名物のシダレザクラが見ごろ 丸岡町竹田

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.04.07 11:20

坂井市丸岡町・竹田地区では、名物のシダレザクラが例年より10日早く見ごろを迎えていて、花見客が山あいの春を楽しんでいる。(4月7日)


坂井市丸岡町・竹田地区のたけくらべ広場では、2年ぶりに「しだれ桜まつり」が開かれていて、見ごろとなった約100本のシダレザクラが花見客を出迎えている。

青空が広がった7日朝は、県の内外から花見客が訪れ、シャワーのように降り注ぐ桜の下を散策して、山あいの春を満喫していた。

訪れた花見客は「すごくすばらしいので、気持ちがあらわれるような気持ちになった。コロナウイルスのことを一瞬忘れて、いい気持ちで見ていた」と喜んでいた。

シダレザクラは1週間ほど見ごろが続きそうで、4月24日までの予定で夜はライトアップが行われ、日中とは違った雰囲気も楽しめる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース