コロナ禍の社会見据えて医療など専門の道へ

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.04.06 17:06

コロナ禍の社会を見据え、医療事務や介護などプロフェッショナルの道へ進む専門学校生が入学式を迎え、志を新たにした。(4月6日)


福井市の大原学園では、4つの専門学校が合同で式典を開いた。医療事務を目指す新入生は「コロナとか関係なく患者さんに優しく対応できるような医療事務になりたい」と意気込みを語った。また、システム開発を学ぶ新入生は「これからは情報の活躍が期待されるので、先頭に立っていけるような人材になれたらいい」と活躍を誓った。

316人の新入生たちはそれぞれ、コロナ禍の社会を見据え、プロフェッショナルの道へ進む。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース