技能実習生など2人感染 累計は530人に

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.02.13 15:44

県内で新型コロナウイルスに新たに2人が感染し、このうちの1人はクラスターが発生した大野市の寮に住む外国人技能実習生。(2月13日)


県によると、新たに感染したのはクラスターが発生した大野市の寮で暮らす20代の技能実習生のベトナム人女性と、石川県に住む20代の男性会社員のあわせて2人。

このうち外国人技能実習生の女性は、2月9日に分かった感染者の濃厚接触者で、8日の検査では陰性だった。

県はこのほか、寮の同じ階に暮らす10人を再検査していて、このうち3人は陰性。

また20代の男性は1月31日から仕事で鯖江市に滞在していて、丹南保健所が濃厚接触者を調べている。

これで県内の感染者の累計は530人で、このうち29人が入院2人が重症。

県は感染拡大が落ち着きつつあるとして、15日から感染拡大警報を注意報に引き下げるが、引き続き対策の徹底を呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース