爆発事故で市が損害賠償を求め提訴する考え

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.11.25 18:04

去年、郡山市で起きた爆発事故で、市は、損害賠償を求め訴えを起こす考えを明らかにした。
去年7月、郡山市の飲食店で起きた爆発事故では20人が死傷し、300棟を超える建物が被害を受けている。
25日、郡山市は店の運営会社やガス管の点検業者など6者を相手取り、損害賠償を求め訴えを起こす考えを明らかにした。
請求するのは爆発現場周辺の清掃や避難所の運営にかかった経費など550万円あまり。
市は、これまで民事上の問題として損害賠償を請求していたが、6者全てから「全額の賠償に応じる意思はない」と回答があったという。
市は議会に関連議案を提出し、可決されれば速やかに提訴する考え。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース