四国のニュース

持続化給付金100万円詐取 男2人逮捕【愛媛】

詐欺の疑いで逮捕されたのは松山市古川西の建設業 成松健容疑者(45)と高知市の無職 武智大介容疑者(42)。 警察によると去年6月、2人は共謀し、新型コロナの影響で売上げが大幅に減少した事業者などに国が支給する「持続化給付金」100万円をだまし取った疑いが持たれている。 2人は、中小企業庁の専用サイトに接続し、ウソの年間事業収入などを入力して申請手続きを行い、武智容疑者名義の口座に100万円が振り込まれたという。 警察は、犯行の経緯や余罪についても調べる方針。

愛媛 2021.04.14 13:47

市職員と市議が街頭で感染防止呼びかけ 松山市【愛媛】

愛媛県は県独自のコロナ警戒レベルが最も高い感染対策期。松山市では市職員らが、駅前で感染防止対策の徹底を呼びかけた。 14日朝、松山市駅には松山市の幹部職員と市議会議員およそ10人が集まり、通勤通学する人たちに不要不急の外出自粛などを記載したチラシを配った。 松山市は、これまで防災行政無線やメールなどで市民に感染防止対策の徹底を周知していたが、新規事例の感染者が減少傾向にならないことから市議会と合同で街頭での呼びかけを実施した。 参加した角田敏郎市議は「私1人ぐらいなら良いだろうというような安易なところからウイルスは拡大していく。本当に一人一人が自覚を持って自粛していくことが大事だと思う」と話していた。 松山市は、今後も様々なツールを使って、感染防止対策を呼びかけていくという。

愛媛 2021.04.14 11:22

松山自動車道で事故、1人死亡1人重体

愛媛県の松山自動車道で2つの事故が発生し、1人が死亡、1人が意識不明の重体となっています。 13日午前9時40分ごろ、新居浜市の松山自動車道下り線のトンネル入り口付近で、渋滞のため停車していた大型トラックに別のトラックが追突し、3台が絡む玉突き事故となりました。この事故で、トラックを運転していた男性(27)の死亡が確認されました。 この事故のおよそ10分前。トラックの事故現場からおよそ650メートル先で、点検作業でとまっていた作業車に普通乗用車が衝突しました。この事故車両が道路をふさぎ、渋滞が発生していたのです。 普通乗用車を運転していた女性(56)は意識不明の重体で、警察は2つの事故の原因を調べています。

愛媛 2021.04.13 19:28

クルーズ客船高松港に寄港 感染対策も

感染対策を講じて今年初の寄港です。今日、高松港にクルーズ客船「にっぽん丸」が寄港しました。 高松港に入港したのは全長およそ167メートル、総トン数およそ2万2000トンの、にっぽん丸です。今回のツアーは名古屋港を発着し、香川での観光を目的とした2泊3日の日程。新型コロナ対策として乗客の数をおよそ190人と定員の半分以下にした他、船内に新型コロナの検査機器を導入するなどしています。 感染拡大の影響で高松港へのクルーズ客船の寄港は大幅に減っていて、今年は今回が初めてとなりました。香川県では、今後も感染対策との両立を図りながら誘致を進めていきたいとしています。

香川 2021.04.13 19:00

身体障害者の野球チーム発足 香川県初

香川県内で初めてとなる身体障害者の野球チームが、このほど発足しました。 香川県内で初めて発足した身体障害者の野球チーム、その名も「香川チャレンジャーズ」。参加メンバーは9歳から73歳までの26人です。このほどチーム内で初めての練習試合が行われ、障害のある選手とサポートメンバーの、あわせておよそ40人が出場しました。選手達は障害の有無や年齢に関わらず互いに声を掛け合ってプレー。爽やかな汗を流していました。 香川チャレンジャーズは今後、県外チームとの交流試合を重ねる他、身体障害者野球連盟に加盟し全国大会への出場も目指します。

香川 2021.04.13 19:00

高松市 65歳以上の接種券の発送延期

高松市は今月下旬から予定していた、65歳以上の高齢者に対する新型コロナウイルスのワクチン接種券の発送について、ワクチンの供給量が不透明として来月中旬に延期する方針を明らかにしました。 今日の市長定例で大西市長が明らかにしました。高松市では既に75歳以上の高齢者について接種券の発送を終え、今月19日から接種を始める予定です。しかし、今月のワクチンの供給量が当初の見通しより少なく、予約を受けられない病院もあるなど医療現場や市民に混乱が生じています。 こうした状況や、未だ来月以降の供給量が不透明なことを踏まえ、発送の延期を決めたということです。一方で、国は来月から全国的な供給量を増やす方針を示していて、高松市では引き続き6月末に高齢者への接種の完了を目指すとしています。

香川 2021.04.13 19:00

高松市の畳工場で火事

今日正午頃、高松市の畳工場で火事がありました。発生からおよそ6時間が経過していますが、現在も消防による消火活動が続いています。 屋根を超え、凄まじい勢いで噴き上げる黒煙と炎。隣の建物に燃え移りそうな様子も確認できます。今日正午頃、高松市木太町の槙野製畳所工場から火が出ているのを通りかかった人が見つけ119番通報しました。消防によりますと、火はおよそ4時間半後に鎮圧状態となりましたが、火災発生から6時間近くたった今も消火活動が続けられているということです。また、付近の建物にも燃え広がる恐れがあることから、消防が近隣住民に避難を呼びかけました。 出火当時、工場では5人が作業をしていたということですが、今のところケガ人は確認されていないということです。現場は、小学校の他、住宅などが密集するエリアで、辺りは一時騒然としました。

香川 2021.04.13 19:00

新たに23人感染、月別でも過去最悪に

県は13日、県内で新たに23人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。4月に入っての感染は190人と月半ばにしてこれまで最多だった1月の187人を超えました。新たに感染が確認されたのは、10代から80代までの男女23人です。このうち、70代と80代の男性3人は、県立中央病院の入院患者です。これまで確認された4人と合わせ、県立中央病院関連では合わせて7人の感染が確認されたことになり、県はこれを県内19例目のクラスターと認定しました。また徳島市に住む自営業の50代男性はクラスターが発生した県職員の関連でこのクラスターの感染者は合わせて20人に、北島町に住む会社員の70代男性は5つの飲食店が関係するクラスターの関連でこのクラスターの感染者はあわせて13人となりました。また12日には県内の医療機関に入院していた70代と80代以上の入院患者2人が亡くなっています。新型コロナウイルスに感染して県内で亡くなった人は24人となりました。4月に入っての感染確認は190人と過去最悪に、県内の感染確認は累計で736人となっています。

徳島 2021.04.13 18:44

新型コロナ 新たに19人 変異株検査66件中59件が陽性 【愛媛】

愛媛県は、新たに19人の新型コロナ感染が確認されたと発表した。新規事例が9人、既存事例の関係者が10人。 居住地別では、松山市6人、新居浜市4人、宇和島市3人、西条市と内子町が2人、松前町と松野町が1人となっている。松野町で感染者が出たのは初めて。 また、変異株のPCR検査を66件行った結果、59件が陽性だった。

愛媛 2021.04.13 17:27

松山自動車道で2件の事故 1人死亡1人重体【愛媛】

13日午前、松山自動車道でおよそ10分の間に2つの事故が発生し、1人が死亡、1人が意識不明の重体となっている。 13日午前9時40分頃、新居浜市の松山自動車道下り線の生子山トンネル入り口付近で、渋滞のため停車していた大型トラックに、トラックが追突、3台が絡む玉突き事故となった。 この事故でトラックを運転していた四国中央市寒川町の石川涼太さん(27)が市内の病院に搬送されたが、およそ2時間後に死亡が確認された。 この事故が発生するおよそ10分前、トラックの事故現場からおよそ650m先で、トンネル内の点検作業のため非常駐車帯に停まっていたネクスコ西日本の作業車に普通乗用車が衝突した。事故車両が道路をふさいだためトンネル付近で渋滞が発生していた。 普通乗用車を運転していた女性は意識不明の重体。 現場は二車線の直線道路で、警察は2つの事故の原因を調べている。 この事故で新居浜IC~いよ西条ICの下り線が、5時間にわたり通行止めとなった。

愛媛 2021.04.13 17:23

今年の阿波踊り、徳島市主催で開催へ

徳島市の内藤佐和子市長は13日、2021年の阿波踊りについて徳島市が主体となり、感染症対策のため規模を縮小して開催すると発表しました。内藤市長は「微熱がある」として定例会見をオンラインで開き、発表しました。2021年の阿波踊りは8月12日から15日の4日間開催し、11日は前夜祭とします。有料演舞場は藍場浜公園に1か所だけ設置し、前夜祭や選抜阿波おどりの会場はアスティとくしまとあわぎんホールです。主催は徳島市で、徳島市が主体となって事業計画の策定や運営の総合調整を行います。運営については阿波踊りに関係する団体や宿泊関係者、観光団体などで作るネットワーク会議を新たに立ち上げるとしています。4月中旬から各種団体への協力を依頼し、7月上旬からチケットの一般販売を始める予定です。

徳島 2021.04.13 14:24

松山市 コミセンに5G基地局 eスポーツ等活用を【愛媛】

松山市は、今年6月、総合コミュニティセンターのキャメリアホールに次世代通信・5Gの基地局を設置し、eスポーツなど様々なイベントで活用していくことになった。 これは、13日開かれた松山市の定例会見で野志市長が明らかにした。5Gは、高速で大容量の通信が可能な次世代通信で、松山市内では民間の通信事業者が基地局の設置を進めていて、市の施設では道後温泉別館飛鳥乃温泉に既に設置されている。 5Gの活用分野については幅広い可能性が指摘されていて、中でも高速・大容量によって遅延のない競技が楽しめるeスポーツと相性がいいとされている。 野志市長も会見で「eスポーツやコンサート、ダンスレッスンなど様々なイベントに活用したい」と話していた。 5G基地局の設置工事は6月中旬の完了予定で、文化ホールへの基地局の設置は四国では初めてだという。

愛媛 2021.04.13 14:08

交通安全教育推進モデル校 第1号を指定

子どもたちに、交通安全のためのルールやマナーへの関心を高めてもらおうと、県警が土佐市の小学校をモデル校に指定した。 県警は、今年度から子どもたちに交通安全のルールやマナーを教えている小学校などを、交通安全教育推進モデル校として指定する取組みを始めた。 県内の第1号には、去年から交通安全のマナーアップに力を入れている土佐市の蓮池小学校が選ばれ、13日に学校で行われた指定式には、6年生32人が参加した。 式では、土佐警察署の朝比奈正敏署長が、代表の2人に指定書を手渡し、このあと2人は、横断歩道を渡るときは手をあげることや停まってくれたバイクや車のドライバーにはお辞儀をすることなどを宣誓した。 県警は今後、交通安全教育推進モデル校を増やしながら、子どもたちに交通安全への関心を高めてもらって、事故防止につなげていきたいとしている。

高知 2021.04.13 12:07

「二十四の瞳」の舞台で新任教員研修会

教師と教え子達の交流を描いた小説「二十四の瞳」の舞台、香川県小豆島で、新任教員達の研修会が開かれました。 映画、二十四の瞳のロケ地のひとつ、岬の分教場です。研修会は大石先生と12人の子ども達が過ごしたとされるこの場所で教育の原点を学ぼうと、島に赴任した新任教員など11人を対象に開かれました。 先輩の先生達が講演し、島の温かさや子どもとのかかわり方についてアドバイスしました。研修を受けた教員と島の子ども達との新たな学校生活がスタートします。

香川 2021.04.13 12:00

夜遅くにかけて強い雨などに注意を 高知

県内は、12日から雨が続いていて、気象台では、13日昼前から夜遅くにかけても、落雷、竜巻などの激しい突風や、急な強い雨に注意を呼びかけている。 現在、中国から東シナ海にかけて前線がのびていて、13日夜までに前線上に低気圧が発生して、西日本の南を東北東に進む見込みだ。 このため、県内は暖かく湿った空気が流れ込み、13日昼前から夜遅くにかけて大気の状態が非情に不安定となる見込みだ。 12日午前5時の降り始めから、13日午前11時までの雨の量は佐川町で118.5ミリ、仁淀川町池川で110ミリ、高知市で102ミリとなっている。 気象台では、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意するとともに発達した積乱雲が近づくきざしがある場合は建物の中に移動するなど、安全確保に努めるよう呼びかけている。

高知 2021.04.13 11:55

マスターズ制覇 松山選手の偉業讃え県庁に懸垂幕【愛媛】

日本男子で初めてマスターズを制覇した松山市出身の松山英樹選手を祝福する懸垂幕が、12日県庁に掲げられた。 12日午後県庁に掲げられた懸垂幕は、マスターズの優勝者のみに贈られるグリーンジャケットにちなみ、緑色で書かれている。 松山市出身の松山英樹選手は、アメリカで開催されたゴルフメジャー大会マスターズ・トーナメントを日本男子として初めて制覇する偉業を達成した。 中村知事は「今、コロナで本当に厳しい状況が続く中で、松山選手の偉業は愛媛だけでなく全国の多くの方々に感動と元気を届けてくれた」と祝福していた。 懸垂幕は県庁本館に、来月14日まで掲げられている。

愛媛 2021.04.13 10:48

医療従事者向けワクチン供給量是正を

全国知事会は、12日、新型コロナウイルス対策を話し合うウェブ会議を開き、濵田知事は地域ごとに偏りがある医療従事者向けのワクチンの供給量の是正を求めた。 全国知事会は、12日、ウェブ形式で会議を開き、新型コロナウイルスの第4波に備えた感染症対策を話し合った。 全国知事会では、ワクチン接種における各都道府県の現状を調査しその結果、全国の医療従事者の接種対象者は4月2日現在で477万人となり3月の前回調査と比べて7万人増えていることが分かった。 これは、国が対象者の範囲を医学部生や介護士などにも広げたためで、これに伴い、26の都道府県で対象者が増加し、当初よりもワクチンの供給量が不足する事態になっている。 高知県でも医療従事者の対象者が当初の3万人から4千人増え、ワクチンの供給不足が生じている。 国は、医療従事者向けのワクチンをおよそ483万人分確保しているが、各都道府県の配分量は事前に決められていて配分量を超えた場合、国は、高齢者向けのワクチンを使うことをすすめている。 全国知事会は、「医療従事者と高齢者にしわ寄せが来る」とし医療従事者向けワクチンの配分の再調整を国に求めることにしている。

高知 2021.04.12 19:22

児童の下校 建設会社の社員などが見守り

通学路での児童の安全を見守ります。新入学の児童にとって初めての下校日となった今日、高松市で建設会社の社員などによる見守り活動が行われました。 新番丁小学校の周辺で行われた下校時の見守り活動には、西松建設の社員や高松北警察署の警察官など、およそ30名が参加しました。社員らは初めて小学校から下校する1年生に声掛けなどを行なった他、ステッカーを貼った車両で周辺の巡回も行いました。 去年1年間、高松北警察署管内では下校中の児童に対し、24件の不審な声かけなどの事案があったということです。この活動は企業活動の一環として行われたもので、今後も定期的に行われる予定です。

香川 2021.04.12 19:00

阿波踊り共同事業体が徳島市に賠償請求へ

阿波踊りの運営を委託されていた共同事業体が12日、都内で会見を開き、徳島市に対して損害賠償を請求する考えを明らかにしました。徳島市の阿波おどりを主催していた「阿波おどり実行委員会」は3月31日、現体制での阿波踊りの実施は困難であるなどとして突如、解散を表明、あわせて運営を委託していた民間3社の共同事業体との契約も解除しました。これを受け、共同事業体3社のうちの1つ、キョードー東京の前田三郎取締役は12日、都内で記者会見を開き、「契約解除の意思表示のみを一方的に通知してきたことは誠に遺憾」と述べ、徳島市の対応を厳しく批判しました。また、本来、契約期間だった2023までの間、阿波踊り事業によって得られたであろう収益を得られなくなったとして徳島市に対し損害賠償を求める考えを明らかにしました。具体的な金額はこれから検討するとしています。

徳島 2021.04.12 18:47

コロナ拡大受け県内初の時短要請へ

新型コロナウイルスの感染確認が急増していることを受け、県は12日、対策本部会議を開き、飲食店に対し、県内初となる時短要請を行うことを決めました。会議では、このところ直近1週間の新規感染者数が相次いで過去最高を更新していることや、4月に入って飲食の場などを中心としたクラスターが複数発生していることなどが、報告されました。こうした状況を踏まえて県は、4月16日から5月5日まで、県内全域の飲食店に対し午前5時から午後9時までの時短営業を要請することを決めました。酒類の提供は午後8時までとしています。また要請に応じる店舗に対しては売り上げに応じて3万円から5万円の協力金を支給することもあわせて検討しています。一方これまで「感染観察注意」としていたとくしまアラートについても12日正午から一気に2段階引き上げられ、「感染拡大注意漸増」としました。

徳島 2021.04.12 18:43

新たに17人感染 新規10人 自宅療養患者1人死亡【愛媛】

愛媛県は、新たに17人の新型コロナ感染が確認されたと発表した。うちわけは既存事例の関連が10人、新規事例が7人。 居住地別では松山市11人、宇和島市4人、八幡浜市と上島町がそれぞれ1人。 また変異ウイルスに感染し、3月下旬から自宅療養中だった50代の患者1人が死亡している。この患者は、毎日健康観察を続けていた。11日容体が悪化、救急搬送されたが亡くなったという。県内の死者は累計で25人。 この他、中村知事は本庁以外の県職員20人以上の送別会を、改めて調査したところ新たに5件が明らかになったという。3月下旬以降の県職員の20人以上の送別会はあわせて21件となった。 中村知事は今回の問題で自身の1か月分の給与を返納するとしているが、12日の会見で、送別会をした課の課長級以上の職員には、1か月分の給与の5%から10%の自主返納を求めるとした。

愛媛 2021.04.12 15:36

高知 新型コロナワクチン 高齢者接種始る

65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの接種が、12日から高知市で始まった。 医療従事者をのぞく、65歳以上の高齢者への新型コロナワクチン接種が、12日から全国で始まった。 県内でも、高知市で高齢者への接種がスタートし、午後から国立高知病院の入院患者・約20人が接種を受けた。 高知市によると、市の人口の3分の1にあたる約10万人が高齢者接種の対象で、病院の長期入院患者や、高齢者施設の入所者を優先してワクチン接種をおこなう。 高知市では、4月20日から高齢者向けのワクチン接種券の一斉発送を開始し、23日午前9時から、接種の予約受付が始まり、市役所の窓口やインターネット、電話で申し込みができる。 高知市では、早ければ5月6日の午後から予約した医療機関で、高齢者への接種を始める予定。

高知 2021.04.12 15:00

高齢者施設でワクチン接種開始 松山・宇和島【愛媛】

県内でも、12日、松山市と宇和島市の高齢者施設で、新型コロナのワクチン接種が始まった。 この内、松山市の高齢者施設「高井の里」では入所者や職員を対象にしたアメリカ・ファイザー社のワクチン接種が始まった。 松山市と宇和島市には、県内の自治体で最も早い4月8日に65歳以上の高齢者向けワクチンが届いていて、高齢者施設でのクラスターを防ぐため施設の入所者や職員らに優先して接種する。 4月30日までに松山市に届く予定の高齢者向けワクチンは、2回接種で3900人分、宇和島市は1462人分となっている。 また、現時点で確保されている各自治体への高齢者向けワクチンはおよそ2万人分で4月中に各自治体に届く予定となっている。 国は6月末までに高齢者向けワクチンの配布を終える計画。

愛媛 2021.04.12 14:53

自転車安全運転を 県下一斉で街頭指導【愛媛】

春の全国交通安全運動にあわせて、自転車の安全運転を呼びかける街頭指導が行われた。 愛媛県庁前では県警のバイシクルユニットや県職員などおよそ15人が、自転車に乗っている高校生や社会人に対して安全運転を呼びかけていた。 春の全国交通安全運動、愛媛県では、自転車の安全利用が重点課題の1つに挙げられていて、12日は県内17か所で街頭指導が行われた。 県警バイシクルユニットの渡邊和允隊長は「自転車は車道走行が原則。歩道では歩行者優先ということを忘れずに利用していただければ」と話している。 県警によると今年11日までに、自転車の交通事故は去年の同じ時期より8件多い、144件発生していて2人が亡くなっていると いう。

愛媛 2021.04.12 12:48

高知 メジャー制覇松山選手は明徳義塾出身

男子ゴルフの松山英樹選手がアメリカで行われたマスターズ・トーナメントで日本男子初のメジャー制覇を果たした。須崎市の母校・明徳義塾では、男子ゴルフ部の部員が12日朝早くから、テレビで先輩の活躍を見守った。 明徳義塾中学・高校出身の松山英樹選手は、アメリカで行われたマスターズ・トーナメントの最終ラウンドに単独首位でのぞみ、通算10アンダーで優勝。日本男子として初めてのメジャー制覇を果たした。 須崎市の母校・明徳義塾では、男子ゴルフ部の部員33人が、12日午前6時頃からテレビ中継で試合を見守った。優勝が決まった瞬間には、新型コロナ対策として声援をあげる代わりに、両手に持ったバトンを打ち鳴らして、先輩の偉業をたたえました。 松岡翔眞キャプテンは「すごいな・僕も頑張りたい」と話した。 明徳義塾の後輩たちは、先輩の偉業を受け、プロを目指して気を引き締め直した様子だった。

高知 2021.04.12 11:58

松山英樹選手快挙達成! ふるさとはお祝いムード【愛媛】

日本男子初のメジャー制覇。男子ゴルフのマスターズ・トーナメントで優勝した松山英樹選手の快挙達成に、ふるさと松山市では、喜びの声があがっている。 アメリカで行われた世界最高峰のゴルフトーナメント、マスターズ。2位と4打差、最終ラウンドを単独首位でスタートした松山英樹選手は、我慢のゴルフとなったが最後までリードを守り切りトータル10アンダーで初優勝。日本男子初となる海外メジャー制覇を果たした。 松山選手は、松山市出身で29歳。マスターズ10度目の挑戦での悲願達成。 。 松山選手は試合後「本当にいいプレーを見せられてよかった。僕が勝ったことによってこれから先、日本人が変わっていくんじゃないかな。もっともっと勝てるように頑張りたい」と話している。 日本中が沸いた歓喜の瞬間から1時間余り、松山市では午前中号外が配られ多くの人が松山選手の快挙の知らせに見入っていた。 幼少期から松山選手を指導しゴルフの道に導いた父親の幹男さんは「二人三脚でマスターズを目指してきたので良かった。」と感慨深げに語っていた。

愛媛 2021.04.12 11:21

新たに34人感染確認 医療機関は極めて厳しい局面【愛媛】

愛媛県は、県内で新たに34人が新型コロナに感染したと発表しました。中村知事は、県内の医療機関は、まさに綱渡りの極めて厳しい局面を迎えていると強い危機感を示しました。 知事「このまま患者数の増加が続けば1週間程度で病床がすべて埋まる可能性もあり、もはや災害モードで対応する必要が出てきました」 きょうの臨時会見で中村知事は、コロナ病床の運用状況について説明しました。 救急・一般医療と両立しながら現在、活用できるコロナ病床数は、県全体で100から120床程度あり、このうち中等症用は7割程度が使用されているということです。 特に患者が集中している中予地域の中等症用の使用率は、すでに8割程度に達しています。 知事は、一般の医療が継続できるよう県民に対し、少しでも体調に異変を感じたら、出勤や外出をせず、すぐに病院に相談することや感染対策の徹底を呼びかけました。

愛媛 2021.04.10 16:46

「まんが甲子園」2年ぶりに開催 予選テーマは?

新型コロナウイルスの影響で去年、中止になった「まんが甲子園」がことし8月、2年ぶりに開催されることになり、9日、予選テーマが発表された。 まんが甲子園は全国の高校生のまんが日本一を決める大会で、去年は新型コロナウイルスの影響で中止になり、オンラインによる代替イベントが開かれた。 30回目を迎えることしは8月に、高知市のかるぽーとと高知城歴史博物館で本選大会が開かれることになり、9日、高知市で予選テーマが発表された。 ことしのテーマは「リバウンド」と「在宅○○」で、いまの社会情勢を反映した言葉が選ばれた。 またことしは30回記念として本選の出場校を7校増やして40校とし、新企画として本選1日目の競技を疑似体験できる「まんが甲子園オンライン」を実施する。 予選作品の応募の締め切りは6月6日で、6月18日に本選出場校が決定。本選は8月6日と7日に開かれる。

高知 2021.04.09 18:26

新型コロナ 新たに1人感染確認

県は9日、新たに1人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。 新たに感染が確認されたのは、高知市の高知河川国道事務所に勤務する10代の男性職員。県外の感染者の接触者で症状はないという。 県によると、男性は3月末まで県外の職場で勤務していたが、7日、当時の同僚の感染が確認されたため、8日、PCR検査をうけ陽性が確認された。 男性は現在の職場ではマスクを着用していて業務上の濃厚接触者はいないという。 県は、男性の同居家族3人を濃厚接触者として検査している。 これで県内の感染者の数はあわせて946人になった。入院治療が必要な人は32人でこのうち無症状を含む軽症から中等症の人は20人、重症の人は1人。また、5人が退院した。

高知 2021.04.09 18:24

”耕して天に至る” 段々畑で特産ジャガイモ収穫【愛媛】

宇和島市の段々畑で、特産のジャガイモの収穫が始まっている。 宇和海に面した、宇和島市遊子水荷浦の福島久光さんの段畑では、今週から特産のジャガイモの収穫が始まった。海岸から山頂まで続く石積みの段畑は、“耕して天に至る”と形容され、国の重要文化的景観に選定されている。 福島さんによると、1月の積雪の影響が心配されたが、それ以降は天候に恵まれサイズもおいしさも上々のジャガイモに育っているという。 旬の段畑ジャガイモは、11日と18日の日曜日に、感染対策として段畑近くの産直市「だんだん茶屋」の前で、ドライブスルー形式で販売するという。 遊子水荷浦のジャガイモの収穫は今月いっぱい続く。

愛媛 2021.04.09 17:40

高知FD コロナ影響でホーム開幕戦中止

四国アイランドリーグプラスは、9日、予定していた高知ファイティングドッグスのホーム開幕戦について対戦チームの愛媛マンダリンパイレーツの球団関係者が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に判定されたため、中止すると発表した。 高知ファイティングドッグスは、9日午後6時から高知球場で今シーズンのホーム開幕戦を行う予定だった。 しかし、四国アイランドリーグプラスは、対戦チームの愛媛マンダリンパイレーツの球団関係者が出入りする施設の関係者が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に判定されたため、PCR検査の結果が判明するまでは安全の確認が取れないとして、9日の試合を中止すると発表した。 10日と11日に高知球場で予定していた試合については、検査の結果がわかり次第、発表するとしている。

高知 2021.04.09 16:15

新たに27人感染 新規事例8人 感染対策期対応を【愛媛】

愛媛県は新たに27人の新型コロナ感染が確認されたと発表した。うちわけは既存事例の関連が19人、新規事例が8人。居住地別では松山市13人、西条市6人、新居浜市4人、今治市、宇和島市、上島町、京都府が各1人。 松山市の繁華街クラスターでは新たに1人の感染が確認され、このクラスターの累計の感染者は201人となっている。また、松山市の高齢者施設クラスターでは施設の利用者など新たに3人の感染が確認され、感染者の累計は11人。 この他、地域住民らの集会で感染が拡大している西条市の会食・集会クラスターでは新たに3人が感染、松山市の学校クラスターではこの学校の関係者以外の3人の感染が新たに確認されている。 9日午前9時現在、県内の医療機関には79人が入院しており、このうち重症者は8日より1人増え過去最多の7人となった。 愛媛県では8日から最高の警戒レベルの「感染対策期」に入っており中村知事は、改めて県民に対し、外出の機会や人との接触を減らすよう求めると共に松山市民に対しては不要不急の外出を控えるよう呼びかけた。 さらに、新居浜市と西条市では感染拡大の傾向が続いているとして今後さらに拡大する兆候があれば、松山市と同様に外出自粛を要請する可能性を示した。

愛媛 2021.04.09 15:40

100キロにわたり高速道で危険運転 あおり運転で起訴【愛媛】

およそ100キロに渡って高速道路で危険な運転を繰り返したとして、松山地検は9日、元トラック運転手の男をあおり運転の罪で起訴した。 道路交通法違反の妨害運転罪いわゆる「あおり運転」の罪で起訴されたのは、福岡県の元トラック運転手 原田雅二被告(48)。 起訴状などによると原田被告は今年2月、松山自動車道で危険な走行をし著しい交通の危険を生じさせたとされている。原田被告は、大型トラックを運転し、3時間にわたって四国中央市から内子町までのおよそ100キロの区間で無理な進路変更や道路上での停止などを繰り返していた。 これまでの調べに対し、原田被告は認否についてあいまいな供述を繰り返しているという。 妨害運転罪は「あおり運転」が社会問題となる中で、去年6月の道路交通法の改正で新たに定められたもので、愛媛県での立件は初めてとなる。

愛媛 2021.04.09 15:30

本山町でシャクナゲの花が見頃 高知

本山町の帰全山公園では、シャクナゲの花が次々と咲き始め、訪れた人たちを楽しませている。 淡いピンクの花を咲かせたシャクナゲ。 本山町の帰全山公園はシャクナゲ公園とも呼ばれ、園内には地元の白髪山などから移植した約5000本のシャクナゲが植樹されている。 毎年4月中旬から5月中旬にかけて見頃を迎えるが、今年は例年より2週間ほど早く、3月末から咲き始め、今は日当たりの良い場所でほぼ満開となっている。 8日は近くのお年寄りのグループなどが公園を訪れ、ふんわりと咲いた大輪の花とツツジとの競演を楽しんでいた。 帰全山公園のシャクナゲは、これから次々と花を咲かせ、4月末まで楽しめるという。

高知 2021.04.09 12:51

2年ぶり「まんが甲子園」予選テーマ決定

新型コロナウイルスの影響で去年、中止になった「まんが甲子園」が、今年8月、2年ぶりに開催されることになり、9日、予選テーマが発表された。 まんが甲子園は全国の高校生のまんが日本一を決める大会で、去年は新型コロナウイルスの影響で中止になり、オンラインによる代替イベントが開かれた。 30回目を迎える今年は、8月に高知市のかるぽーとと高知城歴史博物館で本選大会が開かれることになり、9日、高知市で予選テーマが発表された。 今年のテーマは「リバウンド」と「在宅○○」で、今の社会情勢を反映した言葉が選ばれた。 また、今年は30回記念として本選の出場校を7校増やして40校とし、新企画として本選1日目の競技を疑似体験できる「まんが甲子園オンライン」を実施する。 予選作品の応募の締め切りは6月6日で、6月18日に本選出場校が決定。 本選は8月6日と7日に開かれる。

高知 2021.04.09 11:51

県職員20人以上会食16件 知事給与1か月返納【愛媛】

愛媛県の中村知事は、松山市で、新型コロナの大規模なクラスターが発生した先月下旬以降、県職員20人以上が参加した送別会などの会食が16件開かれていたとして陳謝した。管理監督責任として中村知事は1か月分の給与を返上する。 県によると、松山市の繁華街で、19人が感染するクラスターが発生した先月23日以降、県職員が参加した20人を超える規模の会食が16件確認されたという。 松山市のクラスターの状況を受け、先月24日の会見で中村知事は飲み会は、毎日顔を合わせている人と行い、大人数、長時間とならないよう県民に注意を促していた。 中村知事は、9日午前「県民のみなさんに心からお詫びを申し上げる」と陳謝した。その上で、この期間、大人数の会食に参加した職員を厳重注意とするとともに、管理監督責任があるとして知事自身の給与の1か月分を返上、2人の副知事の給与を月額10%1か月減給するとした。

愛媛 2021.04.09 11:28

四国中央市官製談合 別工事の情報漏らす 追起訴【愛媛】

四国中央市発注の工事を巡る官製談合事件で、松山地検は、別の工事でも入札情報を教えたなどとして市の職員らを追起訴した。 この事件は、四国中央市発注の二名漁港の改修工事で、去年6月に行われた一般競争入札の情報を教えたとして官製談合防止法違反などの罪で三鍋久司被告ら市職員2人と土木建設会社予州興業の元社長、三好正忠被告が起訴されたもの。 その後の捜査で、2019年7月に入札が行われた二名漁港の別の工事でも直接工事費と言われる秘密事項を電話で教えたなどとして松山地検は三鍋被告と三好被告を9日までに追起訴した。 この入札で、予州興業は落札の下限となる価格と全く同じ4045万6151円で工事を落札していた。

愛媛 2021.04.09 10:05

高齢者向けワクチン 松山市と宇和島市に到着【愛媛】

新型コロナ対策として関心が高まるワクチンだが、愛媛県内の自治体では最も早く松山市と宇和島市に、8日高齢者向けのワクチンが到着した。 8日は、松山市と宇和島市にそれぞれ487人が2回接種できる量のアメリカ・ファイザー社のワクチンが届けられた。 この内、市立宇和島病院には、午後2時半頃、マイナス75℃前後に保たれた状態でワクチンが到着した。市立宇和島病院の担当者は早速、箱を開けてワクチンを確認していた。 今回のワクチンは、65歳以上の高齢者用で、松山市と宇和島市では高齢者施設の入居者を対象に、今月12日にワクチン接種を始める。

愛媛 2021.04.08 19:07

新型コロナ 新たに8人感染確認

県は8日、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。 新たに感染が確認されたのは、高知市と中央東、中央西福祉保健所管内に住む10歳未満から50代までの男女あわせて8人。 いずれも症状が軽く、いずれもすでに感染が確認されている人の濃厚接触者または接触者。 県によると8人のうち6人は6日に感染が明らかになった中央西管内の30代男性の濃厚接触者。 6人は、男性の自宅の近所に住む親戚で、日常的に会話や食事をともにしていた。 これで県内の感染者の数は、945人になった。 また、県は変異ウイルスの感染が確認されていた人のなかから、 新たに1人が「イギリス型」だったことが判明したと発表した。

高知 2021.04.08 18:37

県警察学校で新人警察官の入校式 高知

県警察学校の入校式が、8日、行われ、新人警察官たちが決意を胸に第一歩を踏み出した。 南国市の県警察学校で行われた入校式には、警察官54人と一般職員16人のあわせて70人が出席。 新型コロナウイルス感染対策として、保護者の出席を見合わせ、警察関係者のみで行われた。 式では、ひとりひとりの名前が読み上げられたあと、初任科生を代表して前島健吾巡査に辞令が渡され、続いて、前田雄偉巡査が力強く宣誓した。 これを受けて、熊坂隆本部長が「いつまでも初心を忘れず常に誇りと使命感を持って職務を遂行してほしい」と訓示。 真剣な眼差しで聞いていた初任科生たちは気持ちを引き締めていた。 新人警察官たちは半年から10か月間寮生活を送りながら法律や逮捕術などを学んだあと県内の警察署に配属されるという。

高知 2021.04.08 16:40

高齢者向けワクチン県内第一弾が到着 高知

高齢者向けの新型コロナワクチンの県内第1弾が、8日、高知市と土佐市に配送された。 2つの市では、高齢者へのワクチン接種を4月12日以降、順次開始することにしている。 8日午後0時半ごろ、高知市の国立高知病院に到着した新型コロナワクチン。65歳以上の高齢者の接種に使われるものだ。 県内の第1弾として高知市に、1箱・975回分のワクチンが届けられ、国立高知病院に保管された。 高知市では、4月12日から国立高知病院の入院患者約20人を皮切りに高齢者向けの接種をスタートさせる。 国立高知病院に保管されたワクチンは、市内の他の病院でおこなう接種にも使うことにしている。 高知市には、8日を含めて4月はあわせて15箱・1万4625回分のワクチンが配送される計画だ。 市では、国立高知病院に加えて独自の施設でワクチンを保管し、病院や高齢者施設に必要に応じた量を配送、接種できる体制を整えることにしている。

高知 2021.04.08 16:21

<速報>新たに8人の感染確認 高知

県は、8日、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。 新たに感染が確認されたのは、高知市と中央東、中央西福祉保健所管内に住む20代から40代までの男女あわせて8人だ。 8人は、いずれも症状が軽く、また、いずれもすでに感染が確認されている人の濃厚接触者または接触者だ。 これで県内の感染者の数は945人になった。

高知 2021.04.08 16:04

高知城博物館等に傷つけた疑いの男 送検

県警は高知城歴史博物館の扉と坂本龍馬記念館の展示ブースに傷をつけた疑いで6日に逮捕した愛知県の47歳の男を、8日、高知地検に送検した。 建造物損壊の疑いで送検されたのは、愛知県清須市の無職・加藤丈晴容疑者(47歳)だ。 警察によると、加藤容疑者は、昨年12月26日と27日に高知市の高知城歴史博物館の出入り口の扉と、高知市の坂本龍馬記念館の展示ブースに傷をつけた疑いがもたれている。 加藤容疑者は、これまで岡山城や松山城に傷をつけた疑いで逮捕されていて、逮捕は今回で6回目だ。 警察の調べに対し、加藤容疑者は「全くしていない」と容疑を否認しているという。 県内では、昨年12月下旬に高知城の天守の柱や東多聞と廊下門などで傷が見つかっていて、警察は文化財保護法違反の疑いも視野に入れて捜査を続けている。

高知 2021.04.08 16:01

「感染対策期」要請 松山市民日中も不要不急外出自粛を【愛媛】

愛媛県では、新たに32人の新型コロナウイルス感染が確認された。こうした中、県は8日新型コロナの警戒レベルを県内全域で21日まで、最も高いレベルの「感染対策期」に引き上げた。松山市民には日中も含めた不要不急の外出自粛を要請している。 中村知事は記者会見で医療機関への負荷は限界に達しているなどとして、感染対策期への引き上げに伴う要請に対する全県民の協力を呼びかけた。 要請内容としては県民には松山市との不要不急の往来自粛を求める一方、松山市民に対しては日中も含めた不要不急の外出自粛を求めている。 不要不急の外出の例としては、友人など家族以外との集いや不特定多数が集まるイベントや会合への参加などをあげている。 また県管理の施設関係では松山市周辺の「とべ動物園」「えひめこどもの城」は閉館する。

愛媛 2021.04.08 15:35

ミニバイクと自転車衝突 ミニバイクの女性重体【愛媛】

8日朝、松山市の交差点でミニバイクと女子中学生が乗る自転車が出合い頭に衝突した。この事故でミニバイクに乗っていた女性が意識不明の重体となっている。 8日午前7時半頃、松山市西長戸町の三差路の交差点でミニバイクと自転車が出合い頭に衝突した。 この事故で、ミニバイクに乗っていた松山市余戸東2丁目の公務員阿部由紀さん(59)が、頭などを強く打ち意識不明の重体となっている。 また、自転車に乗っていた松山市内の13歳の女子中学生も腕などにケガをしたが命に別条はないという。 現場は信号機のない交差点で、警察は事故の詳しい原因を調べている。

愛媛 2021.04.08 14:44

他人の家の壁に落書き 小学校事務職員逮捕【愛媛】

松山市で、他人の家の壁にペンキで落書きをしたとして小学校の事務職員が逮捕された。 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、松山市立小学校の事務職員吉金謙作容疑者(41)。警察によると、吉金容疑者は8日午前4時過ぎ、松山市志津川町の住宅の壁に黒いペンキで落書きをした疑いが持たれている。 壁には中傷する言葉が書かれていて、吉金容疑者は、調べに対し容疑を認めているという。現場周辺では、別の住人から同様の落書きをされたという被害届が出ていて、警戒していた警察が現行犯逮捕した。 警察は、仕事上のトラブルの可能性も含め余罪についても、調べを進めている。

愛媛 2021.04.08 12:39

新入社員がビジネスマナー学ぶ研修会 高知

県内の企業に就職した新入社員が基本的なビジネスマナーを学ぶ研修会が、8日から高知市で行われている。 高知市の商工会館で行われている新人研修は、社会人としての心構えや基本的なマナーを学ぶために高知商工会議所が毎年開いている。 2日間の研修は、検温や消毒のほか、机に仕切り板を設置するなど感染対策を施しながら行われている。 今年は参加者の人数を例年よりも半分に減らし、製造業や建設業、物販など38社89人のフレッシュマンが参加。 初日は、挨拶や自己紹介をしながら、社会人として欠かせないコミュニケーションの大切さを学んでいった。 新入社員研修は、7月にも行われる予定だ。

高知 2021.04.08 11:58

ワクチン接種券の発送準備始まる 四万十町

新型コロナウイルスの高齢者向けのワクチン接種が始まるのを前に、四万十町では、8日朝から、接種券を発送する準備が行われている。 四万十町役場では、8日朝から職員約10人が封筒にワクチンの接種券などを入れる作業を始めた。 四万十町では、5月上旬から高齢者向けのワクチン接種が始まる予定で、封筒の中には、接種券のほか予診票や、ワクチンの効果やリスクについて説明する資料が入れられている。 四万十町では、4月12日から町内の65歳以上の高齢者約7200人に接種券を発送していくという。

高知 2021.04.08 11:54

「感染対策期」に引き上げへ 32人新たに感染【愛媛】

愛媛県は、7日の検査で新たに32人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。こうして感染拡大に歯止めがかからない中愛媛県は8日、新型コロナの警戒レベルを県内全域で最も高い「感染対策期」に引き上げる。 県内では、先月下旬に松山市の繁華街で新型コロナのクラスターが発生して以降、松山市を中心に感染拡大が続いている。 この繁華街クラスターをきっかけに感染は、家庭や職場、福祉施設などに広がっていて医療機関への負荷も増大している。 こうした状況を受け県は、独自の警戒レベルを「感染警戒期」から最高レベルの「感染対策期」に引き上げる。 中村知事は8日午後の会見で、松山市での不要不急の外出自粛や、松山市とその他の地域の往来自粛、県所有の施設の休業など具体的な内容について発表することにしている。 この会見に先立ち中村知事は午前11時からの定例会見で、21日までの2週間感染防止にあらゆる注意をはらって欲しいと、県民に全面的な協力を呼びかけた。

愛媛 2021.04.08 11:20

新たに34人感染 西条・新居浜でクラスター【愛媛】

愛媛県は、新たに34人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。新居浜市と西条市で新たなクラスターが発生している。 34人のうちわけは既存事例関連が24人、新規事例が10人。 居住地別では、松山市15人、西条市7人、新居浜市5人、今治市3人、東温市、松前町、宇和島市、愛南町が各1人。 西条市の飲食店クラスターでは、新たに3人の感染が確認され感染者は12人に、またこのクラスターの感染者2人が参加した地域の集会で新たなクラスターが発生した。 新居浜市では、会食に参加した同じ職場の5人が感染し、こちらもクラスターとなった。 中村知事は「県内全域で感染の広がりが見られ、ウイルスが日常生活の身近な場面に迫ってきていると思って欲しい」と改めて感染回避行動の徹底を呼びかけた。 医療機関への入院患者が過去最高の76人に上る中、愛媛県は8日から県独自の警戒レベルを最も高い「感染対策期」に引き上げる。 具体的な要請内容について中村知事は「松山市民に対する不要不急の外出自粛」「松山市との往来自粛」の他、県有施設については休業も含めて対策を検討しているとした。 また「感染対策期」の期間は松山市繁華街の営業時間短縮要請期間と同じく今月21日までとする方針を示した。

愛媛 2021.04.07 16:19

「#てや」 市民参加の情報プラットフォーム【愛媛】

香川大学と南海放送がハッシュタグを使ったSNSによる、市民参加型の情報プラットフォーム構築に向け、共同研究をスタートさせた。 南海放送で行われた締結式では、香川大学大学院の原真志教授と南海放送の大西康司社長が共同研究の契約書にサインした。 「市民参加型情報プラットフォーム」は県民が自然災害や、事件・事故などの情報を「#てや」をつけてツイッターやユーチューブ、インスタなどで発信したり、検索することで広く情報を共有しようという取り組み。 大規模災害時にはSNSの情報が住民の避難などにも役立つことが分かっていて南海放送も取材や放送活動に生かす。 共同研究では、災害以外にもプラットフォームを利用して、県民が地域の問題などについて気軽に情報共有が出来る仕組み作りなどにも取り組む。

愛媛 2021.04.07 16:18

特産品や観光名所PRへ連携協定【愛媛】

愛媛の特産品や観光名所を効果的にPRしようと、県とANAグループの新会社が連携協定を締結した。 県と連携協定を結んだのは、今月、新しく誕生しインターネットなどを活用して地方の活性化を目指すANAあきんど株式会社。 県庁で行われた締結式では、ANAあきんどの高橋誠一社長と中村知事がそれぞれ協定書にサインした。協定により県とANAあきんどは、外国向けのウェブサイトやSNS、さらに飛行機の機内誌などANAグループ全体で、柑橘をはじめとする愛媛の県産品をPRする。 また、アフターコロナを見据え、しまなみ海道など愛媛を代表する観光名所の情報を効果的に発信し、県内の観光業の活性化に繋げていきたいという。

愛媛 2021.04.07 14:43

6試合未勝利 愛媛FC和泉監督辞任 後任は實好コーチ【愛媛】

開幕以来6試合勝ち星がなく最下位に低迷しているJ2愛媛FCは今シーズン就任したばかりの和泉茂徳監督の辞任を7日発表した。 後任の監督には實好礼忠コーチが昇格する。 昨シーズン22チーム中21位に終わり、和泉茂徳新監督の下、再起を図っていた愛媛FCだが、今シーズン開幕から6試合勝ち星がなく最下位に低迷している。 こうした中、愛媛FCは、7日和泉監督の辞任を発表した。辞任は本人の意向によるとしていて、後任の監督には、今シーズンからコーチを務めていた實好礼忠さんが昇格する。 實好さんは愛南町出身の48歳。南宇和高校全国制覇のメンバーで選手として、ガンバ大阪で13年間プレーした後、指導者の道を歩み、昨シーズンはJ2京都サンガの監督を務めていた。

愛媛 2021.04.07 10:24

43人感染 8日「感染対策期」に警戒レベル引き上げ【愛媛】

愛媛県は、1日としては過去2番目に多い43人が新型コロナに感染したと発表した。松山市では新たに2つのクラスターが発生し、中村知事は、8日から県独自の警戒レベルを最も高い「感染対策期」に引き上げることを明らかにした。 県内で新たに感染が確認されたのは新規事例が過去最多となる18人、そして既存事例に関連する25人のあわせて43人。1日としては3月25日公表の59人に次いで過去2番目に多い感染者。 また松山市では新たに学校内と職場内でクラスターが発生している。このうち、県立高校で発生した学校クラスターでは課外活動で行動を共にしていた学校関係者5人を含め、6日までに累計で9人の感染を確認。職場内クラスターの6日までの感染者は累計で14人となっている。 中村知事は、記者会見で「松山市はまさに市中まん延の1歩手前という状況にある」との認識を示した。こうした状況をふまえ、中村知事は8日、県独自の警戒レベルを県内全域で引き上げ最高レベルの「感染対策期」に移行することを明らかにした。 県では松山市に関しての「不要不急の外出自粛」や県内全域を対象にした「県有施設の使用制限」などを検討している。

愛媛 2021.04.06 17:47

働き方見直し 県庁にもスマートオフィス【愛媛】

新型コロナをきっかけに働き方を見直そうという動きは民間だけでなく公的機関でも進んでいる。愛媛県が取り入れたスマートオフィスが6日、お披露目された。 県庁本館の4階に今年度新設されたのが「スマート行政推進課」。そのオフィスは、従来の県庁の職場環境とは全く違ったもの。 自分の席を固定しない『フリーアドレス』を取り入れ、業務の内容に合わせて仕事空間を選ぶ。複数人での打ち合わせやリモート会議などは『コミュニケーション』ゾーンで。 同じ部署の人たちと顔を合わせて仕事をするのが『コワーク』ゾーン。それに防音ルームをはじめ個人面談やウェブ会議などに利用できるのが『集中』ゾーン。職員は1フロアの3つのゾーンを自由に使う事ができる。 また、ペーパーレス化へ向け情報共有のためのモニターを設置したほか、書類を収納するロッカーを40%削減し、断捨離を促進する。 県は、このスマートオフィスの職員の反応や成果などを今後、建て替えを予定している県庁第二別館の新しいオフィスに反映する方針。

愛媛 2021.04.06 17:42

鬼北町長選挙 現職兵頭氏無投票で再選【愛媛】

任期満了に伴う鬼北町長選挙が6日告示され、現職の兵頭誠亀氏が無投票で再選された。 鬼北町の町長選挙は6日告示されたが、無所属で現職の兵頭誠亀氏(58)以外に立候補の届け出はなく、兵頭氏が無投票で2度目の当選を果たした。 兵頭氏は、鬼北町役場の元職員で国体推進課長などを務めた後、2017年の町長選挙で初当選していた。 兵頭氏は2期目の公約として、町内の病院や診療所の維持存続、地域資源である森林を活かした産業振興などを掲げている。

愛媛 2021.04.06 17:35

「コロナ後を見据え精進」 愛媛大学入学式【愛媛】

愛媛大学で2年ぶりに入学式が行われ、2300人あまりが新たなスタートを切った。 去年はコロナの影響で中止となった愛媛大学の入学式。今年は、出席者を各学部の新入生代表ら一部のみとした上で、式典をネットでライブ配信する形で行われた。 式では新入生を代表して、教育学部の足立凌央さんが「より多様化複雑化する社会において、コロナ後を見据え、4年ないし6年、日々精進してまいります」と宣誓した。 入学式を終えた新入生からは「自分の興味のある分野に絞って学習できるのですごく楽しみにしている」「専門的な科目を、しっかり勉強すると共に、アルバイトなどでも大学生活を謳歌できたら」といった声が聞かれた。 今年、愛媛大学には大学と大学院あわせて2327人が入学、対面とリモートを組み合わせた授業が8日に始まる。

愛媛 2021.04.06 14:42

警察官としての一歩 警察学校で入校式【愛媛】

愛媛県警察学校で、6日入校式が行われ、103人が警察官としての一歩を踏み出した。 松前町の愛媛県警察学校で開かれた入校式には、18歳から30歳までの新人警察官103人が出席した。 はじめに、入校生を代表して荒井瞭巡査が篠原英樹本部長から辞令書を受け取った後、「公平中正に警察職務の遂行に当ることを固く誓う」と宣誓した。 続いて、篠崎富和学校長が「警察職員としての誇りと使命感を持って、様々な教養、訓練に全力を尽くしてほしい」と式辞を述べた。 入校した新人警察官は、半年から10か月に渡って、寮生活を送りながら法律などの基礎知識を学ぶ他、集団での規律を養う訓練に臨む。

愛媛 2021.04.06 14:04

鬼北町長選告示 現職の兵頭氏 無投票当選か 【愛媛】

任期満了に伴う鬼北町の町長選挙がきょう告示され、これまでに現職の兵頭誠亀氏が立候補を届け出ている。兵頭氏の他に立候補の動きはなく、無投票当選となる公算が大きくなっている。 2期目を目指す無所属で現職の兵頭誠亀氏(58)は、鬼北町内の選挙事務所前で第一声をあげた。兵頭氏は、地域医療の確保や森林を生かした産業振興などを公約に掲げている。 立候補の届け出は、きょう午後5時まで受付けられるが、兵頭氏の他に立候補の動きはなく、無投票当選となる公算が大きくなっている。

愛媛 2021.04.06 10:58

新たに32人感染 25人が松山市 新規8人【愛媛】

愛媛県は、新たに32人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。 内訳は既存事例関連が24人、新規事例が5事例で8人となっている。居住地別では、松山市25人、新居浜市、西条市、砥部町がそれぞれ2人、松前町が1人。 西条市の飲食店クラスターで2人、松山市の職場内クラスターで1人、新たな感染が確認されている。 5日の午前9時現在、医療機関には73人が入院しており4日より2人多くなっている。過去最大の入院患者数と同数。 入院患者の内、重症者が2人増えて3人となっている。 記者会見で中村知事は検査件数が平日よりも少ない日曜日の4日の検査で、30人以上の感染が確認されたことについて「県内に感染が相当程度、浸透している可能性を示す危険な兆候」と強い警戒感を示した。 その上で「松山市については市中感染まん延に近づいている」との認識を示し、今後、感染状況に改善が見られない場合、松山市の不要不急の外出自粛や松山市とそれ以外の市と町との往来自粛など、より行動制限を強めた要請に舵を切らざるを得ないとしている。

愛媛 2021.04.05 17:29

東京五輪前に テロ想定しJR駅で訓練【愛媛】

東京オリンピック・パラリンピックを前に、テロへの対応を確認する訓練が新居浜市のJR駅の構内で行われた。 JR新居浜駅で行われたテロ想定訓練には、新居浜警察署の署員やJR新居浜駅の駅員などおよそ20人が参加した。訓練は、不審な男が駅構内に袋を放置して立ち去るという想定で行われた。 駅員は利用客を駅から避難させ駆け付けた警察に状況を説明。駅の外で警察が不審な男を発見した。そして、凶器を持って暴れる不審者を警察がさすまたと盾を使って取り押さえ、身柄を確保した。 新居浜警察署の伊藤亮介警備課長は「引き続きこのような訓練を通じて官民一体となったテロ対策を推進していきたい」と話していた。 新居浜警察署では、今後も公共交通機関や人が集まる施設などで訓練を重ね官民の連携を強化していきたいという。

愛媛 2021.04.05 15:58

医療現場の担い手目指し 2年ぶり入学式【愛媛】

県立医療技術大学の入学式が行われ、コロナ禍の中、医療現場の担い手を目指す学生たちが新たな一歩を踏み出した。 2年ぶりとなる県立医療技術大学の入学式は、看護学科や臨床検査学科などの新入生およそ120人と教職員のみに出席を限って行われた。 式では、安川正貴学長が式辞を述べ、医療を学ぶ者としての心構えを求めた。これに対し、新入生を代表して看護学科の日野佑輔さんが「感染症のパンデミックにより、医療従事者は今まで以上に柔軟な対応やきめ細かい配慮などが求められる。将来活躍できる人材となるため、仲間たちと切磋琢磨していきたい」と決意を述べた。 新入生たちは、今後それぞれの学科で必要な国家資格取得を目指して勉学に励むことになる。ある新入生は「コロナとかが怖いという思いよりも、誰かの役に立ちたいという今の気持ちを大切にして、頑張っていきたい」などと医療現場を目指す思いを語っていた。

愛媛 2021.04.05 14:54

“死亡事故ゼロ”を目指し 白バイの出動式 【愛媛】

あす「春の全国交通安全運動」が始まるのを前に、交通死亡事故ゼロを目指し、白バイの出動式が行われた。 松山市で行われた出動式には、白バイ隊員や県警の幹部らが出席した。式では篠原英樹本部長が「白バイが持つ機動力を生かして、重大事故につながる悪質な違反の取締りを徹底してください」などと訓示した。 愛媛県では、今年の春の全国交通安全運動のスローガンに「つくろうよ 事故ない未来をぼくたちで」を掲げていて、特に「道路横断中の事故防止」と「自転車の安全利用」を重点項目にしている。 県警は、あすから15日までの運動期間中、安全運転を呼びかけるイベントや取締りの強化を通して死亡事故ゼロを目指すとしている。

愛媛 2021.04.05 11:23

新型コロナ 新たに29人感染【愛媛】

愛媛県は、県内で新たに29人が新型コロナに感染したと発表した。 県内で新たに感染が確認されたのは、新規事例12人と既存事例に関連する17人の合わせて29人。居住地別では、松山市が21人と大半を占めていて、今治市や宇和島市など7つの市と町でそれぞれ1人、北海道が1人となっている。 このうち1人は、西条市の飲食店クラスターの関係者で、このクラスターでの感染者の累計は9人となった。これまでに200人の感染が確認されている、松山市の繁華街クラスターでは、先月23日にクラスターとして公表されて以降、初めて新たな感染が確認されなかった。 一方、松山市の新規の感染者数に減少傾向が見られず、県内の広い範囲でも散発的な感染確認が続いていることから、中村知事は県内全域で強い警戒が必要だと呼びかけた。

愛媛 2021.04.04 16:24

28人新たに感染 新規事例11人【愛媛】

感染者の増加に歯止めがかからない。愛媛県は県内で新たに28人が新型コロナに感染したと発表した。 県内で新たに感染が確認されたのは新規事例11人と既存事例に関連する17人の合わせて28人。松山市が18人、西条市と伊予市はそれぞれ3人、新居浜市で2人、今治市と宇和島市がそれぞれ1人。 松山市の繁華街クラスターでは、新たに5人の感染が確認され感染者は累計で197人となった。また、このクラスターの感染者12人について、国で検査を行ったところ、変異ウイルスのイギリス型だったと発表した。 県立衛生環境研究所 四宮博人所長「「西日本で広く確認されているものとかなり近い型であること、2月に今治で確認された変異株とは遺伝子配列の特徴が異なっており関連性が見られないことが 判明した」 なお、松山市繁華街の飲食店従業員を対象とした臨時PCR検査センターでは1日113人が検査を受け、4人の陽性が確認された。 このセンターでは、3日間で389人が検査を受け7人の陽性が判明、陽性率は1.8%となっている。

愛媛 2021.04.02 17:53

「臥龍の渡し」3年ぶり運航再開へ 大洲【愛媛】

春の行楽シーズンを迎え、水郷・大洲の肱川では3年ぶりに観光渡し船が運航を再開することになり、テスト運航が行われた。 2日は大洲市の観光関係者らが手を消毒するなどして、渡し船に乗り込んだ。風光明媚な景色が楽しめる大洲の春の観光名物「臥龍の渡し」は西日本豪雨や新型コロナの影響で一昨年年と去年は、運航休止となった。 今年は、乗客を船の定員の6割程度に抑えるなどの感染防止対策を行った上で、4日、運航を再開するが観光関係者らは、肱川沿いにある「臥龍山荘」や新緑の風景など船から臨む景色の美しさを確認していた。 「臥龍の渡し」は4月と5月の日曜と祝日に運航する。

愛媛 2021.04.02 17:44

松山市繁華街で営業時間短縮開始【愛媛】

期間は今月21日まで。新型コロナウイルス感染拡大防止を目指して県が要請した松山市繁華街飲食店の営業時間短縮が1日夜、始まった。 今回の営業時間短縮要請の対象は松山市の一番町、二番町、三番町、花園町など繁華街の飲食店でおよそ1700店舗にのぼる。営業を午後9時まで、酒類の提供を午後8時半までとするよう求めている。 繁華街の飲食店では休業した店も見られたのをはじめ、午後9時には多くの店が要請に協力して営業を終了して閉店し、繁華街はひっそりと静まり返っていた。 また1日夜は県職員や県生活衛生同業組合連合会の役員らが時短要請の対象区域を巡回し状況を確認していた。この見回りは今月21日の時短要請期間終了まで続けられる予定。 全ての期間、営業時間短縮要請に応じた飲食店には県と松山市からあわせて1日4万円の協力金が支払われる事になっている。

愛媛 2021.04.02 14:54

名物の上り藤満開 宇和島「天赦園」【愛媛】

宇和島市の日本庭園「天赦園」では“上り藤”が見ごろを迎えている。 国の名勝に指定されている宇和島市の「天赦園」では池の上に架かるアーチ状の藤棚の“上り藤”が満開となっている。「白玉藤」という白く小さな花を咲かせる品種で、上に向かって枝を伸ばすことから“上り藤”の愛称で親しまれている。 天赦園によると、今年は暖かい日が続いたためこれまでで最も早い3月24日に開花し、早くも満開となっている 来園者からは「今年は花の付きがいい。」「水に反射してとてもきれい。」といった声が聞かれた。 園内には花の甘い香りも漂い、訪れた人たちは藤棚に咲き誇る可憐な花を楽しんでいた。「 天赦園」の“上り藤”は来週いっぱい楽しめるという。

愛媛 2021.04.02 14:47

開館40周年記念 子規記念博物館無料開放【愛媛】

松山市の子規記念博物館が開館40周年を迎え、2日から4日まで 展示を無料で開放している。 1981年4月2日オープンの松山市の子規記念博物館。2日で、開館からちょうど40年となる。 これを記念し子規博ではパネル展として博物館が建設されるまでを記録した写真やこれまでの特別企画展のポスターなどを、展示している。 また常設展を2日から3日間無料開放していて、今回が初公開となる子規が学生時代に友人の竹村鍛にあてた書簡など自筆の資料16点も楽しむことができる。 子規記念博物館の竹田美喜総館長は「近代俳句の拠点、世界の俳句研究の拠点として、この40周年に一歩踏み出していきたい」などと話している。 常設展の無料開放は2日から4日まで、記念パネル展は今月30日まで開かれている。

愛媛 2021.04.02 11:54

新型コロナ 新たに30人感染 新規事例9人【愛媛】

10日連続の2桁の陽性確認。愛媛県は、県内で新たに30人が新型コロナに感染したと発表した。 中村知事「本県は事実上の緊急事態宣言下にあります。2桁の陽性確認が10日連続。この10日間で308人の陽性者が確認されています」 県内で新たに感染が確認された30人は、新規事例9人と既存事例に関連する21人。松山市の繁華街クラスターでは、新たに感染者の家族など9人の感染が確認され、このクラスターでの感染者は、192人にのぼる。 またスーパーチェーン「松山生協」の職場内クラスターでは従業員など2人の感染が確認され、感染者の累計は19人になった。 一方、一昨日松山市に設置された臨時のPCR検査センターでは、113人が検査を受け、1人の陽性が確認された。 県は、この1人を1日発表された30人に含んでいないが、臨時PCRセンターで確認された陽性者の数は合わせて3人となり、繁華街クラスターとの関連などを調べている。 このほか、1日は県の変異ウイルス検査で繁華街クラスターを含む複数の事例から新たに10人の陽性が確認されたと発表された。 中村知事「従来株から変異株に置き換わりつつある傾向が強くなっています。繁華街クラスター関連から2次感染3次感染という傾向が読み取れます」 中村知事はこう指摘したうえで、県民に感染回避行動のさらなる徹底を呼びかけた。

愛媛 2021.04.01 15:43

南予移住の支援拠点誕生 内子町【愛媛】

南予地域に移住を希望する人にとっての心強い味方、1日内子町に移住希望者向けの相談スペースがオープンした。 内子町の「まちの駅Nanze」にオープンしたのは、南予地域を中心とした移住希望者を支援する施設「COWORKING―HUB nanyosign」。西予市の地域おこし協力隊の経験もある山口聡子さんが南予移住マネージャーとして常駐し、移住希望者に先輩移住者を紹介する他、受け入れ地域とのマッチングなどを行う。 またフロアにはWi―Fi環境や電源設備が整っていて、共同オフィスとして利用することができるなど、移住者のテレワークにも対応している。 山口さんは「南予に移住してよかったと思える人が1人でも増えれば」と話していた。

愛媛 2021.04.01 15:39

感染対策実施の上で 企業では入社式【愛媛】

県内でも多くの企業で、入社式が行われ、新入社員が社会人としての一歩を踏み出した。 このうち松山市で行われた大手ドラッグストア・レデイ薬局の入社式には新入社員104人が出席した。式ではまず、白石明生社長が「コロナ禍でのドラッグストア業界の役割は、お客様に安心と安全を届ける事。若い力を存分に発揮してほしい」などと激励した。 続いて、新入社員を代表して長尾聡一郎さんが「困難な状況にあっても勇気と真心をもって、地域に貢献し続け地域の誰からも頼られる社員になれるよう尽力します」と決意を述べた。 レデイ薬局では、去年は新型コロナの影響で入社式を中止したが、今年は、出席者がPCR検査を受けるなどの感染対策をして実施した。新入社員は、およそ2週間の研修を受けた後、県内外の店舗に配属されるという。

愛媛 2021.04.01 14:49

新年度スタート 県庁では入庁式【愛媛】

新年度がスタート。愛媛県庁では入庁式が行われ、新規採用職員が県職員として新たな一歩を踏み出した。 県庁で行われた辞令交付式には、新規採用職員168人が出席し、中村知事が代表者に辞令を手渡した。 そして、東予地方局地域福祉課に配属される薬師寺華世さんが「全体の奉仕者として誠実、かつ公正に職務を執行することを固く誓う」と決意を述べた。 辞令交付式を終え、県職員としてスタートを切ったある女性職員は「コロナ禍に負けずポジティブに前向きにフレッシュに頑張っていきたい」と抱負を語っていた。 新規採用職員は、1日それぞれの配属先で勤務を始める。

愛媛 2021.04.01 11:48

33人新たに感染 新規事例14人 感染回避徹底を【愛媛】

愛媛県は、県内で新たに33人が新型コロナに感染したと発表した。中村知事は、繁華街クラスターから地域への感染を大きな波にしないことが重要だと注意を呼びかけた。 県内で新たに感染が確認されたのは新規事例14人と既存事例に関連する19人の合わせて33人。松山市の繁華街クラスターでは、新たに感染者の家族や知人など5人の感染が確認され、このクラスターの感染者は183人となった。 また、30日クラスターに認定されたスーパーチェーン「松山生協」の職場内クラスターでは新たに従業員など2人の感染が確認されている。 一方、30日開設した松山市の繁華街の飲食店従業員を対象とした臨時のPCR検査センターでは163人が検査を受け、このうち2人の陽性が判明したという。 県は、31日発表した33人に、この2人を含んでおらず繁華街クラスターとの関連などを調べている。 中村知事は記者会見で感染が松山市以外の地域にも広がりを見せ始め憂慮すべき状況だとの認識を示した。その上で今後、さらに感染が拡大し医療機関への負荷が増大する事態となれば、さらなる行動制限に踏み込む可能性もゼロではないとして感染回避行動の徹底を呼びかけた。

愛媛 2021.03.31 17:55

【速報】新型コロナ 新たに33人感染 変異株検査で12件陽性 【愛媛】

愛媛県は新たに33人の新型コロナ感染が確認されたと発表した。また、13件の変異株PCR検査を行った結果12件が陽性だった。 新規感染者33人の内、既存事例の関係者は19人、新規事例は14人となっている。 居住地別では、松山市が25人、宇和島市と伊予市が2人、新居浜市、東温市、砥部町、内子町がそれぞれ1人となっている。 クラスター関係では、松山市の繁華街クラスターで新たに5人の感染者が、松山生協の職場内クラスターで新たに2人の感染者が確認されている。

愛媛 2021.03.31 15:11

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース