モンベルが大野に物流拠点 23年3月稼働

この記事をシェア

  • LINE
福井2022.01.12 19:13

大手アウトドア用品メーカーのモンベルは中部縦貫自動車道大野東インター近くの富田産業団地に物流拠点を建設し、2023年3月に稼働させる計画を明らかにした。同社の辰野勇会長が12日、杉本知事との面談で概要を説明した。(1月12日)


大野東インターは2022年度中に供用開始となる予定で、全国の店舗に製品を配送するほか、オンラインで購入した消費者に商品を発送する拠点とする。地元を含め100人の新規雇用を見込んでいる。

大野市によると同産業団地への工場進出はモンベルが初めて。中部縦貫道は2026年春に全線開通が予定されていて、辰野会長は「高速道路がつながれば中部圏に対しても配送が早くなる」と期待を込めた。

同社は2021年4月に道の駅越前おおの荒島の郷に直営ショップをオープンさせたほか、県と連携して六呂師高原にアウトドア活動の拠点となるリゾート建設を計画している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース