福井で積雪26センチ 大雪への警戒続く

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.02.18 06:59

県内は強い冬型の気圧配置の影響で各地で雪が降っていて、今夜遅くにかけて大雪への警戒が必要。(2月18日午前6時半現在)


午前6時現在の各地の積雪は、大野市九頭竜で173センチ、大野で94センチ、福井で26センチ、敦賀で15センチなどとなっている。

この雪でJR北陸線は特急列車サンダーバードとしらさぎが午後2時頃から除雪作業のため上下線合わせて8本運休する。

普通列車は福井駅と敦賀駅の間で始発から終日、通常の半分程度に本数を減らし運行する予定で、特に午前中は除雪作業のため運休する便がある。

また小浜線は午前8時頃から除雪のため運転を取りやめる予定。

えちぜん鉄道と福井鉄道は、各路線ともに始発から通常運行。

高速道路は北陸道・舞鶴若狭自動車道共に通行止めの区間は出ていない。

県内には嶺南東部に大雪警報が出ていて、今夜遅くにかけても大雪への警戒が引き続き必要。

19日午前6時までに予想される降雪量は多いところで、嶺北35センチ、奥越40センチ、嶺南35センチ。

気象台では着雪や交通障害、それに沿岸部ではうねりを伴った高波などに警戒するよう呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース