県感染症アドバイザー「解除でも対策継続」

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.09.21 18:38

県の感染症アドバイザーの金光教授は、県内で一部、対策が解除された後も基本的な感染対策を継続するよう注意を呼びかけた。
21日、県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議に出席した、県立医大の金光敬二は教授「部分的に制限が解けたからといって、いきなりリスクの高い行動を取ることはだめ。基本的には今まで通りの生活をしていただくことになる。制限に関係なく、感染対策は常に継続ということも決して忘れないでいただきたい」と語り、県独自の集中対策やまん延防止等重点措置の対策が解除された後も、引き続き、基本的な感染対策を継続するよう県民に呼びかけた。
また、20日までの3連休で、全国的に人出の増加がみられたとして、感染者のリバウンドへの懸念も示している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース