広島県 空母艦載機訓練でアメリカ側に要請

この記事をシェア

  • LINE
広島2021.05.05 12:19

アメリカ軍が5日から実施する空母艦載機の着陸訓練について、広島県は山口県岩国基地を使用しないようアメリカ側に要請した。

アメリカ海軍は5日から15日まで、原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機の着陸訓練を硫黄島で実施する。

広島県によると、天候不良で訓練できない場合、岩国基地で行う可能性があると国を通じて連絡を受けたという。

県は周辺への騒音や事故の危険性などから、訓練を容認できない立場をとっており、岩国基地で着陸訓練をしないことや滑走路の運用時間を厳守することなどを、駐日アメリカ大使館などに宛て文書で要請した。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース