ふくいサーモン出荷始まる 脂が乗って甘い

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.04.08 19:38

小浜市では、脂が乗った県産ブランド・ふくいサーモンの出荷が始まった。去年の初日よりもひと回り大きいサイズに育っている。(4月8日)


脂が乗って甘みがあるふくいサーモンは平均の重さが2・8キロで、去年よりひと回り大きいサイズに育った。

県産ブランドとして、福井市やおおい町など県内4か所で養殖が続いていて、このうち2800匹の稚魚を育てる小浜市の宇久漁港では、8日から出荷が始まった。

去年の12月から育てた稚魚は、水温が安定したことや真水から海水に慣らす工程が順調だったことから、中には重さ3・7キロと大きく成長したものもいる。

ここでは来月上旬までに、去年の6トンを上回る出荷を見込んでいて、ふくいサーモンとして9日から市内の食品スーパーや鮮魚店などに並べられる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース