イタズラか慰霊か・・広島市平和公園の原爆供養塔に設置の鉢にセメントのようなもの

この記事をシェア

  • LINE
広島2021.11.22 19:28

■古江正彦記者
「原爆供養塔の北側です。ここにある献花用の鉢がセメントのようなもので埋められています」

平和公園にある原爆供養塔には身元がわかっていない遺骨などが納められており、石造りの鉢は献花用に置かれていた。水や花を入れるための四角い穴がセメントのようなもので埋められ、ビーズ状の玉や2本の突起物も埋められている。

広島市がボランティアガイドなどに聞き取りをしたところ、今年7月ごろには埋められていたとみられる。市は「慰霊のための細工かイタズラか意図が分からない」として対応を検討している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース