クラスターでワクチン優先接種困難な施設も

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.04.06 16:29

新型コロナウイルスに、県内で新たに7人が感染した。このうち2人はクラスタ―が発生している福井市の介護施設の利用者。施設はワクチン接種の計画が立てられない状態になっている。(4月6日)


感染が分かった7人のうち、70代の男女2人はクラスターが発生した福井市の介護施設・文珠苑の利用者。ともにこれまでに感染が確認されている利用者と同じ部屋で暮らしていて、3回目の検査で陽性が判明した。

文珠苑では今月2日以来の感染確認で、累計での感染者数は30人となった。県は7日以降、あらためて一斉検査を行う。

県内の高齢者施設へのワクチン優先接種で、文珠苑は今月26日以降の対象になっていたが、接種は感染が完全に落ち着いた後になる見込み。

このほか、6日はこれまでの感染者の中から、変異株が13例確認された。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース