福岡県の3月の有効求人倍率1.02倍 依然厳しく

この記事をシェア

  • LINE
福岡2021.04.30 19:51

福岡県の先月の有効求人倍率は1.02倍で、前の月をわずかに上回ったものの依然として、厳しい雇用状況が続いています。

福岡労働局によりますと県内の仕事を探す人1人に対する求人数を示した有効求人倍率は先月、前の月を0.01ポイント上回る1.02倍でした。

依然として雇用状況は厳しく、新型コロナ「第4波」の影響で企業がさらに求人を控えることも想定されるということです。

このため福岡労働局では、企業に助成金などを活用してもらい雇用の維持確保に努めたいとしています。

また、きょうは昨年度の有効求人倍率も発表され、福岡県では1.06倍と前年度を0.46ポイント下回りました。

リーマンショックのときの0.22ポイントを大幅に上回る過去最大の下げ幅となっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース