8月の企業倒産減少も今後に懸念・福島

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.09.21 12:12

8月の県内企業の倒産件数は5件と7月を下回ったものの、東京オリンピックを終え、その影響が懸念されている。

民間の信用調査会社・東京商工リサーチによると、8月、県内で倒産した企業は5件で、7月の6件を下回った。

新型コロナ対策として、国や自治体による資金繰りの支援策が倒産を抑えている一方、過剰債務の問題などが今後の課題とみられている。

また、東京商工リサーチは、「東京オリンピック関連の特需が終わる影響などで、倒産が増える可能性があり、今後の動向に注視が必要」と分析している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース