四国のニュース

全国年明けうどん大会

全国各地の ご当地うどんを集めた 年末恒例の 「全国年明けうどん大会」が 高松市の サンメッセ香川で開かれています。 このイベントは 赤い具材で 紅白に彩られたうどんを 新年に食べる新たな食文化を 広めようと、 香川県が毎年この時期に 開いているものです。 8回目の今年は 15道府県から 19のブースが出展し、 訪れた人たちは 全国各地のご当地うどんの 食べ比べを楽しんでいました。 去年に引き続き 今年も感染対策で 入場は予約制となっていて、 会場では 飲食テーブルにアクリルパネルが 設置されています。 ■来場客は 「色んな県のうどんが食べられる ということで/いつも毎年来させ て貰って楽しんでます」 香川県によりますと 年明けうどんの認知度は 年々上がっていて、 年が明ける来月1日以降には 県内のうどん店 およそ120店舗で 年明けうどんのメニューが 提供されるということです。

香川 2021.12.05 18:00

ハンカチ王子 引退後初のトークショー【愛媛】

ハンカチ王子こと元プロ野球選手 斎藤佑樹さんの引退後初のトークイベントが松山市で開かれた。 拍手の中、イベント会場に姿を見せたのは、今シーズンをもって現役を引退した元北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹さん。 大学時代、愛媛には試合などで毎年訪れていたという斎藤さんは、トークイベントの中で「道後温泉には2回位行きました。その時の印象は楽しかった」とのこと。 また、ハンカチ王子と呼ばれるようになった2006年夏の甲子園で、決勝引き分け再試合の末、優勝を決めたシーンについて「一瞬、時が止まったような感じがした」と、当時のマウンドでの様子を語った。 ほかにも、プロで初勝利した時の思いやケガで苦しんだ際の葛藤など11年間のプロ生活について振り返り、会場に詰め掛けた約200人の参加者は、野球界を沸かせた斎藤さんの貴重な話に耳を傾けていた。

愛媛 2021.12.05 16:55

徳島市で上勝阿波晩茶祭り【徳島】

5日徳島市で阿波晩茶を楽しむイベントが開かれ、朝から大勢の人で賑わいました。このイベントは阿波晩茶の良さを知ってもらおうと50組の生産者らで作る上勝阿波晩茶協会が開きました。会場では、10か所の生産者が作ったお茶の試飲や販売が行われました。阿波晩茶は成長した固い茶葉を乳酸菌で発酵させる珍しい製法のお茶で、ほのかな甘みと酸味が特徴です。今年3月には国の重要無形民俗文化財に指定されています。会場ではお茶うけとして上勝町で作られた干し柿や餅などが販売された他、茶の製造に使っていた古い道具も紹介されました。訪れた人たちは阿波晩茶の香りや味を楽しんでいました。

徳島 2021.12.05 16:41

小学生考案「いもたきうどん」商品化【愛媛】

コロナで落ち込む愛媛県産食材の消費を後押ししようと、小学生が考案した料理が商品化するになった。 今回、商品化するのは、松山市の小学6年生、井上彩心さんが考案した「いもたきうどん」。 いもたきの具材には愛媛のブランド豚、甘とろ豚を使用する。 「地産地消!~家族で食べよう、愛の味~」は、新型コロナで落ち込む県産食材の消費を後押ししようと、松山青年会議所が、松山市の小学4~6年生を対象に夏休みの自由研究として愛媛の食材を使ったレシピを募集。 5日は表彰式が行われ、いもたきうどんを考案した井上さんは「子どもからお年寄りまで様々な年代の人が食べられる味付けになっているので、ぜひ見かけたら手に取って食べてもらいたい」と話していた。 「いもたきうどん」は12月6日から2週間、松山市などのスーパー「フジ」で数量限定で販売される。

愛媛 2021.12.05 12:33

高知西バイパス全線開通

高知市といの町を結ぶ高知西バイパスが4日、全線開通し記念式典が行われた。 高知市鴨部といの町波川を結ぶ高知西バイパスは総延長9.8キロ。所要時間は今回の全線開通によって着工前の国道33号を通った場合と比べて28分から15分へと大幅に短縮される。4日の開通式典では地元の中学生が生演奏を披露したあとテープカットが行われ午後4時の開通を前に関係車両が道路を走行し通り初めを行いった。高知西バイパスは波川周辺で慢性化している通勤時間帯の渋滞の解消が見込まれるほか豪雨災害で浸水被害が発生した時の迂回路としても期待される。

高知 2021.12.04 19:24

“人権週間”(~10日)啓発活動【愛媛】

人権問題について理解を深めてもらおうと、松山市で啓発活動が行われた。 4日から今月10日までの“人権週間”に合わせて県と松山市が行った街頭啓発活動には、人権擁護委員や番町小学校の児童ら約40人が参加した。 今年は新型コロナ感染者への差別問題についても呼び掛けられ、パンフレットや児童がつくった“しおり”などが通行人に配られた。 主催者によると「コロナへの感染によって差別されるのでは」などといった相談が特に寄せられているという。

愛媛 2021.12.04 15:21

没後20年 河野兵市さん企画展【愛媛】

徒歩による単独での北極点到達に成功し、ことし没後20年を迎えた冒険家・河野兵市さんの企画展が松山市で始まった。 河野兵市さんは旧瀬戸町出身の冒険家で、1997年日本人で初めて徒歩による単独での北極点到達に成功した。 松山市の愛媛人物博物館で始まった企画展は、北極点到達時に使用していたソリや日誌など173点の資料が展示され、孤独と絶望感に打ち勝ち、偉業を成し遂げた北極点到達までの軌跡を知ることができる。 河野さんはその後、冒険途中の2001年、43歳で帰らぬ人となった。 開幕にあたり、河野さんの長男・河野遼兵さんは「この企画展を通じて父の想いに触れてもらい、これからの人生を前向きに進んでいこうと思うきっかけになれば嬉しい」などと話していた。 この企画展は来年3月13日まで開かれている。

愛媛 2021.12.04 13:31

NTTグループ社員が清掃活動【愛媛】

NTTグループの社員らが街の美化に一役買おうと松山市の道後公園を清掃した。 道後公園で行われた清掃活動にはNTTグループの社員約180人が参加した。 はじめに検温や消毒を行った参加者は、感染対策のため2つのグループに分かれて落ち葉やゴミを拾い集めた。 27回目を迎えた清掃活動だが、去年は新型コロナの影響で中止となった。 2年ぶりの開催に、参加者は年の瀬のまちをきれいにしようと黙々と清掃に励んでいた。

愛媛 2021.12.04 13:24

保管期限を過ぎたワクチン30人に接種

高松市は昨夜、 保管期限が過ぎたワクチンを 誤って30人に接種したと 発表しました。 現在 健康状態の確認を進めています。 ■会見生かし 「心からお詫びを申し上げます」 高松市によりますと 先月29日から今月2日までに 高松市内の医療機関が行った 個別接種で、 10代から60代までの男女 30人に対し 冷蔵での保管期限を 6日から 11日間過ぎたワクチンを 接種していたということです。 このうち今月2日に接種した 30代の女性1人に 39度台の発熱がありましたが 「副反応による可能性が高い」 としていて それ以外の健康被害は これまで 報告されていないということです。 医療機関が 冷蔵での保管期限1ケ月を 4か月と誤って認識したことが 原因で、 ほかにも保管期限を過ぎている ワクチンがあり 廃棄処分にしています。 高松市は 接種した30人に対し 体調に異変がないか 確認を進めるとともに 十分な抗体ができているかの 抗体検査をおこなう方針です。

香川 2021.12.04 13:00

“この街で”新井満さん逝去【愛媛】

松山市民の愛唱歌として親しまれている、“この街で”を作詞・作曲した芥川賞作家新井満さんが3日、北海道函館市の病院で亡くなった。75歳だった。 新井さんは新潟市出身で、1988年に小説“尋ね人の時間”で芥川賞を受賞した。 また2005年には、今も松山市民の愛唱歌として親しまれている“この街で”を作詞・作曲した。 そして、アメリカに伝わる作者不詳の詩を翻訳・作曲し、西条市出身のテノール歌手・秋川雅史さんがカバーした“千の風になって”は、2007年の日本レコード大賞作曲賞に輝いた。 新井さんは3日、誤嚥性肺炎のため函館市内の病院で亡くなった。75歳だった。 新井さんの訃報について、松山市の野志市長は「新井先生の生前の熱意あるご指導とご尽力に深く感謝申し上げるとともに、心からご冥福をお祈り致します」とのコメントを出した。

愛媛 2021.12.04 11:38

徳島県内で震度4 南海地震との関連性は?

震源が紀伊水道ということでやはり気になるのは南海トラフ巨大地震との関係です。今後の続震の可能性も含め、気象庁と、災害に詳しい徳島大学の中野晋特命教授に聞きました。気象庁は3日の紀伊水道を震源とする最大震度5弱の地震について「今回の地震はプレート内部で発生したもので規模が小さく、震源が浅いため想定されている南海トラフ地震への影響はない」と分析しています。地震の後、南海トラフ地震の発生可能性が高まるような観測データは見られないということです。一方、徳島大学の中野晋特命教授は「今まであまりなかったタイプの地震だ」として注意を促しています。中野特命教授は「場所からするとフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界付近に割合近いところ。そういう点で『プレート境界型』の可能性があると思う。和歌山県北部はよく地震あるが多くは中央構造線沿いの活断層型地震が多いので今回の地震は今まであまりなかったタイプ。直接、南海トラフ地震をというわけではないがプレート境界型の可能性があるということからすると今までの地震とは若干違ってるのかなと思っている」と話しています。気象庁と中野教授は今後1週間程度、同じ規模の地震に注意するよう呼びかけています。

徳島 2021.12.03 19:15

震源は紀伊水道 徳島・阿南市などで震度4

3日午前9時28分ごろ紀伊水道を震源とする地震があり、和歌山北部で震度5弱を観測しました。徳島県内では吉野川市、美馬市、美波町などで震度4を観測しています。この地震による津波はありませんでした。気象庁によりますと、3日午前9時28分ごろ地震がありました。震源地は紀伊水道で震源の深さはおよそ18キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5・4と推定されます。この地震で吉野川市、美馬市、阿南市板野町、那賀町、美波町で震度4、徳島市や鳴門市、三好市、海陽町など広い地域で震度3を観測しました。美波町に設置された四国放送の情報カメラがとらえた地震発生時の映像です。画面が大きく揺れているのが分かります。四国放送が県内の消防や警察、自治体に問い合わせたところ、この地震による被害は今のところ確認されていません。

徳島 2021.12.03 19:12

アレルギー表示に誤り 水餃子を回収 徳島

徳島県は2日、県内の「ザ・ビッグ」3店舗で販売された餃子に食品表示法違反があったとして自主回収していると発表しました。自主回収されているのは、県内の「ザ・ビッグ」、上板店、北島店、鴨島店で10月と11月に販売された「もちもち水餃子」です。県によりますと2日夕方、店舗を運営するマックスバリュ西日本から徳島保健所などに自主回収を行っている旨、連絡がありました。回収されている商品には、アレルギー表示に卵とゼラチンが記されておらず、食べた人に健康被害を及ぼす可能性があるということです。上板、北島、鴨島の3店舗で2か月間にあわせて723パックが販売されていますが、2日午後6時の時点で健康被害は確認されていません。マックスバリュ西日本は「今回のことを重大に捉え今後は再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

徳島 2021.12.03 19:10

残留か降格か 徳島ヴォルティスあす最終戦

サッカーJ1徳島ヴォルティスは4日、J1残留をかけてホーム鳴門でサンフレッチェ広島と対戦します。とうとう最終戦にまでもつれ込んだ残留争いですがヴォルティスにも可能性は十分残されています。4チームが降格する今年のJ1はすでに18位以下の3チームのJ2降格が決まっています。降格するのは、あと1チーム。15位の清水か、16位の湘南か、17位のヴォルティスか、この3チームに絞られています。勝ち点は清水が39に対し、湘南とヴォルティスは36。ヴォルティスは最終戦に勝って勝ち点3をあげれば勝ち点で並び、得失点差で残留できるという可能性が残っています。まさに運命を変える最終戦です。(小玉キャスター)「残留が懸かる最終戦に向けて選手たちは良い緊張感を持ってトレーニングに励んでいます。雰囲気もとても良さそうです」去年J2で優勝し、7年ぶりのJ1で戦ったてきたことしのヴォルティス。目標はもちろん、J1残留でした。先月、ヴォルティスは残留を争う湘南との直接対決を制し最終戦に希望をつなぎました。値千金のゴールを決めたのは岸本選手でした。岸本選手は「プラン通り。岩尾が宮代にパスして宮代が良いシュートを打ってくれたので僕が詰めるだけという感じでした。本当は宮代が決められれば良かったですけどしっかりみんなも準備していた結果だと思います。大一番だったのでそこで自分が決められたのは光栄に思いますしまだ最終節も残っているのでゴールを狙っていきたい」残留は、4日の清水と湘南の結果に左右されますが、とにかく勝つしかありません。対戦する広島は上位の12位ですが今年の対戦ではヴォルティスが勝っていて、勝機は十分ありますダニエル・ポヤトス監督は「(広島は)バランスの良いチームだと思う。守備はコンパクト攻撃は前に決定力のある選手を活かしながら特にカウンターで点を取っている。(徳島は)ボールの動かし方が大事になる。ただ単にパスを回すのではなく1つ1つのパス回し方に意図を持つことが大事になる」と話します。守備の面でチームを支える福岡選手は得点を許さず、守りから攻撃につなげたいと話します。「(広島は)スピードのある選手が結構多い。自分の長所であるスピードを活かして出場している選手と協力しながら(相手を)完封できたら良いと思う。今までやってきたことができれば(FC東京戦、湘南戦と)2試合連続でゼロに抑えることが出来ましたしディフェンスラインだけでなくチーム一つがつながってボールを奪いに行けたら良い攻撃につながると思う」去年の昇格の立役者で今シーズンもチーム最多の8ゴールをあげているストライカーの垣田選手。最前線でプレーが勝利のカギの一つになるのは間違いありません。垣田選手は「どんな形であれゴールが取れたら嬉しいですし常に狙っていきたい。泥臭いゴールをたくさん取っていかないと得点は重ねられないしそういったゴールがチームに力を与える」ダニエル・ポヤトス監督は「WE ARE ONEという言葉通り全員で一つになって戦いましょう。徳島の生き残りを懸けた戦いを全員で勝ち取りたいと思います。いつも通りではありますが温かい声援をスタジアムから送ってもらえれば全員で勝ち点3を取れると思う」と話しました。泣いても笑っても4日が最後です。残留の条件ですが、こちら、まず、徳島が勝った場合です。この場合、湘南が引き分け以下だと残留できますし、あるいは清水が負けた場合も残留できます。次に、徳島が引き分けてしまった場合ですが、それでも湘南が負ければ残留できます。最後に徳島が負けた場合ですが、残留はまずかないません。これは得失点差で湘南に14も離されているため、湘南も負けて勝ち点で並んだままでも得失点差の逆転は現実的ではないためです。  4日の広島戦は午後2時キックオフです。残留を争う湘南はガンバ大阪と、清水はセレッソ大阪と同じ時刻に対戦します。同時進行の試合に手に汗握ることになりそうです。

徳島 2021.12.03 19:07

香川県 帰省者向けPCR検査受け付け

香川県は年末年始に県内に帰省する人を対象にした無料のPCR検査について、来週月曜日から申し込みの受け付けを始めます。 無料のPCR検査の対象になるのは、年末年始に香川県内に帰省する県外在住者で、発熱などの症状が無いことが条件です。帰省する日の9日前までに県のホームページから申し込みを行い、送られてくる検査キットに唾液を採取して検査機関に送り返すと、2、3日後に検査結果がメールで届くということです。申し込みの受け付けは今月6日から22日までで、先着5000人程度が受けられるということです。 感染の第6波を防ぐため、香川県が検査費用およそ3500万円を予算に計上し、今回初めて行うもので、県は「久しぶりに帰省する人も多いと思うので、陰性を確認した上で安心して年末年始を過ごしてほしい。」としています。

香川 2021.12.03 19:01

点字カレンダー 香川県立盲学校に贈呈

目の不自由な人達に役立ててもらおうと、来年用の点字カレンダーが今日、香川県立盲学校に贈られました。 高松市の県立盲学校では、西日本放送の担当者から来年用のカレンダー100部が贈られました。2022年のカレンダーのテーマは「灯台のある風景」。全国各地の灯台が、美しい四季の景色と共に紹介されている他、点字で書かかれた解説文も用意されています。 生徒達は早速、指で触れたり顔を近付けてじっくり見たりして楽しんでいました。点字カレンダーは日本テレビ小鳩文化事業団が毎年、全国で配布していて、今年で47回目です。

香川 2021.12.03 19:00

外国人技能実習生が防災を学ぶ【愛媛】

外国人技能実習生が「防災」について学ぶセミナーが伊予市で開かれた。 このセミナーは外国人技能実習生など介護現場で実習中の外国人が災害時に自分の身を守り、お年寄りらに適切な対応ができるようにと開かれた。 ベトナムやミャンマーなどから来日中の参加者は、東日本大震災での地震や津波の被害について学んだあと、地震が起きた際に取るべき行動をイラストで選び班の中で発表し合っていた。 八幡浜の高齢者施設で実習中のミャンマー人技能実習生「地震とか津波とか、怖くて分からない事を教えてもらってよかった」と話していた。 愛媛県によると、現在およそ320人の外国人技能実習生が県内の介護現場で実習を積んでいるという。

愛媛 2021.12.03 18:06

オミクロン株対応 全感染者いったん入院し変異株検査【愛媛】

オミクロン株の国内での感染拡大が懸念される中、中村知事は、記者会見を開き、当面の間、全ての感染者は一旦入院させ、変異株検査を実施する方針を示した。その上で、中村知事は手指の消毒や換気など基本的な感染回避行動の徹底を改めて呼びかけた。 3日の臨時会見で中村知事は、オミクロン株について厳重な警戒を要する変異株との認識を示した上で今後の対応方針を発表した。 それによると、検査については全ての感染者について一旦入院させた上で、変異株PCR検査を実施し、オミクロン株の疑いがあるかを調べる また、接触者の調査については、接触日数を従来の2日から3日に拡大して実施する。ゲノム解析の結果、感染者がオミクロン株と確定されれば、濃厚接触者には新たに設ける宿泊施設での滞在を求める。 新たな宿泊施設では感染者と接触後、14日間の滞在が求められ、その間2日に1回程度検査が行われる。濃厚接触者に自宅以外での滞在を求めるのは愛媛県では初めての措置。 中村知事はこうした方針を示すと共に、学校や職場など人が集まる場所では定期的な換気を徹底する事や海外からの来県者と接触する 事業所は関係者の体調管理に注意することなどを要請した。

愛媛 2021.12.03 17:22

大学にキッチンカ― 学生に料理ふるまう【愛媛】

コロナ禍だっかりおなじみになったキッチンカーが、3日、愛媛大学に集結し、学生に料理がふるまわれた。 愛媛大学の城北キャンパスには、4台のキッチンカ―が顔をそろえ た。 県内産の食材を使ってキッチンカーで調理した焼きそばやタコライスなど、4種類の料理を、コロナ禍の大学生に無料でふるまおうというこのイベント。JA共済連愛媛が主催する「愛顔応援プロジェクト」の一環で行われた。 イベントの開始前には、100人を超える学生の長い行列が出来る人気。終了予定の30分前には、すべての料理を配り終え、イベントは大盛況のうちに終了した。 コロナで苦しむ大学生にとって少し早めのクリスマスプレゼントになった。

愛媛 2021.12.03 15:57

徳島県内初 飲酒自転車で安全講習へ

酒を飲んだ状態で自転車に乗り、事故を起こしたなどとして鳴門市の男性が道交法違反の疑いで書類送検されました。自転車で危険行為を繰り返した者に義務付けられる安全講習が、徳島県内の摘発で初めて適用されます。書類送検されたのは、鳴門市に住む無職の40代の男性です。捜査関係者によりますと男性は今年9月、藍住町で酒に酔った状態で自転車を運転し軽乗用車と衝突、さらにその2日後にもミニバイクと衝突する事故を起こしました。男性は、道路交通法違反の疑いで書類送検されるとともに、この2回の酒酔い運転で交通切符、通称「赤切符」を交付されました。自転車による酒酔い運転やながら運転などの危険行為で3年以内に2回「赤切符」を切られた場合は、安全講習の受講が義務付けられていて、男性は受講の対象となりました。2015年6月に始まったこの制度で、県内における摘発で制度が適用されるのは今回が初めてです。

徳島 2021.12.03 15:28

伊方原発3号機再稼働 3日午前臨界に【愛媛】

およそ1年11か月ぶりに再稼働した伊方原発3号機は、3日午前核分裂反応が安定した状態で続く臨界に達した。 四国電力は、2日午後7時に中央制御室で核分裂反応を抑える制御棒を引き抜く操作を行い、伊方原発3号機は原子炉が起動した。 四国電力によると、3日午前10時に核分裂反応が安定した状態で続く臨界に達したという。 伊方原発3号機は、2019年12月に定期検査で運転を停止して以降、相次ぐトラブルや宿直社員の無断外出問題などで運転停止が続いていた。 再稼働はおよそ1年11か月ぶりとなり、四国電力は「高松市の本社から原発の運転に精通した社員を派遣するなど安全対策を強化している」としている。 伊方原発3号機は、今月6日に一般家庭への送電を開始する予定。

愛媛 2021.12.03 14:36

お手柄 人命救助の小学生に感謝のメダル 伊予市【愛媛】

11月、伊予市の小学生2人が、血を出して倒れている高齢男性を見つけ、警察に通報、命を救いました。その勇気あふれる行動に、警察から感謝の記念メダルが贈られました。 伊予警察署で行われた2日の贈呈式では、郡中小学校の6年生土居美結さんと武智結衣さんに、感謝の記念メダルなどが贈呈されました。 伊予警察署の竹田諭署長は「いち早く、警察に貴重な通報を寄せられました。おかげで男性の命を救うことができました。」とお礼の言葉を述べていました。 土居さんと武智さんは、先月12日の午後4時半頃、下校中に歩道で血を流して倒れていた90代の高齢男性を発見しました。 武智さんと土居さんは近くのコンビニに駆け込み、状況を聞いた店員が110番通報。高齢男性はまもなく救急搬送され、無事だったということです。 土居さんは「私たち2人がした行動は、みんなにもできる行動なので是非やってほしいと思いました。」と話していました。 2人に贈られたメダルは、緊急性のある犯人検挙や人命救助に直接結びついた110番通報をした人に県警から贈られるもので、今年度2回目の贈呈となります。

愛媛 2021.12.03 14:29

8日連続感染確認ゼロ 速報値修正 感染回避行動継続を【愛媛】

愛媛県は、2日の検査で新たな新型コロナウイルスの感染者は確認されなかったと発表した。県は、2日朝の速報値では、陽性1人と発表していたが、医師から発生届けが取り下げられ、感染者ゼロに訂正した。 感染確認ゼロは8日連続。 県は引き続き①マスク着用など感染回避行動の継続徹底②体調異変時は休んで受診③県外との往来は十分注意④会食はルールを守って実施という4つのポイントの徹底を呼びかけている。 なお、3日午前9時現在、医療機関への入院患者は前日と変わらず1人、宿泊療養施設がゼロ、自宅療養等が1人。

愛媛 2021.12.03 12:35

知事「オミクロン株」への対応の考えを示す

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、浜田知事は、県内での感染拡大を防ぐために濃厚接触者を宿泊療養施設で健康観察させる考えを示した。 浜田知事は、3日の会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応について述べた。 県内では、新型コロナウイルスの感染者は、2日まで20日連続で確認されていないが、浜田知事は、県内で「オミクロン株」の感染者や濃厚接触者が確認された場合、濃厚接触者はこれまでの自宅待機ではなく、宿泊療養施設で健康観察する厳密な監視体制をとる考えを示した。 また、浜田知事は、「オミクロン株」への対応について、「重症化のリスクがあるかないか」を重要なポイントにあげ、ウイルスの特徴が分かるのにもうしばらく期間が必要だとして、感染状況を見ながら県の対応を考えていくとした。

高知 2021.12.03 11:57

和歌山で5弱の地震 県東部などで震度3

3日、午前9時28分頃、和歌山県北部で震度5弱の地震があり、県内では、香南市、東洋町、馬路村で震度3を観測した。 県によると、これまでのところ、県内で被害の情報は入っていない。 気象庁によると、3日、午前9時28分頃、紀伊水道を震源とする地震があった。 震源の深さは18キロで、地震の規模を示すマグニチュードは5.4と推定される。 この地震で、和歌山県北部で震度5弱を観測した。 県内では、香南市、東洋町、馬路村で震度3を観測したほか、高知市、安芸市など13市町村で震度2を観測。 土佐市、須崎市など7市町村で、震度1を観測した。 この地震による津波の心配はなかった。 県によると、これまでのところ、県内で被害の情報は入っていない。

高知 2021.12.03 11:51

祝 真鍋さんノーベル賞 故郷で打ち上げ花火 四国中央【愛媛】

ノーベル物理学賞に選ばれた真鍋淑郎さんが今月7日に表彰されるのを前に、出身地の四国中央市で花火が打ち上げられた。 2日夜、四国中央市の三島川之江港で打ち上げられた花火は、四国中央市出身の真鍋淑郎さんのノーベル物理学賞受賞のお祝いと新型コロナウイルスの終息を願い、市観光協会が企画した。 およそ15分間、市内3か所で合わせて3000発の花火が夜空を彩った。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市民には開始15分前に花火の実施が放送で知らされた。 花火に見入っていた女子児童は「真鍋さんみたいに、大きなことはできないかもしれないけど、こつこつあきらめずに頑張りたい」と話していた。 真鍋淑郎さんは、今月7日にアメリカのワシントンでノーベル物理学賞の表彰を受ける。

愛媛 2021.12.03 11:42

和歌山震度5弱地震 上島町震度3 松山、新居浜、西条、今治等震度2【愛媛】

3日午前9時28分頃、紀伊水道を震源とする地震があり和歌山県で震度5弱を観測した。震源の深さは約20キロ、マグニチュードは5.4と推定される。 愛媛県内では上島町で震度3、松山市、今治市、新居浜市、西条市などで震度2を観測した。 この地震による津波の心配はない。

愛媛 2021.12.03 09:59

新型コロナ感染確認なし ワクチン接種後に1人死亡

2日、県内で新型コロナウイルスの新たな感染確認の発表はなかった。感染確認ゼロは20日連続だ。一方、県は先月、ワクチン接種後に県内の男性1人が死亡したと発表した。 県によると先月、県内の50代の男性がファイザー製の新型コロナワクチンを接種した後死亡したと発表した。接種との因果関係は不明だ。男性は、10月下旬に2回目の接種を受けその3日後に亡くなった。男性に基礎疾患があったかどうかはわかっていない。これで県内で先月末までにワクチン接種後に亡くなった人はあわせて15人になった。

高知 2021.12.02 18:11

徳島県48時間以内に安否不明者氏名公表へ

災害が発生した際に安否が不明となった人について、徳島県は、原則、発生から48時間以内に氏名などを公表する考えを示しました。今年7月、静岡県熱海市で大規模土石流が起きた際、発生から約58時間後に不明者64人の氏名が公表され、40人ほどの無事が確認できました。徳島県はこの教訓をもとに、安否不明者の氏名などを災害の発生から原則、48時間以内に公表する考えを示しました。災害時には、発生から72時間が経過すると、被災者の生存率が急速に下がるとされていて、早期の情報開示により不明者の洗い出しを行い、迅速な救助活動につなげたい考えです。県は今後、県警や市町村とも調整を図り、年内にも運用を始める方針です。飯泉知事は「災害対応力の一層の強化を図り県民の安全・安心の確保に全力を傾注していきたい」としています。

徳島 2021.12.02 17:51

徳島文理大 学生がミュージカルなど発表

保育士や幼稚園の先生を目指す徳島文理大学の学生が2日、子どもたちを招いてミュージカルやハンドベルの演奏などを発表しました。「おとぎのくに」と題したこの発表会は、徳島文理大学短期大学部が保育科の学生に仲間と協力しながら物を作り上げることの大切さを学んでもらおうと毎年、開かれています。2日は、県内12か所の保育所やこども園などの子どもたちおよそ500人が招待されました。発表会では、保育科の学生33人が、海の環境問題をテーマにしたミュージカルや虹をテーマにした合唱などを披露しました。子どもたちも一緒に歌ったり、踊ったりして楽しんでいました。この発表会は3日も、県内10か所の保育園などから子どもたちを招いて開かれます。

徳島 2021.12.02 17:49

ブルッ!県内各地で今シーズン一番の寒さ【愛媛】

厚手のマフラーに… 自転車を漕ぐ高校生の 口からは白い息… 思わず、ダウンジャケットの裾に 手を隠す人も。 上空に流れ込んだ寒気や放射冷却の影響で、グッと冷え込んだ今朝の愛媛県内。 久万で-2.7℃、大三島で0.6℃など、低い所では、1月下旬並みの寒い朝となった。 日中もあまり気温が上がらず、最高気温は松山で10.4℃、西予市宇和で8.9℃など、ほとんど全ての観測地点で今シーズン最も低くなった。 松山地方気象台によると、今週いっぱいは朝晩を中心に冷え込みが続き、来週に入ると寒さは少し和らぐという。

愛媛 2021.12.02 17:48

徳島県 とくしま応援割の対象拡大へ

県は2日、県民限定の宿泊支援キャンペーン「とくしま応援割」の対象を四国3県や兵庫、和歌山の在住者まで拡大する方針を示しました。飯泉知事は2日に行われた県議会の一般質問で「とくしま応援割の対象を四国3県、兵庫県、和歌山県の同意が得られ次第、対象範囲を拡大してまいります」と明らかにしました。観光庁は先月、ワクチン接種済み証や陰性証明を提示する「ワクチン検査パッケージ」の活用を前提に県民割の支援対象範囲を近隣県まで拡大する方針を示していました。これを受け、県では、近隣県の同意が得られればこれまで県民限定で今月末までの予定で実施してきた宿泊支援キャンペーン「みんなで!とくしま応援割」の対象を近隣県の在住者へ順次、拡大する方針です。

徳島 2021.12.02 17:46

オミクロン株の一時入国停止 県内にも影響【愛媛】

コロナの新たな変異株「オミクロン株」の国内への侵入を阻止しようと、日本政府が踏み切った外国人の一時的な入国停止措置。 愛媛県内でも既に様々な影響が出始めている。影響が特に顕著なのが飲食業界、そして介護の現場だ。 主に伊予市の双海シーサイド公園で出店しているインド・ネパール料理専門のキッチンカ―を取材すると、今回の入国停止措置を受け、来年早々の新規出店を急遽延期にしたとのこと。出店にあたり雇おうとしていた3人のネパール人が来日できないためだ。また、すでに店で働いているネパール人も、再入国できない場合を想定し帰国を延期、家族に会えない日々が続いている。 外国人技能実習生を受け入れている松山市の介護施設でも。先月、ようやく入国制限が緩和され、1年以上延期となっていた中国人技能実習生11人の来年春の入国のめどが立った矢先の入国停止措置… 技能実習生を支援する中国側の送り出し機関の担当者と連絡を取り合い、実習生やその家族のケアに取り組んでいる。母国で待機中の実習生たちは、「勉強した日本語を忘れてしまうのではないか」などと不安を口にしているという。

愛媛 2021.12.02 16:56

善意の寄付を募る「歳末助け合い托鉢」高知

高知市の中心商店街で、2日、若い僧侶がお経を唱えながら托鉢をして練り歩き、善意の寄付を募った。 托鉢を行ったのは、県仏教青年会の7つの宗派から集まった僧侶13人だ。 会では、40年以上前から社会貢献を目的に道行く人々から寄付を募る「歳末助け合い托鉢」を行っている。 新型コロナウイルスの影響で昨年は中止になったが、ことしは感染状況を踏まえて行われた。 2日は、感染対策に配慮したマスク姿の僧侶たちが密を避けるように距離を保ちながら商店街を歩き、道行く人々から善意の寄付を募っていた。 2日の托鉢では、3万円あまりが集まり、全額が日本赤十字社に寄付され、国内の災害救護や病院の医療支援費などに使われるという。

高知 2021.12.02 16:46

高知西バイパス 4日の全線開通前に内覧会

高知市といの町を結ぶ高知西バイパスが、12月4日に全線開通するのを前に、2日、報道陣向けの内覧会が開かれた。 国道33号の高知西バイパスは、国が1987年から区間を区切って工事を進め、12月4日にいの町の鎌田インターチェンジと波川の1.5キロの区間が開通すると、全線開通となる。 高知市の鴨部といの町を結ぶ高知西バイパスは、総延長が9.8キロで、今回の全線開通によって鴨部ー波川間の所要時間は、着工前の国道33号を通った場合と比べて、28分から15分へと大幅に短縮される。 また、今回の開通によって、波川周辺で慢性化している通勤時間帯の渋滞の解消が見込まれるほか、並行する国道33号よりも15メートル以上高い場所を通るため、豪雨災害で浸水被害が発生した時の迂回路としても期待される。 高知西バイパスの鎌田インターチェンジと波川の区間は、12月4日の午後4時に開通する予定だ。

高知 2021.12.02 16:46

高校サッカー 県代表・高知高にボール贈呈

今月開幕する全国高校サッカー選手権大会に県代表として出場する高知高校に、大会の協賛社から、サッカーボールなどが贈られた。 高知高校は、11月7日に行われた全国高校サッカー選手権県大会で明徳義塾を破り、2年ぶり17回目の全国大会出場を決めた。 1日に高知市の高知高校で行われた贈呈式には、松井匠キャプテンなどが参加。 大会の協賛社である帝人からサッカーボール10個とボールケースが、同じく協賛社の明治からプロテインが贈られた。 大会は、12月28日に開幕し、高知高校は、29日に東京の駒沢陸上競技場で、東京A代表の堀越高校と初戦を戦う。

高知 2021.12.02 14:50

紅葉の名所の山内神社 色づき始め 高知市

師走に入り、冷え込みが強まるなか、紅葉の名所で知られる高知市の山内神社では、ようやく、モミジが色づき始めている。 高知市の山内神社では、まいとし11月下旬からモミジなどが色づき始め、ことしも師走に入るとともに、赤や黄色に染まった木々が参道や境内に彩りを添えている。 なかでも、鳥居の横に植えられたモミジは真っ赤に染まり、参拝に訪れた人たちの目を楽しませている。 山内神社によると、ことしは例年に比べ、台風や大雨などが少なかったため、葉が多く残っていて、見頃は、12月中旬頃になりそうだという。 きょうの県内は、上空に流れ込んだ寒気と放射冷却の影響で冷え込みが強まり、最低気温は、梼原町で氷点下1.7度を記録するなど、県内16地点の観測地点のうち、9つの地点で今シーズン1番の冷え込みとなった。 高知市も1.9度と、今シーズン1番の冷え込みとなり、高知地方気象台は、初霜と初氷を観測したと発表した。 初霜は、平年より3日遅く、昨年より14日早く、初氷は、平年より8日遅く、昨年より14日早い観測となる。 気象台によると、3日も平年より気温は低く、その後、5日頃までは、平年並みの気温が続く見込みだという。

高知 2021.12.02 14:42

1年11か月ぶり 伊方原発3号機 きょう再稼働へ 【愛媛】

宿直社員の無断外出問題などにより、再稼働が延期されていた伊方原発3号機は、きょう、約1年11か月ぶりに運転を再開する見通し。 四国電力によると、伊方原発3号機はきょう、核分裂反応を抑える制御棒を引き抜き、原子炉を起動する予定。 伊方原発3号機は、定期検査のため、おととし12月26日に運転を停止。その後、広島高裁が運転を差し止める仮処分決定を出したことや、宿直社員の無断外出問題が発覚したことなどにより、再稼働が延期されていた。 そして先月19日、四国電力が提出した再発防止策などを、愛媛県の中村知事が妥当と判断し、再稼働を了承した。 伊方原発3号機の再稼働は約1年11か月ぶりで、四国電力によると、あす中には核分裂が安定した状態で続く臨界に達し、今月6日から一般家庭への送電を開始する予定。

愛媛 2021.12.02 13:29

酒蔵を支援!えひめのお酒35蔵推し酒さがそ!【愛媛】

新型コロナで販売が落ち込んでいる県内の蔵元を支援しようと、販売促進キャンペーンが始まりました。 きのう松山三越で開かれた記念イベントでは、ガールズバンド“たけやま3.5”の脇田穂乃香さんと武田雛歩さんが2種類の日本酒を飲み比べ、味の違いを確かめました 主催する県によりますと、県内には35の蔵元がありますが、飲食店への営業時短要請の影響で、売り上げは平均すると、約2割減少しているということです。 このキャンペーンでは、県内の35の蔵元の日本酒や焼酎を2000円以上購入すると、抽選で毎月800人に3000円相当の地酒がプレゼントされます。 県の担当者は、「キャンペーンをきっかけに若者にも酒の魅力を知ってほしい」と話しています。

愛媛 2021.12.02 12:36

徳島県警 横断歩行者妨害違反の取り締まり

年末年始を前に、横断中の歩行者が事故にあうのを防ごうと、県警は1日、徳島市の横断歩道などで横断歩行者妨害違反の取り締まりを行いました。取り締まりは人や車の流れが多くなる年末年始を前に、徳島市と藍住町で行われました。横断歩道では歩行者が優先され、渡ろうとする歩行者がいる場合や歩行者が横断中の場合、走行中の車は一時停止をしなければなりません。これを守らず、歩行者の横断を妨げると横断歩行者妨害違反となります。徳島駅前の横断歩道では、歩行者が渡ろうとしているにもかかわらず、停止しなかったドライバーが検挙されました。1日は藍住町での取り締まりと合わせ、1時間ほどで3件の検挙がありました。県警によりますと、今年、横断歩行者妨害による事故は10月末時点で71件起きていて、3人が死亡しています。県警交通指導課は「歩行者と車の事故は重大事故につながりやすいのでルールを守ってほしい」としています。

徳島 2021.12.02 12:34

徳島・海部高校 自転車の交通安全教室

海陽町では、高校生に自分の自転車運転について知ってもらい事故を防ごうという教室が開かれました。海部高校で開かれた交通安全教室には1年生約100人が参加しました。用意された体験シミュレーターは、専用の自転車がパソコンとつながっていて大小4台のモニターに実際に走行しているような映像が映し出されます。信号を確認しなかったり、一時停止をしなかったりすると、人や車が飛び出してきて事故になります。夜中や雨降りといった条件も選択できます。運転内容は評価され、生徒たちは自分の運転の注意点を知って「加害者にも被害者にもならないように気をつけて運転したい」と話していました。一方、2年生は、高校前など3か所に分かれて、ドライバーらに安全運転を呼びかけました。

徳島 2021.12.02 12:32

冷え込み強まる 松山3.3℃ 久万-2.7℃【愛媛】

上空に流れ込んだ寒気の影響で、2日朝の県内は全域で冷え込みが強まり、低いところでは1月下旬並みの寒さとなった。 2日朝、松山市内ではダウンジャケットやマフラーなど防寒対策をして通勤する人の姿が多く見られた。 上空に流れ込んだ寒気や放射冷却の影響で、県内は気温が下がった。松山で3.3℃など6つの地点で今シーズン一番の冷え込みとなったほか、久万で-2.7℃など1月下旬並みの寒さとなったところもあった。 日中も気温があまり上がらず、最高気温は松山、新居浜で11℃、宇和島で12℃と12月下旬並みの寒さが予想されている。 松山地方気象台によると今週いっぱいは朝晩を中心に冷え込みが続くが、来週になると寒さは少し和らぐという。

愛媛 2021.12.02 11:24

DMV 2日正午から乗車予約受付 徳島

徳島県海陽町の阿佐海岸鉄道は線路と道路の両方を走る車両、DMV=デュアル・モード・ビークルの営業運行を25日に始め、初日から2か月先までの予約を2日の正午から受け付けると発表しました。予約の対象となるのは営業運行開始初日の25日の午後2時2分以降に発車する2か月先までの便です。高速バス予約サイト「発車オーライネット」で2日正午から予約を受け付けます。阿佐海岸鉄道は25日に徳島県海陽町の「阿波海南文化村」を12時36分と12時47分に出発し「道の駅宍喰温泉」に向かう最初の2便については「DMV運行開始記念便」とします。この2便については多数の乗車希望が予想されることから、2日正午から6日までメールで乗車希望を受け付け、10日までに抽選するということです。

徳島 2021.12.02 11:16

徳島県 高校生就職内定率が前年同期上回る

来年春に卒業する予定で就職を希望する県内の高校生の就職内定率はことし10月末の時点で82.3%と去年の同じ時期を15%上回りました。徳島労働局のまとめによりますとことし10月時点の県内の高校生の就職希望者は1091人で、このうち898人が内定を決めています。内定率は82.3%で去年の同じ時期を15%上回りました。徳島労働局は、「新型コロナウイルスの影響は無いとは言えないが求人数は求職者数を上回り企業の採用意欲は高く特に新卒採用に積極的だ」と分析しています。

徳島 2021.12.01 19:46

徳島県 10月の有効求人倍率1.25倍

今年10月の県内の有効求人倍率は3か月連続で前の月を上回る1.25倍でした。徳島労働局によりますと今年10月の県内の有効求人倍率は前の月を0・03ポイント上回る1・25倍でした。前の月を上回るのは3か月連続です。有効求人数は1万5748人と去年の同じ月と比べ10.2%増え、有効求職者数は1万2474人と去年より6.3%減りました。新規求人数は5862人で去年に比べ7・7%増え8か月連続の増加となりました。徳島労働局は、「新型コロナウイルスが雇用に与える影響には引き続き注意が必要」と分析しています。

徳島 2021.12.01 19:42

オミクロン株早期発見へ徳島県検査体制整備

新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株について、徳島県は早期発見のための検査体制を整備しました。これは、1日の徳島県議会代表質問で、飯泉知事が明らかにしました。県議会自民党の寺井正邇議員が新型コロナウイルスの感染拡大を見据えた対策についてただしたのに対し、飯泉知事は「オミクロン株の早期探知に向け、検査体制を強化するため、1日から保健製薬環境センターにおいてゲノム解析を開始いたします」と述べ、オミクロン株早期発見のため、県保健製薬環境センターにゲノム解析による検査体制を整備したことを明らかにしました。また、1日から始まった3回目のワクチン接種については、市町村と協力して接種をスムーズに進めていきたいとしています。

徳島 2021.12.01 19:41

中四国初 徳島バスの鳴門線で水素バス運行

中四国で初めてとなる、水素を燃料に走る燃料電池バスの運行が1日から徳島バスの鳴門線で始まり、JR徳島駅前で出発式がおこなわれました。1日から運行が始まったのは水素を燃料に走る燃料電池バスです。徳島バスが中四国で初めて、路線バスとして導入しました。出発式では徳島バスの金原克也社長が、「運行や整備、災害時の対応についてノウハウの蓄積に努めてまいります」とあいさつしたあと関係者によるテープカットが行われました。徳島バスでは2両を導入し、JR徳島駅前と鳴門市の鳴門公園などを結ぶ鳴門線で運行を始めました。水素バスは、車載のタンクに充填された水素と、空気中の酸素を化学反応させて発生させた電気を使ってモーターを回して走ります。二酸化炭素や排気ガスを出さないため、カーボンニュートラルの実現に向けた次世代の交通インフラとして注目されています。

徳島 2021.12.01 19:38

徳島 新型コロナワクチン3回目接種始まる

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が1日から県内でも始まりました。対象となるのは、2回目の接種から8か月以上たった人で医療従事者から先行して接種が進められます。1日は県立中央病院の葉久貴司院長を含む6人の医療従事者が接種しました。今のところ6人とも体調に変化はないということです。県立中央病院の葉久貴司院長は「新しい変異株の報告もあるがワクチン重要であることには変わりない」、接種した医療従事者は「2回接種した人も最近コロナにかかるのはわかっているし新たな変異株が出てきているので医療従事者が先にすることで一般の方が安心して受けられるかもしれない」と話しました。県立中央病院では今月中に医療従事者など950人が接種する予定です。県内にはすでに国から4万2120人分のワクチンが配布されています。医療従事者への接種を進めた後、一般の高齢者への接種が本格化するのは来年2月以降になる見通しです。

徳島 2021.12.01 19:32

絶景!水口気象予報士 念願の光景求め冬の山に【愛媛】

松岡) 水口さん、この寒ーい時期にしか見られない自然現象を求めて冬の山に行ったんですよね? 水口) そうなんです。今までどうしても見られなかった念願の光景、ついに願いが叶いました! 寒波が訪れた先週、向かったのは… 11月10日の初雪以来、2度目の雪化粧となった土小屋。 私が長年見たかった自然現象には、この寒さがどうしても必要なんです。 土小屋からさらに奥に向かって走ると… 岩から染み出した水によって作り出された「つらら」。 でも目指す風景は、これではないんです。 さらに車を走らせることおよそ20分。 ようやく見ることができました! 私が長年あこがれてきた冬の自然現象「霧氷」です。 ここは愛媛で3番目に高い、標高1897メートルの瓶ヶ森。 寒波によって空気中の水分が凍り、樹木に付着する霧氷が発生していました。 白く見えるのは雪ではなく、全て氷なんです。 自然が作り出した氷の芸術、霧氷。 例年石鎚周辺など、標高の高いところで3月ごろまで発生しますが、今回利用した石鎚スカイラインと瓶ヶ森林道は、例年通りきょうから閉鎖となっていますのでご注意ください。

愛媛 2021.12.01 19:26

高知 ワクチン3回目接種始まる

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が1日から全国で始まり高知市の病院でも医師などの医療従事者が接種を受けた。 高知市の国立病院機構高知病院で行われたのが新型コロナウイルスワクチンの3回目接種。使用したのはファイザー製のワクチンでことし3月、2回目の接種を終えた先山正二院長など医師、薬剤師、事務職員の合わせて6人が追加の接種にのぞんだ。高知病院では6月30日時点で549人が2回目の接種を終えていて、2日以降も順次接種が進められるということ。 県内では11月28日時点でおよそ53万6000人が2回目の接種を終えている。3回目接種は、原則として2回目の接種完了から  8か月以上経過した18歳以上が対象で、県の想定ではきょうから始まった医療従事者に続き、来年1月からは65歳以上の高齢者。来年3月からは18歳以上が対象となる見通し。

高知 2021.12.01 19:06

新型コロナワクチン 医療従事者向け3回目接種始まる 宇和島【愛媛】

県内の自治体のトップを切って、宇和島市では、1日医療従事者を対象とした新型コロナワクチンの3回目の接種が始まった。 市立宇和島病院では1日、ファイザー社製新型コロナワクチンの3回目の接種が行われ、梶原伸介院長ら138人が接種を受けた。 接種の対象者は宇和島市内の医療従事者およそ3200人で、2回目の接種終了後、原則8か月以上経過している人から順次接種が受けられる。 接種を終えた梶原院長は「日本の状況を見るとやはりワクチンの力は大きく、3回目接種は絶対必要だと思う」などと話していた。 宇和島市は医療従事者を対象にした3回目のワクチン接種を来年1月末までに完了する予定。また、65歳以上の高齢者については、施設の入居者を優先して来月から接種できるよう調整中。 宇和島市を皮切りに県内の自治体では今月、医療従事者への3回目接種が始まる。

愛媛 2021.12.01 17:04

高知 落ちアユ漁が解禁 初日の釣果は?

1日、県内各地の川で、落ちアユ漁が解禁となり、朝早くから多くの漁師や釣り人が川に集まった。 四万十市入田の四万十川では、朝早くから多くの川漁師や釣り人が集まり、午前6時半の落ちアユ漁の解禁とともに、一斉に投網や釣りを始めた。 1日は、一部を除く県内各地の河川で、落ちアユ漁が解禁となった。 四万十川では、昨晩の大雨でやや増水した影響か、例年よりアユが少ない様子で、中には、しばらく粘って数十匹獲れた人もいたが、ほとんどの人は2,3匹程度で竿をおさめていた。 地元の漁協によると、事前の調査では落ちアユの魚影は良好だったということで、漁師や釣り人たちは、増水が落ち着いてからの漁に期待を膨らませていた。

高知 2021.12.01 16:49

JR高知駅に恒例のクリスマスツリーが登場

12月に入り、JR高知駅のコンコースに、ことしもクリスマスツリーがお目見えし、園児たちが願い事を書いた飾りでデコレーションした。 JR高知駅では、毎年、クリスマスツリーを設置していて、今年で29年目を迎える。 ことしは、高さ3・5メートルのもみの木が用意され、近くの丑之助学園の園児96人が色紙や紙コップでつくった手作りの飾りを、駅員さん達に手伝ってもらいながらデコレーションしていた。 飾りには、子どもたちがサンタさんにお願いするおもちゃやゲームなど希望のプレゼントが書かれたものが目立った。 最後に、園児たちは、完成したツリーの前で歌や踊り、演奏を披露し、クリスマスを迎える喜びを体中で表現していた。 ツリーは、12月25日までJR高知駅のコンコースに飾られる。

高知 2021.12.01 16:48

年末年始の警戒パトロール出発式 高知

年末年始の強盗や特殊詐欺などへの防犯意識を高めようと、1日、高知市で、警察や防犯ボランティアが警戒パトロールの出発式を行った。 JR高知駅前で行われたのは、年末年始の警戒パトロールの出発式だ。 これは、気忙しくなる年末年始を前に、コンビニや金融機関での強盗などへの注意喚起や特殊詐欺などの犯罪防止を目的に高知警察署が実施したもので、地域のボランティアを含め25人が参加した。 1日は、号令に合わせてパトカーなどで出発し、高知市内の量販店での警戒活動に向かった。 県内では、ことし10月、土佐市の郵便局で強盗事件が発生していて、ことし10月末時点での刑法犯の認知件数は2320件と、昨年に比べ38件増加している。 高知警察署では、来年1月7日までパトロールを強化し、年末年始の犯罪抑止につとめる。

高知 2021.12.01 16:48

鈴木健吾選手(宇東出身) 女子マラソン一山選手と結婚【愛媛】

マラソン界のビッグカップル誕生。男子マラソンの日本記録を持つ宇和島東高校出身、富士通の鈴木健吾選手(26)が、1日自身のSNSで、東京五輪女子マラソン8位入賞を果たした、ワコールの一山麻緒選手(24)と結婚したと発表した。 鈴木選手は「同じ目標に向かって、どんな時も支え合い、高め合いながら、私たちらしく日々精進して参ります」などとつづった。

愛媛 2021.12.01 16:47

きょうから師走 シクラメン出荷最盛期 松前町【愛媛】

松前町の園芸農家では、クリスマスやお正月に向けた室内用のシクラメンの出荷が最盛期を迎えている。 松前町の竹中園芸では、インディアカという品種をはじめ9万株のシクラメンをビニールハウスで育てている。 今週、来週がクリスマスやお正月に向けた室内用シクラメンの出荷のピークで、スタッフ総出で出荷作業に追われている。 今年は夏の長雨や暑さなどに悩まされた一方、このところの原油価格の高騰もあって厳しい環境となったが、今年も例年並みの量のシクラメンが花を付けた。 シクラメンの出荷は12月いっぱい続くが、竹中園芸ではシクラメンの直売も行っている。

愛媛 2021.12.01 15:54

お手伝いのご褒美のみかんを 今年も「愛のみかん運動」 八幡浜【愛媛】

収穫のお手伝いをしたご褒美にもらったみかんを、福祉施設などにプレゼントする毎年恒例の「愛のみかん運動」が八幡浜市で行われ た。 1日朝、八幡浜市の真穴小学校ではみかんを手にした児童たちが登校した。 真穴小学校に通う児童の家は多くがみかん農家。「愛のみかん運動」は収穫のお手伝いのご褒美にもらったみかんを、学校に持ち寄り、福祉施設などにプレゼントするもので50年以上続く行事。 ある男子児童は「真穴みかんを食べるとみんなきっと笑顔になると思う」と話していた。 児童が持ち寄ったみかんと、農家から寄せられたみかんを合わせるとおよそ400キロになったという。

愛媛 2021.12.01 12:29

高齢者脅し金を要求 無職の男強盗未遂で逮捕 今治【愛媛】

30日今治市の住宅に押し入り高齢者から金を脅し取ろうとしたとして、警察は1日、市内に住む無職の男を強盗未遂の疑いで逮捕した。 逮捕された今治市波方町の無職 広瀬賢哉容疑者(39)は30日午後2時ごろ、今治市大浜町の87歳の女性宅で刃物のようなものを出し「金を出せ、殺すぞ」などと、金を脅し取ろうとした疑いがもたれている。 警察によると女性が悲鳴を上げたため、広瀬容疑者は、何も盗らずに逃走したという。 警察は防犯カメラの映像などから犯人を特定し、1日午前5時半頃広瀬容疑者を逮捕した。 調べに対し、広瀬容疑者は「金を出せとは言った」と供述しているという。 警察によると広瀬容疑者と女性に面識はないということで、動機や余罪などを詳しく調べている。

愛媛 2021.12.01 12:03

沼地に土砂搬入などの男3人を送検 高知

高知市春野町の沼地に、市に届け出た範囲を超えて土砂を搬入したなどとして、県警は、11月29日に逮捕した不動産業の男など3人を高知地検に送検した。 高知市土地保全条例違反の疑いで送検されたのは、いずれも高知市に住む不動産業の竹田勝博容疑者(73歳)、無職の杉本秀司容疑者(46歳)、ダンプ運転手の西村守正容疑者(67歳)の3人だ。 警察によると、3人は、高知市春野町仁ノの通称「小松の沼」での農地造成工事の施工にあたり、共謀の上、市への届け出の3倍ほどに造成区域を拡大し工事停止の措置命令に従わなかったとして、市の土地保全条例違反の疑いが持たれている。 警察によると、竹田容疑者と杉本容疑者は「逮捕事実は全く違う」と容疑を否認していて、西村容疑者は、工事区域の拡大などに関しては「詳しく分からない」とした一方で、措置命令違反に関しては「間違いない」と容疑を認めているという。 県警は、3人が土砂を搬入した経緯などについて、詳しく捜査を進めている。

高知 2021.12.01 11:59

入札情報漏えい「課長からではない」元市議

香南市の入札情報漏えい事件で起訴された元市議会議員が、入札情報を聞き出したのは「課長からではない」との趣旨の供述をしていることがわかった。 この事件は、昨年12月、香南市の市営住宅の解体工事に関して、元市議会議員の志磨村公夫被告が、市の担当課長から入札最低制限価格に近い額を聞き出し、香南建設の元社長・北代達也被告が落札。 志磨村被告は、見返りとして北代被告から商品券10万円分を受け取ったとされるものだ。 捜査関係者によると、課長は当時、志磨村被告の働きかけに応じ、警備員の数を減らすなどして工事の発注価格を引き下げ、市内の多くの業者が入札に参加出来るよう工事の仕様を変更していたという。 志磨村被告は、逮捕当時「課長から入札情報を聞いた」と供述していたが、最近になって供述を翻し「入札情報を聞いたのは課長からではない」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。 男性課長は起訴後、高知地検が勾留取り消しを請求し、釈放されている。

高知 2021.12.01 11:53

住宅1棟全焼 男性1人死亡 松山【愛媛】

1日未明、松山市で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から男性1人が遺体で見つかりました。 火事があったのは松山市古川南3丁目の上甲勝美さん(82)の住宅で、1日午前3時45分頃、近くの住民から消防に通報がありました。 消防車など9台が駆け付け、火はおよそ40分後にほぼ消し止められましたが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡の1階部分から男性1人が遺体で見つかりました。 警察によると、この家には上甲さんが1人で暮らしていて、火事の後、上甲さんと連絡が取れていないということです。 警察は亡くなったのは上甲さんとみて、身元の確認を進めると共に消防と実況見分を行い出火原因を調べています。 松山市には30日から強風注意報が発表されています。

愛媛 2021.12.01 09:41

中学生が非行防止に関する意見発表 松山【愛媛】

どうすれば非行をなくせるか。松山市で中学生が非行防止に関する意見を発表した。 松山市の東中学校で開かれた青少年非行防止主張大会では、市内11の中学校の代表が実体験に基づいた意見を発表した。 このうち湯山中学校3年の長野魁莉さんは「私が誰かの支えになることで非行を防ぐことができるのではないかと思う。何か難しいことをするのではなく、友達が困っていれば助ける」などと語った。 また日浦中学校3年の小栁治憲さんは「相手に対する偏見をなくし否定的な言葉を使わないという私たちのささやかな取り組みによって、非行は未然に防ぐことができる」などと訴えていた。 生徒らは、いじめやSNSでの誹謗中傷、それに、喫煙などをどうすればなくせるか、それぞれの思いを語っていた。

愛媛 2021.11.30 17:34

犯罪捜査で活用 警察官が似顔絵講習会【愛媛】

犯罪捜査で有効な似顔絵の技術向上を図ろうと、県警察学校で講習会が開かれた。 30日の捜査用似顔絵講習会には、県内の10の警察署などから若手警察官26人が参加した。 目撃者役から犯人の髪型や顔の特徴などを細かく聞き取り、似顔絵を描いていた。鑑識課の指導員は「コロナ禍で日常となったマスク着用など、変化する流行を把握することも大切」などとアドバイスしていた。 県警では、犯人検挙や行方不明者の情報収集のために似顔絵を作成していて、今年は10月末までに42事案で似顔絵が作成され4つの事案で捜査に役立ったという。

愛媛 2021.11.30 17:21

立憲民主党の新代表に泉氏 庄野県連代表は

立憲民主党の代表選挙が30日に行われ泉健太氏が新たな代表に選ばれました。県内関係者の反応です。立憲民主党の代表選挙は30日午後、国会議員による投票が行われました。「国会議員票」に「地方票」を合わせた獲得ポイントは逢坂誠二氏が148ポイント、小川淳也氏が133ポイント、泉健太氏が189ポイント、西村智奈美氏が102ポイントでいずれの候補も過半数に届きませんでした。このため1位の泉氏と2位の逢坂氏の間で決選投票が行われ、結果、泉氏が205ポイント、逢坂氏が128ポイントを獲得し泉氏が新代表に選ばれました。立憲民主党県連の庄野昌彦代表は「代表選に立候補した4人の中で一番若く政調会長としての実績もある。今回立候補した3人と一枚岩になって党運営してくれることを期待する」とコメントしています。

徳島 2021.11.30 17:21

徳島 自殺対策に取り組む大空幸星さん講演

コロナ禍で社会問題となっている孤立や自殺対策などに取り組む現役大学生の大空幸星さんが徳島市の小学生にオンラインで講演を行いました。大空さんは「もし、ちょっと落ち込んでいる人がいたらたった一言でいいのでちょっと声をかけてほしい。僕は高校の先生に『しんどい』と最後の最後に言えた。だから先生は僕に手を差し伸べてくれた」と語りかけました。徳島市の城東小学校では30日、NPO法人「あなたのいばしょ」の理事長で現役大学生の大空幸星さんがオンラインで講演しました。大空さんはネット上のチャット相談を通じて孤独や孤立、自殺対策に取り組んでいます。大空さんは「長い長い人生、多分というよりも絶対に壁に直面する壁に直面したからと言って死んじゃう訳でもないし命を取られるわけでもない必ず周りに人がいて必ず相談窓口みたいに頼れる場所があります」誰かにその気持ちをどんどんどんどん吐き出してもらいたいなあと思います」と話しました。大空さんは自身の経験をもとに子どもたち同士が相談しやすい環境を作ることや周りの人に言いづらい時は相談窓口を利用して欲しいと呼びかけました。講演を聞いた児童は「元気がない人を見かけたら大丈夫とか心配してあげたらいいと思います」とか「自分が信用できる人になってあげてちゃんと解決したいです」と話していました。徳島県などによりますと、今年上半期に県内で自殺した人は54人で、去年の同じ時期より11人増えています。

徳島 2021.11.30 17:16

徳島市の小学生が建設中の橋など見学

徳島市の小学生が30日、総合学習の一環として地元企業や建設中の高速道路を見学しました。これは地域で働く人に話を聞き、将来を考えるのに役立ててもらおうと沖洲小学校が行ったものです。6年生、約100人がクラスごとに3つのグループに分かれ企業や工事現場を見学しました。建設コンサルタント会社では社長が「みんなが気持ちよく力を発揮できるようにすることです」と社長の役割を紹介しました。また、ネクスコ西日本の施設では今年度中に一部区間の新たな開通が予定されている徳島南部自動車道の役割について説明を受けました。そして、仕上げ作業が進む吉野川サンライズ大橋に移動し、工事に携わる建設会社の担当者に仕事のやりがいや難しかった点などについて熱心に質問しました。参加した児童は「いろいろな話が聞けて良かったです」とか「普段体験できないことが体験できたのでとても楽しかったです」と話していました。児童らはきょうの見学をとおして自分の将来や働くことについて思いを巡らせていました。

徳島 2021.11.30 16:14

販路拡大を ANA機内食に愛媛県産イヨカンスイーツ【愛媛】

愛媛の味を全国に届けたい、航空会社と生産者がコラボし愛媛の「イヨカン」の魅力をPR。 29日夜、松山空港のANAの機内では愛媛のイヨカンを使ったスイーツが報道関係者にお披露目された。 このスイーツはANAの羽田空港を発着する国内線のプレミアムクラスで12月1日から楽しめるようになる。 濃厚なチョコにイヨカンのコンフィチュールを使った「伊予柑タルトショコラ」に、甘酸っぱく見た目の可愛さも楽しめる「伊予柑サバラン」、イヨカンを存分に感じられる「伊予柑ロール」。時期によって、いずれか一つ機内食で提供される。 このスイーツを企画した「ANAあきんど」松山支店は機内食を通じて愛媛県産イヨカンの認知度向上と販路拡大、そして愛媛への誘客を狙う。 イヨカンを生産する松山市の石丸農園の石丸智仁代表は「こういう機会が得られて大変ありがたい」と期待を寄せていた。 航空会社と生産者がコラボした、このイヨカンスイーツは来年2月末まで提供される。

愛媛 2021.11.30 15:55

消費低迷 冬のボーナス支給見込み1.0%減【愛媛】

県内企業がこの冬に支給するボーナスの見込み額は、コロナの影響で消費の低迷が続いたことなどから去年を1.0パーセント下回っている。 いよぎん地域経済研究センターは、県内305社から回答があった従業員1人あたりの冬のボーナスの支給見込み額を発表した。 それによると、県内企業全体の支給見込み額は、去年を1.0パーセント下回る41万4000円となっている。 これは、去年のマイナス2.6パーセントと比べて減少率は小幅だが、新型コロナで雇用や消費などの経済活動が落ち込み、5年連続のマイナス。 部門別では、製造業がコロナからの経済回復で輸出用の貨物船や印刷物の需要が伸びていることなどから、5.5パーセント増え50万8000円。 一方、非製造業は旅客需要の落ち込みなどが続き2.7パーセント減って39万4000円で、部門によって明暗が分かれている。

愛媛 2021.11.30 15:45

冬の高速道路の安全を 雪氷作業車出陣式【愛媛】

この冬の高速道路での交通安全などを願って、除雪作業などを担う車両の出陣式が行われた。 30日、松山ICで行われた雪氷作業車の出陣式には、NEXCO西日本四国支社の社員や県警高速隊員など約60人が参加した。 そして、この冬の高速道路での作業の安全や交通安全を願って神事が行われた。雪氷作業車は、除雪をしたり凍結防止剤を散布したりして、高速道路の安全を担う。 NEXCO西日本四国支社によると、昨シーズン、雪氷作業車は、40日出動したという。 愛媛高速道路事務所の田中満所長は「この冬は寒くなるので、早めの冬用タイヤの装着の準備と安全運転に心がけていただければ」と話している。

愛媛 2021.11.30 15:36

徳島市議会 コロナ対策の補正予算案を可決

徳島市議会12月定例会が30日に開会し、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ補正予算案が先議され、全会一致で可決されました。徳島市議会の12月定例会には総額15億円あまりの一般会計補正予算案などあわせて96の議案が提案されました。30日は、このうち、市が独自に実施する新型コロナウイルス対策のための5億9400万円分の補正予算案が先議されました。コロナ禍で生活に困窮する世帯や低所得の子育て世帯、それに売り上げが減った中小企業などに支援金を支給するための予算で、採決の結果、全会一致で可決されました。内藤市長は所信表明の中で、来年度の当初予算について「ポストコロナを見据えた 持続的な成長につながる施策に 重点的に予算措置を講じる」と述べました。徳島市議会の12月定例会は来月16日までで来月6日からは代表質問が行われます。

徳島 2021.11.30 13:15

廃棄物処理工場1棟全焼 けが人はなし 新居浜【愛媛】

29日夜、新居浜市の廃棄物処理工場で火事があり工場1棟が全焼した。けが人はいなかった。 火事があったのは新居浜市多喜浜の泉金属商会多喜浜工場で、29日午後6時20分頃、警備員の男性から「煙が出ている建物がある」と消防に通報があった。 火はおよそ9時間半後に消し止められたが、この火事で鉄骨スレート葺き平屋建ての工場が全焼した他、工場内に保管されていた段ボールやプラスチックなどの廃棄物が燃えた。 出火当時、工場内は無人で、けが人はいなかった。 警察によると、この工場ではナイロン系のプラスチックや建築廃材の木材などをリサイクルして作る固形燃料の製造が行われていたという。 警察と消防では、詳しい火事の原因を調べている。

愛媛 2021.11.30 12:26

都市対抗野球出場 四国銀行 高知から応援

都市対抗野球大会に出場した四国銀行野球部を応援するため、29日夜、パブリックビューイングが開かれ、高知市から東京ドームにエールを送った。 29日夜、高知市の四国銀行本店では、東京ドームで行われた都市対抗野球大会に四国地区代表として出場した野球部を応援しようと、約100人の行員などが集まった。 広島県のチームとの試合は序盤から先行され、相手投手から点を奪うことが出来ないまま、6対0で敗戦となった。 それでも、途中、四銀の選手が活躍した場面では、バルーンの大きな音が響いていた。 昨年の都市対抗野球で県勢として67年ぶりにベスト8進出を果たした四国銀行野球部だったが、ことしは、1回戦で姿を消すことになった。

高知 2021.11.30 11:50

新型コロナ対策 徳島県が確保病床を増床へ

徳島県は、29日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策協議会で県内の確保病床をこれまでの最大234床から最大260床に増やすことを決めました。29日夜に開かれた対策協議会で徳島県は保健・医療提供体制の確保計画を策定しました。計画では、今年夏の第5波の状況から今後起こるであろう第6波の感染拡大ピーク時を想定し確保病床数を現在の最大234床から最大260床に増やすとしています。うち重症者用は25床確保します。また、病床の利用状況を可視化することを目指す国の求めに応じてすでに公開していた徳島大学病院と県立3病院に加え、これまで非公開だった県鳴門病院や徳島市民病院などすべての受け入れ病院の名前と病床数を公表しました。一方、軽症者などを受け入れる宿泊療養施設もこれまでの400室から450室に増やすとしています。

徳島 2021.11.30 11:17

徳島・阿南市 ABO60が活動再開

阿南市の名物チア応援団「ABO60」が29日、新型コロナウイルスの影響で自粛していた保育所などへの訪問活動を再開しました。「ABO60」は、阿南市内の60歳以上の女性でつくるチア応援団です。高齢者施設や保育所などを訪れ、ダンスで楽しませながら、野球のまち阿南をPRしていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、しばらく活動を休止していました。29日に久しぶりの訪問活動を行ったのは阿南市の中野島保育所です。「ABO60」がオリジナル曲など3曲を披露すると、お礼に子どもたちがダンスを踊ってくれました。子どもたちが「楽しかった。また来てください」と声をかけるとABOのメンバーは「久し振りに施設訪問できて嬉しかった。外へ出てこういった活動ができるのは嬉しいし、楽しい」と話していました。ABOは今後も状況を見ながら活動を続けるということです。

徳島 2021.11.30 11:14

春高バレー組み合わせ決まる 徳島県代表校

春高バレー全国大会の組み合わせ抽選会が28日に行われ県代表の男子・城東、女子・城南、それぞれの初戦の相手が決まりました。全日本バレーボール高校選手権、通称・春高バレーの組み合わせ抽選会は28日、東京都内で行われ、男女それぞれの頂点を目指す各校の対戦相手が決まりました。男子の県代表で、2年連続7回目の出場となる城東高校は、2年連続16回目の出場となる愛知県代表・星城との対戦します。一方、女子、3年連続13回目の出場となる城南高校は、2年連続14回目の出場となる佐賀県代表・佐賀清和との対戦です。春高バレー全国大会は、来年1月5日から5日間東京体育館で行われます。

徳島 2021.11.30 10:48

ポインセチアの出荷最盛期 徳島・小松島市

クリスマスまで、およそ1か月。徳島県小松島市ではクリスマスの飾りつけとして人気があるポインセチアの出荷が最盛期を迎えています。徳島県小松島市の園芸農家では、およそ20種類のポインセチアを温室で育てています。先月中頃から色が変わりはじめ今月に入り、出荷作業が始まりました。一見、花びらのように見える鮮やかに色づいた部分は「花苞」と呼ばれ、葉が変化したものです。今は赤色に深みがある「フェラーラ」のほか、白い模様が細かく入る「プリメロジングル」や丸い形が特徴の「マウスレッド」など12種類が出荷されています。今年は天候の影響が少なく出来はいいということです。この農家は、新型コロナウイルスの影響で去年は苗の数を例年の半分に減らしていましたが、今年は、例年の7割ほどの苗を育てたということです。出荷作業は来月中旬まで続き、主に、京阪神市場におよそ1万鉢が出荷されます。

徳島 2021.11.29 18:14

オミクロン株の対策を聞く 徳島

南アフリカなどで確認された新たな変異ウイルス「オミクロン株」について感染拡大への懸念が広がっています。徳島県医師会感染症対策委員長の田山正伸医師に対策などを聞きました。オミクロン株について徳島県医師会感染症対策委員長の田山正伸医師は「新しい変異株でWHOが今注目すべきデルタ株に続いて注目すべき株としてオミクロン株というのがウイルス自体の変異が非常に多くて30か所ぐらいあるといわれているのが1つと感染しやすいのではないかという悪い予想とワクチンがきかないかもないこれはまだ不安定な状況なんでこれぐらい言われているので少しこれから注目していかないといけないのではないかと思う」と話しています。厚生労働省は29日、水際対策を強化しているアフリカ南部のナミビアから入国した男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表。オミクロン株かどうかは不明で現在、解析が進められています。今後、県内でおこなうべき対策について田山正伸医師は「新しいウイルスなんで未知のことが多くわからないことが多いのでデルタ株のように世界に広がってくるかどうかによって変わってくるので基本の基本を守れば防げるということが実証できましたので決して安心せずに今までやってきたとおりにやっていただけたら手指消毒もしてるし3密も避けていただいてさらにこれを続けていくことが第1の感染防止だと思う次の第6波に備えて3回目の接種を検討してほしい」としています。

徳島 2021.11.29 18:12

徳島市長リコール目指し1月から署名集めへ

徳島市の内藤佐和子市長のリコールを目指す「住民投票の会」は29日、リコールの是非を問う住民投票の実施に必要な署名集めを来年1月27日から始めると発表しました。「内藤市長リコール住民投票の会」は、29日に会見し、久次米尚武代表が「明るい徳島市の未来のため未来を作るために何としてもリコールを成功させたいと考えている」と述べ、リコールの是非を問う住民投票の実施に必要な署名集めを来年1月27日から開始し、2月27日まで行うと発表しました。住民投票を実現するには、有権者の3分の1にあたる約7万1000人分の署名を1か月で集める必要があります。署名数が規定を満たせば住民投票が行われ、有効投票数の過半数の同意があれば内藤市長は失職します。「住民投票の会」では民間の教育保育施設の整備事業の見直しや民間の阿波踊り共同事業体との契約の一方的解除など内藤市長が就任後、市政は悪い方向に進んでいると主張しています。一方、内藤市長は住民投票の会の会見に対し、「これまでと同様、コロナ禍への対応をはじめ、市政の重要課題にしっかりと取り組んでまいりたい」とのコメントを発表しました。

徳島 2021.11.29 18:03

徳島市議会 新町西再開発を議論

徳島市議会では29日、建設委員会が開かれ徳島市の新町西地区再開発事業について質疑が行われました。新町西地区再開発事業については住民らで作る組合が先月、新たな事業概要を示しています。案では、計画区域を当初の約1.8ヘクタールから約1.2ヘクタールに縮小し集合住宅や宿泊施設に加え、新町橋通り沿いに商業施設や川の駅などを整備するとしています。現時点での総事業費の概算見込みは110億円程度だということです。29日の徳島市議会建設委員会では市の担当者が事業の概要とあわせて組合への補助金約5800万円を補正予算に計上し、市議会の12月定例会に提案することを説明しました。委員からは「市がリーダーシップを 取りながら取り組んでほしい」といった意見が出た一方、「事業に参加しない 組合員がいる中で 反対する人の気持ちを 無視して進めるのは いかがなものか」といった意見も出されました。再開発事業は、2027年秋の完成を目指しています。

徳島 2021.11.29 17:59

子どもたちの感染拡大防止を 簡易抗原検査キット配布【愛媛】

新型コロナワクチンの接種対象外となっている子供たちの感染拡大を防ごうと新居浜市の小学校で簡易抗原検査キットが配布された。 29日午後、新居浜小学校の5年生の教室では、担任の先生が新型コロナの簡易抗原検査キットについて説明した。 新居浜市は、ワクチン接種の対象外となっている11歳以下の子供たちの感染拡大やクラスターを防止しようと、市内すべての小学校や幼稚園、保育園などに簡易抗原検査キットを配布した。 新居浜市によると、こうした取り組みは県内の自治体では初めてで幼稚園や保育園に通っていない子供についても希望者には配布するという。

愛媛 2021.11.29 17:49

東京五輪銀メダル 女子バスケ宮崎選手 笑顔で母校へ【愛媛】

東京オリンピックで銀メダルを獲得した女子バスケットボール日本代表の宮崎早織選手が、29日朝、母校の聖カタリナ学園高校に、凱旋し、盛大な歓迎を受けた。 およそ1000人の全校生徒に大きな拍手で迎えられた宮崎選手は笑顔を見せながらセレモニーに登壇した。 宮崎選手は「母校に銀メダルを持ってくることができて、本当にうれしく思っている」と後輩たちに語りかけていた。 宮崎選手は、聖カタリナ学園時代に全国トップクラスの選手として活躍した。現在はバスケット女子のトップリーグWリーグのENEOSサンフラワーズに所属し、リーグ11連覇に貢献している。 この夏の東京オリンピックでは、ここ一番の切り札として出場し、持ち味のスピードを生かしたプレーで男女通じて初となる銀メダル獲得に貢献した。 宮崎選手は、後輩たちと交流し、リラックスした表情で久しぶりに訪れた母校を楽しんでいた。 この後、宮崎選手は県庁で中村知事から愛顔のえひめ文化・スポーツ賞「スポーツ大賞」の表彰状とメダルを授与された。 宮崎選手は「次のパリオリンピックを目指し、これからも練習に励みます」などと抱負を語っていた。

愛媛 2021.11.29 17:00

休園日利用して ライオンのお引越し とべ動物園【愛媛】

とべ動物園では、29日、休園日を利用してライオンの引っ越し作業が行われた。 繁殖を目指して石川県のいしかわ動物園へ嫁入りすることになったのは、去年6月、とべ動物園で生まれたライオンの女の子、ララ。 生まれたときは1.4キロだった体重も、今では推定100キロほどに成長した。 29日は、ララを引っ越し用の大きな檻に入れた後、檻をトラックに乗せて搬出する作業が行われた。 先月、ひと足早く北海道へ引っ越した妹のイオに続いて姉のララを見送ることになった、お母さんのリリ花はどことなくさみしそうな 表情だった。 担当の清水和真キーパーは「新たな活躍の舞台、いしかわ動物園でも可愛がられて欲しい」と話していた。 ララは、30日、いしかわ動物園に到着予定。

愛媛 2021.11.29 16:53

愛媛ミカン100%ジュース その名も「愛媛みかん」【愛媛】

JR東日本管内の駅の自販機2000台で、愛媛ミカン100%ジュース、その名も「愛媛みかん」が販売されることになった。 来週の発売を前に、JR東日本クロスステーションの社長らが県庁を訪れ、中村知事に、「愛媛みかん」の出来と販売戦略について報告した。 この中でJR東日本クロスステーションの西野史尚社長は「愛媛県のものは質が全然違うし、お客さんの安心感も信頼感も違う」と話していた。 「愛媛みかん」は、首都圏を中心に、コンビニや駅中の商業施設運営などを手掛けるJR東日本クロスステーションとポンジュースのえひめ飲料が共同開発した愛媛県産温州ミカン100%ジュース。 このジュースは、来週火曜日からJR東日本管内の駅の自販機およそ2000台で販売される他、松山空港や松山観光港などでも取り扱われるという。

愛媛 2021.11.29 16:48

今治タオルも活用 ご当地クリスマスツリー点灯【愛媛】

今治市の商店街でご当地クリスマスツリーの点灯式が行なわれた。 今治市のご当地クリスマスツリーの点灯式で、園児たちが飾り付けたのは、今治タオルのハンカチで作られた赤いリボンだ。 ツリーが点灯すると子どもたちは、クリスマスソングを歌いサンタさんから一足早いプレゼントをもらっていた。 今治商店街おかみさん会の新居田由美子会長は「去年はコロナで楽しめなかったので、今年はこの雰囲気を楽しめるように、商店街に出向いていただいて華やかな気分になってほしい」と話していた。 今治商店街のクリスマスイルミネーションは、来月25日のクリスマスまで点灯している。

愛媛 2021.11.29 16:44

SDGsに取り組む団体にJTから助成金 【愛媛】

「SDGs」に取り組む宇和島市の団体にJTから助成金が贈られた。 贈呈式では、JT愛媛支店の大塩修一支店長から「コミスクえひめ」の西村久仁夫代表理事に助成金164万円が贈られた。 「コミスクえひめ」は、退職した教員らがメンバーの一般社団法人で、宇和島市内の小学生にドローンのプログラミング教室や切り絵教室を開いていることなどが評価された。 JTグループは今年度、持続可能な開発目標「SDGs」の内、格差是正や環境保全などの分野に取り組んでいる全国の団体に助成を行っていて、県内では5団体に合わせて853万円を助成する。

愛媛 2021.11.29 16:19

贈答用として人気 車えび出荷最盛期 生名島【愛媛】

越智郡上島町で贈答用として人気が高い車えびの出荷が、ピークを迎えている。 上島町の生名島にある日輪養魚では、塩田の跡地を利用して作った池で車えびを養殖している。 大きいもので20センチ程に成長した車えびは、大きさごとに選別されると、生きたまま箱に並べられ出荷される。 この車えびは「いきな車えび」のブランド名で、贈答用として人気が高く、例年、この時期に出荷のピークを迎える。 日輪養魚の池本康子さんは「生きたまま輸送しているので、まずはお刺身で食べていただければ」と話していた。 生名島の「いきな車えび」は、県内のほか大阪や名古屋などに出荷される。

愛媛 2021.11.29 11:36

新町橋マーケット初開催【徳島】

徳島市の新町橋商店街にかつての賑わいを取り戻そうと、食品や雑貨などを販売する「新町橋マーケット」が初めて開催されました。「新町橋マーケット」は空き店舗が増えている徳島市の新町橋商店街に賑わいを取り戻そうと商店街の店主や有志らが開きました。マーケットは、27日と28日の2日間、新町橋南詰から東新町商店街までの歩道を中心に開かれました。コーヒーや焼き芋などの食べ物のほかアクセサリーや古着など23店舗が出店しました。新町橋商店街が最もにぎわっていた1970年代には18の店が軒を連ねていましたが、現在は8店舗にまで減少しています。今後、新町橋マーケットは毎月最終日曜日に開かれる予定です。

徳島 2021.11.28 19:06

宇和島e-baseball【愛媛】

来年、松山市で行われるプロ野球オールスターゲームを盛り上げようと、宇和島市でイベントが開かれた。 宇和島市丸山公園野球場では、地元出身で元メジャーリーガーの岩村明憲さんらが、木製バットの材料になるアオダモを植樹した。また、初心者向けの野球体験教室が開かれた。このほか特設ブースでは、宇和島市と仙台市をオンラインで結び、少年野球チームが野球ゲームで対戦し交流を深めていた。 プロ野球「マイナビオールスターゲーム2022」は、来年7月27日松山市の坊っちゃんスタジアムで開催される。

愛媛 2021.11.28 15:29

マンホールフェスタ【愛媛】

下水道への興味や関心を高めてもらおうと、ご当地マンホール蓋を展示するイベントが松山市で開かれた。 松山市花園町では「まつやま圏域マンホールフェスタ」が開かれた。会場には、松山市と近隣の5つの市町で使われている8種類の「ご当地マンホール蓋」が展示された。このうち、砥部町のマンホール蓋には、伝統工芸品の砥部焼とみかんがデザインされている。 このイベントは、下水道への興味や関心を高めてもらおうと、松山圏域の市町が連携して初めて開催した。会場では、マンホールの「おちない」「すべらない」という特徴にあやかって制作された、マンホールカード入りの合格祈願のお守りが配られたほか、マンホールをデザインしたカステラが販売され、多くの人で賑わっていた。

愛媛 2021.11.28 13:46

梅酒特区の吉野川市美郷で新酒のお披露目会

2008年に全国で初めて梅酒特区に認定された徳島県吉野川市美郷で27日、新酒のお披露目会が行われました。毎年、大勢の梅酒ファンで賑わう吉野川市美郷の「梅酒まつり」。去年に続き今年も新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、特区に認定された梅酒を製造する2つの酒造蔵はイベントの規模を縮小するなどの感染対策をして自慢の梅酒をお披露目しました。会場では、4種類の梅酒を飲み比べることができ、訪れた人たちは華やかな梅の香りを楽しみながら梅酒を味わっていました。この新酒お披露目会は28日も行われます。

徳島 2021.11.27 17:33

J1徳島が湘南に勝利 残留争い最終節に

サッカーJ1徳島ヴォルティスは27日、アウェーで湘南ベルマーレと対戦し、1対0で勝ちました。J1残留争いは最終節まで持ち越されました。J1残留争いをする湘南との直接対決は、後半20分、ヴォルティスがコーナーキックから先制点を奪います、結局、この1点が決勝点となり、ヴォルティスが勝ち点3を積み上げました。この結果、15位清水、16位湘南、17位ヴォルティスによる残留争いは最終節まで持ち越されました。鳴門市のポカリスエットスタジアムでは約700人のサポーターがパブリックビューイングで応援。ヴォルティスの勝利にサポーターたちは喜びを爆発させました。

徳島 2021.11.27 17:07

徳島県徳島市で、阿波踊りの運営めぐり質疑

徳島市の阿波踊りについて検討してきた委員会が市に報告書を提出したことを受け、26日、市議会では議員から質問が相次ぎました。26日開かれた徳島市議会の産業交通委員会ではまず、市の担当者が、検討委員会から提出された報告書の内容について説明しました。報告書では今後の阿波踊りの運営体制について新たな実行委員会の設置が不可欠としています。これまで徳島市観光協会や徳島市が担ってきた運営事務局については、地域、文化および観光の振興を目的とする公益性の高い法人内に設置することが考えられるとしました。この運営事務局を設置するべき法人については、議員から「該当する法人はあるのか」との質問が出ました。これに対し市の担当者は、「報告書が先日提出されたばかりだ」とした上で法人については白紙だと答えました。今後のスケジュールについては今年度末までに阿波踊りの運営主体に関して何らかの方向性を決める必要があるとしました。

徳島 2021.11.26 19:08

徳島県で、徳島市地場産業振興協会解散式

徳島県の公益財団法人、徳島市地場産業振興協会は26日、今月末の解散を前に解散式を行いました。解散式に出席したのは木工関係者など約10人でした。式では上杉和夫理事長が解散に至るまでの経緯などを説明しました。徳島市地場産業振興協会は1979年に設立され市立木工会館の指定管理者を長年、務めてきました。協会は去年6月、木工会館が耐震不足などを理由に廃館となり、指定管理料がなくなったほか、市の補助金が減ったことで運営資金不足に陥り、事業継続を断念。今月末での解散を決めました。参加者は廃館となった木工会館に移動し、記念撮影を行いました。上杉理事長は「解散後は一市民としてものづくりに関わる人の企画展を開く活動をしていきたい」と話しています。

徳島 2021.11.26 18:54

どうなる?コロナワクチン3回目接種【愛媛】

清家) きょうのワードは「3回目接種」です。 県内での新型コロナのワクチン接種の進捗状況ですが、1回目、2回目、いずれも1週間前と比べて上昇していて、2回目を終えた人は84.4%となりました。 白石) 対象となる県民のほとんどの方が、すでに接種を2回済ませているということですね。 清家) そして「次は3回目の接種」といことになるんですが、県内でもすでに3回目のワクチンが到着し始めていて、自治体でも接種券の発送の手続きを始めるなどの動きが出てきています。 白石) 気になるのがいつ3回目の接種を受けられるのかということですよね。 清家) 押さえておきたいのが、3回目の接種は2回目の接種から8か月が経過した人から打つことになるということです。 つまり、基本的には接種時期の早かった医療従事者や高齢者から打っていくことになります。 きょうは、高齢者の方がいつごろから打てるのかを各市と町に聞いてまとめました。 まず医療従事者です。 ほとんどの市と町で12月中に接種が始まります。 最も早い宇和島市では来月1日から。 松山市でも12月から各医療機関で順次接種が始まります。 すでに対象となる医療従事者にクーポンを発送している自治体もあります。 白石) 続いて高齢者ですね。 清家) こちらは、チャンネル4が県内20市町に聞き取った65歳以上の3回目ワクチンの接種想定時期です。 接種の対象となる人が最も多い松山市では、高齢者施設に入所している人などが1月、その他の高齢者の方は2月中旬に接種が始まる予定です。 その他、伊予市、伊方町など4つの市町が1月下旬に接種のスタートを見込んでいるなど、1月、2月中に65歳以上の3回目の接種開始を想定している自治体が多くなっています。 また、未定のところもありますが、ワクチンの供給状況などによって今、想定しているスケジュールが前後することもあります、 具体的な接種の開始時期や接種券の送付や予約の開始などは、今後 それぞれの自治体から発表されます。 白石) 新型コロナ関連で、もう一つ。 政府の経済対策、18歳以下を対象にした1人あたり10万円相当の給付について、きょう松山市が給付時期などについて発表しました。 清家) 10万円相当のうちの現金5万円分について。 松山市の中学生以下の子どもについては、12月28日までの給付を予定。申請は、必要ありません。 一方、高校生の場合は申請が必要で、市から届く申請書を提出すると給付されるということです。 10万円のうち、残りの5万円相当分については国の方針が固まり次第、詳細を決めることにしています。

愛媛 2021.11.26 18:42

年末を前に 食品ロス削減呼びかけ【愛媛】

新型コロナの感染状況も落ち着き、年末年始の外食の機会増加も見込まれる中、26日、県の職員などが松山市の商店街で食品ロス削減を呼びかけた。 大街道商店街で行われた食品ロス削減を呼びかけるキャンペーンは外食の機会が増える年末年始に合わせ、県と市が毎年行っている。 街を歩く人たちに配られたのは食べきれる量の注文などで食べ残しをなくすことを呼び掛けるチラシやグッズ。 県の調査によると昨年度県内では、およそ5万1000トンの食品ロスが発生したという。 愛媛県循環型社会推進課の一色拓也係長は「食べ残しとかが少なくなるように食品ロスを気にかけながら、おいしく楽しく食べ切っていただければ」と話していた。 県と松山市は来年1月末まで県内の飲食店やホテルにチラシを掲示するなどして食品ロス削減を啓発するという。

愛媛 2021.11.26 17:49

今治 住宅火災相次ぐ 1人死亡【愛媛】

26日朝、今治市で住宅が燃える火事が2件相次ぎ、このうち1か所では焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。 26日午前8時40分頃、今治市大浜町1丁目の高橋金朗さん(79)方で火事があり、火はおよそ1時間後に消し止められたが木造2階建ての住宅が全焼した。 焼け跡から高橋さんの遺体が見つかった。警察によると高橋さんはこの家に1人で暮らしていたと見られるという。 一方、26日午前6時20分ごろ今治市鯉池町1丁目の店舗兼住宅で2階の一部が焼けた。 この住宅では、4日前の22日にも火事があり、1人が死亡している。警察と消防がそれぞれの火事の原因を調べている。

愛媛 2021.11.26 16:20

連合愛媛 新会長に菊川泰事務局長選出【愛媛】

26日開かれた連合愛媛の定期大会で、新しい会長に連合愛媛事務局長の菊川泰氏が選出された。 連合愛媛の定期大会には、加盟組織の代議員ら70人あまりが出席した。 定期大会では弓立浩二会長の後任として、役員推薦委員会が推薦した菊川氏が全会一致で承認された。 新会長に選出された菊川氏は今治市出身の54歳。NTT労組の執行委員を経て2013年から連合愛媛の事務局長を務めている。 菊川新会長は「組織や組合員の協力を得て、コロナ禍の難局を乗り越えたい」などと抱負を語っている。任期は、26日から再来年の定期大会までのおよそ2年間。 菊川新会長のもと連合愛媛は、雇用対策やジェンダー平等の推進など労働者を取り巻くさまざまな課題の解決に取り組む方針。

愛媛 2021.11.26 16:16

コロナ対策費等補正予算案審議 12月県議会開会【愛媛】

12月定例県議会が開会し、中小企業などを支援する“第3弾えひめ版応援金”などのコロナ対策費を盛り込んだ一般会計で、およそ30億円の補正予算案などが提案された。 26日開会した12月定例県議会では、一般会計でおよそ30億円の補正予算案などが提案された。 提案理由の説明で中村知事は「新たな感染対策や更なる病床確保策を講じながら社会経済活動の再開を目指すため、この冬を乗り越える愛顔の応援パッケージ2021を発表し、地域に元気と活力を取り戻すための施策を多角的に展開していくことにした」と述べた。 補正予算案には新型コロナの影響で厳しい経営状況の事業者に最大10万円を支給する第3弾えひめ版応援金として15億9298万円。 県が定める感染症対策を講じて愛顔の安心飲食店に認証されている店舗や今後、新たに認証される店舗に感染対策費として15万円を支給する費用などとして5億7456万円が盛り込まれている。 このほか、今回の議会からペーパーレス化促進のために、議員らが議場にパソコンを持ち込み資料を確認する取り組みが始まった。 12月定例議会の質問戦は、来月1日から始まる。

愛媛 2021.11.26 14:57

週末の特別な夜を ナイトミュージアム開催 松山 【愛媛】

松山市の「坂の上の雲ミュージアム」を幻想的なイルミネーションで彩る「ナイトミュージアム」が開催されている。 松山市の坂の上の雲ミュージアムで今月始まった「ナイトミュージアム」。木々をやさしく照らす明かりが、幻想的な雰囲気を演出している。 夜間開放される館内の無料スペースからは、天の川をイメージした長さおよそ18mのイルミネーションをじっくりと眺めることができる。 さらに、館内ではコンクリートの内装にマッチしたプロジェクションマッピングが落ち着いた夜を演出する。 ミュージアムの担当者は「週末だけの特別な夜を過ごしに、ぜひミュージアムに来て頂けたら」と話している。 ナイトミュージアムは、来月26日までの土曜日と日曜日に開催され、期間中は学芸員による夜のミュージアムツアーなども予定されている。

愛媛 2021.11.26 14:20

日本農業遺産 南予柑橘農業 観光資源として活用を【愛媛】

南予の柑橘生産現場やその景観を観光資源として活用しようと、旅行会社の担当者を招いたプロモーションツアーが行われている。 ツアーには、中四国各県の旅行会社から企画担当者あわせて8人が参加している。 参加者は、宇和島市内のマダイ養殖場を訪れ、ミカンの皮をエサに混ぜて育てる「みかんフィッシュ」のエサやりを体験。またミカン農家から美味しいミカンの見分け方を教わった。 南予の柑橘農業は“重要で伝統的な農林水産業を営む地域”として日本農業遺産に認定されていて、今回のツアーはその認知度向上と新たな旅行商品の開発を目指し行われた。 ある旅行会社の担当者は「今は体験ものとか、自然に触れることが非常に人気なコンテンツとなっているので、商品化を考えたい」などと話していた。 ツアーは2泊3日の日程で、26日まで行われている。県によると今後は一般市民を対象にしたツアーを検討しているという。

愛媛 2021.11.26 11:38

石油高騰で暖房グッズに変化が!?今年は平野部でも雪に注意【愛媛】

松山市内のホームセンター。 入口正面にズラッと陳列した暖房器具、特に今シーズンは“ある傾向”が。 「今年灯油が高くなっているので、電気のセラミックヒーターが石油ヒーターと比べたら売れています」(DCMダイキ朝生田 店担当者) こちらの店舗では石油ストーブに比べて電気ファンヒーターの需要が伸び、今月は前年比160%の売り上げだという。 特に今年は、人の動きを感知して自動運転する電気ファンヒーターが人気なんだそう。 一方、久万高原町で進められていた“冬対策”は… 路面の除雪作業や凍結防止を行う雪氷対策車の出動式。 雪や凍結と言っても愛媛では山間部だけの話でしょと思うかもしれませんが… 気象予報士の水口佳美さんによると。 「今年はラニーニャ現象が発生する事が予想されています。ラニーニャ現象が発生すると、度々寒気が入ってきて冬型の気圧配置が強まる傾向にあるんです。そうなると県内は山地はもちろんなんですが南予など平野部でも雪が多くなることが予想されていますので早めの雪対策が必要です」 また、雪氷対策車を管理する松山第一国道維持出張所の真鍋佑輔係長は。 「松山市内、街中の方でも(路面の凍結など)は十分考えられますので、雪が降れば、積雪、凍結の可能性があれば不要不急の外出は控えていただきまして、やむを得ず外出される場合は冬用タイヤの装着、そしてタイヤチェーンの携行をよろしくお願いしたい」 体調、そして道路状況にも気を付けながらこの冬を迎えましょう。

愛媛 2021.11.25 20:05

松山・愛媛を旅する朝食を 松山市駅前新ホテル【愛媛】

松山市駅に来月誕生するホテル、本物の路面電車の部品を使った客室「伊予鉄ルーム」が呼び物だが、25日は、もう一つの目玉、朝食が公開された。 レフ松山市駅byベッセルホテルズの朝食のコンセプトは「松山・愛媛を旅する朝食」。 宇和島の鯛めしや今治の焼き豚玉子めしなど、愛媛を代表する味を集めたビュッフェスタイルの朝食は愛媛の旅行気分が楽しめそう。 この朝食、宿泊しなくても味わえるという。 また、ロビーや客室には愛媛を代表する工芸品、砥部焼や伊予絣を配置し旅行気分を盛り上げる。他にも、ホテルでは珍しい家族風呂や大浴場の女湯には電子ロックを設置するなど装備の充実を図っている。 レフ松山市駅byベッセルホテルズは来月1日オープン。

愛媛 2021.11.25 17:52

あわや大事故に…? 歩道に乗り上げ走行か

あわや大事故に…? 今朝早く、松山市で歩道や車道の広範囲に油のようなものが流れているのが見つかった。状況から、油が漏れた車が歩道に乗り上げて走行したと見られる。 きょう午前6時40分頃、松山市大手町1丁目のコンビニエンスストア付近に油のようなものが流れ、自転車や歩行者が相次いで滑って転倒しているのをコンビニの店長が見つけ、警察に通報した。 油は、車道から歩道、そして車道へと流れていて、消防と警察などが油を吸い取る吸着剤をまくなど、対応に追われた。 現場の状況から、オイルなどが漏れた車が歩道に乗り上げて走行し、そのまま走り去ったと見られるが、消防によると、けが人の搬送はなかったという。また、これまでに事故の届け出などもないということ。

愛媛 2021.11.25 16:12

8日間で5件 今年初 交通死亡事故多発緊急事態宣言【愛媛】

県内で相次ぐ死亡事故をうけ「交通死亡事故多発緊急事態宣言」が発令された。今年初めての緊急事態宣言。 県内では、17日松山市で自転車に乗って下校中の高校1年の女子生徒が中型トラックにはねられ亡くなるなど、24日までの8日間で、5件の交通死亡事故が発生し、5人が犠牲になった。 この事態をうけ、県や県警などでつくる「交通安全県民総ぐるみ運動県本部」は、26日「交通死亡事故多発緊急事態宣言」を発令した。 来月4日までの10日間、交通事故防止へ向けて、県警は、薄暮時間帯を中心にパトロールなどで警戒を強化するほか、松山市で大規模検問を実施しドライバーに安全運転を呼びかける。 県内では24日までに43人が死亡していて、去年より3人多くなっている。

愛媛 2021.11.25 16:08

保育園児がミカン収穫体験 八幡浜【愛媛】

JR八幡浜駅に植えられているミカンが今年も実り、地元の園児が収穫を体験した。 全国有数のミカンの産地、八幡浜市では特産品をPRしようとJR八幡浜駅の一角に早生ミカンやデコポンなど3種類の柑橘が植えられている。 25日は地元千丈保育所の園児およそ20人が収穫を体験した。園児たちは、JAの担当者から摘み取り方を教えてもらいながら、たわわに実った柑橘を一つずつ丁寧に収穫していた。 収穫を体験した園児たちは「楽しかった」「おいしそうなのがとれ た」などと笑顔で話していた。 収穫された柑橘は、150キロほどになり園児らが食べる他、駅の利用者にプレゼントされるという。

愛媛 2021.11.25 16:01

犯罪被害者支援で弁護士会と地検協定 徳島

犯罪被害者の精神的な負担を軽減し、円滑に弁護士のサポートを受けられるよう徳島弁護士会と徳島地検が連携協定を結びました。協定の調印式には徳島弁護士会の森晋介会長と徳島地検の北佳子検事正が出席し協定書にサインしました。法律相談を必要とする被害者は自ら弁護士に連絡する必要がありましたが協定締結で来月1日から徳島地検が被害者と弁護士との仲介役を担い、弁護士は加害者とのやりとりなどをサポートするということです。裁判員裁判の対象事件や性犯罪などの被害者が対象です。北佳子検事正犯罪被害を受けられた方が支援が受けやすくなってそして支援の充実を図ることができるというツールの一つ」と述べ、森晋介会長「これから一層犯罪被害者支援に検察庁と協力をしながら取り組んでいきたい」と話しました。犯罪被害者を支援するため弁護士会と地方検察庁が協定を締結したのは四国で初めてです。

徳島 2021.11.25 15:50

Wi‐Fi通信網の広域的な整備へ協定【愛媛】

県は、高速無線通信網、いわゆるWi-Fi通信網を地域の防災などに役立てようと、東京の通信会社と包括連携協定を締結した。 県庁で行われた締結式には中村知事と東京の通信会社ウェルソックの沼本浩社長が参加し、協定書に署名した。 2010年に設立されたウェルソックは、これまで岩手県や沖縄県で広域Wi‐Fiの敷設事業を手がけるなどしている。 協定締結を受け、今後県内では、Wi‐Fi通信網の広域的な整備を目指し、調査や検討が進められる。 中村知事は「コロナの影響で人々の意識や生活が変わり、デジタル化の速度が速まっている。高速Wi‐Fiがデジタル化社会の必須条件になってくるので、協定を機に基盤整備が一層進むことを心から期待する」と話していた。 県は、将来的にWi‐Fi通信網で結んだカメラやセンサーなどの情報を地震など大規模災害時の人命救助に役立てるほか、経済活動の発展や遠隔医療、それにテレワークなどさまざまな場面で活用していくことにしている。

愛媛 2021.11.25 15:18

老舗酒造×高校生 大吟醸プリン開発 砥部町【愛媛】

砥部町の老舗酒蔵と地元の高校生がコラボして共同開発したオリジナルスイーツが発売されることになった。 発売を前に砥部町の協和酒造では、24日新商品「初雪盃大吟醸プリン」の試食会が行われた。 「大吟醸プリン」は、協和酒造と松山南高校砥部分校、さらに西条市の菓子メーカーがおよそ10か月かけて共同開発した。協和酒造によると大吟醸の酒粕を使用し、濃厚な味わいのノンアルコールスイーツに仕上がったという。 試食会では、パッケージデザインを担当した砥部分校デザイン科の生徒たちが完成したプリンの味を確かめていた。 砥部分校3年の杉本悠一郎さんは「グラデーションを抽象的に描くのが重要でその点をうまく表現できて、とてもいいデザインになったと思う」と話していた。 「大吟醸プリン」は、来月4日から協和酒造の直売店などで販売される。

愛媛 2021.11.25 15:11

新たに2人感染 複数感染確認15日ぶり 感染回避行動継続を【愛媛】

愛媛県は、24日の検査で新たに2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。2人はいずれも新規事例で、居住地は松山市。 1日あたり複数の感染確認は15日ぶり。 今月9日以降、感染が確認された6人のうち5人が松山市、1人が西条市。 県は引き続き①マスク着用など感染回避行動の継続徹底②体調異変時は休んで受診③県外との往来は十分注意④会食はルールを守って実施という4つのポイントの徹底を呼びかけている。 なお、25日午前9時現在、医療機関への入院患者は前日と変わらず2人、宿泊療養施設はゼロ、自宅療養等が2人増えて2人。

愛媛 2021.11.25 14:24

道路横断中の高齢女性はねられ死亡 松山【愛媛】

24日午後、松山市の国道で道路を歩いて渡っていた高齢の女性が普通乗用車にはねられ死亡した。 24日午後5時半ごろ、松山市保免西の国道56号を歩いて横断していた、近くに住む栗田和子さん(85)が普通乗用車にはねられ た。 この事故で栗田さんは全身を強く打ち、松山市内の病院に救急搬送されたが、およそ4時間後に死亡が確認された。 現場は片側2車線の直線道路で警察によると、栗田さんは信号機のない自転車横断帯を歩いて渡っていたという。 警察は、普通乗用車を運転していた松山市の団体職員の女性に話を聞くなどして事故の詳しい状況を調べている。

愛媛 2021.11.25 11:58