県内3人新規感染 仁愛大ワクチン接種準備

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.06.09 16:32

福井県は9日、新型コロナウイルスに県内で新たに福井市と坂井市の10歳未満から50代の男女合わせて3人が感染したと発表した。(6月9日)


このうち、福井市の50代男性会社員は関西方面から来て感染が分かった人の濃厚接触者。

県内の感染者の累計は1058人で、21人が入院していて、重症患者はいない。

ところで、仁愛大学は6月21日からワクチン接種を開始するための準備を進めている。ワクチンはモデルナ社製を使い、接種は医師免許を持つ教員が担当する。対象は学生と教職員のあわせて1400人で、1日に最大200人の接種を進め、8月中旬の完了を予定している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース