太陽光パネル付き電気自動車で実証実験

この記事をシェア

  • LINE
福島2021.11.25 11:32

いわき市では、自ら発電し、走行する電気自動車の開発に向けた実証実験が始まった。

この実証実験は、再生可能エネルギーの普及などを目指す「いわきバッテリーバレー推進機構」が企画したもので、24日は、いわき市のひまわり信用金庫に太陽光パネル付きの電気自動車が導入された。

自ら発電もできるこの電気自動車は、営業車両として使用され、実験では太陽光パネルの発電量と、走行で使用する電気の量に関するデータなどを集める。

将来的には自ら発電し、走行できる電気自動車の開発を目指すという。
実証実験は来年2月まで行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース