コロナ新たに48人の感染確認【徳島】

この記事をシェア

  • LINE
徳島2022.01.13 18:23

徳島県は13日、県内で新たに48人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。新規感染者が40人を超えるのは去年9月9日以来、126日ぶりです。新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代のあわせて48人です。いずれも軽症か無症状でオミクロン株かどうかは現在、調査中です。居住地別では徳島市が16人、美波町が12人鳴門市が8人、松茂町が5人牟岐町が4人、阿南市が2人、三好市が1人です。このうち11日に職員の感染が発表された高齢者施設について、12日の同僚1人に続き、新たに利用者6人、職員2人、職員の家族6人の感染が発表されました。この施設関連であわせて16人となったことから県は60例目のクラスターに認定しました。また、同じホームパーティーに参加した7人の感染が確認され、県はこれを61例目のクラスターに認定しました。飯泉知事はオミクロン株による市中感染の可能性を示唆した上で、引き続き積極的疫学調査に努める考えを示しました。また飯泉知事は、一般への3回目のワクチン接種を前倒ししして行えるよう2月1日から徳島市のアスティとくしまに大規模集団接種会場を設置すると発表しました。対象となるのは2回目から7か月以上が経過した高齢者などです。県内の感染確認は9日連続で40人を超えるのは、去年9月9日以来126日ぶり。累計では3403人となりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース