神社の防火水槽に焼夷弾14本 なぜ?いつから?

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.04.08 20:07

先日、福岡市で見つかった14本の焼夷弾の謎に迫ります。見つかったのは住宅街にある小さな神社の防火水槽の中。普段は重い鉄のフタで閉じられています。まもなく戦後76年。いつから、そしてどうして焼夷弾はこの場所にあったのでしょうか?

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース