新型コロナワクチン接種 広島市・福山市の予約状況は

この記事をシェア

  • LINE
広島2021.06.10 20:08

これまで80歳以上が対象だった福山市の新型コロナワクチン接種の予約が10日から65歳以上からに拡大された。
これを受け、福山市内の大規模接種会場の予約が埋まり始めた一方、75歳以上が対象の広島市の会場は依然、空きが目立つ。
福山市では10日からワクチン予約の対象が65歳以上に広がったことを受け、公民館の職員が予約のサポートを始めた。
インターネット予約が難しい高齢者の声を受けたもので、市内に92ある公民館などで6月末まで対応する。
■71歳女性「このスマホで自分でしなさい言われたときに、私できるかしらと思って、それが一番不安で、きょう2回とも(予約)とれたから安心した」
福山市では、市が設置する7つの集団接種会場や個別の医療機関のほか、県の大規模接種会場で接種ができる。
大規模接種会場の予約はこれまで低調だったが、10日の対象拡大と同時に電話予約が殺到。
1日最大1800人の予約枠が6月13日分は全て埋まったという。
さらに福山市が設置した7つの集団接種会場は7月末までの予約がすべて埋まったという。
一方、6月12日から集団接種会場を増設する広島市。
10日から75歳以上の予約が可能になったが、今週末の予約状況は大幅な空きが出ている。
1日におよそ2000人が接種できる県立総合体育館は土曜、日曜の2日間で340人しか予約が埋まっていない。
今週末の集団接種では、広島市全体でおよそ8000人が予約可能で、市は積極的な接種を呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース