高級ブドウ「紫苑」 東広島市で収穫

この記事をシェア

  • LINE
広島2021.11.21 11:53

高級ブドウ「紫苑」…。強い甘みとみずみずしい果汁が特長だ。

生産するのは東広島市にある「すざわ果樹園」。

ブドウの多くは夏から秋にかけて旬を迎えるが、「紫苑」は、温度管理を徹底することで、冬場に出荷される珍しい品種だ。
お歳暮としても人気を集める。

今年は、夏の長雨を乗り越え、糖度18度の甘いブドウに育った。

■すざわ果樹園 須澤勝己代表
「ご自宅でもクリスマス時期まで食べることができるブドウなので、ぜひ楽しんでいただければと思う」

収穫されたブドウは、今月23日以降、直売所やスーパーで販売される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース