東京五輪ホッケー代表に越前町出身3人選出

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.06.08 15:38

日本ホッケー協会は7日、東京オリンピックの日本代表選手を発表し、越前町出身の男女合わせて3人が選ばれた。(6月8日)


男子のサムライジャパンには、日本リーグ・ヴェルコスタ福井所属で越前町役場勤務の三谷元騎選手(30)と渡辺晃大選手(24)の2人が選ばれた。

女子のさくらジャパンには、南都銀行シューティングスターズ所属の野村香奈選手(31)が選ばれた。

代表選手らは7月11日にオンライン会見で意気込みを語ることになっている。

なお、女子のリザーブメンバーにあたるスタンドバイプレーヤーには同じく越前町出身の田中秋桜選手(23)が入った。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース