福岡県「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.05.01 18:27

福岡県の服部知事は1日、「まん延防止等重点措置」適用を国に対して要請したことを明らかにしました。

福岡・服部誠太郎知事
「(国に)まん延防止等重点措置を要請する旨をお伝えした。西村大臣からは『承った』と。(西村大臣は)『福岡県の感染状況等を国も現在危機感を持ってみている』と」

福岡県の服部知事は、1日午後4時半すぎに臨時の記者会見を開き、まん延防止等重点措置の適用を国に対して要請したことを明らかにしました。

対象地域は福岡市と久留米市を軸に調整していて、飲食店への時短要請を午後8時までにするなど対策を強化する方針です。

福岡県では不要不急の外出の自粛を先月20日に県民に要請してまもなく2週間になることから、服部知事は当初、その効果を見極めた上で判断するとしていました。

しかし、福岡県内の1日あたりの感染者は先月28日に過去最多の440人となり、先月29日から今月1日までは300人を超えるなど感染が拡大していて、県内の市町村から県に対し強い要望があったことから、まん延防止等重点措置の適用を要請したということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース