高齢者のワクチン接種券の発送準備進む

この記事をシェア

  • LINE
福井2021.04.08 20:01

県内の市町では来週からスタートする高齢者へのワクチン接種のうち、施設の利用者以外の対象者に向けた接種券の発送の準備が進んでいる。(4月8日)


このうち坂井市では、新型コロナウイルスのワクチン接種で優先接種の対象となっている高齢者が2万7000人いる。

今月14日にモデルとなる高齢者施設を皮切りにスタートする計画で、来月26日の週からは37の施設で準備が整い次第、接種を進めていく。

その後、ワクチンが順調に入荷されれば、来月下旬にはその他の一般の高齢者にスケジュールが移る。

坂井市では、高齢者がいる家庭に向け、接種券や予診票などの書類の準備を進めていて、今月下旬に発送する予定だ。

一般の高齢者は三国体育館など5か所の集団接種会場のほか、30か所の医療機関で個別接種が受けられる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース