「まん延防止」解除で学校活動も制限緩和へ・福島

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.09.22 18:57

「まん延防止等重点措置」の適用が24日に解除されることになった福島市と郡山市は、それぞれ対策会議を開き、学校活動についても制限緩和について決定した。
福島市は、文科省が定める3段階の学校の行動基準を24日に3から2に引き下げ、市内の学校で行われている分散登校やオンライン授業、部活動の制限といった対策を24日から緩和していく方針を示した。
郡山市は、市内の小中学校では続けている授業時間の短縮や部活動の制限を、10月3日までを移行期間とし、10月4日に解除する。
適用期間中には、市内の16の小中学校で修学旅行を延期していたが、今後は学校ごとの判断で、県境をまたぐ修学旅行も可能になるという。
郡山市教育委員会は「市内の学校では感染拡大は抑えられてきたので、引き続き、現場での感染対策を徹底していきたい」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース