大雪で北陸道に一時1500台が立ち往生

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.01.10 19:23

大雪の影響で、北陸自動車道は福井ICから金津IC間で、一時1500台が立ち往生し、自衛隊が救出活動を続けている。


北陸自動車道は、9日午前から通行止めが続いていて、30時間以上が経っても解消されていない。

県によると、福井ICから金津IC間で、一時1500台が立ち往生したが、県の派遣要請を受けた自衛隊が救出活動を続け、立ち往生は午後5時現在で336台となっている。

立ち往生したドライバーは「9日夜9時くらいからいる。自衛隊の活動はありがたい。頑張ってほしい」と話していた。

県によると、この大雪で、いずれも福井市の77歳女性と82歳の男性が除雪作業中に死亡したほか、合わせて26人がケガをしている。

こうした中、福井市では成人式が行われ、市は大雪の影響や感染予防で、会場に来られない新成人に向けて、ライブ配信した。

新成人は「除雪がちゃんとされてないところもあって大変だったが、会場に着くことができてよかった」と話していた。

気象台によると、大雪のピークは過ぎたものの、雪は11日にかけて断続的に降る見込み。

11日午後6時までの24時間に降る雪の量は多い所で、嶺北の平地で15センチ、山地で30センチ、奥越で30センチ、嶺南の平地で15センチ、山地で20センチの見込み。

県は、除雪が進むまでは不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース