小浜で寒修行 嶺北は除雪進むも各地で渋滞

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.01.13 11:45

小浜市の曹洞宗発心寺で冬の風物詩の寒修行が始まっている。
一方、嶺北では生活道路の除雪が進む中、各地で渋滞が発生している。(1月13日)


小浜市の発心寺では、13日午前8時に修行僧5人が山門を出発し市内を托鉢して回った。

氷点下の厳しい冷え込みの中、修行僧は網代笠をかぶり裸足にわらじ姿で市内を回ると、住民は玄関先で浄財を差し出し手を合わせていた。

寒修行は、2月3日まで毎日行われる。

一方、気象台によると県内の大雪はピークを過ぎたものの各地の積雪は午前11時現在で、大野で122センチ、福井で63センチなどとなっていて、生活道路の除雪が急ピッチで進められているが各地で渋滞が発生している。

県は、マイカーでの外出はできる限り控えるよう呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース