福岡市に新たな災害対策本部室 従来の5倍の広さに

この記事をシェア

  • LINE
福岡2022.01.12 19:18

福岡市役所に災害時の司令塔となる新たな災害対策本部室が完成しました。

■福岡市・高島市長
「熊本地震があり、毎年のように襲って来る豪雨災害。こうした状況の中で、たくさんの市民の皆さんを救っていく。」

福岡市役所15階の以前食堂があった部屋を改修した新たな災害対策本部室は、広さがこれまでの対策本部室の約5倍あり、災害の甚大化でより多くの人員が必要となるケースにも対応できるようになっています。
また、一度に12か所の映像を映し出すことができる大型モニターなどの情報収集機器や非常電源、感染対策の空調などが新たに整備されました。
福岡市は「関係機関と連携を強化しながら災害対応にあたっていきたい」と話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース