メーターを不正操作した中古車を販売 詐欺容疑で男ら逮捕

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.11.26 11:50

車のメーターを不正に操作して中古車を販売したとして、北九州市の男ら2人が逮捕されていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。

■土井記者
「午前9時半です。詐欺事件に関わった男が、これから警察に向かいます。」

詐欺などの疑いで逮捕されたのは、北九州市小倉北区中井の大嶌洋海容疑者(48)ら2人です。

捜査関係者によりますと大嶌容疑者らは2月、メーターを不正に操作し、走行距離を約9万キロ少なく見せたBMWの中古車をインターネットオークションで、約120万円で売った疑いが持たれています。

購入者が、この車に関する書類とメーターの数値に、ズレがあったことに気づき、不正が発覚しました。

警察の調べに対し大嶌容疑者は、容疑を認めているということで、警察は余罪についても調べを進めています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース