福岡県と佐賀県 13日昼すぎにかけて山沿いで大雪のおそれ

この記事をシェア

  • LINE
福岡2022.01.13 11:53

九州北部には強い寒気が流れ込み、福岡県と佐賀県では、13日昼すぎにかけて、山沿いで大雪となるおそれがあり、気象台が注意を呼びかけています。

福岡県添田町では13日午前、降り出した雪で、あっという間に地面が白く覆われました。

福岡県内の最低気温は、八女市や添田町で氷点下を観測し、最も寒い時期を下回りました。
福岡県と佐賀県では多いところで14日朝までに平地で1センチ、山沿いで5センチの雪が降る見込みです。
福岡県と佐賀県の全域には、13日午前11時半の時点で大雪注意報が発表されていて、山沿いでは昼すぎにかけて、大雪となるおそれがあります。

気象台は、路面の凍結や農作物の管理に注意を呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース