統合する福島県立の高校5校の名称案

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.01.14 18:50

福島県教育庁は来年4月に統合する5つの県立高校の名称案を示した。
県教育庁では少子化などを背景に2023年までに25の県立高校を13校に統合する方針で、このうち来年4月に統合する5校について14日に開かれた県議会政調会の中で、それぞれの名称案を示した。
名称案は、
須賀川高校と長沼高校は「須賀川創英館高校」
大沼高校と坂下高校は「会津西陵高校」
湯本高校と遠野高校は「いわき湯本高校」
相馬東高校と新地高校は「相馬総合高校」
保原高校(定時制)と福島中央高校は「ふくしま新世高校」
県教育庁では2月定例会に統合校の名称を定める議案を提出し、正式に決定する方針。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース