肉厚な原木シイタケの収穫最盛期 越前町

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.04.07 14:49

肉厚でうまみたっぷりの原木シイタケが、越前町で収穫の最盛期を迎えている。7日からとれたてが町の農産物直売所に並んだほか、農家レストランでは定食の一品として味わうことができる。(4月7日)


越前町の姉崎椎茸園が半世紀にわたって栽培を続けている原木シイタケ。大きくて基準に合うものは「幸福茸」として市場に出る。今が収穫の最盛期で、多い日には3万本の原木から1トンがとれる。今シーズンは寒暖差があったことから生育が良く、収穫量が例年より3割増えている。

生産者の姉崎敏明さんは「食感が煮物にもボリューム感もあって歯ごたえもいいし、おいしいと思う」と胸を張った。

町にある農産物直売所では、収穫したばかりのシイタケが店頭に並んだほか、直売所に隣接する農家レストランでは、たけのこめし定食の一品として、姉崎さんのシイタケを味わうことができる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース