県北のひな祭りを紹介

この記事をシェア

  • LINE
広島2021.02.19 12:15

広島県の伝統的工芸品「三次人形」や「ひな人形」で、県北の伝統的なひな祭りを紹介する展示会が開かれている。
三次市の風土記の丘ミュージアムには、江戸時代末期以降に作られた三次人形とひな人形・130点余りが並ぶ。中でも、江戸時代末期の三次人形や、明治時代の内裏雛などが見どころ。
「三次人形とひな人形展」は、来月14日まで開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース