感染拡大の中で迎えた5連休初日 新幹線ホームに混雑なく

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.05.01 12:06

5連休初日の1日、JR博多駅の新幹線ホームには帰省客の姿が見られましたが、大きな混雑はありませんでした。

FBS平石千夏記者
「新幹線から乗客が降りてきますが、ゴールデンウィークらしいホ
ーム上での混雑などは見られません」

東京や大阪で県境をまたぐ移動の自粛が呼びかけられる中、午前9時すぎに新大阪を発車したのぞみ5号の自由席の乗車率は70%となっていて、JR博多駅の新幹線ホームにはキャリーケースを抱えた帰省客の姿が見られましたが、大きな混雑はありませんでした。

JR西日本によりますと、ゴールデンウイーク中の山陽新幹線の指定席の予約数は上下合わせ15万4000席で、緊急事態宣言中だった去年の同じ時期の2.3倍に増えていますが、コロナ前のおととしと比べると16%にとどまっています。

また、JR九州が発表した九州新幹線の予約数は上下合わせて3万席で、おととしの予約数の2割程度にとどまっています。

上りのピークはJR九州が今月4日、JR西日本が今月5日としています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース