白銀を待つゲレンデ リフトに座席取り付け

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.10.14 11:34

勝山市のスキージャム勝山で14日、リフトの座席の取り付け作業が始まった。(10月14日)


爽やかな青空の下、午前9時ごろから4人の作業員が10メートル間隔で座席を取り付けた。1週間をかけて6基のリフト合わせて578台の座席を取り付ける。

運営会社の担当者は「今年も山にはしっかり雪が降るという予報が出ている。県民の皆さまにはスキーやスノーボードを楽しんでいただければ」と話した。

リフト券のオンライン販売などで感染リスクを抑えながら、12月18日から営業を始める予定。今シーズンは約17万人の利用を見込んでいる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース