冬休み明け学校再開 感染再拡大で予防徹底

この記事をシェア

  • LINE
福井2022.01.11 12:25

3学期制を導入している県内の小中学校で11日、一斉に始業式が行われた。県内では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて県独自の注意報が出されていて、感染症に注意しながらの学校生活再開となった。(1月11日)


少子化の影響で今年度で閉校する若狭町の明倫小学校では最後の始業式が行われた。全校児童36人を前に千田浩司校長は「自分でしっかりした目標を持って1日1日を大切にして下さい」と呼び掛けた。

6年生の児童は「最後の小学校生活なので悔いのないように勉強とか頑張りたい。閉校してしまうのは悲しいけど最後まで楽しみたい」と話した。別の児童は「休み時間にちゃんと手洗いをしたり、歯磨きの時とかはしっかりと間隔を空けたい」と改めて感染予防への意識を高めていた。

同校では閉校までの2カ月あまりの期間、思い出作りと感染予防の両立が続けられる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース