除雪車フル稼働も 生活道路の復旧には時間

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.01.12 16:15

北陸自動車道と国道8号線で通行止めが解除されるなど大動脈は元の姿に戻り始めているが、暮らしのまわりでは除雪が行き届いていない生活道路がほとんどとなっている。(1月12日)


国道8号線などの幹線道路は除雪が進み車が行き交うものの、雪が残る細い道では乗用車が慎重に走る姿が見られた。

県内各地の生活道路では、12日朝から除雪車がフル稼働して大雪からの復旧を目指していた。

住民にとっては通勤や通学、それに買い物で使う道路とあって、それぞれが自宅の前の雪かきに励んでいたが、重く固くなった厄介者に悪戦苦闘している様子だった。

福井市は市道のうち除雪が必要な場所を316エリアに分けているが、12日の朝までに除雪が済んだのはこのうちの89エリア。

さらに積雪が多い山間部や奥越などでは深刻な状況が続いていて、生活道路が機能を取り戻すまでには時間がかかりそうだという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース