福島労働局が「労働災害多発注意報」発令

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.06.10 19:19

今年に入り、県内で労働災害が多発していることを受け、福島労働局が「労働災害多発注意報」を発令した。
今年1月から4月までに、753件と、去年の同じ時期に比べて60パーセント以上、発生件数が増加している。
ことしは、大雪による転倒事故が多かったほか、工事現場での転落も増えている。
福島労働局では今後、業界と共同で建設現場の総点検を行うなど、労災の撲滅に向けた取り組みを強化することにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース