櫛田神社 節分を前に縁起物づくり大詰め

この記事をシェア

  • LINE
福岡2022.01.13 17:09

来月3日の節分を前に準備が急ピッチです。博多の総鎮守・櫛田神社では縁起物づくりが大詰めを迎えています。

福岡市博多区の櫛田神社では神職や巫女が節分行事で参拝者に配る豆の袋詰めなどを行っています。

来月3日の節分大祭に向けて6種類、7500個の縁起物が用意されるということです。

■巫女・安藤莉乃さん
「節分は邪気を払う行事として行われますので、皆さまに幸せが来ますようにと願いを込めて奉製させていただきました」

例年、地元の名士や年男・年女の人たちが豆まき神事を行いますが、去年は新型コロナの影響で中止され参拝者に豆が配られました。

ことしについては今月21日に開かれる会議で決めるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース