郡山市 3回目は交差接種も含め進める

この記事をシェア

  • LINE
福島2022.01.13 12:06

郡山市は、3回目のワクチン接種について、交差接種も含めた形で接種を進める。

郡山市では、国の方針に沿って当初より前倒しして、医療従事者や高齢者施設の利用者と従事者については、2回目接種の6か月後から、それ以外の高齢者については、来月以降7か月後から3回目の接種を行う。

ワクチンの供給量から、2月以降は交差接種も含めて接種を進める。

1回目、2回目を集団接種した人については、日時や会場を市が指定し、モデルナ社のワクチンを接種できる。

また、個別接種会場では、比較的規模の大きい18の医療機関はモデルナ社製ワクチンを取り扱い、残りの約120の医療機関では、ファイザー社製を扱うが、なくなり次第モデルナ社製に切り替えて接種を行う。

一方、5歳から11歳を対象にしたワクチン接種については、早ければ3月にも接種をはじめる方針。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース