18日にかけ大雪による交通障害に警戒必要

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.02.17 12:08

17日の県内は強い冬型の気圧配置の影響で、18日にかけて大雪による交通障害や高波に警戒が必要。(2月17日)


福井地方気象台によると、県内は強い冬型の気圧配置の影響で、18日の明け方にかけて山地を中心に大雪となる見込みとなっている。

17日午前11時現在の各地の積雪は、大野市九頭竜で135センチ、大野で64センチ、福井で5センチなどとなっている。

18日午前6時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多いところで奥越で60センチ、嶺北の平地で15センチ、山地で50センチ、嶺南の平地で15センチ、山地で40センチとなっている。

気象台では、大雪による交通障害や高波に警戒するよう呼び掛けている。

またJR西日本金沢支社によると、18日午後2時から午後4時までの間、除雪作業を行うとして一部の特急サンダーバードと特急しらさぎの上下線あわせて8本の運休を予定している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース