相馬市が12月に3回目のワクチン接種開始・福島

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.10.14 12:02

相馬市は2回のワクチン接種を終えた市民に、今年12月から3回目のワクチン接種を始めることを発表した。

相馬市は先月、新型コロナウイルスの抗体量を調べるため、これまで2回のワクチン接種を終えた12歳から89歳の、市民500人から血液を採取して検査をした。

その結果で、感染を防ぐ効果があるとされる抗体「中和活性」が時間の経過とともに減っていき、年齢が高い人ほど値が低いことがわかった。

相馬市の立谷秀清市長は「接種後の抗体価の減少・減衰が思ったよりも早く、準備を進めたうえで12月から3回目の接種を開始したい」と述べた。

相馬市は今後、接種体制の構築や市民への協力の呼びかけを進める方針。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース