福島・米国日本産食品の輸入停止措置撤廃

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.09.22 11:57

アメリカは、福島第一原発の事故を受けて実施していた県産のコメなど、日本産食品の輸入停止措置を21日撤廃した。
福島第一原発の事故を受けて、アメリカは県産のコメや原木シイタケなど14県のべ100品目の輸入を停止していた。
なかでも県内は品目が最も多く、原乳や一部の牛肉なども含めて35品目が対象だったが、すべてで輸入が再開される。
今年4月の日米首脳会談で菅首相がバイデン大統領に規制の撤廃を要請するなど日本はこれまで政府レベルで働きかけを行っていた。アメリカの撤廃の一方で、中国や韓国など14の国と地域は輸入規制を続けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース