福島県10人感染 新規陽性割合は減少傾向

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.09.22 17:26

福島県内では前日の検査結果で10人に新型コロナウイルスの感染が確認された。
感染が確認されたのは、いわき市で5人、郡山市・会津若松市・相馬市・三春町・天栄村で各1人。
直近一週間の10万人当たりの新規陽性者数は、いわき市9.11人、福島市2.44人、郡山市3.62人、その他3.61人などとなっていて、いわき市で10人を下回るのは、7月25日以来、約2か月ぶり。
県内の入院患者は112人で、うち重症者は3人、病床使用率は17.6パーセントとステージ2の水準。
宿泊療養者は18人、自宅療養者は30人などとなっている。
県は中核市を除く56市町村への独自の集中対策のにつづき、福島市と郡山市への「まん延防止等重点措置」の適用を24日に解除する。
ただ、デルタ株は感染力が強く感染再拡大を防ぐためも、基本的な感染症対策の継続が重要としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース