福岡県“まん延防止”適用待たず 今月6日から「より強い措置」

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.05.03 19:39

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、福岡県は今週木曜日、6日から、現在よりもより強い措置を要請することを決めました。

福岡県は3日午後、対策本部会議を開き、“まん延防止等重点措置”の適用を待たず、今月6日から県民や事業者に対して独自の措置を要請することを決めました。

すでに午後9時までの時短要請となっている福岡市と久留米市の飲食店やカラオケ店などに対して、営業時間を1時間繰り上げ午後8時までとすることを要請します。

また、新たに県内の飲食店などに対し、営業時間を午後9時までに短縮、酒のオーダーは午後8時までとするよう求めます。

要請に応じた飲食店に対し、協力金を支給します。

また、福岡市と久留米市内の映画館や運動施設、遊興施設などについては、営業時間を午後8時まで、酒の提供は午後7時とするよう協力を求めています。対象地域以外では営業時間を午後9時までとするよう協力を求めます。

要請期間は、今月6日から19日までです。

県民に対しては、引き続き不要不急の外出自粛を求めるほか、いわゆる昼カラやスナックなどでカラオケの利用を自粛するよう呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース