猪苗代ボード死傷事故 保釈請求を却下

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.10.13 17:09

去年9月、猪苗代湖で親子ら3人がプレジャーボートに巻き込まれ、死傷した事件で、業務上過失致死傷の罪で起訴された、いわき市の会社役員・佐藤剛被告(44)の保釈請求が却下されていたことがわかった。
福島地方裁判所によると、佐藤被告が起訴された10月1日、被告の弁護人から保釈の請求があったが、福島地裁は10月6日、請求の却下を決定した。
福島地裁は、請求を却下した理由について明らかにしていない。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース