税滞納者からの差し押さえ品 福岡県庁で公売会 26日まで

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.11.24 17:54

ゲーム機やバカラのグラスなど、税金を滞納した人から差し押さえた品の公売会が、24日から福岡県庁で行われています。

■平石記者
「入札会場に並んでいるのは食器や酒、それから最新のゲーム機もあります。」

福岡県庁の1階で、24日から始まった公売会。税金の滞納者から差し押さえた品々を、入札により売却し、税金の納付に充てます。それぞれに設定された見積価格以上の額で入札し、最高額をつけた人が購入できます。目玉商品のプレイステーション5は5万4000円、ティファニーとバカラのグラスセットは2000円と4000円です。

■夫婦
「ネットで情報を見て、ニンテンドースイッチ目当てに来ました。子ども用に。」

以前の公売会では、競りが行われていましたが、ことしは感染対策のため実施せず、紙に金額を書いての入札に。そのため、入札額に迷う人もいました。

■20代男性
「プレイステーション5に入れました。(金額)めちゃくちゃ悩みました。でも、そんなに高くは入れてない。品数が少ないかと思ったけれど、けっこう多い。楽しかった。」

福岡県の税金の未納額は、減少傾向にありました。しかし、昨年度は、新型コロナウイルスの影響を考慮して、税金の支払い猶予が設けられたため、前年度を17億円上回る92億円が未納だったということです。

■福岡県税務課・冷牟田登企画官
「どうしても“コロナ”の影響で払えない人は、県税事務所に相談していただいて、払える人には、きちんと払ってもらいたい。」

この公売会は、26日までで、落札者には、29日に連絡が届くことになっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース