福島全区で「自民VS野党統一」の選挙戦へ

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.10.14 19:19

衆議院が解散し、来週19日には衆院選が公示される県内では5つの小選挙区すべてで与野党が直接対決する構図が予想されている。
立憲民主党や共産党、社民党やれいわ新選組の野党4党が共闘して、全国で与党との戦いに臨むことを決めたことによる。
福島1区、福島3区、4区は、いずれも与野党の立候補予定者が前職。
福島2区では、9期目をめざす自民のベテランに立憲の新人が挑む。
福島5区では、野党統一候補として共産の新人が立つことになった。
今回の衆院選の中テレ担当記者は「前回4年前の総選挙でも、野党共闘というのはあったが、5つの選挙区全てではできなかった。今回は調整は難航はしたものの、すべて共闘となった分、激戦が予想される」と話す。
来週31日の投開票に向けて、県内でも事実上の選挙戦がスタートした。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース