公園で作業中 ボランティア死亡

この記事をシェア

  • LINE
広島2021.10.13 12:03

広島市内の公園で、電動のこぎりを使って木材を切っていた男性が、誤って足を傷つけ死亡した。
事故があったのは広島市東区の広島市森林公園。広島市などによると、12日午後1時45分頃、70代の男性が木材を切っていたところ、電動のこぎりが右の太ももに当たった。男性は市内の病院に運ばれたが、その後死亡した。男性は、公園の管理運営会社を支援するボランティア団体のメンバーで、事故当時は「林業体験広場」で木工体験などに使う材料を切っていた。
公園を所管する広島市は、「事故の詳細を調査し、再発防止に努める」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース