春の装いに

岩手・盛岡市の中心部を彩る「花時計」の花壇にボランティアが花の苗を植えた。盛岡市の東北銀行本店前にある「花時計」は故障のため、現在は時を刻んでいないが、周りの花壇に毎年、花が植えられ、道行く人が、その美しさを楽しんでいる。3日は、ボランティア約20人が参加し、340株のビオラやネモフィラ等、丁寧に植えた。ことしは、当初、東京オリンピックの五輪マークを花で表現しようとしてい たが、延期になったため、カラフルな花で5つの大陸を形作った。また、新型コロナウイルスの危機を協力して乗り越えようと「せかいはひとつ」というメッセージも花で表現した。植えられた花は4月末頃に見ごろを迎え、まちを華やかに彩る。

岩手2020.04.03 13:37

交通安全教材を贈呈 岩手・盛岡

    子どもたちの交通安全教育に役立ててもらおうと大手自動車メーカーの販売店グループがボランティア団体に教材絵本を贈った。これは大手自動車メーカーが展開する「春の交通安全キャンペーン」の一環として毎年行われていて、岩手県内でも販売店を通して交通安全団体に教材絵本を贈っている。3日は県トヨタ八社会の小林義弘会長から県交通安全母の会連合会の小森洋子会長に教材絵本3万部の目録が贈られた。交通安全絵本「ぼうしがぴゅ~っ!」は子どもの交通事故の6割以上を占める「飛び出し」の危険性を可愛らしいイラストで紹介している。絵本は県内の幼稚園や保育園等に配布される。

岩手2020.04.03 13:32

県内9人目 実家に帰省 10代学生が感染

由利本荘保健所管内の実家に帰省していた10代の学生が、新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。県は、これまで判明した感染者を含めて行動歴や濃厚接触者を調べています。
感染が確認されたのは、東京都内に住む10代の女子専門学校生です。県によりますと、女子学生は、先月28日に東京から飛行機と車を乗り継いで由利本荘保健所管内の実家に帰省しました。1日に発熱や倦怠感が出て専門外来を受診し、検査をした結果、感染が判明しました。車は家族が運転し、移動の際は常にマスクを着用していたということです。県は、実家の家族4人を濃厚接触者と判断し、今後、検査を行う予定で、行動歴についても調査を進めます。また、秋田市によりますと新型コロナウイルスに感染した陸上自衛隊秋田駐屯地の20代と30代の男性隊員について、濃厚接触者が新たに24人いることがわかりました。24人は、いずれも秋田駐屯地の自衛隊員で体調不良を訴えている人はいないということです。今後検査を行います。濃厚接触者として検査をしていた30代の男性隊員の家族3人については2人が陰性となりました。

秋田2020.04.03 13:06

新学期に向けて 白線の塗り直し

除雪作業などで薄くなってしまった道路の白線を塗り直す作業が県内各地で進められていて、3日は秋田市の小学校の前で横断歩道や停止線が塗り替えられました。
道路の白線の塗り替え作業が行われたのは、およそ200人の児童が通う秋田市の明徳小学校の通学路です。新学期が始まるのを前に県警察本部では、県内各地の小中学校の通学路の白線を中心に、業者に委託して塗り替え作業を行っています。今年は、暖冬の影響で例年より10日ほど早い先月中旬から作業が始まったということです。去年1年間で歩行中に交通事故に遭った小中学生は16人、自転車に乗っていて、交通事故に遭った小中学生は19人いました。明徳小学校をはじめ秋田市内の小中学校は、6日月曜日に始業式が予定されています。

秋田2020.04.03 13:06

県が外出自粛要請を含め新たな対策を検討

新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、県は「外出自粛要請」を含めたさらなる対策を検討していることがわかった。県内では今月2日までに8人の陽性患者が確認されていて、特に、この3日間で6人の増加が見られた。
県はこれまで、東京方面への不要不急の往来の自粛を呼び掛けているが、関係者によると、こうした状況を受け、外出自粛要請を含めたさらなる対策を検討しているという。
こうした対策は、ほかの県でも行われていて、県は3日夕方にも対策会議を開き、詳細を検討することにしている。

福島2020.04.03 12:02

7、8例目受け濃厚接触者の特定を急ぐ

今月2日に南相馬市と須賀川市で、あらたな新型コロナウイルスへの感染者が確認されたことを受け、保健所が濃厚接触者の特定などを進めている。
県内7例目の感染者は南相馬市の70代女性。
前日に感染が確認されていた男性の母親で目立った症状はないという。
女性の息子の50代男性は先月20日に、東京都内のライブハウスを訪れていて、出演者の中にも感染者が確認されている。
一方、8例目の感染者は須賀川市の10代女性でいまのところ症状は軽いという。
女性は先月25日から3日間、都内に滞在していたことがわかっている。
各保健所は詳しい行動歴と濃厚接触者について調査を進めている。

福島2020.04.03 12:01

台風被害を乗り越えモモ農家に春到来

献上桃の里として知られる桑折町のモモ畑では春を迎え、本格的な作業が始まった。
桑折町伊達崎の後藤哲男さんのモモ畑は去年の台風19号による大雨で、水に浸かる被害を受けた。
モモの木は花も咲き出し、病害虫の被害を防ぐための消毒が始まっている。
冬にかけて畑の手入れを重ねたことから、生育は例年と変わらないという。
■桑折町 後藤哲男さん
「生育が進んでいるので、作業をきっちりして美味しいモモを届けたいと思う」
後藤さんのモモ畑では摘花作業も始まっていて、早い品種では6月下旬に収穫時期を迎える。

福島2020.04.03 11:59

新型コロナ 八戸市で新たに1人感染確認

 八戸市の小林市長は2日午後8時会見を開き新型コロナウイルスの感染が新たに1人確認されたと発表しました。


★八戸市
  小林眞市長「青森県環境保健センターに検査を依頼していた検体の新型コロナウイルス感染が判明しましたので報告します。患者の概要は年代は50代性別は男性」

 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは八戸市出身で東京都在住の50歳代の男性医師です。
 3月30日以降、のどの痛みや倦怠感を感じ2日、県環境保健センターで検査した結果、陽性反応が確認されました。
 男性医師は平日と土曜日の午前中は八戸市内にある実家の病院に勤務し診察しています。
 3月30日以降、のどの痛みや倦怠感などの症状が出たあとものべ200人ほどを診察していたということで保健所が患者と連絡を取り健康状態を確認することにしています。
 県内の感染者はこれで9人となりました。

青森2020.04.02 20:42

新型コロナで市独自の経済対策検討へ 岩手・盛岡市

新型コロナウイルスをめぐる県内の動きです。感染拡大を受けて、盛岡市の谷藤裕明市長は2日、市単独の経済支援策を検討していく考えを明らかにしました。
(盛岡市・谷藤裕明市長)「今後示される国の緊急経済対策と合わせて市単独の支援策について検討していく。」
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、盛岡市では3月2日から事業者向けの相談窓口を設けていて、3月は67件の相談がありました。盛岡市は現在政府がとりまとめている緊急経済対策の他に今後、市単独でも経済支援を行い、事業者を支援していくことにしています。また、谷藤市長は先日、達増知事が発表したメッセージを受けて、市民にも欧米など海外から帰国した人と、東京などから移動してきた人に2週間の不要不急の外出を自粛するよう呼びかけました。さらに6月のチャグチャグ馬コと8月の盛岡さんさ踊りについては「関係者と協議して開催するか検討していく」と話しました。

岩手2020.04.02 20:12

新1年生に黄色い帽子

この春、秋田市内の小学校に入学する新1年生に交通安全の願いが込められた黄色い帽子が贈られました。横断歩道の正しい渡り方なども学んだ子どもたち。もうすぐ学校生活がスタートします。
黄色い帽子の贈呈式には秋田市内の41の小学校の代表児童が出席しました。恒例のイベントですが、今年は新型コロナ対策として出席者全員がマスクを着用し、イスの間隔も離されました。穂積市長は交通安全の願いを込めた黄色い帽子をひとりひとりに手渡し、子どもたちは横断歩道の正しい渡り方などを学びました。秋田市立の小学校では8日に入学式が行われ、黄色い帽子は新1年生およそ2200人全員に贈られます。

秋田2020.04.02 19:21

県立図書館 本の貸し出し再開

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休館していた県立図書館が1か月ぶりに再開しました。長時間の滞在を制限するなど感染防止策を講じたうえで、本の貸し出しはこれまで通り行われるようになりました。
県立図書館では2日朝、1か月ぶりの開館に向け、職員総出で準備し、オープン前から並んでいた利用者が午前9時の開館とともに次々と閲覧室に入っていきました。無料で借りられるおよそ94万冊の書籍。外出を控える動きが広がるなか、自宅でゆっくり読書を楽しむという人も多いようです。県立図書館では新型コロナ対策として長時間の滞在を制限するため2階の閲覧室の座席利用を当面の間、禁止することにしています。1階の新聞閲覧コーナーだけは解放していますが、1つのテーブルに4つあった座席を2席に減らし、利用者が密接するのを防ぎます。県立図書館は、利用する際はマスクを着用するよう呼びかけています。

秋田2020.04.02 19:21

経済団体が県に支援策を要望

新型コロナウイルスの影響で県内企業の業績が落ち込んでいるとして経済団体の代表が県に支援策を要望しました。要望書を受け取った堀井副知事は「早期に対策を講じたい」と応じました。
堀井副知事に要望書を提出したのは、零細企業や個人事業主が加盟する秋田県商工団体連合会です。要望書には県独自の無利子・無担保の支援制度・補助制度の確立、感染の影響が収束するまで法人・個人の所得税・消費税の納付期日の延長を国に求めること、相談窓口の一本化と助成金制度の周知徹底を図ることなど10の対策を要望しています。堀井副知事は「早期に補正予算案を県議会に示し、対策を講じていきたい」と述べました。

秋田2020.04.02 19:20

弘前公園閉鎖に衝撃走る

1日に弘前市が打ち出した弘前公園閉鎖の知らせに周辺の事業者に衝撃が走っている。

弘前公園の西堀の近くで会席料理や津軽そばを提供している店は桜の季節の利用者が最も多く1年の中での書き入れ時。しかし2月頃からキャンセルが出始め、弘前さくらまつりの中止と弘前公園の閉鎖が報道されてからはさらに追い討ちをかけている。今は予約がほとんどない状況。「野の庵」女将の佐藤貞子さんは「キャンセルは連日です。2日も朝8時位から電話が鳴って東京だ京都だと。不安を通り越している感じです。考えられないことだったので。経験したことのない痛手です」と話した。公園の北西にある一陽橋のそばの駐車場はステージや出店が近いことから桜の季節ひっきりなしに見物客の車が訪れ、1日あたり多い時で500台を超える利用があると言う。春の売上げは年間の約7割を占めるということでダメージは大きい。「サクラパークかじの」の梶野武美代表は「今までにない経験をすると思います。生活できないということになります。弘前の経済というよりも津軽全体、青森県全体に及ぼす影響は大」と話した。弘前市内では桜の季節の売り上げが生活を支えている事業者が多く、まつりの中止や公園閉鎖の影響は計り知れないものがある。

青森2020.04.02 18:56

平泉町と一関市が史上最速のサクラ開花宣言 岩手

県南の平泉町と一関市は2日、桜の開花を相次いで宣言しました。3月27日の大船渡市に続き、内陸にも史上最速の春の便りが届きました。
平泉町では2日午前11時、役場の敷地内にある基準木のエドヒガンが10輪咲いたのを職員が確認し、桜の開花を宣言しました。これは去年より10日早く、2010年に町独自の開花宣言を始めてから最も早い開花となりました。平泉観光協会によりますと、町内の桜は天候が良ければ、今月中旬に見ごろを迎えるのではないかということです。
そして、一関市では2日午前11時半、市役所敷地内の基準木のソメイヨシノが5輪咲いたのを確認し、開花を宣言しました。こちらは去年より11日早く、1984年に市独自の開花宣言を始めてから最も早い開花となりました。一関市観光協会によりますと、桜の名所として知られる厳美渓と釣山公園でも咲き始めているということで、天候が良ければ、今月中旬に見ごろを迎えるのではないかと話しています。

岩手2020.04.02 18:54

田んぼアート 中止

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い県内の催しや行事に影響が出ている。田舎館村では田んぼアートが中止され弘前市の企業では警戒の中入社式が行われた。

田舎館村は2日、田んぼアートの中止を発表した。新型コロナウイルスの感染が五所川原保健所管内で確認されたことを受けての判断だ。今年の図柄は第1会場がモナリザと洋画家黒田清輝の「湖畔」で、第2会場は人気アニメエヴァンゲリオンを予定していたが田植えも取りやめた。田舎館村企画観光課の工藤修市課長は「私どもの田んぼアートですが県外からのお客様も多く見えるイベントになっているのでそういうことは自粛した方が良いという判断になったということです。残念です」と話した。田んぼアートは期間中20万人が訪れる田舎館村の名物だが新型コロナウイルスの感染防止を考慮した。一方、弘前市ではアルクグループの入社式が行われ、新入社員4人がマスクをつけて1メートル以上離れて席に座るなどの感染防止対策が取られた。式ではアルクの小山内社長が「様々な困難に立ち向かって自分を磨いてもらいたい」と激励した。アルクグループの新入社員は「1日でも早く社会と会社の役に立てるように努力したいと思います」と話した。一方、空の便は2日も減便の発表が相次いだ。日本航空は4月6日から10日まで青森・東京線と青森・大阪線のいずれも5往復10便を減便する。この期間6往復だった東京線は3往復に半減。フジドリームエアラインズも4月9日と10日それに22日の3日間青森・名古屋線で1日あたり1往復2便を追加で減便する。

青森2020.04.02 18:47

青森市小中学校 6日再開

青森市は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校している市内全ての小中学校について4月6日に再開することを決めた。

青森市の小中学校の再開は小野寺市長が市の危機対策本部で指示したもの。それによると4月6日に学校を再開し、6日は学年ごとに時間差を設けて登校する「時差登校」をさせて学習準備を行う。7日は「時差登校」で始業式と入学式を行い、8日から10日までは一部の学年だけ登校する「分散登校」をさせて授業を行う。土日をはさんで13日からは平常授業となる。また4月中に順次、市内全ての小中学校で試験的にタブレット端末を使った遠隔授業を行う。小野寺晃彦市長は「学校再開ガイドラインについてもあわせて文部科学省からお示しがありました。これを踏まえて青森県・青森市の状況を踏まえて今回慎重を期して分散登校という形ではありますが指示させていただいたところです」と述べた。一方、三村知事は県の危機対策本部会議で新型コロナウイルスの感染拡大の影響で資金繰りが厳しい中小企業の支援のため早期に補正予算案を編成するよう指示した。また2020年度の県の予備費のうち7400万円を、感染症防止対策の専門家8人をアドバイザーとして教育機関に派遣するなどの新型コロナウイルスの対策にあてる。

青森2020.04.02 18:42

自粛ムード背景に 温泉宅配サービス開始

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出を控える動きが広がる中、平川市の温泉施設が温泉の宅配サービスを始めた。

「安全運転でいってらっしゃい」「安全運転で行ってきます」温泉の宅配サービスを始めたのは平川市の温泉施設「福家」。初日の1日はさっそく予約を受けた近所の家に宅配していた。温泉は約51℃、泉質はアルカリ単純泉で一般家庭の風呂1杯分およそ300リットルを浴槽に注ぐ。利用者は「このご時勢なのでなかなか外に出られない人もいると思うので温泉行きたくても行けない人には最高な配達だと思います」と話した。福家でも新型コロナウイルスの影響を受けて宴会のキャンセルなどが相次いでおりグループ全体の3月の売り上げは当初の見込みより1000万円ほど減少するという。このためスタッフが売り上げを維持するためのアイディアとして温泉の宅配サービスを提案した。SNSで情報発信したところさっそく予約が寄せられたという。福家を経営するタグボートの水口清人社長は「まだまだ皆さんに知られていないのでまたこの新型コロナの方も長引くんじゃないかと思っているので是非リフレッシュの機会に記念日とか誰かにプレゼントする企画でも良いのかなと思います」外出を控える動きが広がる中、平川市の会社が始めた「あたたかい」サービスが注目を集めそうだ。

青森2020.04.02 18:39

五輪聖火Jヴィレッジで展示

東京オリンピックの聖火が、2日からJヴィレッジに展示されている。
聖火リレーのスタート地点Jヴィレッジには、聖火を一目見ようと県の内外から多くの人が訪れた。
会場では新型コロナウイルス対策のため、マスクの着用を呼び掛けている他、聖火の観覧は数人ごとに区切られひとり30秒までとなっている。
■茨城県から来た人は
「最初で最後かもしれないので見られてよかった」
■川俣町から来た人は
「聖火を見られてとっても嬉しい」
聖火の展示は、今月30日までJヴィレッジのセンターハウスで毎日見ることが出来る。

福島2020.04.02 15:13

30代男性隊員 家族3人を検査へ

新たに新型コロナウイルスに感染していることがわかった陸上自衛隊秋田駐屯地の30代の男性隊員について秋田市保健所は家族3人を濃厚接触者として検査を進めます。
先月30日、秋田駐屯地の20代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染していることが分かり、秋田市保健所は隊員21人を濃厚接触者と判断し、検査を進めています。1日までに20人の結果が判明し、この内30代の1人が陽性となったもので、症状はないということです。感染が確認された男性隊員2人は先月25日、宮城県から秋田市に戻る車に同乗していました。秋田市保健所は30代の男性隊員の家族3人を濃厚接触者と判断し、検査を進めます。県内で新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは7人となっています。

秋田2020.04.02 13:21

福島市 同居する夫婦の子は“陰性”

福島市では市内に住む70代の男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかり、その妻も感染が確認されている。
市は、夫婦と同居する子ども1人を濃厚接触者と判断。
ウイルス検査の結果は「陰性」だったと公表した。
現在、発熱などの症状は無いという。
また、南相馬市の50代の男性も新型コロナウイルスに感染していることがわかり、これで県内の感染者はあわせて6人となった。

福島2020.04.02 13:04

一人前のフラガールに…

いわき市の常磐音楽舞踏学院では1日、入校式が行われ、8人がフラガールとしての第一歩を踏み出した。
56期生として入校するのはスパリートハワイアンズを運営する常磐興産に入社したばかりのフラガールの卵8人。
式では、井上直美学院長が新型コロナウイルスの影響でショーが休止になっていることに触れ
「この時間を絶好のトレーニングの時間と捉えチャンスに変えてください」
と激励した。
親子二代でフラガールを目指す茨城県出身の篠田愛純さんは
「お母さんに相談してアドバイスをもらった。デビューするまでは日々レッスンに励んで努力したい」
と話した。新入生の初レッスンやデビューの時期などは状況を見て判断したいとしている。

福島2020.04.02 13:04

郡山市逢瀬町の事件発生から20年

2000年に郡山市逢瀬町の山の中で当時17歳の少女が殺害されているのが見つかった事件は、2日で発生から20年となった。
2000年の4月2日、郡山市逢瀬町の山の中で山岸亜世美さん(当時17歳)が首を絞められ殺害されているのが見つかった。
警察は、交友関係者など2万8,308人に聞き込み捜査を行ったが、有力な手がかりはつかめていない。
これまでに動員された捜査員は延べ3万7,324人にのぼる。
亜世美さんの父親(70)は、中テレの取材に対し
「親としては、悔しい。自分が生きているうちに真実を知りたい」
などと話している。

福島2020.04.02 13:04

いわてグルージャ盛岡 リーグ開幕へ意気込み

サッカーJ3リーグ、いわてグルージャ盛岡の監督や選手が1日、盛岡市長を表敬訪問した。盛岡市役所を訪れたのは、今シーズンから指揮を執る秋田豊監督と坂本太樹新社長、キャプテンの森下俊選手など4人。昨シーズン、リーグ最下位に沈んだチームを率いる秋田監督が、「結果を出したい」と意気込みを伝えたのに対し、谷藤市長はJ2に昇格できるように応援していきたいと激励した。秋田監督「結果を出さないと淘汰される。それがプロなので、しっかりとグルージャをJ2にあげる。もっともっと上を目指してこれからもやっていきたい」。新型コロナウイルスの影響で流動的となっているホーム開幕は、今月26日いわぎんスタジアムでの鹿児島戦となる予定。

岩手2020.04.02 12:56

岩手・県立高校入試の平均点 去年を大きく上回る

先月行われた岩手県の県立高校の入学試験の平均点は、去年を大きく上回った。岩手県教育委員会によると、先月行われた県立高校入試で、5教科の平均点は292.0点と去年を33.1点上回った。最高点は484点で、去年を13点上回っている。これは思考力や判断力などをみる問題で、受験生が十分に時間を確保できるよう、問題の量を減らしたことなどが影響したとみられている。教科別の平均点は、英語をのぞき4教科で去年を上回った。県教委は「基礎知識を問う問題は高い正答率となったものの、表現力を問う問題の向上が今後の課題」と分析している。

岩手2020.04.02 12:47

事後強盗 無職の女逮捕

1日夕方、青森市の商業施設で万引きして逃げる際に警備員に暴行をしたとして無職の女が逮捕された。

事後強盗の疑いで逮捕されたのは青森市油川に住む無職の女(38)。1日午後4時過ぎ市内の商業施設でアイマスクなどの日用品8点を万引きして逃げる際に、万引きに気付いた女性の警備員に対して胸を押したり足などを蹴るなどの暴行をした疑いが持たれている。女性の警備員にけがはなかった。女は万引きについて認めているが暴行については認めていないという。

青森2020.04.02 11:13

八戸・室蘭航路 営業開始

八戸と北海道の室蘭を結ぶ川崎近海汽船の定期航路が1日営業を開始し第1便が八戸港を出港した。

1日に営業が始まったのは川崎近海汽船の八戸・室蘭航路の1日1往復。八戸港のフェリーターミナルでは1日午前6時45分に「シルバークイーン」7005トンが第1便としてトラック9台を乗せて出港した。八戸港では高速道路とのアクセスの良さなどから現在の苫小牧航路の貨物取扱量が年々増えており今回の室蘭航路開設でフェリー5隻体制で強化を図る考えだ。川崎近海汽船の寅谷剛常務は「物流は比較的堅調に推移していて苫小牧一極集中を避ける意味で室蘭航路に期待している」と話した。八戸・室蘭航路は1979年から2006年まで当時の東日本フェリーが運航していて北海道と東北を結ぶ物流の拠点として14年ぶりの復活に期待が高まる。

青森2020.04.02 11:12

旧弘前偕行社オープン

弘前市にある国の重要文化財「旧弘前偕行社」が保存のための改修工事を終え記念館としてオープンした。

オープン初日の1日はさっそく見学の人が訪れ建物の歴史やそれぞれの部屋の利用方法などの特徴について説明を受けていた。旧陸軍第八師団の社交場などに利用された旧弘前偕行社はルネサンス風デザインを基調とした建物で2001年に国の重要文化財に指定された。建物の老朽化に伴い耐震補強が必要だったことや施設の公開にむけて整備するため7年をかけて工事が進められていた。見学した人は「ものすごく重要文化財というのが浮き上がってきたような気がする」と話していた。旧弘前偕行社は観光施設や文化活動の場として活用されることになっている。

青森2020.04.02 11:12

岩手・新型コロナの影響でビジネスホテル一時休館へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、岩手県盛岡市のビジネスホテル、「ホテルシンプリシティ盛岡菜園」は宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、今月いっぱいで一時休館することになった。ホテルを経営する盛岡市の不動産業者「アクトビラ株式会社」によると、ことし2月に入って、新型コロナウイルスの影響で宿泊予約のキャンセルが相次ぎ、当面の経営が難しくなった。115ある客室の稼働率は、例年なら3月は平均50パーセントを超えていたものの、ことしは15パーセントにまで落ち込み、1か月の収入が65パーセント減少したという。従業員に関しては、外部から派遣されているスタッフで賄っているため、雇用の影響は少ないという。このホテルは、1972年、「ホテルカリーナ」という名前で県内初のビジネスホテルとして盛岡市の中心部、菜園にオープン。3年前「アクトビラ」が建物をオーナーから借り受け、名前を変えて営業していた。「アクトビラ」の高田潤社長は、「事態が収束すれば営業を再開するが、めどは立っていない。収束しないまま長く続けば、一時的な休館ではなく、完全に閉館する可能性もある」と話している。

岩手2020.04.01 19:53

岩手・伝統のはかま姿で小学校入学式

早くも入学式。岩手県内のトップを切って大船渡市の綾里小学校で、伝統のはかま姿の入学式が行われた。記者「県内トップを切って入学式が行われる大船渡市の綾里小学校。新一年生がかわいらしいはかま姿で式に臨む」。明治時代から毎年4月1日に入学式を行っている綾里小学校。1970年頃から女子児童がはかまをはいて式に臨み始め、10年前からは男女ともはかま姿で入学式に参加するようになった。ことし入学したのは、男子9人、女子5人の合わせて14人。ことしは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全員がマスクをつけて式に臨んだ。式では、新一年生1人1人の名前が呼ばれると、緊張した表情で元気よく返事をしていた。そして、熊谷賢校長が、「自分の命を大切にして過ごしてほしい」と挨拶した後、新型コロナウイルスの影響で在校生の中で唯一、参加した児童会長が「友達をたくさん作って楽しい学校生活を送りましょう」と新入生を歓迎した。新入生「(はかまを着て)うれしい感じ」Q楽しみなことは?「算数と音楽」。新入生「なわとび(が楽しみ)」。保護者「何事も一生懸命頑張ってくれればそれでいい」。2日から新入生はいったん春休みに入り、来週の7日から小学校生活をスタートさせる。

岩手2020.04.01 19:43

新型コロナ感染者のカルテデータ流出

五所川原保健所管内で確認された新型コロナウイルスの感染者の電子カルテの画像データが流出しました。感染者を診察した病院を運営するつがる西北五広域連合が流出を認め謝罪しました。

電子カルテのデータの流出はつがる総合病院を運営するつがる西北五広域連合が会見を開いて明らかにし謝罪しました。

★つがる西北五広域連合 高杉滝夫 病院事業管理者
「このたびは患者様および、ご家族の皆様ならびに圏域にお住まいの皆様に対しご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」

流出したのは新型コロナウイルスに感染した20歳代の男子学生の電子カルテの画像データです。
31日、地元報道機関から問い合わせがあり、確認したところ電子カルテと一致したため流出したと判断しました。
データには30日、県が発表した内容と同じ情報のほか公表されていない感染者の帰省先の自治体名が確認できますが氏名はありませんでした。
電子カルテはつがる総合病院などつがる西北五広域連合の6つの市と町の病院で個別のIDを持つ医師や看護師など500人が閲覧できるということです。
業務と関係ない目的でカルテを不正に閲覧した場合は処分の対象となります。

★つがる西北五広域連合 高杉滝夫 病院事業管理者
「本当に医療に携わるものとして許されないことだと考えています。今後刑事告訴を視野に入れて適切に対応していきたい」

つがる西北五広域連合は今後、電子カルテの閲覧履歴を確認するなどして流出経路の特定を急ぎます。

青森2020.04.01 19:41

弘前公園 桜開花時季閉鎖へ

市民や観光客の命と健康を守るための措置と説明しています。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて弘前市は桜が咲く時季の弘前公園を閉鎖すると発表しました。

これは弘前市の櫻田市長が会見を開き明らかにしました。

★弘前市 櫻田宏市長
「外堀の桜の開花が予想されている4月10日金曜日午後6時からゴールデンウィーク最終日の5月6日水曜日までの期間、弘前公園を閉鎖する措置を取ることにしました」

弘前公園は4月10日から5月6日まで閉鎖されます。
理由について櫻田市長は新型コロナウイルスを巡る状況が日々変わる中で弘前市内で感染者がいつ確認されてもおかしくない状況にあるためと説明しました。
弘前公園には入り口が11か所ありますが、このうち3か所の門を閉め、門のない場所にはバリケードを設けるということです。

★弘前市民は
「やっぱり桜とかも近くで見てきていたので、それがなかなか見られなくなると少し寂しいとは思います」
「仕方ないかなと思います」
「寂しいところはありますけれども、でも健康が第一ですから」
「今回も妥当な判断だと思いますけども」

夜間照明とぼんぼりも取り止めます。
さくらまつり期間中、200万人余りが訪れ弘前市の代名詞とも言える弘前公園の桜ですが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公園の閉鎖という事態にまで追い込まれました。

青森2020.04.01 19:24

日銀短観 大きく悪化

日銀の短観、企業短期経済観測調査で県内企業の景況感は前回から大きく悪化し2013年3月以来の水準となりました。新型コロナウイルスの影響は、この調査のあとにさらに深刻化していて企業の足元の実感は調査結果以上に厳しいといえます。
日銀の短観は3か月に1度の調査で県内では今回、2月25日から3月末にかけて行われ様々な業種の150社から回答を得ました。 その結果、「景気がよい」と答えた企業の割合から、「悪い」と答えた企業の割合を引いた業況判断指数は全産業でマイナス15となりました。マイナス15まで落ち込むのは2013年3月以来のことです。ほとんどの県内企業は3月上旬までに回答していて新型コロナウイルスの影響はその後、さらに深刻化しています。このため、今回の調査には影響がすべて反映されているとはいえませんが、それでも製造業、非製造業ともに大きく後退しています。短観では先行きについては全産業でマイナス23と、さらなる悪化を見込んでいて特に宿泊・飲食サービスはマイナス80と厳しい予測です。新年度の県内経済の動向も新型コロナウイルスの影響の収束時期次第で大きく情勢が変わることは間違いなさそうです。

秋田2020.04.01 19:16

佐竹知事 年度初めのあいさつ

新年度を迎え佐竹知事は県職員に年度初めのあいさつをしましたが話題のほとんどが新型コロナウイルスについてでした。北海道から来た男性が新型コロナウイルスに感染したことについて佐竹知事は感染者が多い地域からの移動について改めて注意喚起を促しました。
間隔をあけて並んだ県の幹部職員。年度初めの知事のあいさつには例年400人以上の職員が出席しますが、今年は新型コロナウイルスの感染予防のため部長と次長のみが出席しました。佐竹知事は「通常業務を遅滞なく進めていただくとともに特に県民の命と暮らしを守るため全庁を上げて新型コロナウイルス対策にあたっていただくように希望します」と延べ、新型コロナウイルスの感染が広がる中でも災害が起きる可能性もあり、最悪の事態を想定しておくよう指示しました。佐竹知事の3期目の実質最終年度となる新年度。 新型コロナウイルスの影響でスタート時期が決められない事業もあるとしながら、企業誘致など順調に進んでいるものもあると述べました。美郷町への再就職のため北海道から帰省した男性が新型コロナウイルスに感染したことことを受け、佐竹知事は改めて市町村からのきめ細かい注意喚起が必要だという考えを示し、感染者が多い地域からの移動についての対応を再度、各市町村に徹底させたいと述べました。

秋田2020.04.01 19:16

阿仁診療所 新病棟で診療開始

北秋田市の阿仁地区、唯一の診療所の新しい病棟が完成し、1日から診療が始まりました。診療科は、これまでと同じですがリハビリテーション機能を拡充し、利用者が使いやすいようコンパクトな造りになっています。
1957年に開設された北秋田市立阿仁診療所は病棟の老朽化にともない、国の補助などを受けておよそ3億円をかけて建て替え工事が行われ、1日から新しい建物での診療が始まりました。これまでどおり内科、外科、歯科の3科で診察を行うほか、地域住民から要望の多かったリハビリテーション機能を拡充しました。今までは診察する科ごとにフロアが分かれていましたが、待合室を中心に診察場所が分かりやすいように機能を集約させました。阿仁診療所は阿仁地区、唯一の医療機関で常勤の医師3人を中心に住民およそ4000人の医療を一手に引き受けています。長年地域の医療を支えてきた阿仁診療所。北秋田市では「バスでの送迎や訪問診療など医療を必要とする人のためのサービスを拡充していきたい」と話しています。

秋田2020.04.01 19:15

新型コロナ 中止・休業…影響続く

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響です。
 青森市に開設された子育て支援の新しい拠点施設の開所式が中止となったほか、弘前市の東京事務所が4月1日から休業となりました。


 青森市の子育て支援の新しい拠点施設として開設された「あおもり親子はぐくみプラザ」では1日、開所式が行われる予定でしたが新型コロナウイルスの感染防止のため中止となりました。
 視察した小野寺市長は妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行う新しい拠点に期待していました。

★青森市 小野寺晃彦市長
「妊婦さんや子育て世代の皆さんを応援する体制については4月から動かしますのでいろいろな不安もあると思いますのでたくさんの方にご利用いただければと」

 経済への影響では日本銀行青森支店が1日発表した「短観」で、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を差し引いた「業況判断指数」はマイナス8でした。
 前回を9ポイント下回り2012年3月以来8年ぶりのマイナスとなりました。

★日本銀行青森支店  勝浦大達 新支店長
「(県内の景気は)新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響から弱含んでいる主因は個人消費の減少です」

 一方、感染の拡大を受け外出自粛要請が出されている東京では…。

★田中記者
「こちらの建物の6階にある弘前市の東京事務所が1日から一時休業となりました」

 弘前市は12日まで東京事務所を休業し4人の職員は在宅勤務をすると発表。
 併設する移住相談の窓口・ひろさき移住サポートセンター東京事務所も12日まで休業します。

青森2020.04.01 18:55

国内最大出力 風力発電営業開始

つがる市に建設されていた風力発電所が1日、営業運転を始めました。最大総出力は一般家庭9万世帯分に相当し、稼働中の風力発電所では国内最大です。

営業運転が始まったのはつがる市の風力発電所「ウィンドファームつがる」です。
再生可能エネルギー事業を展開する東京の「グリーンパワーインベストメント」が建設しました。
38基の風車が市西部の広域農道沿いの12キロに渡って設置されており、全体の最大出力は12万1600kWと一般家庭9万世帯分に相当します。
稼働中の風力発電所では国内最大です。

★ウィンドファームつがる 小笠原孝 所長
「県全世帯の5分の1にあたる9万世帯の年間風力をまかなう規模になっておりまして、地域の人たちから絶大な理解を得た上でここまできていますから、その期待を裏切らないようにしっかりやっていきたい」

運転期間は20年間で発電された電力は全て東北電力に売電されます。
収益の一部はつがる市に寄付され一次産業の振興などにあてられるということです。

青森2020.04.01 18:49

新型コロナ感染者1人が退院

県内で新型コロナウイルスに感染した患者1人について、県は症状が回復し退院したと発表した。
県によると1日、退院したのはいわき市に住む70代の男性。
男性は、集団感染が起きたクルーズ船=ダイヤモンド・プリンセス号に乗船していて、先月7日に新型コロナウイルスの感染が確認されていた。
その後、男性は入院し治療を続けていたが、症状が回復し2回以上のPCR検査でも「陰性」だったとして退院した。

福島2020.04.01 18:15

東京五輪聖火がJヴィレッジで展示

新型コロナウイルスの影響で延期した東京オリンピックの聖火が、2日からJヴィレッジで展示されることになった。
大会組織委員会と県は、多くの人に聖火を見てもらいたいとして、今回、聖火リレーのスタート地点Jヴィレッジで聖火を展示する事を決めた。
■東京2020組織委員会 布村幸彦副事務総長
「アスリートの方々や様々な関係者の気持ちを乗せた希望の火だと思うので、見守っていただきたいと思う」
聖火は今月30日まで展示され、5月からは東京で保管される予定。

福島2020.04.01 17:35

新型コロナ感染男性は福島市内工場勤務

1日、新型コロナウイルスの感染が確認された福島市の70代の男性が、市内の工場に勤務していたことがわかった。
福島市に住む70代の男性は、先月23日から下痢などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が確認された。
これを受けて1日、自動車の部品などを製造する福島製鋼は感染した70代の男性が、市内の吾妻工場に勤務していたことを発表した。
福島製鋼によると男性は、工場の事務所で主にデスクワークを行っていて、社内での濃厚接触者は、同じ会議に出席していた人など10人いたとみられる。
この人たちについては、先月30日から自宅待機をしているが、いまのところ発熱やのどの痛みなどの報告はない。
福島製鋼では、男性の感染が確認された先月31日、事務所などを消毒していて、今後、感染対策を行いながら通常どおり、工場を稼働させる方針。

福島2020.04.01 16:18

ABS秋田放送が完全移転

4月1日、新年度が始まりました。ABS秋田放送はJR秋田駅前秋田市中通の新社屋に完全移転しました。
新年度を迎えた4月1日、ABS秋田放送の社屋は秋田市山王からJR秋田駅前に完全移転しました。コンセプトは日本一コンパクトなラジオ・テレビ兼営局です。秋田県民のための新たな情報発信の拠点として、テレビ・ラジオとも新たな一歩を踏み出しました。

秋田2020.04.01 13:31

県内で6人目の感染 北海道から帰省の男性

北海道から横手市の実家に帰省していた20代の男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。県内で感染が確認されるのは6人目です。
県によりますと北海道の自治体に勤務していた20代の公務員の男性は3月27日に発熱や倦怠感の症状が出て高熱が続いていましたが、29日に北海道から青森までフェリーを利用し自家用車で横手市の実家に帰省しました。その後も熱が下がらず咳も出ていたため3月31日に検査を行い新型コロナウイルスへの感染がわかったものです。男性は北海道の地方自治体を昨年度いっぱいで退職し、新年度から県内の自治体に再就職することになっていて実家に帰省したということです。31日夜、県が会見を開き、堀井副知事は「4月1日から就職どうしても移動しなければという思いだったと思うが、ここは慎重に北海道内の相談機関に相談されるのが望ましかった」と述べました。3月30日、感染が確認された陸上自衛隊秋田駐屯地に勤務する20代の男性隊員について、秋田市保健所は自衛隊員20人と家族・知人6人の合わせて26人を濃厚接触者と判断しています。このうち、これまでに家族・知人6人と自衛隊員13人が検査の結果陰性が確認されています。自衛隊員の残り7人のうち、6人は1日に検査を行います。県外にいる1人についても検査に向けて調整を進めています。

秋田2020.04.01 13:31

新年度スタート「新型コロナ」影響も…

新年度が始まり、福島市内の病院では新しい職員を迎える「入職式」が開かれた。
福島市のあづま脳神経外科病院では新年度、理学療法士や介護士など17人の新入職員を迎える。
1日は「入職式」が開かれ看護師として採用された職員代表・長谷川春香さんが辞令を受け取り誓いの言葉を述べた。
■誓いの言葉
「より良い医療が提供できるよう自己研鑽に励んでまいりたいと思う」
新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、辞令交付を代表のみにしたのに加え、席の間隔をあけたりして感染予防の対策をとった。

福島2020.04.01 11:34

第二原発立地交付金10年間支給額を維持

福島第二原発が立地する楢葉町と富岡町への交付金について、国は2029年度までの10年間、支給額を維持することを決めた。
第二原発が立地する楢葉町と富岡町へは、毎年20億円ほどの交付金が支給され、廃炉決定後の今年度から減額される見込みだった。
ただ、両町から交付金を維持するよう要請があり、これを受け国も特例措置として2029年度までの10年間現行の支給額を給付できるよう規則改正を行った。
富岡町の関係者は
「交付金を活用し町の復興を進めていきたい」
と話している。

福島2020.04.01 11:33

燃料電池バスがいわき市で運行開始

二酸化炭素を出さない燃料電池バスが東北で初めていわき市で運行が始まった。
いわき市の路線バスで運行が始まったのは、水素で発電する燃料電池バス「SORA」で、いわき駅と小名浜の路線を1日に2往復半運行する。
地球温暖化の原因となる二酸化炭素などが出ず、走行中はとても静かな燃料電池バスの運行は東北で初めて。
■新常磐交通 門馬誠取締役
「公共交通の担い手として少しでも地球環境、環境問題に取り組んでいく姿勢を見せる」
このバスは原則、月曜日を除いて運行される。

福島2020.04.01 11:32

十和田市 倉庫に衝突男性死亡

31日午後、十和田市で軽乗用車が道路脇の倉庫にぶつかる事故があり、運転していた男性が亡くなりました。

31日午後1時半頃十和田市大沢田で軽乗用車が県道から外れて住宅の敷地内にある倉庫にぶつかりました。
この事故で軽乗用車は大破し、運転していた39歳の男性1人が八戸市の病院に搬送されましたがおよそ9時間後に亡くなりました。
現場は緩い右カーブで、十和田警察署は男性が意識を失い道路を外れた可能性も含めて事故の原因を調べています。

青森2020.04.01 11:23

優良衛生品質管理市場に認定

三沢市にある魚市場が衛生管理で評価され、県内では初めて優良衛生品質管理市場に認定されました。

優良衛生品質管理市場に認定されたのは三沢市魚市場です。
認定は大日本水産会が衛生管理を徹底している施設を評価しているもので、県内では初めて、全国でも20番目となります。
魚市場には野鳥が侵入してこないように屋根や入口をネットで覆ったり、長靴の消毒槽などを設置した荷捌き施設が去年完成しています。
また、1991年に完成した荷捌き施設もことし雨を防ぐ屋根を付けていて、2つの施設で衛生面の管理が評価されました。
三沢市魚市場では去年4月からことし2月までの間にイカやホッキ貝など1626トンの魚介類が水揚げされています。
今後は魚介類を入れる箱に認定マークを付けて、安心安全を周知し、販路拡大を図ります。

青森2020.04.01 11:18

岩手・ひと足早く入社式 バスガイド目指して

「新型コロナウイルス」の影響で中止が相次ぐ中、4月1日からの新年度を前にひと足早く入社式。岩手県北バスグループの合同入社式が岩手県宮古市で行われ、新社会人が決意を新たにした。司会「式の間、マスクの着用をお願いさせて頂いておりますので、ご了承ください」。盛岡市に本社を置く岩手県北バスは、毎年3月にグループ合同の入社式を行っている。ことしは「新型コロナウイルス」の影響で入社式を開催するか迷ったが、せっかくの晴れの場をと、新入社員ひとりひとりではなく代表者に辞令を渡すなど規模を縮小して行われた。新入社員代表・誓いの言葉「私たちの若い力を岩手県北バスグループの発展と岩手の観光と地域振興に貢献できるよう尽くして参りたいと思う」。ことしの新入社員は去年と同じ、あわせて9人。そのうち4人はバスガイドとしての採用で、うち2人は母親が県北バスの元バスガイド。母がバスガイドを経験した新入女子社員「無事に入社することができて安心している」。母親「イチに勉強だと思うので、勉強を一生懸命がんばって岩手のいい所とか東北のいい所をお客さんに伝えられるようにがんばって欲しいと思う」。新入女子社員「お客さんに楽しんでもらえるように、がんばりたいと思う」。新入社員は、4月1日から研修に臨む。このうち、バスガイドは3か月間、歴史や地図の見方などを学び、7月のデビューを目指す。

岩手2020.03.31 19:48

岩手・年度末で退職する県職員に辞令

31日は年度末。官公庁では今年度で退職する職員に辞令が交付され、長年親しんだ職場を後にした。このうち岩手県の辞令交付式は、60歳の定年退職者70人と定年前の勧奨退職者13人のあわせて83人を対象に行われた。新型コロナウイルス感染防止のため退職する職員の名前の読み上げは省略され、達増知事が代表者に退職の辞令を手渡した。職員代表を務めた大友宏司・環境生活部長は、「新型コロナウイルスの対策で今まさに動いているときなもので、まだ一区切りついたというほっとした感じは正直ない」と話していた。昭和、平成、令和と県政を支えた職員たちは、新たな人生を踏み出す。

岩手2020.03.31 19:34

談合問題で告発された塙町長が不起訴処分

公共工事を巡る談合の疑いで、書類送検されていた塙町の宮田秀利町長について検察は今月27日付で不起訴処分とした。
関係者の話などから嫌疑不十分と見られる。
宮田町長は町の公共工事で、入札の参加資格のない地元の建設会社に落札させたなどとして、町民から刑事告発され、警察が官製談合防止法違反の疑いで書類送検していた。
宮田町長は、これまで町議会が設けた百条委員会などで談合について否定している。

福島2020.03.31 19:24

男性隊員が感染 濃厚接触者20人以上

陸上自衛隊秋田駐屯地の20代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染していることがわかり、防衛省は秋田駐屯地の20人以上を濃厚接触者と判断し隔離していることを明らかにしました。
秋田市保健所によりますと、陸上自衛隊秋田駐屯地に勤務する20代の男性隊員は今月27日から嗅覚と味覚に異常を感じ、30日検査で陽性が確認されました。男性隊員は、1月上旬から宮城県の駐屯地に滞在し、今月25日に車で秋田に戻ってきました。防衛省は、車に同乗した隊員や寮の同じ部屋の隊員など秋田駐屯地の20人以上を濃厚接触者と判断し隔離していることを明らかにしました。秋田駐屯地内で、ほかに症状がある隊員はいないということです。男性隊員の家族3人を含めた濃厚接触者については、今後、検査が行われ、感染の有無を調べることになっています。

秋田2020.03.31 19:21

異例の年度末…退職者が職場に別れ

年度末の31日、県庁では職員の退職辞令交付式が行われ、佐竹知事がねぎらいの言葉を贈りました。新型コロナウイルスの影響で式典はいつもとは違った形となりましたが、それぞれ慣れ親しんだ職場を後にしました。
県の今年度の退職者は117人で、このうち定年退職者は85人です。辞令交付式は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、例年より席の間隔を拡げ換気をしながら行われました。例年は佐竹知事から1人ひとりに辞令が手渡されますが、今年は代表1人が受け取りました。知事は「立場は変わっても引き続き県政の応援団として、ご自身の能力、体力に応じた役割を担い、それぞれの地域において、これまで培ってきた経験を生かし、地域の方々に頼りにされる方になっていただければ幸いであります」とねぎらいの言葉を贈りました。今年は後輩職員による“花道”も見送られました。異例の形で迎えた年度末、慣れ親しんだ職場に別れを告げ、それぞれ経験を糧に新たな道へと歩み始めます。

秋田2020.03.31 19:21

秋田火力発電所の2号機 廃止

東北電力が秋田市にある秋田火力発電所の2号機を廃止します。石油を燃料とする秋田火力発電所は、発電コストが高く、環境への負担も大きいため、東北電力は残る4号機についても将来的に廃止する方針です。
廃止される秋田市飯島の秋田火力発電所の2号機は、1972年2月に運転を開始しました。需要の変動に対応する「調整火力」として役割を果たしてきましたが、近年は稼働率が減少し、2019年度は2月末時点で稼働率はわずか7.5%でした。設備の老朽化に加え、石油よりも効率的な石炭が燃料の能代火力発電所3号機が今月2日に営業運転を開始したこともあり2号機は廃止が決まりました。秋田火力発電所は、1号機、3号機、それに東日本大震災を受けて新設された5号機はすでに廃止されています。今回の2号機の廃止で稼働は4号機のみとなりますが、4号機も将来的に廃止する方針です。東北電力は「安全確保を最優先した原子力発電所の再稼動や再生可能エネルギーの導入拡大に取り組みながらコスト競争力のあるバランスの取れた電源構成の実現を目指す」と説明しています。

秋田2020.03.31 19:21

学校再開までどう過ごす 家での工夫は

臨時休校期間中、およそ9割が家の中で過ごしていたという県の調査結果も出ていて、過ごし方が課題になっている。
家庭環境によっても異なるが、子どもだけでなく親にとっても負担となる状態が続いているという。
福島大学で発達心理学を研究する高谷理恵子教授にストレスを減らす工夫を聞いた。

■福島大学 高谷理恵子教授
「安全な方法を探していただいて、親しい人と連絡を取ってみる、お話してみる、間接的にでもつながってみることが方法のひとつ」親しい人との会話は不安を減らす効果があるという。
外出できない場合は、ビデオ通話や電話を使うのも有効という。

■福島大学 高谷理恵子教授
「いまの状況の中でどんな風に子どもと一緒に遊べるかな、子どもと大人がみんなで楽しく過ごしていけるかな、そんな風な工夫を重ねることができる状況にはあると思う。何も予定ない時間に本当の意味でこの子がやりたいものっていうのが見つかってくる可能性がある」

一方で子どもが自由に過ごしていると親としては、行動が気になり注意してしまいがち。
結果として、親のストレスにつながっているという。
発達心理学でよくすすめられている方法について紹介してもらった。

■福島大学 高谷理恵子教授
「例えば5分、10分なり、時間を決めてそこだけは絶対に子どもの行動を止めないっていう時間を作ってみる」
親は、子どもを観察することに集中でき、子どもは親に口出しされず見守られているという安心感で機嫌が良くなるという。

県内では新年度には学校は再開することになっているが、不透明な部分もある。
ストレスをためない工夫は引き続き必要となっている。

福島2020.03.31 19:06

新型コロナ 青森ねぶた祭 中止検討

 新型コロナウイルスは日本に誇る私たちの夏祭りにも影響を及ぼそうとしています。
 青森ねぶた祭実行委員会がことしの青森ねぶた祭の中止を検討していることがわかりました。

 中止の検討は31日午後、青森ねぶた祭実行委員会が運行団体協議会に通知しました。
 実行委員会によりますと新型コロナウイルスの感染拡大が続く現状や、安倍総理が「長期戦を覚悟する必要がある」と述べたことなどを考慮したということです。
 4月8日の実行委員会で正式に決める見通しです。
 「ラッセランド」ではすでにねぶた小屋の組み立てが始まるなど
祭に向けた準備が進められていて、関係者の間にも動揺が広がっています。

★第5代ねぶた名人
  千葉作龍さん
「終息の気配なんて全く見えないしこれはまずいなと。精神的に空虚感があるかもしれない。みなさん不安を抱えながらだったと思う」

 青森ねぶた祭はまいとし300万人前後が訪れる日本有数の夏祭りです。
 青森ねぶた祭が中止になった場合、同じ時期にあるほかの夏祭りなどへの影響も懸念されています。

★青森市
  小野寺晃彦市長
「ねぶた祭は青森で一番国内外の観光客が一番おいでになる祭りですから、それが中止になるとすればひじょうに影響ははかりしれないものがあります。市民の命、県民の命、海外のお客さんも含めて
おいでになる方もいるのでその安全が大前提なのは間違いありませんからそれを踏まえて判断していく」

青森2020.03.31 18:44

新型コロナ 五所川原管内 市民に動揺

 五所川原保健所管内で新型コロナウイルスの感染が1人確認されました。
 八戸市以外で初めて感染が確認され市民の間に動揺が広がっています。

 新型コロナウイルスの感染が新たに確認されたのは留学先のニューヨークから五所川原保健所管内の実家に帰省していた20歳代の男子学生1人です。
 県によりますとこの男子学生は3月24日、新幹線で帰省しました。
 その後、40歳代の父親が運転する車で帰宅し、30日まで外出していないということです。
 濃厚接触したのは陰性が確認された父親1人と見られていますが、市民の間に動揺が広がっています。

★五所川原市民は…
「とうとうここまで来たかと思いまして言いようがないくらショックです。どう防いだら良いのでしょうか」
「びっくりという感じでこっちにも来たなという感じで」
「早く終息してくれればいいと思います」

 保健所管内で感染者が出たことを受けて五所川原市は対策会議を開き1日から2週間、公共施設の利用者に自粛を求めることを決めました。
 このうち、五所川原市民体育館では1日から2週間の間にテニスや卓球のサークル、10の団体が予約していますが、利用者は自粛に協力したいと話しています。

★体育館の利用者は…
「みんなで話し合った結果2週間休むことにしました」
「しょうがないです協力するしかないので」
「終息するのを祈るしかない」

 五所川原市の佐々木市長はこの2週間が大事な時期のため、ひとりひとりの行動が感染防止の鍵になると協力を呼びかけています。

青森2020.03.31 18:44

新型コロナ 高校生3人内定取り消し

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で4月採用予定だった県内の高校生3人が採用の内定を取り消されたことがわかりました。
 新型コロナウイルスに関連した県内の内定取り消しは初めてです。

 青森労働局によりますと採用の内定を取り消されたのは県内の高校生3人です。
 3人の生徒は4月から同じ県内の飲食業で採用される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて売り上げが減ったため雇用の維持が難しいとして内定を取り消されました。
 青森労働局はこの事業者に対し休業手当の一部などを国が助成する制度を紹介するなど採用の内定を取り消さないよう改めて働きかけています。
 また、3人の生徒には新たな就職先を見つける支援を行っているということです。
 新型コロナウイルスの影響による採用の内定の取り消しは全国的な問題となっていますが、県内で初めてです。

★青森労働局
  請園清人 局長
「(内定取り消しは)基本的にはあってはならないもの。高校生や家族さらには社会全体に対しても大きな影響を与える可能性があるということで事業者主に対しては内定取り消しを行わないよう協力要請をしているところです」

 また、空の便は減便が続いています。
 日本航空は青森空港の東京と札幌線、それに三沢空港の東京線を
4月28日まで減便すると発表し合わせて31往復62便が減便されます。
 また、フジドリームエアラインズの青森・名古屋線は4月11日から20日までの9往復18便を追加で減便します。

青森2020.03.31 18:44

弘前れんが倉庫美術館 開館延期

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で弘前れんが倉庫美術館の開館が延期されました。
 一方で開館に向けた準備は粛々と行われ、作品の展示作業が進められています。

 弘前市は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて弘前れんが倉庫美術館の開館を延期すると発表しました。
 当初は4月11日の開館予定でした。
 こうした中、作品の展示作業は進められています。
 吹き抜けの展示室ではタイのアーティスト、ナウィン・ラワンチャイクンさんの作品が展示されていました。
 テーマは「いのっちへの手紙」で桜守などナウィンさんが弘前で出会った人たちの印象を作品にしました。
 5つの場面で高さおよそ6メートル、幅およそ14メートルあり、作業員たちがパーツごとに分かれていた作品を壁の板に取り付けていました。

★美術館開館準備室学芸統括
  石川達紘さん
「れんが倉庫であったり、弘前の土地に根付いた作品を数多く制作して発表しますのでぜひ地元の方にも地元の良さというかそういったものが形になった作品をご覧いただけたらと思います」

 弘前市は具体的な日程は示さず当面の間、開館を延期する方針です。

青森2020.03.31 18:43

県内で新たに2人感染 感染経路を調査

県内で3例目、4例目となる新型コロナウイルスへの感染者が確認された。
ひとり(3人目)は福島市に住む70代の男性で、今月23日に下痢の症状が出て、その後、発熱もしたため、30日に医療機関から帰国者・接触者センターに連絡が入り、検査の結果、31日に陽性であることが判明した。
男性は23日と24日に職場に出勤していて、常にマスクを着用していたという。
男性は入院していて軽症。
いまのところ感染経路は、わかっておらず、福島市保健所が濃厚接触者について調査している。
4人目は、福島市に帰省している仙台市在住の20代の女性。
25日に熱っぽさと全身の倦怠感があり、その後28日に医療機関を受診したが、異常はないとされたものの、30日にセンターに相談し、検査の結果、31日に陽性であることが判明した。
女性はいまのところ軽症。
女性は仙台市でサービス業に従事していて、25日に都内を訪れたあと電車で実家に帰省したという。
福島市保健所が詳しい行動歴や濃厚接触者の確認を進めている。
県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたのは今月14日以来。
これまでの2例はクルーズ船や海外渡航で感染経路が推測できたがが、3人目、4人目のいずれも海外渡航歴がないなど、感染経路ははっきりしていない。
県は県民に対し、落ち着いた行動と予防の徹底を呼びかけている。

福島2020.03.31 17:12

2月の有効求人倍率は6年10か月連続1倍台 岩手

2月の岩手県の有効求人倍率は1.28倍と、6年10か月連続で1倍台となっています。
岩手労働局によりますと、2月の有効求人数2万8604人に対し、職を求める人の数は2万2284人で、有効求人倍率は1.28倍となりました。前の月を0.02ポイント上回り、1倍台は6年10か月連続です。また、新規求人倍率は1.75倍で、特に求人数でみますと、地方公務員法などの改正に伴い、臨時・非常勤職員の求人が例年よりずれ込んだことから大幅に増加しています。一方、新型コロナウイルスの雇用への影響については「今月に入って、事業者から雇用調整助成金についての相談が急激に増えていて、予断を許さない状況」と話しています。

岩手2020.03.31 15:48

宮古室蘭フェリー利用低迷で運航休止 岩手・宮古市

利用の低迷から31日で運航が休止される宮古・室蘭フェリーの最終便が31日朝、宮古港を出港しました。
宮古港と北海道の室蘭港を結ぶ定期フェリーは、震災復興支援の一環で2018年6月、1日1往復で就航しました。しかし、貨物の利用が伸び悩んだことから31日の運航を最後に宮古への寄港は当面、休止されることになりました。
(川崎近海汽船・赤沼宏社長)「きょうが一旦、最後の日とは思ってないので、休止ということで立て直す時間を与えていただきたいという思いでおります。」
定期フェリーは4月1日から青森の八戸港と室蘭港の間での運航されます。関係者は「三陸道の全線開通や宮古港の整備が整えば、再開できる」と話していました。

岩手2020.03.31 15:44

ALTが感染 教職員の対策徹底を通知

由利本荘市内の小中学校に勤める外国語指導助手=ALTが新型コロナウイルスに感染したことを受けて、県教育庁は、県内の学校や教育委員会に教職員の感染防止対策の徹底を通知しました。
由利本荘市内の小中学校に勤める外国語指導助手ALT2人は、今月19日から22日にかけて県内のALT6人とともに宮城県に滞在し、24日に発熱の症状が出て検査で陽性が確認されました。これまで児童生徒向けにしか通知をしていなかったため、県教育庁は、改めて県内の学校や教育委員会に教職員の感染防止対策の徹底を通知しました。この中では、私生活でも家族間を含めて予防に努めるとともに、感染者の多い大都市圏など県外との間での不要不急の往来を避けること、新規採用者などを含む県外からの転入者の健康管理を十分行うことを求めています。ALTの感染を受けて由利本荘市とにかほ市、大仙市では、中学校の始業式を延期する措置がとられています。

秋田2020.03.31 13:32

新型コロナへの県の「基本方針」まとめる

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、県は医療体制やまん延防止策などを盛り込んだ、対策の「基本方針」を31日中にも取りまとめる。
県は、30日に医師や弁護士など、専門家を集めた会議を開き、県としての対策の「基本方針」を話し合った。
この「基本方針」は国が定めた「対処方針」に準ずるもの。
基本方針の案には、重症者を入院、軽症者を自宅療養とする「医療体制」や、大規模イベントについての対応などの「まん延防止策」が盛り込まれている。
県は31日午後にも、対策本部会議を開き正式に、決定するという。

福島2020.03.31 11:53

いわき市の小川諏訪神社しだれ桜が満開

いわき市の神社では、樹齢500年を超えるシダレザクラが満開を迎えている。
いわき市小川町の諏訪神社にあるシダレザクラは高さ12メートル、樹齢は500年を超えるとされる。
神社には毎年、参道にかかるサクラの姿を一目見ようと多くの人たちが訪れる。
いわき市は、今月24日にサクラの開花宣言が出されたが、このシダレザクラは毎年、周辺のソメイヨシノより早く満開の時期を迎える。
今年は恒例のライトアップや竹灯籠のイベントは、新型コロナウイルスの影響で中止となった。
神社では
「混雑を避けて、サクラを見に来てもらい、春の明るさを感じてほしい」
と話している。

福島2020.03.31 11:52

新型コロナ 五所川原保健所管内 1人感染

 五所川原保健所管内で新型コロナウイルスの感染が1人確認されました。
 県内で感染が確認されたのはこれで8人となり、八戸市以外では
初めてです。

 新型コロナウイルスの感染が新たに確認されたのは五所川原保健所管内に住む20歳代の男子学生1人です。
 県によりますと男子学生は3月20日、留学先のアメリカから
帰国し、24日に新幹線を利用して実家に帰省しました。

★五所川原市民は…
「とうとう来たかという感じで、ショックです。すごいショック」
「もっと気をつけないとと思います」

 五所川原市は保健所管内で感染者が出たことを受けて午前9時から対策会議を開き、1日から2週間、市内の体育館など公共施設の利用を予約している人たちに自粛を求めることを決めました。
 県内の感染者はこれで8人となりました。

青森2020.03.31 11:43

日本原燃 補正申請書「4月上旬に再提出」

 日本原燃の増田社長は六ヶ所再処理工場の適合審査で合格の前提となる補正申請書について4月上旬に改めて提出する考えを示しました。

 これは日本原燃の増田社長が定例会見で述べたものです。

★日本原燃
  増田尚宏 社長
「(補正申請書を)しっかり見直すことに時間はかかりますけれども新たな検討項目とか技術的課題が残っているものではない。さほど時間がかからずにできると判断し(提出時期は)4月上旬」

 日本原燃は六ヶ所再処理工場の適合審査合格の前提となる補正申請書を原子力規制委員会に提出しました。
 しかし、26日、58項目の記載漏れなどを指摘され、修正を求められていたものです。

青森2020.03.31 11:43

弘前大×ローソン 食物繊維パン発売

 弘前大学の健康増進プロジェクトと連携してコンビニ大手のローソンが食物繊維が豊富なパンを開発し31日から販売します。

 完成したのは小さなキャベツ1個分に相当する食物繊維が摂取できるパン「チーズクリームとりんごの大麦ブレッド」です。
 開発したローソンと工藤パン、それに弘前大学の関係者が県庁に
三村知事を訪ね完成を報告しました。
 弘前大学の健康増進プロジェクトと連携して開発したパンは柏木農業高校の生徒がレシピを考案したもので大麦を使用して食物繊維を12グラム摂取できます。
 りんごの角切りと塩味のクリームチーズが入ったこのパンは31日から県内のローソンで1か月間販売されます。

青森2020.03.31 11:43

陸上自衛隊秋田駐屯地 20代の隊員が感染

秋田市の陸上自衛隊秋田駐屯地に勤務する20代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。県内で新型コロナウイルスへの感染が確認された人はこれで5人となりました。
新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、秋田市の陸上自衛隊秋田駐屯地に勤務する20代の男性隊員です。防衛省陸上幕僚監部などによりますと、男性隊員は、今月25日まで宮城県の駐屯地に滞在。今月27日から嗅覚と味覚に異常を感じ、30日県内の医療機関を受診し秋田市保健所が行ったPCR検査で陽性が確認されました。感染経路はわかっていません。男性隊員は31日入院する予定で、現在、発熱の症状はないということです。陸上幕僚監部は「今後、保健所の調査に協力し、濃厚接触者の把握や感染拡大の防止に努める」と説明しています。県内で新型コロナウイルスへの感染が確認された人はこれで5人となりました。

秋田2020.03.30 22:45

首都圏からの来県者に知事「外出自粛」呼びかけ 岩手

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、達増知事は30日、首都圏で過ごした後、岩手を訪れた人に対し、『不要不急の外出自粛』を呼びかけるメッセージを出しました。
達増知事は30日、県庁で行われた新型コロナウイルスの対策会議で次のように呼びかけました。
(達増拓也知事)「東京都、神奈川県、埼玉県から来県後2週間の不要不急の外出自粛など慎重に行動していただきますようお願いしたいと思います」
また、海外からの帰国者はこれまで通り2週間の自宅待機をお願いしたいこと。密閉、密集、密接の3条件が重なる場所を避けること。丁寧な手洗いの励行なども呼び掛けました。また、会議では今月29日までに県内で行われたウイルス検査で53件全てが『陰性』だったことが報告されました。

岩手2020.03.30 20:22

山林の下草焼く火事で1人死亡 岩手・一関市

30日午前、一関市で山林の下草を焼く火事が発生し、焼け跡から男性の遺体が見つかりました。
30日午前11時頃、一関市東山町の山林で「煙が出ている」と近所に住む人から消防に通報がありました。火はおよそ2時間後に消し止められましたが、山林の下草およそ1700平方メートルを焼き、消火活動中に警察官が男性1人の遺体を発見しました。現場では野焼きをしたとみられる跡が数か所見つかっていて、警察はこの土地の所有者で近くに住む無職・千葉本(ちば・はじめ)さん83歳と連絡が取れないことから、遺体は千葉さんの可能性が高いとみて、身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。千葉さんは家族に対し、「山へ行く」と伝えていたということです。

岩手2020.03.30 20:14

洋上風力発電 とりまとめ案を了承

秋田県沖での計画が進む洋上風力発電について主に漁業者との利害調整のために設けられた法定協議会が秋田市で開かれ、とりまとめ案が了承されました。今後は国による促進区域の指定や発電業者の選定に進むことになります。
法定協議会は去年12月に続き3回目で、国や県、それに関係する地元自治体や漁業関係者が出席して風車を設置する区域設定や利害調整を行います。今回は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国の担当者などが来県できずインターネット回線によるテレビ会議となりました。協議会ではとりまとめ案として能代市から男鹿市沖にかけてのおよそ6270ヘクタールの海域と由利本荘市沖の2つの海域あわせて1万3000ヘクタールを促進区域とすることが了承されました。とりまとめ案には売電収入の見込み額の0点5%を地域や漁業振興に充てる基金を創設することも盛り込まれました。今後は国による促進区域の指定と発電事業者の選定が進められます。

秋田2020.03.30 19:51

新型コロナ 濃厚接触者は全員陰性

感染が広がる新型コロナウイルス、27日夜、県内で新たに2人の感染が確認されました。2人は由利本荘市内の小中学校に勤める外国語指導助手ALTで由利本荘市やにかほ市は始業式や入学式を延期させています。濃厚接触者については全員陰性が確認されました。
27日に感染が確認されたのは由利本荘市に住む20代の女性と30代の男性のいずれも外国籍の2人。由利本荘市の外国語指導助手、ALTとして市内の小中学校で勤務しています。2人は今月10日以降の平日は担当の学校に勤務。14日から15日にかけ、県内で行われたALT20人との交流会に参加していました。19日の勤務終了後、2人は県内のALT6人とともに宮城県へ。22日まで滞在しました。23日と24日は由利本荘市内の学校で勤務し、24日に2人とも発熱。27日に検査で陽性が確認されました。県は感染した2人のうち、20代の女性が受診した2つの医療機関に勤務する8人を濃厚接触者と判断。検査の結果、全員の陰性が確認されています。2人とともに車で宮城県に訪問したALT6人も全員陰性でした。県はALT交流会の参加者20人、それに2人と一定程度接触があった学校関係者43人については濃厚接触者に準じたかたちで健康観察を実施します。ALT2人の感染を受け、由利本荘市教育委員会は急きょ、校長会を開くなど対応に追われました。感染した2人と児童や生徒との接触はないということです。由利本荘市教育委員会は感染した2人が勤務する小中学校の教職員について小学校は31日まで、中学校は4月7日までの自宅待機を命じました。このため、由利本荘市内の中学校10校は6日に予定していた始業式を9日に、6日と7日に予定していた入学式を11日にそれぞれ延期します。ほかにも、由利本荘市と人事交流のあるにかほ市内の3つの中学校と感染者と宮城県を訪れたALTが勤める大仙市の中学校4校も始業式を延期するなどの措置をとっています。小学校については変更しない予定です。また、感染した由利本荘市の2人などが利用した仙台市青葉区の「HUB仙台一番町四丁目店」で飲食をともにした仙台市の男女3人の感染が相次いで確認されています。県健康福祉部の諸冨伸夫部長は感染源の特定には情報の詳細な分析が必要との考えを示しました。県は、会見に先立って対策本部の初会合を開き、県の各部局での対応方針を確認しました。県は、参加者が不特定多数で密閉空間で行われるようなイベントの自粛について当初今月末までとしていましたが来月12日まで延長することにしています。

秋田2020.03.30 19:51

大館市の共同墓地 クマ1頭目撃

冬眠から目覚めたクマが活動を始める時期となりました。30日午前、大館市の共同墓地でクマ1頭が目撃されました。現場から民家までは200メートルほどで警察や市が注意を呼びかけています。
クマが目撃されたのは大館市柄沢の小柄沢墓園です。大館警察署の調べによりますと午前10時ごろ、イヌの散歩をしていた男子中学生から「やぶの中に入って行ったイヌと一緒にクマが出てきた」という連絡が市役所にありました。クマはすぐに山に戻って行ったということで、男子中学生にけがはありませんでした。目撃されたクマは体長1メートルほどで、冬眠から目覚めてエサを求めて人里におりてきたとみられています。クマが目撃されたのは大館鳳鳴高校から1キロ余りの場所です。現場から200メートルほどの所には民家もあり、警察や市が注意を呼びかけています。

秋田2020.03.30 19:51

新型コロナ 八戸市 問い合わせ相次ぐ

 28日、新型コロナウイルスの感染が新たに確認された八戸市です。
 感染拡大に不安を抱く市民が増え保健所への問い合わせが相次いでいます。

 八戸市では東京から帰省した30歳代の女性の新型コロナウイルスの感染が28日確認されました。
 八戸市の感染確認は7人となり衝撃が広がっています。

★八戸市民は…
「(高齢者は)体力も落ちているし、抵抗力もなくなっているから
うつされたりうつってしまってはたいへんだけれども」
「情報がないからやっぱりすごく不安でもう少し情報を流してもらった方が安心するかな」

 八戸市保健所には3月23日に最初の感染者が確認されて以降、相談や問い合わせが相次いでいます。
 29日までの1週間で寄せられたあわせて353件のうち、感染者が住む地域や立ち寄り先などの問い合わせが212件と6割を占めており、感染が疑われる人の相談に支障が出ているということです。

 感染が確認された八戸市の7人は市内の医療機関に入院しており、容態は安定しているということです。

青森2020.03.30 19:02

県内からも 志村けんさん追悼

 全国のニュースでもお伝えしましたが、新型コロナウイルスに感染し、入院していたタレントの志村けんさんが亡くなり、県内からも追悼の声が寄せられています。

 志村けんさんは3月20日、重度の肺炎と診断を受けて東京都内の病院に入院していましたが、29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる重度の肺炎のため、東京都内の病院で亡くなりました。
 70歳でした。

 志村さんが司会を務める日本テレビの「天才!志村どうぶつ園」では鯵ヶ沢町の秋田犬、「わさお」を度々紹介し、全国的なブームの火付け役となりました。
 2014年の11月には志村さん本人がわさおにバンダナをプレゼントするために鯵ヶ沢町を訪れるなど深い交流がありました。
 わさおの飼い主の菊谷忠光さんは突然の訃報にショックを受けながらも志村さんへの感謝の気持ちを述べていました。

★わさおの飼い主
  菊谷忠光さん
「はやり病でなくなるというのはちょっと言葉にならないですね。志村けんさんにはいつかはお礼でも申し上げたいなと思っていたのでそれが果たせなくて残念でなりません。今までわさおのことありがとうございますと言いたかったですね」

 志村さんの突然の訃報に県内からも悲しみの声が広がっています。

青森2020.03.30 18:51

弘前公園 出店の枠組み撤去

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて弘前さくらまつりが中止になった弘前公園では出店の枠組みが撤去されています。

 出店の枠組みの撤去は、弘前さくらまつりの中止が決まった3月26日から行われています。
 弘前市の職員が2班に分かれて1店舗あたりおよそ30本ある金属製の資材をリヤカーに乗せて倉庫に運んでいました。
 さくらまつりではおよそ200の出店が設けられる予定でした。
 しかし、世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で31日までに全て片付けることになりました。

★職員は…
「見た目良くきれいにしておかないといけないので片付けています」

 一方、子どもたちへの支援を行っている青森市のボランティア団体、青森キワニスクラブは市内の小中学校にアルコール消毒液
120リットルを贈りました。

★青森キワニスクラブ
 斉藤きよ子 会長
「これから入学式とかでいろいろな方たちの出入りが激しいと思います。(学校に)来た人たちが消毒したり触ったところを拭いてもらうことなどに役立ててもらえれば」

 消毒液は青森市内全ての小中学校、62校に配られます。

青森2020.03.30 18:43

むつ市長 RFSに条例案可決を報告

 むつ市の宮下市長は中間貯蔵施設に搬入される使用済み核燃料に市が独自の税金をかける条例案が可決されたことを事業者であるリサイクル燃料貯蔵に報告しました。

 宮下市長たちは30日、リサイクル燃料貯蔵に坂本社長を訪ね、中間貯蔵施設に搬入される使用済み核燃料に市が独自の税金をかける条例案が市議会で可決されたことを報告しました。
 むつ市はリサイクル燃料貯蔵が事業を開始する予定の2021年度からの5年間で93億7000万円余りの税収を試算しています。
 また、条例案では事業者からの申請があり、市が必要と認めた場合に税率を減免できる条項も定められています。

★リサイクル燃料貯蔵
  坂本隆 社長
「私どもの事業が立ち行かなくなることを避けるためにも今この時点で条例にある減免の措置について協議をさせていただきたい」

 リサイクル燃料貯蔵は30日、適合審査の合格の前提となる補正申請書を原子力規制委員会に提出しました。

青森2020.03.30 18:35

校長が学校再開に向け新型コロナ対策を確認

郡山市の公立小中学校の校長が会議を開き、4月に予定される学校再開に向けて、新型コロナウイルス対策を確認した。
■郡山市保健所 塚原太郎所長
「感染していると思われる人は、学校の中に来ていただくことを極力避けていただく」
会議では、発熱やせきなどの症状がある場合は、原則登校させない方針や、換気の徹底、クラスターの発生を避けて学校行事を行うことを確認した。
郡山市の公立小中学校は、4月6日の学校再開に向けて準備を進めているが、4月1日から再開を予定していた部活動については、今週開かれる政府の専門家会議を踏まえて判断することになった。

福島2020.03.30 16:55

志村けんさんの訃報に悲しみ広がる

タレントの志村けんさんが、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなり、県内でも悲しみが広がった。
志村けんさんは29日夜、都内の病院で新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で亡くなった。
■街の人は
「テレビとか結構小さいころから見てて、それにも出てたので悲しい」
「有名人の方がなくなることによって、改めて(新型コロナが)身近に感じた」
「同い年だから、そういう意味ではショックな面もあった」
一方、県観光物産交流協会の関係者は、志村さんの「だいじょうぶだぁ」というギャグが、福島の方言を聞いたことがきっかけだったというエピソードをSNSに投稿した。
■福島県観光物産交流協会 武藤淳観光部長
「非常に急なニュースだったので我々としても驚いている。回復を願っただけに残念」
通夜・葬儀などは近親者のみで行い、「お別れの会」などについては決まり次第発表されるという。

福島2020.03.30 16:53

仙台市の飲食店で居合わせ

仙台市の男女2人が29日、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。2人は県内で感染が確認された由利本荘市の男女2人と仙台市の飲食店で居合わせていたことがわかりました。
仙台市の29日夜の発表によりますと感染が確認されたのは仙台市に住む私立学校の教諭で30代の外国籍の女性と30代の会社員の男性です。2人は症状が出る前の今月20日夜に仙台市青葉区の「HUB仙台一番町四丁目店」で飲食していました。店内の70席はほぼ満席だったということです。この際、県内で感染が確認された由利本荘市の2人を含むグループと5分程度立ち話をしたほか、翌21日から22日にかけては秋田のグループと女性が同じ店で4時間程度飲食をともにしたということです。由利本荘市の2人も
仙台市の2人も症状が出たのは今月24日以降です。県は由利本荘市の2人の行動歴を調べているほか2人と接触があった学校関係者43人の健康観察を行っています。また女性が受診した医療機関の8人を濃厚接触者と判断していて8人の検査結果は30日に出そろう見通しです。

秋田2020.03.30 13:15

FDA 青森・神戸線就航

 青森空港におよそ5年半ぶりに新設された国内線、FDA、フジドリームエアラインズの青森・神戸線が29日就航しました。

 フジドリームエアラインズの青森・神戸線は、29日午前11時40分に神戸空港を出発した第1便が青森空港に午後1時過ぎに到着し、放水アーチの歓迎を受けました。
 到着ロビーでは第1便の乗客54人にりんごジュースなどが配られ、乗客からは新しい路線を歓迎する声が聞かれました。

★第1便の乗客は…
「関西の人にとっては冬の青森はすごく素敵なんですよ」
「主人の実家に帰って来ました。きょうから就航ということでちょうど良いと思ってすぐに予約しました」

 青森・神戸線の第1便は発売開始直後の2月上旬に完売していました。
 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月に入りキャンセルが相次ぎ利用率は64%からのスタートとなりました。
 記念セレモニーで三輪社長や知事たちは困難を乗り越える決意を
新たにしていました。

★テープカット

★フジドリームエアラインズ
  三輪德泰 社長
「こういうご時勢ですので搭乗率がどうのこうのというよりもまず乗っていただけるということだけでもありがたいと思っています。状況が落ち着きましたらきっと良いことになると思っています」

★三村知事
「様々なことを乗り越えて大きくしっかりとした路線に育てていかなければとそういう決意です」

 青森・神戸線は10月まで1日1往復です。
 青森空港に新しい国内定期線が就航するのはおよそ5年半ぶりです。

青森2020.03.30 12:11

伐採した木が頭に 男性(58)死亡 岩手・盛岡市

29日、岩手県盛岡市内の民家の敷地内で木の伐採作業をしていた58歳の男性に木が当たり死亡した。死亡したのは盛岡市山岸の会社員・宮田弘行さん(58)宮田さんは午後3時頃盛岡市下鹿妻の民家の敷地内で、この家に住む友人の男性と2人で木の伐採作業をしていた際、切った木が頭部に当たった。宮田さんは病院に運ばれたが、約3時間半後に死亡が確認された。警察によると、現場では友人男性が脚立に上って伐採した木を下にいた宮田さんに渡す作業をしていた。また伐採した木の中には、太さが直径30センチを超えるものもあったという。警察は友人男性に当時の状況を聞くなどして事故の原因を調査。

岩手2020.03.30 12:03

県産木材活用へ パーテーション設置 岩手・盛岡市

公共施設での木材の利用を推進しようと岩手県庁に県産木材で製作したパーテーションが設置された。去年4月に施行された条例を受け県が設置した。条例や計画に基づき、県は公共施設や公共工事での木材の積極的な利用を推し進めている。県民室に設置されたパーテーションは15基で、高さ1.8メートル、幅1.2メートル。掲示部分には県産のスギが、枠と土台部分にはアカマツが使われているほか、県のPRキャラクター「わんこきょうだい」のイラストがレーザー加工であしらわれている。達増知事は「2年後に予定されている全国植樹祭に向け、県産木材の積極的な利用に取り組んでいきたい」と話す。

岩手2020.03.30 12:03

八戸警察署 死亡ひき逃げ 男を送検

 28日、八戸市で起きた死亡ひき逃げ事件で警察は逮捕した43歳の男の身柄を検察庁に送りました。

 送検されたのは八戸市尻内町の土木作業員、?田淳容疑者43歳です。
 29日午後、八戸警察署から検察庁に身柄が送られました。
 ?田容疑者は28日未明、八戸市河原木の市道で八戸市尻内町の団体職員、松橋和希さん28歳を車ではねてそのまま逃げた過失運転致死とひき逃げの疑いです。
 松橋さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。
 これまでの調べに対し?田容疑者は「何か物にぶつかった」と
供述し、容疑の一部を否認しています。

青森2020.03.30 11:52

東京方面への往来 引き続き自粛を

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、内堀知事は30日から当面の間、東京方面との往来を自粛するよう、県民によびかけた。
内堀知事は
「東京都の感染拡大防止対策に協力するため、引き続き、東京方面への不要不急の往来は、極力控えて頂くようお願いする」
と会見で話した。
県は、先週末の土曜日と日曜日について東京方面への往来を自粛するよう、県民に呼びかけていたが、内堀知事は、30日からの平日についても、当面の間、東京方面への不要不急の往来を控えるよう重ねて呼びかけた。
東京都が来月12日まで、都民に外出自粛を呼びかけるのを受けた対応。

福島2020.03.30 11:50

内堀知事 経済対策を政府与党に要望

新型コロナウイルスの感染拡大で、県内経済に深刻な影響が出ているとして、内堀知事は政府与党に対して、思い切った経済対策の実行を求めた。
内堀知事は28日、郡山市内で自民党の根本匠前厚生労働大臣と会談した。
そのなかで、県内のホテルや旅館でキャンセルが相次ぐなど、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、地域経済に深刻な影響が出ているとして、政府与党に対し経済的な支援策を実行するよう要望書を手渡した。
これに対し根本議員は
「資金繰りの支援や補助金を用意し、事業の継続と雇用の維持を最優先に、万全の対策をしていきたい」
と話した。

福島2020.03.30 11:36

郡山市立美術館「こより」を使った作品展

郡山市立美術館では、「こより」を使った作品展が開かれている。
三春町在住の美術作家、石田智子さんは、紙縒りを何層にも重ね合わせて幻想的な空間を演出する作風で知られている。
作品を作る様子を、童謡にちなんで表現した「むすんでひらいて」は7万本以上の紙縒りが使われている。
■訪れた人は「普段必要ないと思って捨ててしまっているものもこんな風に芸術になるんだと思った」
石田さんの作品展は郡山市立美術館で4月19日まで開かれている。

福島2020.03.29 18:59

新型コロナ 濃厚接触の母親「陰性」

東京から帰省した女性が新型コロナウイルスに感染していたことを受けて三村知事は首都圏を往来する人に対し「体調の変化に留意してほしい」と呼びかけました。また、この女性と濃厚接触した母親は検査の結果陰性でした。

県内で新型コロナウイルスの感染が新たに1人確認されたことを受けて県は29日午前、危機対策本部会議を開きました。
7人目の感染者は東京都在住の30歳代の女性で、八戸市に帰省する前の3月23日から37℃台の発熱や咳が出る症状があったということです。
三村知事は感染が急に増えている首都圏を往来する人に対し、体調の変化を気に留めて行動するよう呼びかけました。

★三村知事
「人の往来が増える時期であり、首都圏などの感染が拡大している地域を訪れた方、移動されてきた方は体調の変化に留意いただきたい」

県や八戸市によりますと、この女性が帰省に利用した新幹線とタクシーでは感染の可能性は低いとみられています。
また、濃厚接触した人は県内では八戸市内の母親1人とみられ、29日に行われたPCR検査の結果、陰性だったことが確認されました。

青森2020.03.29 18:35

いわき市役所職員を酒気帯び運転で逮捕

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、いわき市役所の48歳の男性職員。
男性職員は、29日午前3時半ごろ、いわき市金山町の市道で道路脇の畑に突っ込む事故を起こした。
通行人からの通報を受け、かけつけた警察官が男性職員の呼気を調べたところ、基準を超えるアルコールが検出されたため、その場で逮捕した。
この事故によるケガ人はいないという。
男性職員は酒を飲んだことを認めていて、警察は詳しい経緯を調べている。

福島2020.03.29 17:08

小中学校統合のため飯舘村で閉校式

飯舘村では、生徒数の減少などから小中学校を統合することになり、閉校式が行われた。
閉校式が行われたのは、飯舘村の小学校3つと中学校で、今年度の卒業生も含む、あわせて61人が参加した。
飯舘村では、おととし4月に中学校を改装し村内で授業を再開していたが、生徒数の減少などから小中学校を統合することにした。
3つの小学校は、147年の歴史に幕を降ろした。
新年度からは、小中一貫の義務教育学校「いいたて希望の里学園」が開校する。

福島2020.03.29 17:08

岩手・釜石のキャンプ場が子どもたちに開放

新型コロナウイルス感染防止のため、外出を控えている子どもたちに体を動かしてもらおうと岩手・釜石市のキャンプ場が無料で開放された。去年、オープンした釜石市の根浜シーサイドキャンプ場。隣接する多目的グラウンドは去年、行われたラグビーW杯でウルグアイとカナダの代表が調整を行った場所だ。29日は、そのキャンプ場施設とグラウンドが新型コロナウイルス感染防止のため、外出を控えている子どもたちに解放された。子どもたちは広いグラウンドでサッカーやラグビーをして思いっきり体を動かしていた。こどもたち「コロナで(外出)できないからこういう広いところで遊べるのめったに機会がなく楽しい」また、ピザ作りの体験も行われ、楽しいひと時を過ごしていた。

岩手2020.03.29 16:53

自民党岩手県連「新型コロナ対応を最優先」

自民党岩手県連の総務会が盛岡市で開かれ、新型コロナウイルスの対応を見据えた来年度の運動方針等について話し合った。29日の総務会では約80人の出席者全員がマスクを着用し、入り口に消毒液が設置された。新型コロナウイルスの影響で29日の午後に予定されていた県連大会は延期となったが、会議では来年度の運動方針や県連の運営について審議・議決が行われた。藤原崇県連会長:「今まず新型コロナの問題を岩手県としてもしっかり準備をしていく、そのために県連としても役割を果たしていく、これが一番」また、県連が来年度、新たに開く政治塾について報告されたほか、衆議院議員選挙については新型コロナウイルスの対応を最優先とした上で、地域支部との連携を密に取り組む方針を確認した。

岩手2020.03.29 16:47

肌寒い一日に 岩手

29日朝の岩手県内は各地で平年より、あたたかい朝となったが、日中の気温は28日ほど上がらない見込みだ。29日朝の県内は低気圧や気圧の谷の影響で県の南部を中心に弱い雨や雪が降ったところもあった。最低気温は盛岡市薮川で氷点下2.2℃、盛岡で2.8℃、大船渡で4.4℃となる等、28日より低くなったものの、県内全観測地点で平年を上回り4月上旬から下旬並みとなった。28日は最高気温が山田で18.8℃、大船渡で15.1℃、盛岡で12.9℃まで上がったが、日中の予想最高気温は盛岡と北上で8℃、大船渡で6℃と肌寒い1日となりそう。このあとは高気圧に覆われて次第に晴れ間が広がる見込みで、良い天気は30日も続きそう。

岩手2020.03.29 13:48

2021年度 高校定員削減を4校で実施

県教育庁は来年の春、2021年度の公立高校の入学定員の削減を4つの高校で実施することがわかりました。
県教育庁は子どもの数の減少に伴い2021年度の県立高校の入学定員を2020年度に比べ87人削減する方針を示しています。削減するのは4つの高校で、能代高校の普通科が25人、秋田北高校の普通科が12人、本荘高校の普通科が30人、湯沢高校の普通科が20人です。いずれも学級数は減らさず1学級の定員を減らす方針です。能代工業高校と能代西高校が統合して2021年4月に開校する「能代科学技術高校(仮称)」は統合前の両校の定員を合わせた175人を募集します。県教育庁は各校の定員充足状況などを精査した上で最終的な削減計画を7月に正式決定することにしています。

秋田2020.03.29 11:45

由利本荘 中学校入学式等の日程変更

由利本荘市内の小中学校に勤める外国語指導助手=ALTの2人が新型コロナウイルスに感染した影響で、市内の中学校10校が始業式と入学式を最大5日延期することを決めました。
由利本荘市教育委員会によりますと、市内の中学校は4月6日に予定していた始業式を9日に、6日と7日に予定していた入学式を11日にそれぞれ延期します。これは由利本荘市内の小中学校に勤務するALT2人が新型コロナウイルスに感染したため、2人が勤める学校の教職員を、校内で接触した疑いのある日を起点として2週間程度自宅待機とするためです。該当する教職員は小中学校合わせて67人いて、このうち中学校職員の自宅待機期間が4月7日までずれ込んだための措置です。なお、小学校14校は始業式・入学式とも日程は変更しない予定です。

秋田2020.03.29 11:43

新型コロナ 八戸市に帰省の女性が感染

3月25日、八戸市の実家に帰省した東京都在住の女性が新型コロナウイルスに感染していました。県内で感染が確認されたのは7人となりました。

★八戸市 小林眞 市長
「新型コロナウイルス感染が判明しましたのでご報告いたします。当市にとって第7例目の患者です」

県内で7人目の新型コロナウイルスの感染者は東京都在住の30歳代の女性です。
3月25日、新幹線で八戸市の実家に帰省し、検査の結果28日陽性反応が出ました。
この女性が乗車した新幹線は午後7時20分東京発の「はやぶさ43号」で、車内は空いていて乗車中はマスクを付けていたということです。
また、駅から利用したタクシーも特定されていますが、今のところ運転手が感染した可能性は低いとみられています。
女性は帰省したあと外出はせず、27日感染症指定医療機関に入院した時も母親の車で移動していました。
このため県内での濃厚接触者は母親1人とみられ、早ければ29日にも検査結果が出る予定です。

青森2020.03.29 11:28

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース